気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

投稿日:2017年4月13日 更新日:

今回紹介するのは、大阪府大阪市北区の天満に位置する『造幣局』で毎年の恒例となる『桜の通り抜け』です。

大阪を代表する『桜の名所』といえば、何と言っても『造幣局』の『桜の通り抜け』を外すことはできません。

普段は立ち入り禁止の区域となる『造幣局』の『南門(天満橋側)』から一方通行で進み『北門(桜宮橋側)』までを特別に開放し、数多くの『珍しい桜』を楽しむことができます。

造幣局』の構内の通り抜け通路は約560mとなり、所狭しと立ち並ぶ満開に花開く桜の木々は、実に優雅に咲き乱れています。

造幣局』の周辺は、昔から『景勝地』として知られ、春は『』が咲き乱れ、夏は『涼み船』で暑さをしのぎ、秋には澄んだ秋空に昇るまるい『』など、四季を通してさまざまな楽しみがあり、多くの方より親しまれています。

特に春の『』は有名となり、対岸に咲き乱れる桜は圧巻で『地名』どおり『桜の宮』と呼ぶにふさわしい姿となります。

そんな大阪の誇る『造幣局』に咲き乱れる桜を紹介したいと思います。

準備が整いましたら『造幣局』の『桜の通り抜け』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

寒い冬が終わり温かみを帯びてくると、桜のお花見シーズンとなり、日本の『国花』ともいうべき桜の開花が各地ではじまり、自然と心が弾んできます。

桜の楽しみ方は、人それぞれとなり、あっという間に過ぎ去る、満開に花ひらく桜を楽しむため、たくさんの方が日々の疲れも忘れて、桜の観賞に出かけます。

毎年の悩みとして、桜と紅葉の見頃に関しては、ドンピシャのタイミングで訪れるのは、本当にむつかしいと悩みます。

遠方まで出かけて『早かった!』や『遅すぎた!』や『ドンピシャ!』は、訪れてみないと分かりません。

残念な結果で終わることも多々あるのですが、それもひとつのお楽しみと考えて出かけるようにしています。

今回は、大阪を代表する『桜の名所』となり、毎年のように数多くの方が訪れる『造幣局』で行われる『桜の通り抜け』へと向かいます。

大阪在住となる管理人は、車ではなくバイクにて『造幣局』へと向かいます。

わずか1週間と言う、短い期間だけの開催となる『造幣局』の『桜の通り抜け』だけに、この1週間のあいだに遠方からも多くの方が集まります。

その為、訪れるにあたり「平日だから混みあってないやろう?」と言う考えは、通用しないのは当然覚悟しなければいけません。

 

『桜の通り抜け』期間中の周辺駐車場は大混雑!

造幣局』の『桜の通り抜け』が開催される期間中の『周辺駐車場』は大混雑になることは言うまでもありません!

周辺駐車場は大混雑になります。

周辺駐車場は大混雑になります!

造幣局』の『南門(天満橋)』の周辺には、駐車台数こそは少ないのですが、10か所ぐらいの『駐車場』がありますが『桜の通り抜け』の『入り口(スタート地点)』が近いだけに、開催期間中はほとんどが満車となっています。

空いていたら『ラッキー』なのですが、期間中は『特別料金』となっており、大体のところが30分で『500円』と言う『駐車料金』となっており、少々お高いめの設定金額となっています。

桜の通り抜け』のみを目的として訪れるのであれば、1時間ぐらいでひと通り回ることができるかと思いますが、開催期間中は、『大川(旧淀川)沿い』には『屋台』が立ち並んで賑わいますので、そちらも同時に楽しむのであればそれなりの滞在時間が必要かと思います。

そこで少し離れますが『国道1号線』の『桜宮橋』が架かっている『桜宮橋東詰』の交差点の角にある『ドン・キホーテ』の『駐車場』をお勧めしておきます。

『ドン・キホーテ』の駐車場です。

『ドン・キホーテ』の駐車場です!

