大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

投稿日:2017年3月24日 更新日:

今回紹介するのは、奈良県宇陀市に位置する『大野寺』の『小糸しだれ桜』です。

大野寺の境内には、樹齢300年を超える2本の『小糸しだれ桜』と樹齢100年の『紅しだれ桜』が10本あり、開花のシーズンを迎えると、たくさんの人がお花見に訪れ賑わいます。

この『小糸桜』という品種は、全国的にも非常に珍しく、貴重な桜の木となっており、県指定の『天然記念物』に指定されています。

この『大野寺』にある『小糸桜』の親となる原木は『室生寺』の近くに位置する『西光寺』にある『城之山桜』だと言われています。

春の『大野寺』の見どころは2本の『小糸桜』のお花見となりますが、一年を通しての見どころとなっているのが、宇陀川を挟んだ向いの断崖に彫られていて『大野寺』の境内地と共に『史跡』に指定されている巨大な弥勒菩薩の『磨崖仏(まがいぶつ)』です。

そんな、貴重な2つの見どころを一度に見るため、桜のお花見シーズンに照準を合わせて訪れたので紹介したいと思います。

準備が整いましたら『小糸しだれ桜』&『磨崖仏』散策スタートです。

 

スポンサーリンク

大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

寒い冬が終わると、桜のお花見シーズンとなり、日本の国花ともいうべき桜の開花がはじまり、自然と心が弾んでくる。

桜の楽しみ方は、人それぞれとなり、あっという間に過ぎ去る、満開に花ひらく桜を楽しむため、日々の疲れも忘れて桜のお花見に出かける。

管理人である『ヒロ兄』の桜の楽しみ方は『一本桜』を好んで観賞に出かける。

その他の『一本桜』の記事は後ほどコチラをご覧下さい  

  淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

  又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

ただ一本、凛とそびえたつ『一本桜』の姿からは、並々ならぬ力を感じることができ、毎年のように各地へ車を走らせる。

今回紹介する『一本桜』は、奈良県宇陀市に鎮座し続ける『大野寺』の『小糸しだれ桜』です。

毎年の悩みとして、桜と紅葉の見頃に関しては、ドンピシャのタイミングで訪れるのは、本当にむつかしい。

遠方まで出かけて『早かった!』『遅すぎた!』『ドンピシャ!』は、訪れてみないと分からない。

残念で終わることも多々あるが、それもひとつのお楽しみと考えて出かけるようにしている。

 

見ごろを迎えた『大野寺』の『小糸しだれ桜』は朝一番がおすすめ!

今回は『一本桜』である『小糸しだれ桜』と、断崖に彫られている巨大な弥勒菩薩の『磨崖仏(まがいぶつ)』をまとめて観賞するため朝一番で『大野寺』をおとずれる。

朝一番で訪れたのは『大野寺』の駐車場は無料となるが、10台しか止めることしかできない。

桜のお花見シーズンは、大変人気の高い名所となり、時間を外すと車を駐車するのが困難となる。

桜のお花見シーズンは、7時から開門していると言うことだが、管理人は8時に駐車場に到着。

すでに5台の先客が訪れている。

駐車場は、入り口より少しだけ離れているだけなので、とても楽である。

ohnodera1-1

さっそく中に入るが、桜のシーズンの入山料は、普段の300円ではなく、特別料金の400円となっているので400円×2=800円を納めて中に入る。

 

貴重品種の『小糸しだれ桜』は、豪華でお上品!

