気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

高月院のしだれ桜~家康公御手植の樹齢450年の名桜

投稿日:

今回紹介するのは、愛知県豊田市松平町寒ケ入に位置する「松平郷」の一角にある、松平家の始祖「松平親氏公」の墓所として鎮座する「高月院」にある「一本桜」の名桜「しだれ桜」です。

松平郷」は、三河国の戦国大名から、江戸幕府の将軍家へとのぼり詰めた「松平氏・徳川氏」の、発祥地の郷となります。

平成6年に、松平氏の「居館」となる「松平東照宮」の境内を「松平氏館跡」とし、墓所となる「高月院」及び「松平城跡」さらに「大給城跡」の4か所が、初期松平氏の状況をよく伝えていることから、一括して「松平氏遺跡」として、国が指定する「史跡」となりました。

そんな中で、今回紹介する「高月院」は、1367年に「足助重政」が建立したと伝えられるのですが、建立当時の寺号は「寂静寺」と称されていたのですが、 1377年に「松平親氏公」が、本尊となる阿弥陀仏をはじめ、堂塔を寄進してからは「高月院」と寺号を改め、それ以後からは、松平氏の「菩提寺」として、篤い信仰を受けています。

1602年には「徳川家康公」より、100石下賜されるなど、江戸幕府の保護を受けていたことがあるほか「山門」と「本堂」に関しては「徳川家光公」の命により、1641年に建てられたものが現存しています。

そんな「高月院」の境内には、立派な木々が数多く植えられているのですが、そんな中でも特に見どころとなるのが「山門」をくぐって、すぐ右手側に立つ「徳川家康公」の御手植となる「しだれ桜」です。

徳川家康公の御手植「しだれ桜」です。

徳川家康公の御手植「しだれ桜」

一番日当たりの良い境内にある「しだれ桜」は、この辺りでは最も早く見ごろを向かえるのですが、樹齢に関しては、およそ450年と言われ、高さが約8メートルで、根回りも4メートルあります。

そんな「高月院」の境内に立ち尽くす「一本桜」の名桜「しだれ桜」の紹介となります。

準備が整いましたら「高月院」の「しだれ桜」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

高月院のしだれ桜~家康公御手植の樹齢450年の名桜

寒い冬が終わり、徐々に温かみを帯びてくると「」の「お花見シーズン」となり、日本の「国花」と言っても過言ではない「」の開花が各地で始まり、淡いピンクに染まる木々を目にすると、自然と心が弾んできます。

」の楽しみ方は、人それぞれとなり、ほんのわずかな時間だけ、満開に咲き乱れる桜の花を楽しむため、日々の疲れも忘れて、全国各地へと「」の「お花見」に出かけます。

管理人である「ヒロ兄」の「」の楽しみ方は「一本桜」を好んで、観賞に出かけます。

お勧めの「一本桜」の記事は後ほどコチラをご覧下さい

日本三大巨桜の『淡墨桜』です。
淡墨桜『日本三大巨桜』『日本五大桜』の貫禄【一本桜】御朱印

今回紹介するのは、岐阜県本巣市の『淡墨公園』にある『一本桜』で有名な古木の『淡墨桜(うすずみざくら)』です。 『淡墨桜』は、彼岸桜の一種となる『エドヒガンザクラ』となり、樹高が16.3メートルあり、目通り幹囲は9.9メートルとなり、枝張りに関しては、東西に26.9メートルで南北に20.2メートルと豪 ...

お弁当を食べながらの観賞がお勧めです。
又兵衛桜【本郷の瀧桜】『後藤又兵衛』の名がつく【一本桜】

今回紹介するのは、奈良県宇陀市大宇陀本郷にある『一本桜』の名桜となる『又兵衛桜』です。 推定樹齢300年の古木となり、樹高が13メートルで、目通り幹囲は3メートルとなっており、桜の花がまるで流れ落ちる滝のように咲く姿から『本郷の瀧桜』と呼ばれています。 正式な名称は『本郷の瀧桜』なのですが、親しみを ...

樹齢1000年の名桜『樽見の大桜』
樽見の大桜【仙桜】樹齢1000年の貫禄!【一本桜】兵庫県

今回紹介するのは、兵庫県養父市大屋町樽見にある、県下一の名桜となる『樽見の大桜』です。 『樽見の大桜』は、彼岸桜の一種となる『エドヒガンザクラ』となり、標高約350メートルの山の斜面にそびえ立つ姿は、樹高が13.8メートルで、目通り幹囲が6.3メートル、根周りが9.0メートルで、枝張りに関しては東西 ...

