気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所や体験型施設またハイキングや夜景さらに桜や紅葉の名所を紹介しています。

若樫の百滝桜【アクセス・駐車場】大阪随一のしだれ桜

今回紹介するのは、大阪府和泉市若樫町にある「一本桜」の名桜「若樫の百滝桜(わかかしのももたきざくら)」です。

和泉市の南部に位置する若樫町となるのですが「国道170号線(旧外環状線)」に面するように流れる「松尾川」の上流にある「坂見橋」のきわの斜面にあります。

推定樹齢100年以上と言われる野生種の「エドヒガンザクラ」の名桜「若樫の百滝桜」は、樹高が8メートルで、幹周が2. 2メートルあり、双幹に分かれた枝張りが東西、南北ともに約15メートルに渡って広がり魅せるのですが「坂見橋」の下を流れる川に向けて、長く枝垂れる姿は実に優美な樹姿となり、毎年のように多くの見物客で賑わいを見せます。

大阪随一のしだれ桜「若樫の百滝桜」です。

大阪随一のしだれ桜「若樫の百滝桜」

若樫の百滝桜」は、個人宅の庭にあるものですが、大阪府が指定する「天然記念物」となり、登録されている正式名称は、地名から単に「若樫のサクラ」となるのですが、地元の方をはじめ、多くの方より「若樫の百滝桜」と親しみを込めて呼ばれています。

大阪では数少ない「しだれ桜」の名桜となる「若樫の百滝桜」ですが、樹齢に関してもまだまだこれからが盛り上がりを魅せる若い桜の木となるのですが、現在の樹勢の感じから見ても、最盛期を迎えた「一本桜」になるかと思いますので、これから数十年ほどは楽しませてくれそうです。

今では、毎年のように多くの見物客の目を楽しませてくれる「若樫の百滝桜」ですが、それほどの知名度がなく、地元の方のみぞ知る桜の木だったのですが、あまりの素晴らし樹姿ゆえに、いつのまにか人伝いで広がっていき、現在では「大阪髄一のしだれ桜」と、言われるほどの人気ぶりとなりました。

人気が高まるのは良いのですが、見物するにあたっては問題点がひとつあり、最盛期を迎える頃になると、狭い「国道170号線(旧外環状線)」は交通渋滞を起こし、時間帯によってはマヒ状態になると言います。

そんな、見ごろを向かえた「若樫の百滝桜」の紹介となります。

準備が整いましたら「若樫の百滝桜」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

若樫の百滝桜【アクセス・駐車場】大阪随一のしだれ桜

今回は、大阪府和泉市若樫町にある「一本桜」の名桜と言われる「若樫の百滝桜(わかかしのももたきざくら)」の観賞に向かいたいと思うのですが、本日は「マイカー」ではなく「バイク」にまたがりアクセルを絞ります。

何故「マイカー」ではなく「バイク」で向かうのかと言いますと「若樫の百滝桜」があるのが、その名の通り「若樫町」となるのですが、その若樫町を横断するように「国道170号線(旧外環状線)」が通っており、近隣住民の方のメインの生活道となります。

国道170号線」と言えば、広い国道のように感じますが、新しい「国道170号線」は、広い国道となりますが「」のつく「国道170号線」は、意外にも狭い国道となり、場所によっては、すれ違うことすら困難な場所もあります。

そのひとつが若樫町の「若樫の百滝桜」がある付近となり、桜最盛期を迎えるシーズンには大渋滞になると言いますので「マイカー」ではなく「バイク」で向かうことにしたと言うことです。

そんな点も踏まえて、まず初めに「若樫の百滝桜」への「アクセス」と「駐車場」に関して簡単に紹介しておきます。

 

若樫の百滝桜へのアクセスは公共交通機関がお勧めです!

