海遊館横のサンセット広場~夜景【アクセス・駐車場】

今回紹介するのは、大阪府大阪市港区海岸通にある海遊館横の天保山ハーバービレッジ西側にある「サンセット広場」にて眺める夜景です。

サンセット広場にて眺める夜景です。

サンセット広場にて眺める夜景です

サンセット広場」は、古くから大阪港の水平線を一望できる「夕陽の名所」として知られており、日没前になると多くの方で賑わいを魅せます。

美しい夕陽が眺められることから「ロマンティックなデートスポット!」として人気があるのですが、時間帯によっては波止場より発着する大型帆船「サンタマリア号」が、夕日に向かって優雅に航行する姿も間近に見ることができます。

日没を迎えてからは、大阪府咲洲庁舎がそびえる「南港北エリア」の夜景をはじめ、天保山大観覧車のライトアップや、海遊館前イベント広場のライトアップなども鑑賞することができます。

1999年に「デンマークのコペンハーゲン港と大阪港の文化交流の印」として、大阪市に寄贈された「マーメイド像」ですが、以前は、同エリアにある「大阪文化館裏」の海に面した場所に設置されていましたが、新たな観光名所として「より多くの人に見てもらえるように」とのことから、平成29年12月9日に「サンセット広場」へ移設されました。

マーメイド像」は、デンマークで有名な観光名所の一つとして知られている人魚姫の像で、デンマークにあるものの複製版となるのですが、サイズは実物の5分の4ほどの大きさです。

大阪港の美しい景観とモニュメントによる記念撮影スポットとして整備されたことで、新たな観光名所として賑わいを見せはじめています。

ここでは、そんな新たな観光スポット「サンセット広場」にて眺める「夜景」の紹介です!

準備が整いましたら「サンセット広場」の散策スタートです!

 

スポンサーリンク

海遊館横のサンセット広場で眺める夕日【アクセス・駐車場】

今回は、大阪府大阪市港区海岸通にある海遊館横の天保山ハーバービレッジ西側にある「サンセット広場」より「夜景」の観賞をするため、バイクにまたがり天保山に向けてアクセルを絞ります。

素晴らしい夜景を眺められるスポットは、全国各地に数多く点在しています。

ただ、今回紹介する「海遊館横のサンセット広場」で眺める夜景に関しましては「夜景スポット!」と言うにはほど遠く、上記にも少し書いているように、大阪港の水平線を一望できる「夕陽の名所」としの知名度のほうが高くなっています。

夜景スポット」としては知名度が低い「サンセット広場」ですが、知る人ぞ知る穴場的な「夜景スポット」となるため、波の音が心地よく響く海岸沿いでは、ゆったりと流れゆく時間を大切な方と過ごすことができます。

夜景を楽しんだ後は、海遊館前イベント広場のライトアップや天保山大観覧車のライトアップ、さらには「天保山ハーバービレッジ」でのお買い物やお食事なども楽しめる点から「ロマンティックなデートスポット!」としては優れているのかと思います。

大阪ベイエリア」の築港には、人気のレジャースポットが多数あるため、アクセスの面では簡単に訪れることができます。

まず初めに、天保山ハーバービレッジ西側にある「サンセット広場」への「アクセス」及び「駐車場」に関して簡単に紹介しておきます。

 

天保山ハーバービレッジへのアクセスは良好です!

天保山ハーバービレッジ西側にある「サンセット広場」を訪れるにあたっては「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に行くことができます。

まずは「公共交通機関」を利用して行く場合で「バスを利用しない!」と言う場合のアクセス方法ですが、最寄り駅となると「大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」がすぐ近くにあり、1番もしくは2番出口より外に出ます。

大阪メトロ中央線の大阪港駅です。

大阪メトロ中央線の大阪港駅です

あとは「大観覧車」に向かって300mほど直進したあと「海遊館」に向かって200mほど歩き進めて行けば、駅を出てから約10分で「サンセット広場」に到着となります。

また「バスを利用して行く!」と言う場合でしたら、大阪市北区の梅田にある「大阪駅」から「大阪シティバス88系(天保山行き)」に乗車することで「天保山ハーバービレッジ」のバス停留所で下車するだけとなります。