生命力は健在で県下随一の存在感です。
醍醐桜~NHK大河ドラマ『武蔵MUSASHI』【一本桜】岡山県

今回紹介するのは、岡山県北部に位置する真庭市にある県下一の巨木で『一本桜』となる『醍醐桜』です。 『醍醐桜』は、諸説あるのですが推定樹齢が700年とも1000年以上ともいわれ『新日本名木百選』に選ばれるのと同時に、1972年12月には岡山県の『天然記念物』に指定されています。 その生命力は、長い時を ...

樹齢900年の『佛隆寺の千年桜』です。
佛隆寺の千年桜『モチヅキザクラ』奈良県最大最古の【一本桜】

今回紹介するのは、奈良県宇陀市の榛原(はいばら)にある、県下では最大最古と言われる『一本桜』の名桜となる『佛隆寺の千年桜』です。 『佛隆寺の千年桜』は、推定樹齢900年の老大樹となっています。 『佛隆寺のヤマザクラ』として、昭和53年3月15日に奈良県が指定する『天然記念物』になったのですが、その後 ...

『奥山田のしだれ桜』です。
奥山田のしだれ桜【お花見】愛知県岡崎市の誇る優美な名桜【一本桜】

今回紹介するのは、愛知県岡崎市奥山田町に鎮座する県下一の名桜の『一本桜』として、多くの方より親しまれている『奥山田のしだれ桜』です。 『奥山田のしだれ桜』は『彼岸桜』の一種となる『エドヒガンザクラ』の『しだれ桜』となり、推定樹齢が1300年と言われる老木で、樹高が12.5メートルあり、根周りが3.2 ...

『都しだれ』こと『畑のしだれ桜』です。
畑のしだれ桜【アクセス・駐車場】枯死から蘇った樹齢400年の一本桜!

今回紹介するのは、滋賀県甲賀市信楽町畑にある『深堂(しんどう)の郷』の小高い丘の上に立ちつくす『一本桜』の名桜『畑(はた)のしだれ桜』です。 『畑のしだれ桜』は、滋賀県甲賀市信楽町が誇る、推定樹齢が400年以上の『エドヒガンザクラ』の名桜となり、最大幹周が3.76mで、樹高が12mとなる古木なのです ...

たくましくも傷だらけの名桜です。
延寿院の枝垂れ桜【アクセス・駐車場】たくましくも傷だらけの一本桜【御朱印】

今回紹介するのは、三重県名張市赤目町長坂にある『一本桜』の名桜となる『延寿院の枝垂れ桜』です。 名張市の『天然記念物』に指定されている『延寿院の枝垂れ桜』は、推定樹齢が350年以上の『エドヒガン』の古木となり、樹高が7.7メートルで、目通りの直径が1.2メートルあるのですが、樹幹の北側が『朽腐(きゅ ...

竹林院群芳園の一本桜の天人乃桜です。
竹林院群芳園【アクセス・駐車場】天人之桜は樹齢300年の一本桜【御朱印】

今回紹介するのは、奈良県吉野郡吉野町吉野山にある宿坊『竹林院群芳園(ちくりんいんぐんぽうえん)』にある『一本桜』の名桜『天人之桜(てんにんのさくら)』です。 『竹林院』にある庭園『群芳園』は『大和三庭園』のひとつに数えられる名園となるのですが、太閤『豊臣秀吉』が吉野山の桜の観賞の折に『千利休』が桃山 ...

その場所に、ただ一本だけ、凛とした姿で聳(そび)え立つ「一本桜」の姿からは、並々ならぬ力を感じることができ、毎年のように各地へと車を走らせます。

今回紹介する「一本桜」は、愛知県豊田市松平町寒ケ入にある、推定樹齢450年以上と言われる「徳川家康公」の御手植の「しだれ桜」です。

」の「お花見」を楽しむにあたり、毎年の悩みとなるのが「桜の見ごろ」に関してですが、お目当ての「桜の木」が、今まさに「満開!」と言う、タイミングで訪れるのは、本当にむつかしいと悩みます。

遠方まで出かけて「早かった!」や「遅すぎた!」は、よくあることで、満開かどうかは、訪れてみないと分かりません!