大野寺』は、とても小さなお寺となり、入るなりいきなり本日のお目当てのひとつである2本の『小糸のしだれ桜』が目の前に現れる。

一本目の『小糸のしだれ桜』は、門を入って右手側に、まずはドンと立ち尽くしている。

ohnodera1-2

大野寺』の『小糸のしだれ桜』は、推定樹齢が300余年と書かれているだけで、残念ながらその他の情報は特に記載されていない。

しかし、見るからに20mはあろう樹高は、十数本にわたる支柱に支えられ、まるで滝の水が流れ落ちるかのように淡いピンクの花びらを枝いっぱいに付けて垂れ下がっている。

長いものは、地面に着くほどの長さがあり、その姿からは上品ささえ感じられる。

ohnodera1-3

おそらく現在の花付き具合は、8分咲きからほぼ満開となっており、訪れるタイミングとしては『ドンピシャ』であったかと思います。

ここ『大野寺』は、こじんまりとした境内となるが、2本の『小糸しだれ桜』と10本の紅しだれ桜があり、大変きれいな境内となっています。

特に2本の『小糸しだれ桜』は、全国的にも珍しい品種となっており、一見の価値ありです。

ohnodera1-4

もうひとつの『小糸しだれ桜』は門を入ると、正面にある本堂の横に立っており、門を入った時には、まっ先に目に入ってきます。

樹高は、先ほどの『小糸しだれ桜』のほうが高いが、横幅があるぶん豪華になっている。

こちらの『小糸しだれ桜』も満開となっており、滝のように枝垂れる花びらの付いた枝は地面まで垂れ下がっています。

いずれの『小糸しだれ桜』もお互いに負けず劣らずの姿でいて、それぞれに個性があり見ごたえ十分となっている。

 

『西光寺』の『城之山桜』は『大野寺』の『小糸しだれ桜』の親木!

大野寺』の『小糸しだれ桜』は『室生寺』の近くにある『西光寺』にある『城之山桜』が親木だといわれているのですが、別の日となりますが『西光寺』にもお花見におとずれたことがあり『城山之桜』の写真がありますので紹介しておきます。

室生寺』の近くの小高い山の中腹に位置する『西光寺』の本堂脇に鎮座する『城之山桜』は樹高も枝張りも『小糸しだれ桜』をしのぐBigサイズとなっている。

nara-sakura1-1

特に大きく枝張りした姿は、豪快で枝垂れかたは傘を広げたような姿となり、淡いピンクの花びらを枝いっぱいに付けた姿は、堂々たる立ち姿である。

西光寺』は、現在は無人のお寺となっていますが、3台~5台ほどの無料の駐車場はありますのでお車でなら簡単に行くことができますが、歩きとなりますと、少々つらいかと思います。

しかし、この日は、5人ぐらいの人がお花見に訪れていましたが、そのうちの2人の方は、歩きで来られてました。

アクセスの悪さから、穴場のお花見スポットとなってるので、おすすめの『一本桜』となります。

nara-sakura1-2

西光寺』の『城之山桜』も『小糸しだれ桜』と同じく推定樹齢が300年となっており言い伝えでは、親木となる『城之山桜』は、宇陀川の上流にあることから種が流れていき、根付いたという言い伝えがあると言うことです。

そういう言い伝えを考慮しても『小糸しだれ桜』と『城之山桜』が似ているかといえば・・・?ちょっと無理が・・

特に、幹の太さや枝垂れる枝の感じに、あまりにも違いがあるかと・・

2本の『小糸しだれ桜』をたして、2で割ると似ていないことも無いのですが・・

しかし、こういう言い伝えが、長い歴史の面白いところとなりますので、素直に受け止めるのも大人かと・・

 

『見どころ』断崖に彫られている巨大な弥勒菩薩の『磨崖仏(まがいぶつ)』

大野寺』は、弘法大師が室生寺を開創するとき、西の大門として弥勒菩薩を安置するためのお寺を建てたのが、創建のはじまりと伝えられています。

そんな歴史のある『大野寺』と宇陀川を挟んだ向いの断崖に彫られた巨大な弥勒菩薩の『磨崖仏』がやはり『大野寺』の一番の見どころとなっています。

境内には『磨崖仏』を参拝するための遥拝所が設置されているので移動してみる。

ohnodera1-5

大野寺』から宇陀川を隔てて見える『磨崖仏』は、鎌倉時代の初期に彫刻されたものであると言うことが大正5年に行われた調査で判明したという。

1207年に製作がはじめられ、3年の時を経た1210年に開眼供養を行った際に、石仏体内に後鳥羽上皇や公家たちの筆による願文類を石仏に納めたという記録が残っており、その時行われた調査では、それらの小巻子を検出することはできたが、状態の悪さから開くことは叶わず再び体内に戻したという。

