気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府堺市西区浜寺公園町にある「浜寺公園」の、北西方向に面する「浜寺水路沿い」より望む「夜景」です。

浜寺公園」は、明治6年となる1873年12月に、日本最古の大阪府営の公立公園として開園し、夏期には、浜寺海水浴場として大変な賑わいを見せ、北側にある、大浜公園および大浜海水浴場と並んで、一大レジャースポットでありました。

泉北臨海工業地帯」の、埋立造成が始まり「浜寺海水浴場」は、姿を消したのですが、浜寺公園の松林の保存などを目的に「浜寺水路」が建設され、現在では、約5500本にも及ぶ松林を誇る、緑豊かな園内は「日本の名松100選」に選ばれています。

また、園内では、様々な樹木が育てられており、春になれば、桜のお花見客で溢れかえることから「大阪みどりの百選」にも、選定されています。

園内の「指定地域」では、直火でのバーベキューは、禁止されていますが、足つきのバーベキューコンロを使うことでの、火気の取り扱いは許可されており、冬場を除いた週末ともなると、たくさんのグループが楽しむ姿があります。

そんな「浜寺公園」の区域は「浜寺水路」を挟んだ、両岸の南北にわたって整備されているのですが、主たる部分は「東岸」にあり、その「浜寺水路沿い」より「泉北臨海工業地帯」の「工場夜景」や「阪神高速4号湾岸線」の夜景を、望むことができます。

浜寺水路より夜景を眺めてます。

浜寺水路より夜景を眺めてます!

浜寺水路沿い」に、長く延びる遊歩道は、約2kmほどあり、開放的な空間には横一列に、8段ほどの石階段が設けられているので、腰を掛けてゆっくりと、夜景を眺めることができます。

夜景自体は「浜寺水路」を挟むことで、やや小規模なものですが「東燃ゼネラル石油堺工場」をはじめ「阪神高速」や「浜寺大橋」までの、夜景を望むことができ、それらの夜景が「浜寺水路」に映し出されるのが、魅力のひとつでもあります。

知る人ぞ知る、隠れた夜景スポットとなるため、訪れる人は少ないのですが、その分、大切な方と二人っきりで、ロマンチックな時間を過ごすことが、できるのではないかと思います。

そんな「浜寺公園」の「浜寺水路沿い」より望む、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「浜寺公園」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

今回は、大阪府堺市西区浜寺公園町にある「浜寺公園」の、北西方向に面する「浜寺水路沿い」より、夜景を眺めるため、車を走らせます。

大阪在住の管理人ですから「浜寺公園」には、過去に何度も、訪れたことがあるのですが、バーベキューをはじめとして、夏期のプールやゴーカートなど、基本的に誰もが知る、園内での遊びを楽しんだだけで、まさか「浜寺水路沿い」より、夜景が眺められることは、知る由もありませんでした。

知るや否や、早速にも、段取りを組み、満を持して訪れることとなりました。

まず初めに「浜寺公園」を、訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

浜寺公園へのアクセスは良好です!

浜寺公園」を、訪れるにあたっては「公共交通機関」を、利用しても「マイカー」で訪れても、簡単に行くことができます。

まず初めに「公共交通機関」を、利用する場合ですが「最寄り駅」となるのは「阪堺電軌阪堺線」の終着駅「浜寺公園駅」となるのですが「浜寺公園」の、メインストリートに続く正面出入口が、道路を隔てた前にあるので、下車すれば、すぐに園内に入ることができます。

阪堺電軌阪堺線の浜寺公園駅です。

阪堺電軌阪堺線の浜寺公園駅です!

阪堺電軌阪堺線」は、通称「チン電」や「チンチン電車」と呼ばれる「路面電車」となり、天王寺にある「あべのハルカス」の前より乗車できるので、アクセスは簡単です。

終電に関しても「平日」及び「土曜日・日曜日・祝日」共に、夜の22時42分が最終となりますので、ゆっくりと夜景を楽しむことができます。

また「なんば駅」からですと「南海本線」に乗車すれば「浜寺公園駅」で下車することになるのですが、西に徒歩100メートルで、先ほどと同じ、正面出入口に行くことができます。

南海本線の「浜寺公園駅」です。

南海本線の「浜寺公園駅」です!

もうひとつ「天王寺駅」から「JR阪和線」に乗車しても、行くことができるのですが、下車するのが「東羽衣駅」となり、下車してから約850メートルほどあるので、徒歩で約10分ほど必要になるかと思います。

天王寺からですと「阪堺電軌阪堺線」か「JR阪和線」の、どちらを利用するかは、ご自身の予定にあわせて、選択すれば良いかと思います。

以上が「公共交通機関」を利用する場合ですが、続いては「マイカー」を、利用する場合ですが「阪神高速4号湾岸線」が、近くに通っており「西宮・南港方面」からですと「出島IC」で、降りることになりますが、降りると「府道29号線」となり、左車線を走り、1つ目の「臨海石津町」の交差点を左折したら、すぐにある「石津北」の交差点を右折して「府道204号線」に入ります。

あとは道なりに走り進めれば、右手側が「浜寺公園」ですので「浜寺公園南」の信号を右折して「第3駐車場」に、そのまま入ることができます。

出島IC」からは、3.1kmほどですので、約8分で行くことができます。

浜寺公園の「第3駐車場」です。

浜寺公園の「第3駐車場」です!

