五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府池田市綾羽にある『五月山ドライブウェイ』から眺める『夜景』です!

大阪府の『池田市』から『箕面市』にかけて連なる、北摂山系の山地と平地の境界部に当たる『五月山』には、1958年(昭和33年)より開通した『五月山ドライブウェイ』があり、素晴らしい『夜景』を観賞できる『展望台』がいくつもあり、多くの『カップル』や『ファミリー』が訪れるスポットとなっています。

五月山ドライブウェイ』の『料金所』の手前には『五月山公園』があり、園内には『五月山動物園』や『都市緑化植物園』などがあり『展望台』に向けての『ハイキングコース』もあることで多くの方で賑わいます。

五月山ドライブウェイ』沿いには、走り出してすぐにある『一望台』をはじめとして、1番人気となる『秀望台』や、その先には『五月台』さらに『五月平展望台』と続き、最後の『日の丸展望台』までの5つの『展望台』があります。

意外にも『五月山』から眺める『夜景』が、とても素晴らしいと言うことに気付いていない方が多いのが現状となり、どちらかと言えば『マイナー』なイメージが強いのですが、ひとたび眼下に広がる大阪平野の『夜景』を眺めた時には、息を飲むのと同時に感動すら覚えると言います。

今回は、そんな『五月山ドライブウェイ』にある5つの『展望台』からの『夜景』の紹介となります。

準備が整いましたら『五月山ドライブウェイ』の『展望台』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

今回は、大阪府池田市綾羽にある『五月山ドライブウェイ』から眺める『夜景』を観賞すべく車を走らせます。

有料道路』となる『五月山ドライブウェイ』には『料金所』より走り進めること2.8kmの間に、5か所の『展望台』が点在します。

大阪府では『五月山』と言うと、それなりの『知名度』はあるものの『五月山ドライブウェイ』から眺める『夜景』となると、それほどの『知名度』が無いため、近畿圏内では知る人ぞ知る『穴場的』な『夜景スポット』となります。

近畿圏内では『兵庫県』にある『日本三大夜景』のひとつ『1000万ドルの夜景』が眺められる『掬星台』や『奈良県』にある『新日本三大夜景』のひとつ『若草山』などが特に有名となります。

『掬星台・若草山』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  兵庫県~摩耶山、掬星台『日本三大夜景』『1000万ドルの夜景』六甲三大夜景スポットから・・

  新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!

五月山ドライブウェイ』の『展望台』から眺める『夜景』は、それらほどの『知名度』は無いにしろ、素晴らしい『夜景』が眺められると言う情報が数多くあり、その真相を確かめるため訪れてみることになりました。

まずは『五月山ドライブウェイ』を訪れるにあたり『アクセス』について簡単に紹介します。

 

『五月山ドライブウェイ』を訪れるには『マイカー』がお勧め!

五月山ドライブウェイ』の『夜景』を見るとなればやはり『マイカー』がお勧めとなります。

中国自動車の『中国池田IC』より2.9kmとなりますので、約10分もあれば行くことが出来ますが『五月山ドライブウェイ』に入る前に少し問題があります。

五月山ドライブウェイ』に入る100メートル手前に『五月山公園前』の信号があり、運が悪ければ渋滞にかかります。

五月山ドライブウェイ手前の渋滞です。

五月山ドライブウェイ手前の渋滞!

渋滞の原因は『五月山公園前』の信号を越えて走ること50メートル付近に『五月山公園』の『駐車場』があり、タイミングが悪ければ『満車』の時に重なると、出入りの加減がスムーズに行かずに渋滞に巻き込まれます。

この渋滞も『時期』や『時間帯』によるもので『いつでも!』と言うことは無いのですが、問題となるのは『五月山ドライブウェイ』の入り口は『駐車場』の先となり『五月山ドライブウェイ』に向かう車はそれほどいないにも関わらず、渋滞に巻き込まれる形となります。

そんな時は『五月山公園前』の信号まで行けば『警備員さん』がいますので『五月山ドライブウェイ』に行くことを伝えれば、対向車を止めて先に行かせてくれますので『警備員さん』に声をかけてください!