しばしば、残念な結果で終わることがあるのですが、それもひとつの「お楽しみ!」と考えて、出かけるようにしています。

まず初めに「高月院」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

高月院へのアクセスはマイカーがお勧めです

高月院」への「アクセス」に関しては「マイカー」がお勧めとなりますが「公共交通機関」を利用しても、行くことはできます。

まず初めに「公共交通機関」を、利用して行く場合ですが「最寄り駅」となるのが「名鉄三河線」の「豊田市駅」となるのですが、徒歩で向かえる距離では無いので「バス」を利用することになり「とよたおいでんバス10(下山・豊田線)」に乗車して「松平郷」の、バス停留所で下車します。

あとは、徒歩で1kmほどですので、約15分で行くことができます。

続いては「マイカー」を、利用する場合ですが「東海環状自動車道」の「豊田松平IC」を降りるのですが、降りたら「国道301号線」に入り、そのまま走り進めた先の突き当りとなる「松平橋東」の信号を右折します。

少し走り進めた先にある「九久平町築場」の信号を左折したら、約5kmぐらい道なりに走り進めた先にある「松平氏発祥の地・松平東照宮・高月院」の案内看板に従って左折したあとは、500メートルほど走り進めた先の左手側が「松平東照宮」の入口となるのですが、そこより少しだけ先に「高月院」と書かれた「案内看板」に従って右折すれば、あとは突き当りまで走り進めれば「高月院」の「駐車場」となります。

豊田松平IC」からは、7.9kmほどですので、約15分で行くことができます。

最後に「駐車場」に関してですが「高月院」には、20台ほどの駐車スペースがある「無料駐車場」が用意されています。

高月院に用意されている無料駐車場です。

高月院に用意されている無料駐車場!

直接「高月院」に行くのであれば、上記の「無料駐車場」で良いのですが、手前にある「松平東照宮」も、併せてお詣りするつもりでしたら、そちらにも「第1駐車場」と「第2駐車場」の、2つの「無料駐車場」があるので、そちらに止めて歩いて行くのも良いかと思います。

高月院」には、約20台分のスペースしかありませんが「松平東照宮」にある、2つの「駐車場」を合わせた収容台数に関しては「普通車70台」と「観光バス5台」がありますので、よほどのことが無い限り「満車」になることは無いかと思います。

それともうひとつ「松平郷」への入口にあたるところにも「松平郷入口広場駐車場」があり「乗用車(約25台)・大型バス(5台)」分の駐車スペースがありますが、約1kmほど歩く必要がありますので、基本的には上記に紹介した「無料駐車場」を利用するのが良いかと思います。

今回は「マイカー」の利用を、お勧めしましたが「バス」を利用しなければいけない点と、バス停から1kmほど歩かなければいけない点が、ちょっとした問題となりますが「公共交通機関」を利用しても、比較的簡単に訪れることはできるかと思います。

以上が「高月院」への「アクセス」と「駐車場」に関する紹介となります。

 

第3代将軍「徳川家光公」が建てた山門です!

松平郷」は「松平氏・徳川氏」の、発祥地の郷となり、岡崎市と足助を結ぶ足助街道の、九久平から東にある山々に抱かれた、自然豊かな小さな集落となり「徳川家康公」と、松平家の始祖となる「松平親氏公」を、お祀りする「松平東照宮」があるのですが、その近くに「高月院」が「菩提寺」としてあります。

松平郷」には、数多くの見どころが点在していて、1日を掛けて散策できるのですが、ここでは「高月院」の境内にある「しだれ桜」を中心として、紹介を進めたいと思います。

松平郷の見どころに関してはコチラをご覧下さい

見どころのひとつ「産湯の井戸跡」です。
松平郷・松平東照宮~見どころ紹介【アクセス・駐車場・御朱印】

今回紹介するのは、愛知県豊田市松平町赤原に位置する集落の「松平郷」にある「徳川家康公」と、松平家の始祖となる「松平親氏公」を、お祀りする神社の「松平東照宮」です。 「松平郷」は、三河国の戦国大名から江戸幕府の将軍家へとのぼり詰めた「松平氏・徳川氏」の、発祥地の郷となります。 また、平成六年に松平氏の ...

2段の石垣からなる墓所です。
松平郷緑地・高月院~松平氏の墓所【アクセス・駐車場・御朱印】

今回紹介するのは、愛知県豊田市松平町寒ケ入に位置する「松平郷」にある、松平家の始祖「松平親氏公」の墓所となる「高月院」です。 「松平郷」は、三河国の戦国大名から江戸幕府の将軍家へとのぼり詰めた「松平氏・徳川氏」の、発祥地の郷となります。 また、平成六年に松平氏の「居館」となる「松平東照宮」の境内を「 ...