若樫の百滝桜」への「アクセス」に関しては、上記でも少し話しましたが、桜最盛期を迎えた若樫町を横断する「国道170号線」が、大渋滞になる可能性もあることから「公共交通機関」を利用して訪れるのがベストかと思います。

それともうひとつ「マイカー」をお勧めできない点があるのですが「若樫の百滝桜」の周辺は道路が狭いほか、民家が立ち並んでいることと、専用の駐車場が用意されていないことに加えて「コインパーキング」なども一切無いのが難点となります。

そんなことから「公共交通機関」を利用して訪れることを、お勧めしています。

まず初めに「公共交通機関」を利用して行く場合ですが「最寄り駅」となるのが「泉北高速鉄道線」の「和泉中央駅」となるのですが「最寄り駅!」と言っても「若樫の百滝桜」までは、約7kmほどあるため、徒歩で向かうには1時間30分ほど歩かなくてはいけません!

従って「和泉中央駅」より「バス」を利用することになるのですが「南海バス(春木川線)」に乗車して「若樫」のバス停留所で下車するのですが、そのあとは東に450メートルほど歩き進めれば到着となります。

若樫バス停留所です。

若樫バス停留所です!

また「南海バス(春木川線)」は「南海本線」の「泉大津駅」を出発点として「JR阪和線」の「和泉府中駅」を経由しながら「和泉中央駅」も経由する形となりますので、比較的訪れやすいのではないかと思います。

若樫」のバス停留所まで向かうバスも、平日、休日共にそれなりの本数がありますので、特に大きな問題は無いかと思います。

続いては「マイカー」を利用して訪れる場合ですが「最寄りのインターチェンジ」となるのは「阪和自動車道」となるのですが、大阪方面、和歌山方面共に「岸和田和泉IC」を降りることになるのですが、降りてすぐの信号を東に「府道230号線」を進み「あゆみ野三丁目南」の交差点を右折します。

しばらくのあいだ道なりに走り進めて行き、突き当りとなる「テクノステージ南」の信号を左折して「国道170号線(外環状線)」に入ります。

さらに、しばらく走り進めた先の「大野町北」の信号を右折し、その後、1つ目の信号となる「大野町」の交差点を右折します。

後は道なりに「国道170号線(旧外環状線)」を、約1kmほど走り進めた先の右手側の沿道に「若樫の百滝桜」があります。

岸和田和泉IC」からは、6.7kmほどですので、約15分で行くことができます。

ただ、先ほども言いましたが「若樫の百滝桜」には、専用の駐車場や「コインパーキング」などが一切ありません!

従って「マイカー」で訪れるのは、あまりお勧めできないのですが、今回、管理人は「バイク」で訪れて、しばらく周辺を走り回ったのですが、唯一「駐車禁止!」になっていない、開けた場所がありましたので、簡単に紹介しておきます。

上記で紹介した「マイカー」のアクセスルートで「若樫の百滝桜」まで行ったら、そのままさらに「国道170号線(旧外環状線)」を走り進めていると、450メートル先に「若樫」のバス停留所が右手側に見えてくるのですが、さらに道なりに150メートルほど走り進めたところに、少し広くなった場所があり、車道の左手側に数台の車が駐車されていました。

少し広くなった駐車スペースです。

少し広くなった駐車スペースです!

辺りを見たところ「駐車禁止」となる標識などはありませんでしたが、果たして「駐車違反になるのか?ならないのか?」の本当のところは、はっきりと分かりませんので、ご自身の責任の下で駐車することになります!

唯一この辺りで広くなっている場所ですが、5~6台ほど駐車できる程度ですので、やはり「マイカー」でのアクセスに関しては、お勧めしにくいことに違いありません!