以前にも一度『桜の通り抜け』に訪れたのですが、その時には車で来たので『ドン・キホーテ』の『駐車場』に止めたのですが、夜の7時頃でしたが、待ち時間無しで入ることができました。

24時間利用できますし、30分200円と安い金額のうえに、最初の30分は『無料』となるのと、なにかお買い物をすれば『1時間は無料』となります。

問題なのは『桜の通り抜け』の会場は『一方通行』となっているので『国道1号線』の『桜宮橋』と言えば、ちょうど『桜の通り抜け』の出口付近となるため『スタート地点』となる『南門』までは、約560mほど歩かなくてはいけません。

桜の通り抜け』の会場となる隣の『大川沿い』では『屋台』が立ち並んでいますので『屋台』を楽しみながら歩いていれば意外とすぐに『南門』まで行けるかと思います。

少し歩くことになりますが、色々な面で考えると空いている『駐車場』を探しながら、ウロウロと車で走り回るよりは楽だと思いますので、お勧めしておきます。

尚、近年では大きなイベントなどが開催される日には周辺の大型駐車場を持つお店などが、混乱を避けるため『駐車場を閉鎖!』することも多々ありますので、念のためご確認の後お出かけください!

 

『造幣局』の桜は桁外れの『134品種』の350本!

今年の『』は訪れるのが少し遅く、いつまでも冬の寒さが残り、全国的に見ても『桜の開花』が遅れています。

大阪の『造幣局』は、どうだろうか?

少し不安に思いながらも、大阪在住となる管理人は『近い!』と言うことで、開催期間中は『造幣局』に何度でも行くことができるだけに、気持ちは少し楽です。

しかし、わざわざ休みまで取って遠方より訪れたのに「桜が咲いてない!」ではやってられない!

残念な結果で終わることもあるかと思いますが、それもひとつの『お楽しみ!』と考えて出かけるようにして下さい!

造幣局の『桜の通り抜け』です。

造幣局の『桜の通り抜け』です!

造幣局』のスタート地点となる『南門』に到着です!

開催日の2日目となる『平日』だと言うのに、たくさんの方が訪れています。

南門』より『造幣局』の中に入ってすぐに「やっぱり!」と思わず声が出ます。

見える範囲の桜の木々は、ほとんど『蕾のまま!』の状態となり、開花している桜も7分咲き程度となります。

予想通りほとんどが『蕾』です。

予想通りほとんどが『蕾』です!

造幣局』の『桜の通り抜け』がなぜ大阪が誇る人気の名所であるのかと言いいますと、なんといっても約560メートル足らずの会場に立ち並ぶ『桜の種類』が、桁外れの『134品種』となっており『約350本』もの桜の木々が、所狭しと立ち並んでいるところです。

以前に訪れた時には本日とは逆で、ほとんどの桜の木々が満開となり、早咲きの桜だけが散っているといった状態でした。

少し残念なスタートではありますが、まだ歩きはじめた所なので、奥に立ち並ぶ桜の木々の開花の状況は未知です!

ここで『注意点』が1つあるのですが『造幣局』の『桜の通り抜け』の会場内に立ち並ぶ桜の木には、1つ1つに『名前』が付けられており、その桜の木の軽い紹介が書かれていたりするのですが、数がありすぎて訳が分からなくなってきますので、会場内の『案内パンフレット』が必要となります。

造幣局のミュウジアムグッズ売り場です。

造幣局のミュウジアムグッズ売り場!

南門』を入ったら真っすぐに進まず、少し左前に進むと『造幣局』の『ミュウジアムグッズ』や、各種『記念メダル』の販売が行なわれているスペースがあり、その中に『案内パンフレット』が置かれていますので、まずはそちらに立ち寄って『案内パンフレット』をGET!してください!

行き過ぎてしまうと、会場内は基本的に『逆行できません!」ので『案内パンフレット』をもらうことが困難になります。

多くの人の流れに逆らって歩いて行くことになりますので・・・

 

『造幣局桜の通り抜け』の今年の花『鬱金(うこん)』!

造幣局』の『桜の通り抜け』では、毎年『今年の花』と歌い、多くの方より親しみを持ってもらうため、会場内にある数多くの品種の中から『1品種』を選び『見どころ』のひとつとしています。

今年の花』に選ばれている『鬱金(うこん)』は、古くから知られた桜の木となるのですが、江戸時代に京都の『知恩院』に植えられていたと言われ樹姿は『直立高木』で、花は『淡黄緑色』のショウガ科の『ウコンの根』の色に似ていることから、付けられた名前となっており『花弁数』は10枚~15枚となっています。

今年の花』に選ばれた『鬱金(うこん)』は『南門』より80mほど歩き進めた川沿いと、終点近くとなる500mほど進んだ川沿いの『2か所』に設置されています。

残念ながら今日現在は『今年の花』となる『鬱金(うこん)』に関しては『2か所』共に開花されておらず、ただの木となっています。

今年の花に選ばれた『鬱金』です。

今年の花に選ばれた『鬱金』です!