今回は「松平郷」に訪れたのですが、まず手始めに「松平東照宮」への参詣を済ませ、続いては「松平家・徳川家」の「菩提寺」となる「高月院」へと向かうのですが、距離で言うと300メートルほどで、道中には「松平郷園地」がありますので「松平東照宮」に車を止めておいて、散策しながら向かうか、直接「高月院」に向かうかは、その時の状況によって、お考えになれば良いかと思います。

管理人は「松平東照宮」の散策をして「松平郷園地」を歩き進めて「高月院」に向かったのですが、そのあたりに関しては、上記より見て頂くとして、ここでは「高月院」の入口となる「山門」より紹介を進めたいと思います。

松平東照宮」から「高月院」までは、約300メートルにかけて整備されている「松平郷園地」があるのですが、園地をちょうど抜けた辺りが「高月院」の「駐車場」となります。

駐車場」の横には、長く続く石階段があり「高月院」の入口となる「山門」へと続いています。

3代将軍「徳川家光」が建てた山門です。

3代将軍「徳川家光」が建てた山門

高月院」の「山門」は、なんてことの無い、小さな「山門」となるのですが、江戸幕府の第3代将軍である「徳川家光公」が、1641年に建てられたものと言われており、とても味わい深い佇まいをしています。

そんな「山門」をくぐり抜け、中へと歩みを進めると、整備の行き届いた境内となり、本堂へと直線的に参道が伸びています。

さて「」に関してですが、道中の「松平郷園地」のあたりから「駐車場」にかけても、それなりに「桜の木」はあったのですが、いずれの木々も「つぼみ」の状態となっており、明らかに「早すぎた!」と言う感じとなります。

この時点で結果は分かっているのですが、はるばる大阪よりやってきましたので「徳川家康公」の御手植の「しだれ桜」は、どんな状態であれ、見ておかなければいけません!

 

高月院の見どころのひとつ「佛足石」

整備の行き届いた参道には、真新しいお堂があり、中には「観音様」の「石像」が立ち並んでおり「本松山三十三観音」と書かれているのですが「高月院」は浄土宗で、正式には「本松山高月院」と言うところからではないでしょうか。

高月院の見どころの佛足石です。

高月院の見どころの佛足石です!

その先にある、本堂へと続く石階段の左手側には、見どころのひとつ「佛足跡」があります。

佛足跡」は、お釈迦様の足跡になるのですが、インドにおける「佛足石」は、お釈迦様の代理を意味し、そこで説法されたことを示すそうです。

佛足石」は、お釈迦様の「遊行転法論」を現し、足裏に描かれている図は、網目の形が放射状につながった紋様が、千個の輪になって並んでいる形のことで「千輻輪相(せんぷくりんそう)」と言われています。

 

徳川家康公の御手植の樹齢450年のしだれ桜!

石階段を登り、本堂へと進もうと思うのですが、よくよく見れば「高月院」の本堂へと続く石階段の周りは、石垣に囲まれており、お寺と言う感じではなく、ちょっと小さめのお城のような構えが、特徴的な造りとなっています。

「高月院」の本堂です。

「高月院」の本堂です!

2つ目の「山門」をくぐり抜けると、目の前には「本堂」があります。

高月院」は、1367年に「足助重政」が、建立したと伝えられるのですが、建立当時の寺号は「寂静寺」と、称されていたのですが 、1377年に「松平親氏公」が、本尊となる阿弥陀仏をはじめ、堂塔を寄進してからは「高月院」と寺号を改め、それ以後からは、松平氏の「菩提寺」として、篤い信仰を受けています。

1602年には「徳川家康公」より、100石下賜されるなど、江戸幕府の保護を受けていたこともあり、山門と本堂に関しては「徳川家光公」の命により、1641年に建てられたものが現存しています。

そんな「本堂」の前で「山門」のすぐ右手側に、簡単な柵に囲われた、今回のお目当ての「しだれ桜」があります。

開花はもう少し先のようです。

開花はもう少し先のようです!

本日は、朝一番より、近くにある「一本桜」を、2件ほど観賞に行ったあとになるのですが、いずれも花びらを満開に咲かせた姿で出迎えてくれましたが、ここ「高月院」の「一本桜」に関しては、つぼみを付けてはいるのですが、開花を向かえるのは、もう少し先となるようです。

日当たりの良い「高月院」の境内にある「しだれ桜」は、この辺りでは、一番早くに見ごろを向かえると言われているのですが、先ほども少し話しましたが「高月院」の手前にある「松平郷園地」の桜の木も、つぼみが少し付いている程度だったのですが、それらに比べると、多少つぼみの数は、多いようにも思います。

例年で言うと、4月初旬~中旬となる4月10日前後が、一番の見ごろを迎えると言われているのですが、今年に関しては、少し遅れていることになります。

この「一本桜」は、樹齢に関しては、およそ450年と言われているのですが、それよりも見どころとなる理由が、江戸幕府の初代征夷大将軍となった「徳川家康公」の、御手植と言う点です。

この「しだれ桜」に関しては、高さが約8メートルあり、根回りに関しても、約4メートルある立派なものなのですが、根元部分から二手に分かれて枝張りしています。

根元より二手に分かれています。

根元より二手に分かれています!