大観覧車の下が停留所ですので、上記と同じように「海遊館」に向かって歩き進めて行けば、約5分で「サンセット広場」に行くことができます。

また「なんば駅」からでも「大阪シティバス60系(天保山行き)」に乗車すれば、同じく「天保山ハーバービレッジ」のバス停留所で下車することになります。

公共交通機関」を利用すれば、簡単に行くことができるかと思います。

続いて「マイカー」を利用して行く場合ですが「関空・南港方面」からでしたら「阪神高速4号湾岸線」の「天保山IC」を降りることになりますが、降りたら2kmほど走り進めるだけの簡単なアクセスとなります。

天保山IC」からは、約6分で行けます。

また「神戸方面」からでしたら「阪神高速5号湾岸線」を走り、同じく「天保山IC」からとなりますし「大阪市内・環状線方面」ですと「阪神高速16号大阪港線」の「天保山IC」となりますので、各方面からでも簡単に行くことができます。

最後に「駐車場」に関してですが「天保山ハーバービレッジ」には有料ですが「天保山第1駐車場」及び「天保山第2駐車場」が用意されていますので、そこに駐車すれば行動しやすいかと思います。

天保山ハーバービレッジの地下駐車場です。

天保山ハーバービレッジの地下駐車場

天保山第1駐車場」及び「天保山第2駐車場」は「海遊館・天保山マーケットプレース」の地下にあり「サンセット広場」には、約2分~3分ほどで行けます。

臨時駐車場」も含めると、収容台数1000台を誇る大型駐車場となるため、日常的に込み合うことは無いのですが「ゴールデンウィーク期間」をはじめとして「お盆期間」や「特別なイベント」が開催される日には、大変込み合うことが予想されます。

ご利用時間に関しては、朝の8時00分~夜の23時00分までとなり、出庫に関しては、深夜の0時00分までとなりますので、十分にお気を付けください!

駐車料金に関しましては「平日」は30分毎に200円となりますが、最大料金の設定があり1200円となります。

土曜日・日曜日・祝日」に関しては、30分毎に250円となりますが、最大料金は2000円となります。

最後に、管理人のように「バイク」や「自転車」などで向かう方も、ご安心ください!

天保山ハーバービレッジ」の「天保山大観覧車の下」には「無料」で利用できる「バイク・自転車専用」の駐輪場が設けられています。

バイク・自転車専用の無料駐輪場です。

バイク・自転車専用の無料駐輪場です

自転車でしたら数十台、バイクに関しても十台ほどは止めることができます。

バイクに関しては、平日なら問題ないかと思いますが、土日祝日を含むハイシーズンには、満車になっている可能性は高くなると思います。

と、言ったところが「サンセット広場」を訪れる為の「アクセス」及び「駐車場」の紹介となります。

 

海遊館横にあるサンセット広場!

バイクを駐輪場に止めたところで、早速ではありますが、海遊館横にある「サンセット広場」に移動したいと思います。

頭上には「天保山」のシンボルで、高さが112.5メートルで、直径が100メートルと言う、世界最大を誇っていた「天保山大観覧車」がそびえ立っています。

僅か2年足らずで「世界最大」ではなくなった「天保山大観覧車」ですが、世界各地に大観覧車が続々と登場しだしてからは、高さ168メートルと言う恐ろしいぐらいのものまでラスベガスに登場して「世界最大!」なんて言葉は、今や箸にも棒にも掛からぬものとなってしまいました。

天保山大観覧車です。

天保山大観覧車!

