掬星台【アクセス・駐車場】兵庫県随一の夜景スポット

今回紹介するのは、兵庫県神戸市灘区摩耶山町に位置する展望広場「掬星台」から望む夜景です。

摩耶山にある「掬星台」は、六甲山地に属する山頂近くにある展望広場となるのですが、北海道は函館山から望む夜景と、長崎県は稲佐山から望む夜景などと肩を並べて「日本三大夜景」のひとつに選ばれています。

掬星台より望む1000万ドルの夜景です。

掬星台より望む1000万ドルの夜景

掬星台」は、日本各地に数ある展望スポットの中でも、特に美しい夜景を眺めることができることでも知られ、大人気の夜景スポットとなります。

掬星台」から眺められる夜景は、神戸市から大阪市にかけての密な街灯りの夜景を眺めることができるのですが、その夜景は通称「1000万ドルの夜景」と称されて、多くの方より親しまれているのですが、恋人たちが訪れる神戸においても、夜のデートスポットの定番となる聖地として存在します。

天気が良い日には、明石海峡から関西国際空港付近までを一望することができるのですが、大阪湾に沿って弧の字を描きながら伸びていく夜景は、見る者を虜にする美しさを誇ります。

その夜景は「手で星を掬(すく)える!」ほどの街灯りが遥か遠くまで広がっていることから「掬星台」と言う名前が付けられたと言います。

今回は、そんな六甲山地に属する摩耶山の「掬星台」より眼下に広がる「日本三大夜景」に選ばれる「1000万ドルの夜景」を眺めて見たいと思います。

準備が整いましたら「日本三大夜景」に選ばれる「掬星台」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

掬星台【アクセス・駐車場】兵庫県随一の夜景スポット

今回は、兵庫県神戸市灘区摩耶山町に位置し「日本三大夜景」のひとつとして知られる、六甲山地に属する「摩耶山」にある展望広場「掬星台」より夜景を望むため車を走らせています。

通称「1000万ドルの夜景」と称される「掬星台」より望む夜景は、神戸市から大阪市にかけての街明かりが美しく、日々多くの方が訪れて親しまれているのですが、恋人たちが訪れる神戸観光においては、夜のデートスポットの定番になっており、今や聖地として存在しています。

見るものを魅了するその夜景は、まるで夜空に散らばる無数に光る星屑のようで、手を伸ばせばその星を掬(すく)えそうになることから「掬星台」との名前が付けられたと言います。

そんな「摩耶山」にある「掬星台」を訪れるにあたり、まずは「アクセス」及び「駐車場」について簡単に紹介しておきます。

 

掬星台の夜景を望むにはマイカーがお勧めです

掬星台」を訪れるための「アクセス」に関してですが「公共交通機関」を利用して訪れる場合には、さまざまなアクセス方法があり、全てを紹介するのは大変難しくなりますので、基本的なアクセス方法を紹介します。

まず「三宮駅」もしくは「新神戸駅」より「神戸市バス-18系統」に乗車して「摩耶ケーブル駅」で下車するのが分かりやすいかと思います。

摩耶ケーブル駅です。

摩耶ケーブル駅です!

摩耶ケーブル駅」から「まやビューライン(摩耶ケーブル)」に乗り換えたあとは、中間点の「虹の駅」までは5分で行くことができ、さらに山頂にある「星の駅」まで「まやビューライン(摩耶ロープウェー)」を乗り継いで5分で到着となりますが、降りたらすぐに「掬星台」となります。

中間点の「虹の駅」にも見どころがたくさんありますので、そちらも併せてお楽しみなり「掬星台」へと向かう形となります。

お昼間に訪れる場合でしたら、何の問題も無く訪れることができますが、夜景を楽しむ場合には少し問題のある時期があります。

まず、毎週火曜日が定休日となり「月曜日・水曜日・木曜日」の平日に関しましては「冬季期間の11月1日~3月19日」及び「春季期間の3月20日~7月19日」までは、夕方の17時30分が最終となりますので、どう考えても夜景を楽しむのは困難かと思います。

金曜日・土曜日・日曜日・祝日」に関しましては、冬季期間は19時50分と少し早いですが、それ以外は20時50分が最終となるので、特に問題は無いかと思います。

続いて「マイカー」を利用して行く場合ですが、東西南北さまざまな方向から訪れる場合があると思いますが、ここでは「大阪方面」からのアクセスを紹介しておきます。

阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降りたあと「国道43号線」を三宮方面に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入ります。

しばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進め、その後「丁字ヶ辻」の交差点を左折して「西六甲ドライブウェイ」に入ります。

