気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

投稿日:2017年3月6日 更新日:

今回紹介するのは、岐阜県本巣市の『淡墨公園』にある『一本桜』で有名な古木の『淡墨桜(うすずみざくら)』です。

淡墨桜』は、彼岸桜の一種となる『エドヒガンザクラ』となり、樹高が16.3メートルあり、目通り幹囲は9.9メートルとなり、枝張りに関しては、東西に26.9メートルで南北に20.2メートルと豪快に広がり、推定樹齢は1500年以上の古木となります。

1922年10月12日に、国が指定する『天然記念物』となったことと同時に『日本五大桜』にも選定されました。

また『日本三大巨桜』のひとつに数えられる『淡墨桜』は、福島県三春町にある『三春滝桜(みはるたきざくら)』や、山梨県北社市にある『山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)』と肩を並べる名桜となっています。

その他にも『新日本名木百選』や『飛騨・美濃さくら三十三選』などにも選ばれています。

淡墨桜』の特徴は、散りぎわに独特な淡い墨色になり、その花びらの色にちなんで『淡墨桜』と言う名前が付けられています。

伝承によれば日本の第26代天皇となる『継体天皇(けいたいてんのう)』が、この地を去る時に、後の第28代天皇となる『宣化天皇(せんかてんのう)』の産殿を焼き払ったのですが、その焼跡に1本の桜の苗木を植えたことが始まりと伝えられています。

淡墨桜』は、1948年に行われた調査により、3年以内に一度は『枯死』と判断されたのですが『独学』で樹木について学び、枯死寸前の樹木を蘇らせる技術を持っていた『歯科医師の前田利行(まえだとしゆき)氏』の手厚い保護によって見事に再生し、現在も元気に花を咲かせています。

そんな1500年の歴史をもつ『淡墨桜』の紹介をしたいと思います。

準備が整いましたら『淡墨桜』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

寒い冬が終わり温かみを帯びてくると、桜のお花見シーズンとなり、日本の『国花』ともいうべき桜の開花が各地ではじまり、自然と心が弾んできます。

桜の楽しみ方は、人それぞれとなり、あっという間に過ぎ去る、満開に花ひらく桜を楽しむため、たくさんの方が日々の疲れも忘れて、桜の観賞に出かけます。

管理人である『ヒロ兄』の桜の楽しみ方は『一本桜』を好んで観賞に出かけます。

『一本桜』の記事は後ほどコチラをご覧下さい!

  又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

その場所にただ一本、凛とそびえたつ『一本桜』の姿からは、並々ならぬ力を感じることができ、毎年のように各地へ車を走らせます。

今回は、岐阜県本巣市の『淡墨公園内』に1500年以上鎮座し続ける『一本桜』となる『淡墨桜』を観賞するため車を走らせます。

毎年の悩みとして、桜と紅葉の見頃に関しては、ドンピシャのタイミングで訪れるのは、本当にむつかしいと悩みます。

遠方まで出かけて『早かった!』や『遅すぎた!』や『ドンピシャ!』は、訪れてみないと分かりません。

残念な結果で終わることも多々あるのですが、それもひとつのお楽しみと考えて出かけるようにしています。

 

見ごろを迎えた『淡墨桜』へ向かう車の渋滞は・・・

本来でしたら、桜の名所として名高い『淡墨桜』だけに、遅くても朝の8時くらいには、現地に到着しておきたいところですが、今回は見事に寝坊!

1週間後に訪れては、見ごろは越えてしまいます。

大阪在住であるため、到着までは、3時間は見ておかなければいけません。

渋滞するのを覚悟して『淡墨公園』に向けて車を走らせることになりました。

淡墨公園』まで残すところ3㎞というのに『渋滞の気配』がまったくありません!

軽快に車を走らせていると、残り1㎞といったところで、やはり渋滞にはまります。

残り1㎞の所で渋滞にはまります。

残り1㎞の所で渋滞にはまります!

