気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

投稿日:2017年3月9日 更新日:

今回紹介するのは、奈良県宇陀市大宇陀本郷にある『一本桜』の名桜となる『又兵衛桜』です。

推定樹齢300年の古木となり、樹高が13メートルで、目通り幹囲は3メートルとなっており、桜の花がまるで流れ落ちる滝のように咲く姿から『本郷の瀧桜』と呼ばれています。

正式な名称は『本郷の瀧桜』なのですが、親しみを込めた通称として『又兵衛桜』と呼ばれることが、多くの方に知られています。

日本三大巨桜』のひとつとして君臨する『三春滝桜(みはるたきざくら)』を『東の横綱』と呼ばれるのに対して『西の横綱』は『本郷の瀧桜(又兵衛桜)』と言われほど見事な『枝垂れ桜』の名桜となっています。

大坂夏の陣』で敗れた『後藤又兵衛』が、この地に屋敷を構えて、晩年を僧侶のふりをして過ごした場所と言うことで『又兵衛桜』と言う名前が付けられています。

奈良県の保護樹として大切に保護されており、地元の方からもたいへん親しまれています。

20数年前までは、地元のなかでも特に騒がれるような桜の木ではなかったのですが『又兵衛桜』を撮った写真がコンクールで優勝したのをきっかけに、一気にその名は知られることとなりました。

2000年に放送されたNHKの大河ドラマで『葵 徳川三代』のオープニング画面で使われたことによりさらにブレイクし、全国からもたくさんの人が訪れるようになりました。

そんな、たくさんの方々が訪れ魅了される、滝のよう花咲く姿を観賞したいと思います。

準備が整いましたら『又兵衛桜』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

寒い冬が終わり温かみを帯び始めると、桜のお花見シーズンとなり、日本の『国花』ともいうべき桜の開花がはじまり、自然と心が弾んできます。

桜の楽しみ方は、人それぞれとなり、あっという間に過ぎ去る、満開に花ひらく桜を楽しむため、たくさんの方が日々の疲れも忘れて、桜の観賞に出かけます。

管理人である『ヒロ兄』の桜の楽しみ方は『一本桜』を好んで観賞に出かけます。

『一本桜』の記事は後ほどコチラをご覧下さい!

  淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

その場所にただ一本、凛とそびえたつ『一本桜』の姿からは、並々ならぬ力を感じることができ、毎年のように各地へ車を走らせます。

今回紹介する『一本桜』は、奈良県の宇陀市に300年以上鎮座し続ける『本郷の瀧桜』こと『又兵衛桜』です。

毎年の悩みとして、桜と紅葉の見頃に関しては、ドンピシャのタイミングで訪れるのは、本当にむつかしいと悩みます。

遠方まで出かけて『早かった!』や『遅すぎた!』や『ドンピシャ!』は、訪れてみないと分かりません。

残念な結果で終わることも多々あるのですが、それもひとつのお楽しみと考えて出かけるようにしています。

 

見ごろを迎えた『又兵衛桜』の交通状況!

今回は『一本桜』の名桜となる『又兵衛桜』を観賞するため、奈良県へと車を走らせます。

又兵衛桜』は、別の『一本桜』の観賞に行った後の訪問となるので、現在の時刻は13時を過ぎています。

本来でしたら、桜の名所としては名高い『又兵衛桜』だけに、早めの訪問がベストとなり、お昼を過ぎたあたりは渋滞してもおかしくない時間帯となります。

しかし管理人に焦りはありません!

実のところ、数年前にも『又兵衛桜』を訪れたことがあるのですが、その時も道路が渋滞するほどではありませんでした。

何故かと言うと『又兵衛桜』の開花時期にあわせて『臨時』の『駐車場』が、周辺に約500台ぐらい設置されることで、大きな渋滞にはならないと言うことになっています。

駐車料金に関しては、多少の違いはありますが、ほとんどが500円~となっています。

ガードマンが所々にいて、交通整理もしっかり行われているために、大渋滞にはならないと言うことです。

臨時駐車場がたくさん設置されます。

臨時駐車場がたくさん設置されます

車を駐車するまでに、ひときわ大きく広がりを魅せながら枝垂れる『又兵衛桜』の姿を確認することができます。

たくさんの方が訪れ『又兵衛桜』を取り囲むように設置されている『散策路』を歩きながら、ベストフォトスポットを探しています。

あちらこちらにある『駐車場』は、ほぼ満車で空きがない感じとなりますが、入る車と出ていく車のバランスがいいため、大きな渋滞にはなっていません!

しばらくの待機のあと、空いている『駐車スペース』に車を止めると『又兵衛桜』へと歩みを進めます。

 

特産品を販売する売店がたくさん出店する『桜まつり』を開催!

又兵衛桜』の会場では、開花シーズンにあわせて『桜まつり』が開催されており、特産品を販売する売店がたくさん出店していて、大変な賑わいとなっています。

『桜まつり』が開催されます。

『桜まつり』が開催されます!