少し走り進めたあと看板に従って「奥摩耶ドライブウェイ」に入ったら、あとは道なりに走り進めていると右手側に「掬星台(天上寺前)駐車場」がありますので到着となります。

掬星台(天上寺前)駐車場」からは、徒歩で600mほど歩き進めると「掬星台」に到着となります。

魚崎IC」から17.7kmほどですので、約50分で行くことができます。

上記のように「掬星台」より南側からは「表六甲ドライブウェイ(無料)」で、東側や西側からは東西を横断する「県道16号線/明石神戸宝塚線(西六甲ドライブウェイ)」さらに北側から下りてくる場合は「裏六甲ドライブウェイ」などを利用して行くことができます。

最後に「駐車場」に関してですが「掬星台」には、専用駐車場がありません!

どの方面から来ても最後は「奥摩耶ドライブウェイ」を走り進めて行くのですが「掬星台」より600mほど手前に「掬星台(天上寺前)駐車場」と言うコインパーキングがあります。

掬星台(天上寺前)駐車場です。

掬星台(天上寺前)駐車場です!

この「掬星台(天上寺前)駐車場」のコインパーキングを過ぎると、その先には駐車場はありません!

先にあるのは「オテル・ド・摩耶」と言う宿泊施設だけとなります。

オテル・ド・摩耶」は、宿泊のみではなく、レストランなどがあり、ランチやディナーを楽しむことができるほか、日帰り入浴などもありますので、それらの施設を利用するのであれば、施設の無料駐車場がありますので、そちらに止めて「掬星台」に行くことも可能です。

オテル・ド・摩耶です。

オテル・ド・摩耶です!

注意点としましては「夜間に訪れるから大丈夫!」と考える方が「掬星台(天上寺前)駐車場」を越えて「オテル・ド・摩耶」の手前にある僅かな側道に「路上駐車」して向かう方がいるのですが、定期的に六甲山上交番のパトカーが巡回していますので「路上駐車」はしないほうが良いかと思います。

以上が「掬星台」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

天上寺前駐車場より掬星台へ!

掬星台(天上寺前)駐車場」に車を駐車したところで、早速にも「掬星台」へと向かうのですが、夜の写真では分かりにくいので、別の日に改めて訪れた日中の写真で話を進めます。

掬星台(天上寺前)駐車場」より先に走り進めても駐車場はなく、あるのは「オテル・ド・摩耶」と言う宿泊施設だけとなります。

掬星台(天上寺前)駐車場」から「掬星台」までは、約600mほどになりますが、側道を250mほど歩き進めていると分岐点に差し掛かり、左手側に伸びる傾斜道を進むと、上記でも話した宿泊施設「オテル・ド・摩耶」へと続くので、右手側にカーブする側道を歩き進めて行きます。

掬星台へと向かいます。

掬星台へと向かいます!

この分岐点より先は、一般車両は「進入禁止!」となり、日によっては守衛の方がいます。

アクセスの紹介の時に少し話したのですが、夜間には守衛の方もいなくなり、訪れた際には2~3台の車が駐車されていましたが、注意点としましては「夜間だから路駐しても大丈夫!」と考えがちですが、定期的に六甲山上交番のパトカーが巡回していますので「路上駐車」はしないほうが良いかと思います。

何度も言いますが「オテル・ド・摩耶」は、宿泊施設だけではなく、レストランなどもありますので、ランチやディナーを楽しむことができるほか、日帰り入浴も楽しめます。

それらの施設を利用するのであれば「無料駐車場」がありますので、そちらに止めて「掬星台」に行くことも可能です。

そんな分岐点を越えると、残すところ350mほどで建物が見えてきて、その先に長く伸びる階段があります。

階段の前にある建物は「トイレ」となり、24時間利用可能となりますので、小さなお子様連れや、女性の方も安心して訪れることができます。

最後は一気に階段をのぼり進めて行けば、標高690mと刻まれた木の看板がお出迎えしてくれる「掬星台」に到着となります。

 

展望広場の見どころ「摩耶★きらきら小径」

日中訪れた場合は、まず気付かないのですが、夜間に訪れた場合に必ず目を惹くのが「摩耶★きらきら小径」です。

星座が描かれた遊歩道「摩耶★きらきら小径」は、天の川をモチーフにしたもので、舗装された道に蓄光材が埋め込まれているため、夜間になるとブラックライトの幻想的な光を受けた歩道全体が、青色の星屑の光として浮かび上がる仕掛けになっています。

摩耶★きらきら小径です。

摩耶★きらきら小径です!