家を出た時には、1㎞ぐらいの渋滞で済むと思っていなかったぶん、正直なところ「助かった!」と胸をなでおろします。

現在の時刻は10時40分となり、すこしずつですが前には進みます。

こういった場所に訪れる時の渋滞は『お昼の食事』の時間でなければ、それなりに車は進んでくれます。

停滞状態にはならずに、11時15分に『淡墨公園』の駐車場に到着です!

『淡墨公園』の駐車場に到着です。

『淡墨公園』の駐車場に到着です!

淡墨桜』の開花が近づくことで、市営の『臨時駐車場』がオープンとなり、合計台数が700台収容可能な大型駐車場となります。

その為か?たまたまか?その辺はよく分かりませんが、渋滞しそうな時間にもかかわらず『長蛇の渋滞』とはなりませんでした。

しかし、超が付くほどの『桜の名所』となりますので、朝の早い時間帯に訪れることをお勧めしておきます。

また桜の開花時期には、ふだんは『無料』となる『駐車場』は『有料』となり、普通車は一回500円が必要となります。

 

桜のお花見シーズン真っ只中の『淡墨公園』は大賑わい!

駐車場』から『淡墨公園』までは、上りのスロープとなりますが、桜のお花見シーズンということもあり、多くの『露店』が立ち並んでいて賑わっています。

露店』が立ち並ぶ上りのスロープは、200m足らずとなりますので『淡墨桜』までは数分で行くことができます。

日本三大巨桜の『淡墨桜』です。

日本三大巨桜の『淡墨桜』です!

淡墨公園』は、思っていた以上に広々とした『芝生広場(4500平方m)』があり、野外ステージなども完備されていて、一年を通していろいろな『イベント』が開催されると言います。

日本三大巨桜』のひとつとなる『淡墨桜』を観賞するため、広い『淡墨公園』には、見渡すかぎりたくさんの人で溢れかえっています。

そんな広い『淡墨公園』の『芝生広場』では、お花見をしながらお昼のお弁当を広げて、食べている人たちの姿がたくさんあります。

 

たくさんの魅力ある淡墨桜は変化を楽しむこともできる!

淡墨桜』の魅力は、樹齢が1500年以上ということもありますが『変化』を楽しむことが出来るのも魅力のひとつとなります。

樹齢が1500年以上の名桜です。

樹齢が1500年以上の名桜です!

まず、つぼみの時期には、薄くきれいな『ピンク色』の姿となります。

満開になることで『花びら』が『白く』変化した姿になります。

散りぎわになると独特な『淡い墨色』に変化していく姿を見ることができます。

そんな変化していく姿にちなんで付けられたのが『淡墨桜』の名前の由来と言うことです。

数多くの支柱で支えられています。

数多くの支柱で支えられています!

今までにも、樹齢が数百年という『一本桜』を数多く見てきたのですが、樹齢が1500年以上となる『淡墨桜』の姿は、今まで見てきた名桜とは少し違った『オーラ』を感じることができます。

このような見方をする人が、どれくらいいてるのか分かりませんが、古木ならではの姿となる数多くの『支柱』で支えられている姿が『淡墨桜』の存在感をより一層引き立てて、見る者に感動すら与えると管理人は考えています。

しかし『淡墨桜』は、近年になり『幹の老化』が進み、幹の内部にできた『空洞』が広がりつつあると言うことです。

全国にある数百年の樹齢を持つ桜の木は、関わる人々の『手厚い保護』によって毎年のように元気な花を咲かせています。

淡墨桜』も同じく、樹木医や地元の人達による『手厚い保護』によって守られています。

毎年のように『異常気象』となる厳しい環境が続く近年ではありますが、がんばって毎年のように満開に花開く姿を、見せていただきたいものです。

 

淡墨桜より少し高い場所にある『淡墨桜二世』

淡墨桜』の後方の少し小高い場所に(写真でいうと左側)『淡墨桜二世』と名の付く名桜があります。

樹齢は100年となっており『初代淡墨桜』と比べると、すべてにおいて若々しさを感じます。

淡墨桜二世と名の付く名桜です。

淡墨桜二世と名の付く名桜です!