狭く、非常に多くの車が行き交う場所であることと「公共交通機関」を利用すれば、比較的安易に行くことができる点からも「マイカー」ではなく「公共交通機関」を、利用して行くほうが良いのではないかと思います。

以上が「若樫の百滝桜」への「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

大阪随一しだれ桜「若樫の百滝桜」

寒い冬が終わり、徐々に温かみを帯びてくると、お花見シーズンとなり、日本の国花と言っても過言ではない「」の開花が各地で始まり、淡いピンクに染まる木々を目にすると、自然と心が弾んできます。

桜の楽しみ方は人それぞれとなり、ほんのわずかな期間だけ満開に咲き乱れる桜の花を楽しむため、日々の疲れも忘れて、全国各地へと、お花見に出かけます。

管理人である「ヒロ兄」の桜の楽しみ方は「一本桜」を好んで観賞に出かけます。

人気の高い一本桜の記事は後ほどコチラをご覧下さい

日本三大巨桜の『淡墨桜』です。
淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

今回紹介するのは、岐阜県本巣市の『淡墨公園』にある『一本桜』で有名な古木の『淡墨桜(うすずみざくら)』です。 『淡墨桜』は、彼岸桜の一種となる『エドヒガンザクラ』となり、樹高が16.3メートルあり、目通り幹囲は9.9メートルとなり、枝張りに関しては、東西に26.9メートルで南北に20.2メートルと豪 ...

お弁当を食べながらの観賞がお勧めです。
又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

今回紹介するのは、奈良県宇陀市大宇陀本郷にある『一本桜』の名桜となる『又兵衛桜』です。 推定樹齢300年の古木となり、樹高が13メートルで、目通り幹囲は3メートルとなっており、桜の花がまるで流れ落ちる滝のように咲く姿から『本郷の瀧桜』と呼ばれています。 正式な名称は『本郷の瀧桜』なのですが、親しみを ...

樹齢1000年の名桜『樽見の大桜』
樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

今回紹介するのは、兵庫県養父市大屋町樽見にある、県下一の名桜となる『樽見の大桜』です。 『樽見の大桜』は、彼岸桜の一種となる『エドヒガンザクラ』となり、標高約350メートルの山の斜面にそびえ立つ姿は、樹高が13.8メートルで、目通り幹囲が6.3メートル、根周りが9.0メートルで、枝張りに関しては東西 ...

生命力は健在で県下随一の存在感です。
醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

今回紹介するのは、岡山県北部に位置する真庭市にある県下一の巨木で『一本桜』となる『醍醐桜』です。 『醍醐桜』は、諸説あるのですが推定樹齢が700年とも1000年以上ともいわれ『新日本名木百選』に選ばれるのと同時に、1972年12月には岡山県の『天然記念物』に指定されています。 その生命力は、長い時を ...

樹齢900年の『佛隆寺の千年桜』です。
佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

今回紹介するのは、奈良県宇陀市の榛原(はいばら)にある、県下では最大最古と言われる『一本桜』の名桜となる『佛隆寺の千年桜』です。 『佛隆寺の千年桜』は、推定樹齢900年の老大樹となっています。 『佛隆寺のヤマザクラ』として、昭和53年3月15日に奈良県が指定する『天然記念物』になったのですが、その後 ...

『奥山田のしだれ桜』です。
奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

今回紹介するのは、愛知県岡崎市奥山田町に鎮座する県下一の名桜の『一本桜』として、多くの方より親しまれている『奥山田のしだれ桜』です。 『奥山田のしだれ桜』は『彼岸桜』の一種となる『エドヒガンザクラ』の『しだれ桜』となり、推定樹齢が1300年と言われる老木で、樹高が12.5メートルあり、根周りが3.2 ...

『都しだれ』こと『畑のしだれ桜』です。
畑のしだれ桜【アクセス・駐車場】枯死から蘇った樹齢400年の一本桜!

今回紹介するのは、滋賀県甲賀市信楽町畑にある『深堂(しんどう)の郷』の小高い丘の上に立ちつくす『一本桜』の名桜『畑(はた)のしだれ桜』です。 『畑のしだれ桜』は、滋賀県甲賀市信楽町が誇る、推定樹齢が400年以上の『エドヒガンザクラ』の名桜となり、最大幹周が3.76mで、樹高が12mとなる古木なのです ...

一本桜『宝蔵寺の枝垂れ桜』です。
宝蔵寺の枝垂れ桜【アクセス・駐車場】東吉野村が誇る優雅な一本桜!