世界最大級の大観覧車は15分間の空の旅となるのですが、夜間のライトアップでは打ち上げ花火のような美しさを誇り、時間の経過と共に色合いを変え続ける様子は、いつまででも眺めていられます。

そんな「天保山大観覧車」より、西の方向に歩き進めて行くと、大阪府が誇る世界最大級の水族館の「海遊館」があり、イベント広場に設置されているライトアップなども鑑賞することができます。

海遊館前イベント広場のライトアッです。プ

海遊館前イベント広場のライトアップ

イベント広場に設置されているオブジェに関しましては、どれぐらいの期間で変わるのかは分りませんが、時期を改めて訪れた際には変化しているかも知れませんので、それはそれでお楽しみのひとつとなります。

ライトアップされたオブジェを横目に楽しみながら「海遊館」の建物に向かって歩き進めて行くと、建物の右奥に「サンセット広場」があります。

サンセット広場の様子です。

サンセット広場の様子です!

観客席を思わせるような、約30段ほどの石階段がL字型に長く伸びているほか、幾つものベンチが置かれていますので、ゆっくりと腰を下ろしながら、ゆったりと流れる時間を過ごすことができます。

サンセット広場」は、入場無料でアクセス面も優れている点からも、デートなどにはピッタリな夜景の鑑賞スポットになっていると思います。

左手側には「大阪ベイエリア」のランドマークと言っても過言ではない、地上55階建てで高さ256.0メートルを誇る超高層ビル「さきしまコスモタワー」を有する「南港エリア」の夜景が広がりを魅せます。

右手側にはコンテナ港の作業灯の夜景が展開するように広がりを魅せているのですが、光量は少ないにも関わらずなかなかに見ごたえがあります。

サンセット広場で眺める夜景です。

サンセット広場で眺める夜景です!

本来でしたら「夜景」を眺める際には、標高の高い山上の展望台へと行き、眼下に広がりを魅せる粒状の街明かりを眺めるのが基本的な考えですが、アクセスが楽で同じ目線で眺められる夜景も、時と場合によっては素晴らしいこともあります。

波の音だけが心地よく響きわたる「サンセット広場」より望む「夜景」は、街明かりこそ少ない「夜景」となるのですが、大阪湾より優しく吹き抜けていく潮風がとてもロマンチックな空間へと変えてくれる作用があるようにも思います。

さて、広々とした「サンセット広場」の一角に設置されている「マーメイド像」も見どころのひとつとなります。

見どころのひとつマーメイド像です。

見どころのひとつマーメイド像!

1999年に「デンマークのコペンハーゲン港と大阪港の文化交流の印」として、大阪市に寄贈された「マーメイド像」ですが、以前は、同エリアにある「大阪文化館裏」の海に面した場所に設置されていましたが、新たな観光名所として「より多くの人に見てもらえるように」とのことから、平成29年12月9日に「サンセット広場」へ移設されました。

コペンハーゲンの人魚姫は、シンガポールのマーライオン、ブリュッセルの小便小僧と共に「世界三大がっかり名所」と言われているようですが「サンセット広場」へ移設された「マーメイド像」は、がっかりするほど悪いものでは無いようにも思います。

体を少しひねって座っている「マーメイド像」ですが、体をひねっている理由は、アンデルセンの童話「人魚姫」に由来します。

人魚姫」の物語は、海で育った人魚姫が地上で生活する王子と恋に落ちるお話となるのですが、地上の王子は気になるけれども、海へ帰るべきなのでは・・と言う、そんな人魚姫のせつない葛藤が垣間見えるお話となるので、少し寂しげな姿の像となっています。

マーメイド像」は、デンマークで有名な観光名所の一つとして知られている人魚姫の像で、デンマークにあるものの複製版となるのですが、サイズは実物の5分の4ほどの大きさです。

以前は海上に設置されていた「マーメイド像」でしたが「サンセット広場」へ移設されたことで、より多くの方の目に止るようになったことで、現在ではフォトスポットにもなっています。

本日は平日と言うことに加えて「夜景」に関しての知名度が低いため、訪れている方も非常に少なく思います。

人気のスポットになっていない分、日没後はロマンチックな空間となりますので、大切な方と静かに過ごすには、非常に良いスポットとなりますので、その点ではお勧めのできる「隠れた夜景スポット」となります。