おそらくこの様子ですと、開催期間の『後半』に満開を迎えるのではないかと思われます。

さらに『珍しい桜』と題して選ばれているのは『大手鞠(おおてまり)』と『紅手鞠(べにてまり)』と『養老桜(ようろうざくら)』と『二度桜(にどざくら)』と言った『4品種』が見どころとなっています。

 

『桜の通り抜け』の見どころ4品種『大手鞠』『紅手鞠』『養老桜』『二度桜』!

桜の通り抜け』の見どころとなる『4品種』の『大手鞠』『紅手鞠』『養老桜』『二度桜』はと言いますと、やはり満開とはいきませんが紹介しておきます。

まずは『大手鞠(おおてまり)』ですが『南門』より100m付近の川沿い側と、150m付近の左手側に『各1か所』ありますが、両方とも5分咲きぐらいで非常にさみしい状態となっています。

見どころ4品種の1種『大手鞠』です。

見どころ4品種の1種『大手鞠』

大手鞠(おおてまり)』は、多数の花が枝の先に密生して咲き『大きい手毬』のような形に咲くところから、この名前がついています。

花びらは、中輪の『薄紅色』となっており『花弁数』は20枚程度となっています。

続いて『紅手鞠(べにてまり)』ですが、80メートル付近の川沿いと、中間地点にある『めがね橋』を越えて川沿い側と、520m付近の左手側の『3か所』となりますが、いずれも5分咲きとなり『大手鞠』と同じく非常にさみしい状態となっています。

見どころ4品種の1種『紅手鞠』です。

見どころ4品種の1種『紅手鞠』

大手鞠』や『小手毬』と同様の『八重桜』となり、多数の『紅色の花』が『紅い手毬』のように枝に密生して咲くのが特徴的でこの名前が付けられています。

大手鞠』と『紅手鞠』共に、週末ぐらいが一番の見ごろとなりそうです。

続いて『養老桜』ですが、この『品種』に関しては『1か所』しかなく、先ほどと同じく『めがね橋』を越えて左手側となっています。

見どころ4品種の1種『養老桜』です。

見どころ4品種の1種『養老桜』

緑の葉っぱがたくさん付いており『見ごろ』を少し越えているようにも思うのですが、花びらが散っている感じもないので、これが一番の見頃を迎えているのか?少し謎です。

直径3㎝ぐらいの広い花びらで『花弁数』は、5枚~8枚の『一重八重桜』となっています。

最後は『二度桜(にどざくら)』ですが、100m付近の左手側と『養老桜』のすぐ近くの左手側の『2か所』となっていますが、どちらも8分咲きからほぼ満開を迎える一歩手前ぐらいとなっています。

見どころ4品種の1種『二度桜』です。

見どころ4品種の1種『二度桜』

二度桜』は、非常に珍しい桜の花びらとなり、1本の桜の木に『一重』と『八重』の『二段咲き』の花びらがあり『二段咲き』では、外側の蕾が開花したあとに、内側の蕾が少し遅れて開花することから『二度桜』と言う名前が付いています。

たくさんの花びらの中でひとつだけ外側の蕾が開花して、内側に蕾が開花していない状態の物がありました!

非常に珍しいので、訪れた際には是非探してみてください!

と、言ったところが『4品種』ある『珍しい品種』の紹介となります。

 

『造幣局桜の通り抜け』新種の桜『玖島桜(くしまざくら)』は二段咲き!

最後に『新種』の桜の木が1本あるのですが『玖島桜(くしまざくら)』といい、500m付近にある『旧正門』のかたわらにあります。

新種の桜となる『玖島桜』です。

新種の桜となる『玖島桜』です!

玖島桜(くしまざくら)』は、長崎県大村公園(玖島城跡)発祥の桜の木で、1本の木に咲く花の約半数が『二段咲き』となります。

二段咲き』とならない半数の花は『普賢象』に似ますが『花弁数』は約40~50枚あります。

残念なことに『玖島桜(くしまざくら)』は、ほぼ蕾の状態となり、開花はおそらく最終日ぐらいではないかと思われます。

先ほど紹介した『二度桜』と同じように『二段咲き』となりますので、訪れた際にはお見逃しなく・・

 

『造幣局桜の通り抜け』の現在の見ごろの桜!