第3駐車場」に関しては、24時間利用できることと、駐車台数に関しては「131台」となるので、夜景の観賞となると、時間も時間ですので、よほどのことが無い限り「満車」になることはありません!

バイク」で訪れた場合は、入ってすぐ左手側に、10台ほど止められる「無料スペース」がありますので、ご安心ください!

続いては「泉佐野・岸和田方面」からですと、出口が変わり「石津IC」を、降りることになるのですが、すぐある信号を右折して、その後3つ目の信号となる「石津町」の交差点を、右折して「府道204号線」に入ったら、あとは先程と同じように道なりに走り進めれば、右手側に「第3駐車場」があります。

石津IC」からは、2.7kmほどとなり、約7分で行くことができます。

最後に「駐車場」に関してですが「第3駐車場」に関しては、今紹介しましたが「浜寺公園」には、実質「第5駐車場」まであるのですが「第4駐車場・第5駐車場」に関しては「浜寺水路」を、対岸に隔てた施設の駐車場となり、基本的には利用することはありません!

あと「第1駐車場」ですが「第1」となるのですが、何故か公園の北の「浜寺水路」近くにあるのですが、こちらに関しては「臨時駐車場」となり、基本的に3月上旬から11月末までの「土曜日・日曜日・祝日」と「プール開催時期」のみ利用可能となりますので、こちらも夜景の観賞には、関係ありません!

浜寺公園の「第1駐車場」です。

浜寺公園の「第1駐車場」です!

第1駐車場」の出入口は、厳重に車止めがされているので、入ることはできないのですが「第1駐車場」を利用できる場合には、600台収容可能な、大型駐車場になっています。

春になり、桜のお花見シーズンをはじめ、夏場のプール開放時期や、バーベキューの繁忙期には、この駐車場が解放されていても、全ての駐車場が満車で「駐車場待ち」する車が、長蛇の列になるほど、大人気の公園となります。

最後に「第2駐車場」ですが「第3駐車場」より、北(大阪)方面に、300メートルぐらい行ったところにあり「第3駐車場」が満車の場合には、こちらに駐車する形となります。

浜寺公園の「第2駐車場」です。

浜寺公園の「第2駐車場」です!

第2駐車場」には「168台分」の、駐車スペースがあり「バイク」に関しても、入口を入って左右に、合計20台分ぐらいの「無料駐車スペース」があります。

いずれの「駐車場」を利用しても、駐車料金は同じで、1時間までは420円が必要ですが、以後1時間ごとに100円の追加料金が必要となります。

詳しい料金は、本文の最後に書いてますので、そちらをご覧下さい!

以上が「浜寺公園」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

浜寺公園のメインストリートを歩き進めます!

第3駐車場」に車を駐車すると、早速にも、夜景の観賞に向かいますが、まずは、150メートルぐらい先にある「正面出入口」に向けて歩き出します。

正面入口より浜寺水路に向かいます。

正面入口より浜寺水路に向かいます

浜寺公園」で、夜景を眺められるのは「浜寺水路沿い」となるのですが、正面出入口より「メインストリート」を、歩き進めて行きます。

園内では、様々な樹木が育てられており、現在では、約5500本にも及ぶ松林が立ち並び、緑豊かな園内は「日本の名松100選」に選ばれてるほか、春には、桜のお花見客で溢れかえることから「大阪みどりの百選」にも選定されています。

メインストリート」には、街灯が設置されているので、比較的に明るい状態ですので、遅い時間帯に訪れても安心です。

夜景」の観賞に出かける際には「懐中電灯」などの、光り物の必要性が分からないだけに、常に持ち歩いているのですが、結論から言いますと、光り物が無くても、観賞ポイントまで行くことはできますが、一部暗い場所があるので、念のため持参しておくことをお勧めしておきます。

また近年では「スマホ」のライト機能が、大変に優れていますので、今回の場合は「スマホ」のライト機能があれば、十分かと思います。

「浜寺水路」に到着です。

「浜寺水路」に到着です!

メインストリート」にある「中央花壇」を越え「バラ園」の横を、歩き進めて行くのですが、距離で言うと300メートル足らずですので、5分ぐらいで「浜寺水路」まで行くことができます。

浜寺水路」の手前だけ、街灯が無い部分があり、真っ暗になりますが「浜寺水路」の遊歩道に登れば、街灯の光で、再び明るさを取り戻します。

浜寺水路」は、おおよそ南北に向かって、約2kmほど延びているのですが、メインストリートから「浜寺水路」に行けば、ちょうど中間点ぐらいになります。

観賞ポイントに到着し、左右を見渡すのですが、2組~3組ぐらいの先客者の姿しかなく、とても静かな空間となります。

 

泉北臨海工業地帯と阪神高速の夜景

浜寺公園」の区域は、とても広範囲に広がるのですが、この「浜寺水路」を挟んだ、両岸の南北にわたって整備されており、主たる部分は、こちら側の「東岸」にあるのでですが、この「浜寺水路沿い」より「泉北臨海工業地帯」の「工場夜景」をはじめ「阪神高速4号湾岸線」の夜景を、望むことができます。

横一文字に長く続く夜景です。

横一文字に長く続く夜景です!