今回紹介するのは、奈良県吉野郡東吉野村木津にある『一本桜』の名桜『宝蔵寺の枝垂れ桜』です。 『宝蔵寺の枝垂れ桜』は、とても静かで緑豊かな大自然の森に囲まれた東吉野村に鎮座する『宝蔵寺』の門前に立つ、樹齢430年の古木で『野生種』となる『エドヒガン』の『枝垂れ桜』の名桜です。 一本桜『宝蔵寺の枝垂れ桜 ...

その場所にただ一本だけ、凛とした姿で聳(そび)え立つ「一本桜」の姿からは、並々ならぬ力を感じることができ、毎年のように各地へと車を走らせます。

今回紹介する「一本桜」は、大阪府和泉市若樫町にあるしだれ桜の名桜「若樫の百滝桜」となるのですが、非常に味わい深い、優美な古木となります。

さて、早速にも「若樫の百滝桜」の観賞に移りたいと思うのですが、今回、込み合う状況を避けるため、平日の朝一番で訪れて、しばらくのあいだゆっくりと観賞したのですが、多くの方が「公共交通機関」を利用して訪れていたり、自転車やバイクで訪れる方がほとんどでした。

若樫の百滝桜の周辺の様子です。

若樫の百滝桜の周辺の様子です!

訪れる前に調べていた通り「道が狭いく車通りが多い!」と言う情報は本当で、朝一番ですが、多くの車が行き交うため、ゆっくりと観賞に集中できる状況ではありません!

渋滞とまではなりませんでしたが、次から次へと車が通るので、小さな川に架かる「坂見橋」の上から近くで「若樫の百滝桜」を観賞するには、かなりの危険を伴います。

樹齢100年以上の若樫の百滝桜です。

樹齢100年以上の若樫の百滝桜です!

車の途切れる瞬間を待って、車道より「若樫の百滝桜」の全体の樹姿の写真を撮るのですが、気を抜くと前から後ろからと車が迫ってきます。

注意すべき点として、最盛期を迎えた「若樫の百滝桜」の樹姿は、大変に優美で車で行き過ぎる方も、恐らく目を奪われているのではないかと思いますので「車のほうが避けてくれる!」なんて思わずに、ご自身で十分に注意しながら観賞するようにして下さい!

さて「若樫の百滝桜」ですが、推定樹齢100年以上と言われる、野生種の「エドヒガンザクラ」の名桜となるのですが、樹高に関しては8メートルほどあるのですが「坂見橋」のたもとの斜面より延びており、少し見にくいですが、幹周に関しても2. 2メートルあります。

支柱で支えられる味わい深い姿です。

支柱で支えられる味わい深い姿です!

根元より1.5メートルほどの位置から、バランス良く双幹に分かれた枝張りとなるのですが、東西、南北ともに約15メートルに渡って広がり魅せています。

一方は「坂見橋」と「国道170号線」に掛けての上部に伸びながら、行き交う車の邪魔にならないように、軽く枝垂れているのですが、もう一方は「坂見橋」の下を流れる川に向けて、細く、そして長く枝垂れる樹姿は、実に優美で大阪随一のしだれ桜と呼ばれるにふさわしい立ち姿となります。

 

数多くの支柱で複雑に支えられる味わい深い佇まい!

斜面より伸びる樹姿は、樹齢を重ねることで大きく広がりを魅せ、数多くの「支柱」によって、複雑に支えられているのですが、このような見方をする人がどれくらいるのか分かりませんが、古木ならではと言っても過言ではないこの「支柱」で支えられている姿が「若樫の百滝桜」の存在感を、より一層引き立てて、見る者に感動すら与えているのではないかと考えています。

大阪髄一のしだれ桜の優美な姿です。

大阪髄一のしだれ桜の優美な姿です!