先程から何度も言っていますが「夕景」に関しては「大阪屈指の名所!」として、日々多くの方が訪れますので、訪れる際には日没前からがお勧めとなります。

と、言ったところが「海遊館横」の「サンセット広場」より望む「夜景」の紹介となります。

海遊館横サンセット広場」は、アクセス面などが大変良くなっていることと、現在は知名度が低いため、静かでロマンチックな空間でゆったりと時間を過ごすことができる点がお勧めとなります。

さまざまなシュチュエーションで美しい「夕陽&夜景&ライトアップ」が眺められることから、ロマンティックなデートスポットとしても人気上昇中ですので、お時間が御座いましたら是非一度お出かけ下さい。

上記で紹介しましたが「天保山ハーバービレッジ」へのアクセスは良好ですし「天保山マーケットプレイス」や「海遊館」さらには「二等三角点がある日本一低い山」として、標高4.53メートルの低さを誇る「天保山」がある「天保山公園」などのスポットも同時にまわれる距離にありますので、朝一番から訪れても1日をかけて楽しむことができるかと思います。

是非一度訪れて、知名度が低い、優れた「ライトアップ&夜景」を、大切な方とご堪能下さい。

 

海遊館横サンセット広場のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

海遊館横サンセット広場

  • 住所:〒552-0022大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10
  • 電話:06-6576-5501(海遊館インフォメーション)
  • 時間:散策自由
  • 定休日:無休
  • 観覧料:無料
  • 駐車場:有料「天保山第1駐車場・第2駐車場(収容台数:1300台(*臨時駐車場も含む)
  • 駐車料金:「平日」200円(30分毎)*最大料金が1200円
    土曜日・日曜日・祝日および特定日」250円(30分毎)*最大料金なし
    *特定日:「ゴールデンウィーク期間」4月28日~5月6日ぐらいまで・「お盆期間」8月8日~8月18日ぐらいまで
    *尚、その年の曜日によって多少の前後あり(*朝の7時00分から利用可能です
  • アクセス:【公共交通機関】「大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」の1番出口より徒歩500m(約5分)
    大阪駅」から「大阪シティバス88系(天保山行き)」に乗車して「天保山ハーバービレッジ」のバス停留所で下車して徒歩100m(約1分)
    なんば駅」から「大阪シティバス60系(天保山行き)」に乗車して「天保山ハーバービレッジ」のバス停留所で下車して徒歩100m(約1分)
    お車】「大阪市内・環状線方面」からは「阪神高速16号大阪港線」の「天保山IC」より800m(約3分)
    神戸方面」からは「阪神高速5号湾岸線」の「天保山IC」より800m(約3分)
    関空・南港方面」からは「阪神高速4号湾岸線」の「天保山IC」より2km(約6分)

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

サンセット広場」がある周辺は、日本が誇る世界最大級の水族館となる「海遊館」を始めとして、大阪府を代表するレジャースポットがたくさんある場所になっています。
サンセット広場」で眺められる夜景は隠れた夜景スポットとなるほか、日没前には綺麗な夕景も眺められますので、朝一番から訪れても1日をかけて楽しむことができるかと思います。
是非一度訪れて「大阪ベイエリア」の魅力をご堪能下さい!

関連記事

大阪府の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園で行うナイトハイキング

  額田山展望台【夜景】枚岡公園で行うナイトハイキング

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

  りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

  舞洲シーサイドプロムナード~夜景と夕日【アクセス・駐車場】

  堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  長野公園~奥河内さくら公園より望む夜景【アクセス・駐車場】

  なみはや大橋~夜景と夕日【アクセス・駐車場】大阪のベタ踏み坂

  八幡屋公園【アクセス・駐車場】夜景~グリーンヒルズ展望台

  千本松大橋~めがね橋より望む夜景【アクセス・駐車場】

  千島公園・昭和山【アクセス・駐車場】360度に展開される夜景

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2022 All Rights Reserved.