続いては『公共交通機関』を利用して行くとなれば、阪急宝塚線『池田駅』から徒歩で15分で行くことが出来ますが『池田駅』から『阪急バス』に乗り『大広寺』のバス停で下車すれば、西へ3分ぐらい歩くことで『五月山公園』に行けますので、それより先は『五月山公園』内にある『ハイキングコース』を歩いて『秀望台』を目指して歩くことになります。

歩きとなる場合は、その他の『展望台』へは、なかなかに勾配のある道を歩き進めなければいけないため、『ハイキング目的』以外あまりお勧めできません!

五月山公園』を中心に楽しむのであれば『公共交通機関』を利用してもいいのですが『展望台』からの眺めや『夜景』を楽しむのであれば、やはり『マイカー』で行くことをお勧めします。

 

『五月山ドライブウェイ』の『一望台』からの眺め!

今回訪れたのは『夜景』が目的となるのですが、夜道での紹介は分かりづらいと思い、明るい間に『駐車場』や『展望台』の様子を写真に収めてますので『夜景』と同時に紹介していきます。

お昼間の『五月山ドライブウェイ』は、思っていた以上にたくさんの車が行き来する姿があります。

『五月山ドライブウェイ』です。

『五月山ドライブウェイ』です!

五月山ドライブウェイ』を走るときの『注意点』があるのですが、まず『上り勾配』が意外ときついのと『鋭いカーブ』が多いので『雨の日』や『冬場の凍結』には十分に注意してください。

それと、お昼間などはいいのですが、車道を『ジョギング』する方の姿が多数ありましたので、十分に注意しながら走り進めないと行けないのですが、夜間になると『街灯』が少ない山道で真っ暗となりますので、万が一にも人がいたとしてらかなり気付きにくい感じですので、その点を注意して慎重に走り進めてください。

五月山ドライブウェイ』に入って、数十メートル先にある1つ目のカーブを曲がったところに、最初の『展望台』となる『一望台』があります。

『一望台』から眺める夜景です。

『一望台』から眺める夜景です!

一望台』には『駐車場』が無いのですが『展望台』の前に1~2台ぐらいなら止められる『駐車スペース』がありますので、そこに止めて景色を眺めることになります。

一望台』には、座って景色を眺めるための『展望所』があり、ベンチもたくさん置かれていますが、設置した当初は眺めも良かったのでしょうが、現在では目の前に木々が生い茂っており、座って景色を楽しむなど到底できず『展望所』の横の木々の切れ間からの『景色』しか楽しむことが出来ません!

一望台』は『五月山ドライブウェイ』を走り出して100メートルほどの位置となりますので、十分な高さが無いため『夜景』としては、街の灯りがとても近いです!

高層ビルなどの形がはっきりと確認できるのですが、それが以外にもなかなか見ごたえのある『夜景』になりますが、やはり木々の切れ間から見える『夜景』の範囲が狭いと言う点が悪く絶景とはなりません!

一望台』には、街灯があるため真っ暗ではなく、比較的に明るめの『展望台』となります!

 

一番人気となる『秀望台』からの眺め!

一望台』からの眺めを楽しんだあとは『五月山ドライブウェイ』を約500メートルぐらい走り進めて行くと、5か所ある『展望台』の中でも『1番人気』と言っても過言ではない『秀望台』があります。

『秀望台』から眺める夜景です。

『秀望台』から眺める夜景です!

そんな『1番人気』となる『秀望台』の最大の特徴は『石の鳥居』があることで、観賞スペースとしては、それほど広くは無いのですが、眺めとしては左手側には木々がありますが、それ以外には邪魔する障害物が無いため、眼下には素晴らしい景色が広がりを魅せてくれます。

たくさんの人がいて『車の数』と『人の数』が合わないのですが、下にある『五月山公園』から、歩いて上ってきた方が多いと言うことになります。

ここから眺める『夜景』では『ライトアップ』された『新猪名川大橋(愛称はビッグハープ)』をまじかで眺められるのがとても魅力的です!