しかし、調査によって造像年代が分かったと言うことと、制作的にも優れていると言うことから『磨崖仏』の対岸となる『大野寺』の境内地などを含めて、昭和9年11月10日に『史跡』に指定されたと言うことです。

弥勒菩薩の『磨崖仏』は、割蓮華座上に斜め右を向いて直立しており、総長約11.5メートルの巨像となり見ごたえ十分となっています。

写真ではいまいち見にくいかと思いますが、肉眼で見るとはっきりと見ることができます。

この『磨崖仏』だけを見に行くだけでも一見の価値はある思いますが、桜のお花見シーズンに合わせて『小糸のしだれ桜』と一緒に見に行くことをお勧めしたいと思います。

 

『大野寺』御朱印!

見どころとなる『小糸のしだれ桜』と『磨崖仏』を見た所で、散策がすべて終了となります。

最後に『御朱印』をいただくため、納経所に移動する。

ohnodera1-7

大野寺』の桜は、その年の気温によって多少の前後はありますが、4月上旬から中旬あたりまでが見ごろとなりますので、そのあたりを目安にお花見に訪れることをお勧めします。

なお桜の開花がはじまり、見頃を迎えた期間中は『大野寺さくらまつり』が開催され、夜21時までの特別参拝となり『小糸のしだれ桜』のライトアップが行われますが、駐車場は10台しか止めることが出来ず、大変込み合うと思いますので、公共交通機関を利用して訪れることをお勧めしておきます。

今回は、満開に花開く『一本桜』のお花見を十分に満喫することができたと管理人は考える。

朝一番から目が覚めるほど見事に咲き誇る『小糸のしだれ桜』を背に、気まぐれファミリーは、次なる『一本桜』へと車を走らせる・・・

 

『大野寺』アクセス及び駐車場情報!

 【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

大野寺』(小糸しだれ桜)

  • 住所:〒633-0315奈良県宇陀市室生区大野1680
  • 電話:0745-92-2220
  • 駐車場:無料
  • 時間:8:00~17:00(冬季は16:00まで)
    尚【夜桜ライトアップ期間中】7:00~ライトアップ期間中は21:00頃まで
  • 拝観料:大人300円(小学生以下は無料)
    尚【桜の開花時期】大人400円(小学生以下は無料)
  • 駐車場:無料(10台)
  • アクセス:【お車】(名阪国道)針ICから(国道369号)外の橋を左折し(県道28号)緑川を左折し(国道165号)室生寺入り口を右折しすぐに左折(県道164号線)約10km(20分)
    【公共交通機関】近鉄室生口大野駅から徒歩約5分

西光寺』(城山之桜)

  • 住所:〒633-0421奈良県宇陀市室生31
  • 電話:0745-82-2457(宇陀市観光協会)
  • 時間:自由
    尚【夜桜ライトアップ期間中】日没~ライトアップ期間中は21:00頃(実施予定)
  • 拝観料:無料
  • 駐車場:無料(3~5台ぐらい)
  • アクセス:【公共交通機関】(近鉄大阪線)室生口大野駅から(奈良交通バス「室生寺前行き」)終点で下車、徒歩30分
    【お車】針ICから(国道369号線)外の橋を左折し(県道28号)を室生寺交番の手前で大きく右に曲がり『西光寺』の案内看板に従って山を登る約17km30分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

大野寺』はこじんまりとした、小さなお寺となり、桜のシーズンはたくさんの人が訪れたいへんな賑わいとなります。
貴重な見どころもあり、見ごたえ十分となりますので、訪れて自身の目で一度ご堪能下さい。

【関連記事】

その他の桜に関する記事はコチラをご覧下さい  

  淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

  又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-桜名所
-, , , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.