幹の太さに関しては、まだまだ細いものですが、樹高に関しては『初代淡墨桜』を越えていると思われます。

樹齢100年を越えてきた『エドヒガン』となり、花づきの良さから見ても現在が最高の時で『淡墨桜』をしのぐほどの見事な花づきぶりとなっています。

現在では『岐阜県』や『愛知県』などのあちらこちらに、苗木を分けて『淡墨桜』の『子孫』として植えられていると言うことです。

 

観音堂にて御朱印をいただけます!

淡墨桜』のお花見は、360度から観賞できるように『散策路』が設けられています。

散策路』の階段を上がっていき、左手側に30mほど進むと『弘法堂』があり、右手側に10mほど進むと『観音堂』があります。

観音堂』が鎮座するあたりからは『淡墨桜』の後ろ姿が、比較的近い位置から見ることができます。

さらに『観音堂』では『御朱印』をいただくこともできます。

観音堂で頂ける『御朱印』です。

観音堂で頂ける『御朱印』です!

御朱印』の料金は、ちょっとだけお高いめの『2種類のセット』で700円となっています。

御朱印集め』をしている方は、忘れずにお立ち寄りください。

御朱印』をいただいたところで『淡墨桜』の散策がすべて終了となります。

推定樹齢1500年以上の古木で、近年では『幹の老化』が年々進んでいる『淡墨桜』だけに、あとどれくらいのあいだ、立派な花びらを付けてくれるか分からないのが現状となりますので、いつか訪れようと考えている方は、なるべく早めに訪れることをお勧めしておきます。

今回は、満開に近い『淡墨桜』の姿を見ることができて、本当に訪れて良かったと管理人は考える!

1500年もの間、毎年のように満開に花びらを付けて多くの方をお出迎えしてくれる名桜の『淡墨桜』より、並々ならぬパワーをいただいたところで『気まぐれファミリー』は、賑わい続ける『淡墨公園』をあとにする・・・

 

『淡墨公園』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

淡墨公園』(淡墨桜開花時期)

  • 住所:岐阜県本巣市根尾板所字上段995(淡墨公園)
  • 電話:0581-38-2511(本巣市役所根尾分庁舎 総務産業課)
  • 観光専用ダイヤル:0583-23-0880(自動音声)
  • 時間:公園内自由
  • 料金:無料
  • 駐車場:臨時駐車場700台(一回)普通車500円、バイク200円、マイクロバス1000円、大型観光バス2000円
  • アクセス:【公共交通機関】樽見鉄道の『大垣駅』から『樽見駅』まで約1時間でその後『淡墨公園』まで徒歩約15分
    お車】名神高速道路の『岐阜羽島IC』から約1時間20分
    名神高速道路の『大垣IC』から約1時間20分
    東海北陸自動車道の『岐阜各務原IC』から約1時間20分
    東海環状自動車道関の『広見IC』から約1時間10分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

日本五大桜』や『日本三大巨桜』のひとつとして数えられる『淡墨桜』の姿は、名桜の名にふさわしい佇まいでお出迎えしてくれます。
近年の老化の進み具合によっては、いつまで満開に花を付けてくれるか正直なところ分かりません!
1年でも早く訪れて、ご自身の目で凛とした立ち姿をご堪能下さい。

【関連記事】

桜に関する記事はコチラをご覧下さい!

  又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

  奥琵琶湖パークウェイ【桜】つづら尾崎展望台【恋人の聖地】丸子船が運ぶ恋!

  造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

  万代池公園【桜】ジョギングコースに立ち並ぶ優美な桜並木!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-桜名所
-, , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.