展望スペース』を照らす街灯は、明るめの『黄色の光』となるため、幻想的な『ムード』が漂っています。

夜景』は、高さがそれほどないため、街の灯りがとても光り輝いています。

先程の『一望台』と同じく『駐車場』は無いのですが『石の鳥居』の前に2台ぐらいの駐車スペースがあるのと、さらに100メートルぐらい進んだところにも2台ぐらいの『駐車スペース』があるぐらいです。

秀望台の上にある『展望台』です。

秀望台の上にある『展望台』です!

秀望台』と100メートル先の『駐車スペース』の間ぐらいに、もうひとつ『展望スペース』があるのですが『秀望台』の『石の
鳥居』が下に見える位置となりますので『夜景』的には『秀望台』と全く同じ眺めとなりますが、ベンチが2つほど置かれていますので『秀望台』に人が多い時などは、こちらから『夜景』を楽しみながら『秀望台』に人がいなくなるのを待つのもいいかと思います。

訪れる『時間』や『時期』さらに『曜日』にもよるかと思いますが、今回『秀望台』では、昼間の景色を楽しむ方は非常に多かったのですが、夜間の『夜景』を楽しむ方は、30分ぐらいその場にいましたが、3組ぐらいの方が来ただけで、押し寄せる感じではありませんでした!

景色は最高となり『ムード』も良いとなり、人も少ないとなれば、やはり『穴場的スポット』となるのではないかと思います!

 

『五月山ドライブウェイ』の『五月台』からの眺め!

続いての『展望台』は『秀望台』より、さらに500メートル走り進めたところにある『五月台』と言う『展望台』になりますが、この『展望台』には『駐車場』があるのと『トイレ』があるので安心です!

『五月台』から眺める夜景です。

『五月台』から眺める夜景です!

五月台』の『駐車場』には、約10台ぐらいは駐車できるスペースがあり、車を駐車すると『五月山ドライブウェイ』を渡って『展望スペース』へ行くことになりますが、お昼間などはいいのですが、夜間になると入り口にある街灯のみとなるため、奥に歩き進めるには『懐中電灯』が必要となります。

管理人は『ヘッドライト』は常に車に常備していますので、こんな時でも慌てることなく安心です!

どこに行くときでも1つあれば安心で、手がふさがることの無い『ヘッドライト』は『必須アイテム』のひとつです!

そこでお勧めしたいのが『ジェントス』の『ヘッドライト』です。

日本で『トップシェア』を誇る『LEDライト』のメーカーです。

あらゆる機能を搭載した『高性能ヘッドライト』なのですが『フォーカスコントロール』で『ノーマル照射』から『ワイド照射』まで『無段階調節』が可能となっています。

高性能であるにも関わらず、比較的に『安価』で購入出来るのがとてもうれしいところです!


ジェントス ヘッドライト

今頃では『タブレット』などの『ライト』で済ませがちですが、やはり光が弱くさまざまな状況の中では、危険も付き物です。

自身の身を守る『必須アイテム』として、ひとつは常備しておくことをお勧めしておきます。

と言うところで、話を戻しまして『五月台』の『展望スペース』からの眺めは、街灯などが無いことで真っ暗闇となるため、それはそれで『夜景』を楽しむには良い作用となり、綺麗な街の灯りを見れますが、残念な点は少し前にある木々が邪魔となるのと、やはり真っ暗闇となると、写真を撮るのが難しく『ピンボケ』するので、観賞するのがメインとなります。

 

『五月山ドライブウェイ』の『五月平展望台』からの眺め!

五月台』で『夜景』を楽しんだ後は、4つ目の『展望台』となる『五月平展望台』に向かうのですが、少し離れた位置となり1.2kmほど走り進めることになります。

五月平展望台』にも『駐車場』があり、こちらには20台ぐらいの駐車スペースがあります。

『五月平展望台』から眺める夜景です。

『五月平展望台』から眺める夜景!

ここまでの『展望台』と大きく違うところは『見る方角』で、これまでは『西』の方角や『』の方角の景色でしたが『五月平展望台』から眺めるのは『』と『』の景色を見ることになります。

高さも、ひとつ進むごとに、少しずつ高い位置からの『夜景』となるため、街の灯りがだんだんと遠くになってきます。

五月平展望台』は『駐車場』より、250メートルから300メートルぐらい離れており『夜景』を見るには、先程と同じく『ヘッドライト』などが無いと、真っ暗闇で歩くことが出来ません!