夜景自体は、目の前に広がる「浜寺水路」を挟むことで、やや小規模なものですが「東燃ゼネラル石油堺工場」をはじめ「阪神高速」や「浜寺大橋」までの、横一文字の夜景を望むことができ、それらの夜景が「浜寺水路」に映し出されるのが、魅力のひとつでもあります。

知る人ぞ知る、隠れた夜景スポットとなるため、訪れる人は少ないのですが、その分、大切な方との、二人っきりの時間を過ごすことができる点では、良いのではないかと思います。

開放的な空間は、とても心地よく、水の流れる音だけが響き渡り、横一列に8段ほどの石階段が設けられているので、ゆっくりと腰を掛けて、夜景を眺めることができます。

石階段に腰をかけて夜景を望めます。

石階段に腰をかけて夜景を望めます

正直なところ「夜景」自体は、大した迫力も無く、どちらかと言うと、わざわざ訪れる必要もないぐらいの規模の、夜景となるのですが「浜寺水路沿い」に、綺麗に整備された観賞スペース自体は、良い感じに薄暗く、ロマンチックな雰囲気に包まれている点では、なかなかに良いものでは無いかと思います。

賑やかな「夜景スポット」も良いですが、たまには静かで心落ち着くこんな場所で、ゆったりと流れる時間と共に、のんびりと夜景を楽しむのも良いかと思います。

慌ただしく流れる日々の疲れを、癒しの空間に身を置いて、洗い流してみてはどうでしょうか?

そんなあなたに、お勧めの夜景になるかと思います。

と、言ったところで「浜寺公園」の「浜寺水路沿い」より望む、夜景の紹介がすべて終了となります。

 

浜寺公園のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

浜寺公園

  • 住所:〒592-8346大阪府堺市西区浜寺公園町
  • 電話:072-261-0936・FAX:072-261-2263(浜寺公園管理事務所)
  • 時間:園内自由
  • 休園日:年中無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:有料「第1駐車場(600台)・第2駐車場(168台)・第3駐車場(131台)
    *第1駐車場に関しては「臨時駐車場」となるため普段は閉鎖しています。
    *第1駐車場は基本的に3月上旬から11月末までの「土曜日・日曜日・祝日」と「プール開催時期」のみ開いています。
    *バイクに関しては「第2駐車場・第3駐車場」に20台~30台分あり「無料」で利用できます。
    *マイクロバス・大型バスに関しては「事前予約」が必要です。
  • 駐車場料金:1時間まで:420円
    1時間~2時間まで:520円
    2時間~3時間まで:620円
    3時間~4時間まで:720円
    4時間~5時間まで:830円
    5時間~6時間まで:930円
    6時間~24時間まで:1030円
    *最長24時間の最大料金1030円です。
    *マイクロバス・大型バスに関しては4時間まで(1030円)4時間を越えて24時間まで(2060円)
    *大型バスの出入庫は 朝9時00分~夕方17時00分までとなりそれ以外の時間帯のご利用がある場合はご相談ください。
  • アクセス:【公共交通機関】「阪堺電軌阪堺線」の「浜寺公園駅」で下車してすぐ
    南海本線」の「浜寺公園駅」で下車して徒歩100m(約1分)
    JR阪和線」の「東羽衣駅」で下車して徒歩850m(約10分)
    お車】「西宮・南港方面」からは「阪神高速4号湾岸線」の「出島IC」を降りたら「府道29号線」の左車線を走り1つ目の「臨海石津町」の交差点を左折したらすぐにある「石津北」の交差点を右折して「府道204号線」に入りあとは道なりに走り進めれば右手側が「浜寺公園」です3.1km(約8分)
    泉佐野・岸和田方面」からは「阪神高速4号湾岸線」の「石津IC」を降りてすぐある信号を右折してその後3つ目の信号となる「石津町」の交差点を右折して「府道204号線」に入りあとは道なりに走り進めれば右手側が「浜寺公園」です2.7km(約7分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

浜寺公園」の、展望スペースとなる「浜寺水路沿い」から眺める夜景は、横一文字に広がりを魅せる夜景となりますが、やや小規模で迫力には欠けますが、一般的に知られていない「穴場」の「夜景スポット」となります。
夜景に関しては、物足りなさがありますが、薄暗く静かな展望スペースは、ロマンチックな空間となりますので、是非一度訪れて、大切な方とおしゃべりしながら、夜景をご堪能下さい!

関連記事

大阪府で望める夜景の記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

 

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.