つぼみの状態ではありますが、枝張りに関しても、しだれ方に関しても、名桜であるのは間違いないようです。

境内から眺めるのも良いのですが「山門」に続く階段の下から見ると、お城のような石垣から、覗き込むように咲き乱れる姿は、景観的にも優れているようにも思います。

今回は、満開に咲き乱れる姿ではなく、非常に残念でしたが、ただ一本で立ち尽くす姿からは、並々ならぬ力強さと、満開になった時の「しだれ桜」特有の、優雅な姿を想像することはできたようにも思います。

」や「紅葉」の観賞に関しては、やはり訪れるタイミングが重要で、とても難しいと改めて考えさせられます。

たとえ「満開の姿」では無くても、これもまた、ひとつの「お楽しみ!」と考えて、出かけるようにしていますので、これはこれで楽しみたいと思います。

近年になり、全国的に見ても異常気象の影響で、開花の時期に関しての予測が、かなり困難ではありますが、良いタイミングで訪れられることをお祈りします!

と、言ったところで「高月院」にある「一本桜」の名桜で「徳川家康公」の御手植の「しだれ桜」の散策が、すべて終了となります。

尚「松平郷」には、たくさんの「見どころ」が点在していますので、お弁当を片手に、1日かけてゆっくりと散策してみてください!

 

高月院のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

高月院

  • 住所:〒444-2202愛知県豊田市松平町寒ケ入44
  • 電話・FAX:0565-58-1623
  • 時間:朝6時00分~夕方17時00分まで
  • 定休日:無休
  • 拝観料:境内自由
  • 駐車場:無料(20台)
  • アクセス:【公共交通機関】「名鉄三河線」の「豊田市駅」を降りて「とよたおいでんバス10(下山・豊田線)」に乗車して「松平郷」のバス停留所で下車して徒歩1km(約15分)
    お車】「東海環状自動車道」の「豊田松平IC」を降りて「国道301号線」に入ったらそのまま走り進めた先の突き当りの「松平橋東」の信号を右折して少し走り進めた先にある「九久平町築場」の信号を左折したら約5kmぐらい道なりに走り進めた先にある「松平氏発祥の地・松平東照宮・高月院」の案内看板に従って左折し500m走り進めた先の左手側が「松平東照宮」の入口があり少し先に「高月院」と書かれた案内看板に従って右折し突き当りまで走り進めれば「高月院」の「駐車場」があります7.4km(約15分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

高月院」は、大変にこじんまりとした境内となりますが、見どころの多い寺院となっています。
そんな見どころのひとつに「徳川家康公」の御手植の「しだれ桜」があり、ただ一本で立ち尽くす姿からは、並々ならぬ力強さを感じ取ることができます。
松平氏・徳川氏」の、発祥の郷として、非常に興味深い歴史が伝わる地となりますので、是非一度訪れて、歴史の一端に触れてみてください!

関連記事

桜に関する記事はコチラをご覧下さい

  瀧蔵権現桜~奈良県の瀧蔵神社~名桜【一本桜】の見頃

  大野寺~お花見『小糸しだれ桜』『磨崖仏』は春に・・【一本桜】御朱印

  造幣局~お花見【桜の通り抜け】見どころ満載!

  万代池公園【桜】ジョギングコースに立ち並ぶ優美な桜並木!

  宝蔵寺の枝垂れ桜【アクセス・駐車場】東吉野村が誇る優雅な一本桜!

  満願寺の八講桜【アクセス・駐車場】小高い丘から見守り続ける一本桜!

  若樫の百滝桜【アクセス・駐車場】大阪随一のしだれ桜

  来迎院のしだれ桜【アクセス・駐車場】奈良県天川村の名桜

  清水の桜【アクセス・駐車場】滋賀県下最大級の一本桜

  地福寺・子安地蔵尊【アクセス・駐車場】大阪屈指のしだれ桜

  酒波寺の行基桜【アクセス・駐車場】樹齢500年以上の一本桜

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-桜名所
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.