若樫の百滝桜」は、個人宅の庭にあるものですが、大阪府が指定する「天然記念物」となり、登録されている正式名称は、地名から単に「若樫のサクラ」となるのですが、地元の方をはじめ、多くの方より「若樫の百滝桜」と、親しみを込めて呼ばれています。

大阪では数少ない「しだれ桜」となる「若樫の百滝桜」ですが、樹齢に関しても100年と、これからが盛り上がりを魅せる若い名桜となるのですが、現在の見ごろを迎えた状態の、薄い桃色の密な花付きから考えても、今まさに最盛期を迎えた「一本桜」になるのではないかと思いますので、これから数十年ほどは楽しませてくれるように思います。

今では、毎年のように多くの見物客の目を楽しませてくれる「若樫の百滝桜」ですが、それほどの知名度がなく、地元の方のみぞ知る桜の木だったのですが、あまりの素晴らし樹姿ゆえに、いつの間にか人伝で広がりを魅せ、現在では「大阪髄一のしだれ桜」と、言われるほどの人気ぶりとなりました。

人気が高まるのは良いのですが、この先、見物する方が多くなればなるほど、交通状況が悪くなることが考えられるほか、心ない方のゴミのポイ捨てや、近隣住民の方々の日常生活に支障が出ると言う問題も考えられます。

そんな、問題が多く起こるようになれば、せっかくの大阪随一の名桜と言われる「若樫の百滝桜」の姿を観ることができなくなるかもしれません!

毎年のように地元の方々を見守り続けてきた「若樫の百滝桜」で、多く方より親しまれた一本桜の名桜となりますので、観賞する際には、最低限のマナーを守って訪れてほしいと思います。

この先も桜のシーズンを迎えると、訪れる人々をピンク一色の満開に花咲かせる優美な姿でお出迎えしてくれると思いますので、是非一度訪れて、大阪随一のしだれ桜をご堪能下さい!

 

若樫の百滝桜のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

若樫の百滝桜

  • 住所:〒594-1143大阪府和泉市若樫町462
  • 電話:0725-41-1551(和泉市教育委員会文化財振興課)
  • 時間:散策自由
  • 観覧料:無料
  • 定休日:無し
  • 駐車場:無し
  • アクセス:【公共交通機関】「南海本線」の「泉大津駅」から「南海バス(春木川線)」に乗車して「若樫」のバス停留所で下車したあと東に徒歩450m(約10分)
    JR阪和線」の「和泉府中駅」から「南海バス(春木川線)」に乗車して「若樫」のバス停留所で下車したあと東に徒歩450m(約10分)
    泉北高速鉄道線」の「和泉中央駅」から「南海バス(春木川線)」に乗車して「若樫」のバス停留所で下車したあと東に徒歩450m(約10分)
    お車】「阪和自動車道」の「岸和田和泉IC」を降りて「府道230号線」を東に進み「あゆみ野三丁目南」の交差点を右折ししばらくのあいだ道なりに走り進めて突き当りとなる「テクノステージ南」の信号を左折して「国道170号線(外環状線)」に入りしばらく走り進めた先の「大野町北」の信号を右折したら1つ目の信号となる「大野町」の交差点を右折し後は1kmほど道なりに走り進めた先の右手側の沿道に「若樫の百滝桜」があります6.7km(約15分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

若樫の百滝桜」は、大阪府随一と言われるしだれ桜の名桜となるのですが、その優美なたたずまいは、訪れる多くの方を魅了します。
狭い「国道170号線沿い」にあることで「マイカー」では少し訪れにくい地となりますが「公共交通機関」を利用すれば、比較的安易に訪れることができます。
是非一度訪れて、優雅に立ち尽くす「若樫の百滝桜」の姿を、ご堪能下さい!

関連記事

桜に関する記事はコチラをご覧下さい

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

  万代池公園【桜】ジョギングコースに立ち並ぶ優美な桜並木!

  延寿院の枝垂れ桜【アクセス・駐車場】たくましくも傷だらけの一本桜【御朱印】

  竹林院群芳園【アクセス・駐車場】天人之桜は樹齢300年の一本桜【御朱印】

  満願寺の八講桜【アクセス・駐車場】小高い丘から見守り続ける一本桜!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-桜名所
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.