基本的に『又兵衛桜』の観覧料は『無料』となっていますが『さくらはし』の架かっている辺りには『おばさん』が立っていて、任意で『維持管理協力金』として『100円の寄付』を募っています。

管理人は、以前訪れて『又兵衛桜』の素晴らしさを知っているので、今後ともどうか手厚い管理をしていただきたいという思いもあり、2人分で200円きっちりと納めておきました。

まずは『又兵衛桜』の近くに行ってみます。

樹齢300年の『又兵衛桜』です。

樹齢300年の『又兵衛桜』です!

又兵衛桜』は、少し小高い石垣の上にあるのですが『大坂夏の陣』で敗れた『後藤又兵衛』が、この場所に屋敷を構えて、僧侶のふりをして晩年を過ごしたと言われているのですが、歴史の本などでは、実は『道明寺の戦い』で戦死したことになっているので・・・実際のところは・・・?

石垣より張り出した樹高13メートルの『枝垂れ桜』となる『又兵衛桜』の枝の一部は、幹の根の部分よりも下まで垂れ下がっていて、まるで流れ落ちる滝のようにも見えます。

正式な名称である『本郷の瀧桜』というのも、その姿から付いたものです。

正式名称は『本郷の瀧桜』です。

正式名称は『本郷の瀧桜』です!

又兵衛桜』を取り囲むように設けられた『散策路』からは、見る場所によりさまざまな『又兵衛桜』の姿を、見ることができるようになっています。

濃い紅色の花びらをびっしりと付けた樹齢300年の『枝垂れ桜』の『又兵衛桜』は、現在が最高の時を迎えているといっても過言ではない花づきの良さです。

 

西の横綱『本郷の瀧桜』は、NHKの大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングに・・

枝垂れ桜』として『東の横綱』が『日本三大巨桜』のひとつとして君臨する『三春滝桜(みはるたきざくら)』に対して『西の横綱』が『本郷の瀧桜(又兵衛桜)』と言われるのにも納得のいく優美な姿となります。

西の横綱と呼ばれる優美な姿です。

西の横綱と呼ばれる優美な姿です!

又兵衛桜』は、20数年前までは、地元のなかでも、それほど騒ぐような桜の木ではなかっのですが『又兵衛桜』の写真がコンクールで優勝したことと、2000年に放送されたNHKの大河ドラマで『葵 徳川三代』のオープニング画面で使われたことにより、たくさんの人が訪れるようになったと言うことですが、それまで知られていなかったのが不思議なくらいの見事な『一本桜』の名桜となっています。

今後も、訪れる人は、減ることはなく、まだまだ増えるに違いないと管理人は考えます。

又兵衛桜』を近くから十分に観賞した後は、小さな川を隔てた向かい側からの観賞がお勧めとなります。

凛とした立ち姿の『又兵衛桜』を観賞しながら、のんびりとした時間を過ごすことができます。

お弁当を食べながらの観賞がお勧めです。

お弁当を食べながらの観賞がお勧め!

広い河原沿いでは、たくさんの方が『又兵衛桜』のお花見を楽しみながら、お昼のお弁当を食べています。

一度訪れても、二度、三度と行きたくなるほど、心弾む楽しい場所であり、素晴らしい名桜の『又兵衛桜』です。

その年の気温によって多少の前後はありますが、4月上旬から4月中旬あたりが『見ごろ』となりますので、そのあたりを目安に訪れることをお勧めします。

また、お花見としては最高の眺めとなりますので、お昼ご飯を食べながら、ゆっくりとご観賞してみてください。

と言ったところで『又兵衛桜』の散策がすべて終了となります。

時間の許す限り満開に咲き誇る姿を堪能し、また訪れようと心に誓い『気まぐれファミリー』は賑わい続ける『又兵衛桜』をあとにする・・・

 

『又兵衛桜』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

又兵衛桜』(又兵衛桜開花期間中)

開花時期は、例年4月上旬から中旬ぐらいで、桜祭りも開催されます。

  • 住所:〒633-2156奈良県宇陀市大宇陀本郷
  • 電話:0745-82-2457(宇陀市役所商工観光課)
  • 時間:自由
  • 料金:無料(維持管理協力金100円)
  • 駐車場:(周辺民間駐車場500台)普通車500円~大型観光バス3000円
  • アクセス:【公共交通機関】近鉄『榛原駅』から奈良交通『大宇陀行き』バスで17分
    *榛原駅から直通バスが1時間に1・2本出ています
    近鉄『大宇陀』終点下車から徒歩約20分
    お車】『大阪・名古屋方面』からは、名阪国道(針IC)から国道369号線→市道の国道370号線を経由し→国道166号線の標識に従って大宇陀へ(約40分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

全国的にも非常に人気の高い『一本桜』の枝垂れ桜『又兵衛桜』は毎年のように、満開に花びらを付けた姿で訪れる人々をお出迎えし、心和む時間を過ごすことができる桜のスポットとなります。
桜まつり』の開催期間中は、たくさんの人たちで賑わい心に残るお花見をすることができます。
滝のように花開き枝垂れる姿を、是非一度ご自身の目でご堪能下さい。

【関連記事】

桜に関する記事はコチラをご覧下さい!

  淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

  奥琵琶湖パークウェイ【桜】つづら尾崎展望台【恋人の聖地】丸子船が運ぶ恋!

  造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

  万代池公園【桜】ジョギングコースに立ち並ぶ優美な桜並木!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-桜名所
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.