南門』から最終地点となる『北門』までの560mの間に『見ごろ』を迎えて満開となる桜の木もたくさんありました。

2~3日中には、ほぼすべての桜の木が『満開』になると思いますので、焦らずに予定を立ててお出かけ頂けたらと思います。

見ごろを迎えている桜です。

見ごろを迎えている桜です!

造幣局』の『桜の通り抜け』では、それぞれが個性的な立ち姿となり、花びらも同じように見えても一つ一つが違った味わいがあり、見飽きることない時間を過ごすことができるようになっています。

1週間だけの期間限定となり、予定も立てにくいかと思いますが、無理にでも予定を立てるだけの価値はあると思います。

ただ、1週間と言う短い期間だけに『混雑』だけは覚悟して頂かなくてはいけません。

尚、今年の寒さからして期間後半に訪れるのがベストかと思います!

管理人は『ライトアップ』が行われる時間帯にも訪れたことがあるのですが、日没と同時にぼんぼりなどで『ライトアップ』される『桜の通り抜け』は、幻想的な空間に変わりますのであわせてお楽しみいただけたらと思います。

何はともあれ一見の価値はあると思いますので、是非訪れてご自身の目でご堪能下さい!

 

『造幣局の桜の通り抜け』満開に咲き乱れる幻想的なライトアップ!

開催日の後半に『ライトアップ』を見に行ってきましたので、追加としてあわせて紹介しておきます。

開催期間の始まりこそは『満開』になっている桜の木は少なかったのですが、週末の後半には、ほぼすべての桜の木が『満開』に咲き乱れ、幻想的な『ライトアップ』となっていました。

幻想的なライトアップとなります。

幻想的なライトアップとなります!

今年の花』となる『鬱金(うこん)』も、この日には『満開』を迎えており『淡黄緑色』の花びらがとてもきれいに咲き乱れていました。

さらに『新種の桜』の『玖島桜(くしまざくら)』も最終日ぐらいが『満開』では?と予想しましたが、8分咲きとなっており、見ごたえのある『二段咲き』に花びらを咲かせる様子を見ることができました。

ほぼすべてが満開となり『ライトアップ』は、明るいLEDライト&ぼんぼり使用による幻想的な薄明りが入り混じった構内となっていました。

今年訪れた方とは、同じ雰囲気を楽しめたと思いますが、今回いけなかった方は、来年は『造幣局』の『桜の通り抜け』は、お勧めしておきますので、難しい予定をなんとか合わして訪れてください。

きっと心に深く残るお花見を楽しめると思います・・

 

『造幣局』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

平成29年『桜の通り抜け

  • 開催期間:平成29年4月11日(火曜日)~17日(月曜日)
  • 開催場所:〒530‐0043大阪府大阪市北区天満1-1-79
    造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行(約560メートル)
  • 電話:050-5548-8686(ハローダイヤル)9:00~21:00まで
  • 開催時間:平日(10:00~21:00)
    土曜日・日曜日(9:00~21:00)
  • 料金:無料
  • 駐車場:無し
  • アクセス:【公共交通機関】地下鉄谷町線・京阪本線(天満橋駅)下車(京阪東口・2号出口)より徒歩約15分
    JR東西線(大阪天満宮駅)下車(JR2号出口)より徒歩約15分
    JR東西線(大阪城北詰駅)下車(3号出口)より徒歩約15分

造幣局

  • 住所:〒530‐0043大阪府大阪市北区天満1-1-79
  • 電話:06-6351-5105(造幣局広報室)
  • 駐車場:無し
  • アクセス:【公共交通機関】地下鉄谷町線・京阪本線(天満橋駅)下車(京阪東口・2号出口)より徒歩約15分
    JR東西線(大阪天満宮駅)下車(JR2号出口)より徒歩約15分
    JR東西線(大阪城北詰駅)下車(3号出口)より徒歩約15分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

造幣局』の桜は、大変人気があり、期間が短いことで混雑するのは我慢しまいといけませんが、大阪随一と言っても過言ではない『造幣局』の『桜の通り抜け』に是非一度訪れて『134品種』の咲き乱れる桜をご自身の目でご堪能下さい。

【関連記事】

桜に関する記事はコチラをご覧下さい!

  淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

  又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

  樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

  醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

  佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

  奥琵琶湖パークウェイ【桜】つづら尾崎展望台【恋人の聖地】丸子船が運ぶ恋!

  万代池公園【桜】ジョギングコースに立ち並ぶ優美な桜並木!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-桜名所
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.