肝心の景色は『南側』も『東側』も共に木々が生い茂り、見えにくいのですが『東側』の『夜景』に関しては、木々が『Vの字型』となり、見える『夜景』も『Vの字型』となるため、なかなかにいい感じの『夜景』が見れるのですが『南側』の『夜景』に関しては、見えにくいの一言です。

景色を眺めたらすぐ移動!』って感じの場所となります!

 

メイン展望台となる『日の丸展望台』からの眺め!

五月平展望台』の観賞が終われば、いよいよ最後の『展望台』となるのが『日の丸展望台』です。

恐らく、高さからいっても一番高い位置になると思われる『日の丸展望台』は『五月山ドライブウェイ』の中で『メイン展望台』となると思われ『駐車場』も一番広く、小さなお子様連れでもちょっと楽しめる『公園』があるのと、特別な『展望塔』も設置された場所となります。

『日の丸展望台』から眺める夜景です。

『日の丸展望台』から眺める夜景!

五月山ドライブウェイ』の数ある『展望台』でも、一番整備がされており『トイレ』や『自動販売機』なども設置されており、やはり『展望塔』が置かれているのが特徴的です。

展望塔』には、らせん状のスロープが付いており、最上部の『展望スペース』に向けて無駄にグルグル回りながら上っていくユニークな『展望台』となっています。

肝心の景色は、高さがあるため広範囲にわたる景色を楽しめ『夜景』は、眼下いっぱいに街の明かりが広がを魅せ、かなり綺麗なのではないかと思います。

少し遠くなりますが『大阪国際空港』となる、通称『伊丹空港』に離着陸する『飛行機』の姿も小さくですが見ることが出来ます。

ここから見る『伊丹空港』に離着陸する『飛行機』の姿は、迫力に欠けますが『ダイナミックな離着陸を楽しめるスポット!』がとなりの『伊丹市』にあるのでちょっと『マイカー』で移動すれば簡単に行くことが出来ます。

『伊丹空港』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  伊丹スカイパーク【駐車場情報】ダイナミックでリアルな離着陸を堪能!

  エア・フロント・オアシス下河原【夜のライトアップ必見!】駐車場情報!

  【大阪国際空港】伊丹空港~展望デッキ『ラ・ソーラ』~駐車場情報!

と、言ったところで『五月山ドライブウェイ』にある5つの『展望台』から眺める『夜景』の紹介となります。

5つの『展望台』から眺める『夜景』は、少し木々などが邪魔になって観賞しにくいところも多々ありますが、さまざまな『高さ』や『方角』に広がる『夜景』は、それぞれが違う味のある景色を楽しませてくれるという点では、一見の価値ありです!

訪れる人も、多くもなく少なくもないところもゆっくりと観賞できる良い点となりますので、一度訪れてご自身の目で素晴らしい『穴場』となる『夜景』をご堪能下さい!

 

『五月山ドライブウェイ』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

五月山ドライブウェイ

  • 住所:〒563-0051大阪府池田市綾羽2-5-33
  • 電話:072-751-3070(池田市公園管理センター)
  • 時間:5:00~22:00まで(22:00~5:00までは通行禁止)
    尚、二輪車は終日通行禁止です!
  • 料金:自動二輪車(許可車)200円、普通自動車(小型特殊自動車)300円、大型自動車(大型特殊自動車も含む)700円
  • 定休日:無休
  • アクセス:【お車】中国自動車『中国池田IC』より2.9km(約10分)
    公共交通機関】阪急宝塚線『池田駅』から徒歩15分または阪急バスに乗り『大広寺』バス停で下車して西へ3分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

五月山ドライブウェイ』にある『展望台』からは、大変見ごたえのある『夜景』を見ることができるのですが、知る人ぞ知る『穴場スポット』となりますので、ゆっくりと観賞することが出来ます。
一度訪れてご自身の目で『5つの展望台』からの『夜景』をご堪能下さい。

【関連記事】

『夜景』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  兵庫県~摩耶山、掬星台『日本三大夜景』『1000万ドルの夜景』六甲三大夜景スポットから・・

  新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.