摩耶山には、名刹「天上寺」があり、お釈迦様の生母「摩耶夫人(まやぶにん)」をお祀りする女人守護のお寺として広く知られています。

毎年8月8日から9日に日が変わる刻限に、天上寺の観音様に向けて「災いを取り除き、幸せを呼ぶ星」が天空から降り注ぐと言い伝えられています。

そんなことから、星に深いゆかりのある「掬星台」にも、天空に横たわる天の川を地上に再現したのが「摩耶★きらきら小径」で、幸せへの思いを込めて渡れば、天空までその願いは届けられると言うことです。

摩耶★きらきら小径」は、山頂駅となる「星の駅」から、夜景を眺められる展望スペースへと導いてくれます。

地面に埋め込まれている蓄光材は「マヤストーン」と名付けられ、太陽光や蛍光灯からの光エネルギー(紫外線)を吸収して、夜間になると徐々に光を放出すると言うものです。

さらに、ブラックライトの光を受けることで、幻想的な空間を作り出せるようになっています。

マヤストーン」は、営業時間内であれば「星の駅」で販売されていますので「掬星台」を訪れた記念として購入するのも良いかと思います。

 

日本三大夜景のひとつ掬星台より望む1000万ドルの夜景

摩耶★きらきら小径」に導かれるように歩き進めて行った先には、木製のスカイデッキが設置されています。

六甲山系には、幾つもの展望スペースがあるのですが、標高700mに位置する、摩耶ロープウェイの「星の駅」にある「掬星台」は、大人気の夜景スポットなり「六甲三大夜景スポット」のひとつとなります。

六甲三大夜景スポット」の中には「六甲ガーデンテラス」や「六甲山上駅の天覧台」が選ばれているのですが、それぞれの展望スペースからも「1000万ドルの夜景」を観賞することができます。

掬星台より望む1000万ドルの夜景です。

掬星台より望む1000万ドルの夜景

掬星台」より望む「1000万ドルの夜景」は、闇の部分となる大阪湾を「Cの字型」に街明りが包み込むように広がりを魅せるのですが、とても眩い光を放っています。

その光景は「1000万ドルの夜景」の名に、相応しい眺めとなります。

ここで1つ!

あなたは「1000万ドル」と称される夜景の「呼び名」の意味を御存じでしょうか?

海外などでは、立派なものや素晴らしいものには「百万ドルの○○」と呼ぶ習慣があり、神戸市もそれにちなんで、キャッチフレーズとして「神戸100万ドルの夜景」と名付けたのが始まりとなります。

始まりが60年前のことで、その頃の神戸の電灯の数は、約496万個となっていました。

一か月の電気代」が、計算上では「100万ドル」だったと言うこともあり「神戸100万ドルの夜景」と呼ぶようになりました。

当時の100万ドルは、1ドルが360円と言うことで、日本円に直すと、3億6000万円でした。

そんな中で「100万ドルの夜景」と言う呼び名が、広く浸透してきたのですが、時代が進んだ1975年になると、神戸市の街の光が増えたことや、1ドルが360円ではなくなりました。

さらに、アメリカの物価が急激に上がったこともあり、計算上では「100万ドルの夜景」ではなくなり「1000万ドルの夜景」と、呼び名が変わりました。

呼び名が「1000万ドルの夜景」となったのですが、現実上の計算では、悲しくも「1000万ドル」には満たなかったのです。

2005年になり「六甲摩耶鉄道株式会社」が「回る十国展望台(現在の六甲ガーデンランス)」から見える「28市町村の350万世帯」ある一般家庭の電気代を、1日あたり220円と想定し、1ドルを110円に換算した結果、約700万ドルとなって、7億7000万と言う計算がはじき出されました。

これに加えて、電力会社が試算したオフィスなどの電気代が、約300万ドルで3億3000万とし、この2つの電気代をたすと「1000万ドル」を超える計算となったため、この時より、胸を張って「1000万ドルの夜景」として、大々的に広めることができるようになったと言うことです。

何はともあれ「1000万ドルの夜景」の「1000万ドル」は「1か月の電気代」から付いた呼び名となります。

もっとロマンチックなイメージを持たれていた方は、聞かなかったことにしてください!

最後にもう1ヵ所あるスカイデッキへと移動しますが、それほど離れた距離ではないので、どちらの展望スペースから見ても「1000万ドルの夜景」に、大きな違いはありません!

日本三大夜景に選ばれています。

日本三大夜景に選ばれています!

上記でも言いましたが「摩耶山」にある「掬星台」は「六甲三大夜景スポット」のひとつですが、それと同時に「日本三大夜景」のひとつに数えられるスポットになっています。

両手で星を掬(すく)えるほどの絶景となる夜景が、遥か彼方まで広がっていることから「掬星台」と言う名前が付けられましたが「日本三大夜景」に選ばれたことにも、納得のいく夜景が眼下に広がりを魅せ、訪れる人たちに感動すら与えてくれます。

広々とした展望スペースには、たくさんのカップルの方が訪れており、180度のパノラマ状に広がりを魅せる「1000万ドルの夜景」を堪能しています。

標高700mに位置する「掬星台」の夜景は、同じ「六甲三大夜景スポット」に選ばれている「六甲ガーデンテラス」や「六甲山上駅の天覧台」よりも、少し標高が低いせいか霧の影響が少なく感じられます。

夜景の観賞となると、基本的にはカップルが目立つのですが、ここ「掬星台」には、ご家族や友達同士で訪れている方もたくさん見受けられます。

古くより知られている「日本三大夜景」ですが、現在では「新日本三大夜景」なるスポットも存在しています。

新日本三大夜景」に選定されているスポットで眺める夜景は「1000万ドル」と称されている「日本三大夜景」にも、引けを取らない、感動的な美しさがあると言われてます。

2003年に、山梨県の「笛吹川フルーツ公園」をはじめとして、奈良県の「若草山」や、福岡県の「皿倉山」などが選定されていますので、機会があれば訪れてみてください。

新日本三大夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

『新日本三大夜景』です。
若草山~新日本三大夜景に選定される夜景【アクセス・駐車場】

今回紹介するのは、奈良公園の東端に位置し「新日本三大夜景」に選定されている「若草山」から眺める夜景です。 間違ってはいけないのが、古くより知られている「日本三大夜景」ではなく、2003年4月に、夜景倶楽部の有志によって組織された、非営利団体が選定した「新日本三大夜景」です。 その時に選定されたのは、 ...

以上で、摩耶山にある「掬星台」より望む「1000万ドルの夜景」の紹介が、すべて終了となります。

日本三大夜景」に選ばれるだけに、幻想的かつ圧倒的な夜景となりますので、是非一度お出かけ下さい!

 

掬星台のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

掬星台

  • 住所:〒657-0105兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
  • 電話:078-371-5937(神戸市建設局公園部森林整備事務所)
  • 時間:散策自由
  • 観覧料:無料
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:無(*手前にある掬星台(天上寺前)駐車場を利用します)
  • アクセス:【公共交通機関】「三宮駅」もしくは「新神戸駅」より「神戸市バス-18系統」に乗車して「摩耶ケーブル駅」で下車したあと「まやビューライン(摩耶ケーブル・摩耶ロープウェー)」に乗り換えて中間点の「虹の駅」まで約5分で行きさらに山頂の「星の駅」まで約5分で到着したら「掬星台」です。
    お車】「大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降りたあと「国道43号線」を三宮方面に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進めたら「丁字ヶ辻」の交差点を左折して「西六甲ドライブウェイ」に入りあとは案内看板に従って「奥摩耶ドライブウェイ」に入り道なりに走り進めていると右手側「掬星台(天上寺前)駐車場」があり駐車したあとは徒歩で700m*魚崎ICから駐車場まで17.7km(約50分)
    三宮方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」を降りたあとすぐにある交差点を左折し1つ目の「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入ったら大阪方面に直進して「東明」の交差点を左折「県道95号線」に入ったらしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進めたら「丁字ヶ辻」の交差点を左折して「西六甲ドライブウェイ」に入りあとは案内看板に従って「奥摩耶ドライブウェイ」に入り道なりに走り進めていると右手側「掬星台(天上寺前)駐車場」があり駐車したあとは徒歩で700m*魚崎ICから駐車場まで18.1km(約42分)

掬星台(天上寺前)駐車場

  • 時間:24時間利用可能
  • 台数:85台
  • 料金:有料(普通車)1回500円・(バス)1回1200円

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

掬星台」より望む夜景は、通称「1000万ドルの夜景」と称される大変に素晴らしい景色となり「日本三大夜景」に選ばれるほか、六甲山系の中でも「六甲三大夜景スポット」に選ばれている大人気のスポットになります。
六甲山系にあるスポットの多くが展望スポットにはなりますが、それ以外にもさまざまな遊ぶ場もあり、見どころの多いスポットになります。
是非一度お出かけになり、夜景をはじめとした六甲山系の魅力を堪能下さい!

関連記事

兵庫県の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台「1000万ドルの夜景」六甲三大夜景スポットより望む

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

  前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

  朝日ヶ丘北公園【アクセス・駐車場】芦屋市中心のリアルな夜景

  猪名川天文台~夜景スポット【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2021 All Rights Reserved.