気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府堺市堺区北波止町に位置する「堺旧港」より望む「夕景」及び「夜景」です。

天然の良港であった「堺港」は、室町時代から安土桃山時代にかけては「海外貿易港」として、大変に発展していました。

そんな長い歴史をもつ「堺港」付近は、近代では「海浜リゾート地」として、港周辺の地域がにぎわいを見せた時期もあったのですが、高度経済成長期に入り、1959年より始まった「堺泉北臨海工業地帯」の埋め立て造成に伴って、徐々に衰退していき、その後、近代的な「工業港」として整備されました。

1704年に行われた「大和側の付け替え」によって「堺港」に土砂が溜まり、船の出入りが困難になったのですが、それを見かねた、江戸浅草の商人であった「吉川俵右衛門」をはじめとして、堺の商人の協力のもとで、1790年頃から実に20年と言う歳月を掛けて「堺港」の修築に取りかかり、度重なる困難も乗り越えて、見事にやり遂げたのですが、現在の「堺旧港」の原型が造られたのも、この時であったと言われています。

近年になって「工業港」から「プレジャーボートの停泊地」と変わり、景観の良いの「プロムナード(遊歩道)」が整備されたことで、散歩をする人をはじめとして、写真撮影を楽しむ人や、景色を眺める人などの姿が多くなり、堺旧港を中心としたお祭りや、イベントも定期的に開催されるようになり、かつての様に市民の憩いの場所となり、活気に満ちていた明治から大正にかけての「堺港」の姿を、取り戻しつつあると言います。

そんな「堺旧港」に整備された「プロムナード」では「夕景」及び「夜景」を望むには、抜群のロケーションとなるのですが、知名度の低さから、隠れた穴場スポットとなり、残念ながら多くの方の姿はありません!

堺旧港の堅川水門前より望む夜景です。

堺旧港の堅川水門前より望む夜景!

静かで、オレンジ色の街灯でロマンチックな雰囲気が漂う「堅川水門(たてかわすいもん)」の前から望む景色には、平成12年に復元建設された、平和と繁栄の象徴で、堺市の「シンボル」となっている「龍女神像」の「ライトアップ」も、同時に観賞できます。

さらに、500メートルほど歩き進めた「堺旧港」の突堤には、現地に現存する日本最古の「木造洋式灯台」で、国が指定する「史跡」となる「旧堺燈台」があり、この場所に関しては、大阪屈指の「夕日のスポット」となるので、多くの方で賑わいます。

そんな「堺旧港」の「親水プロムナード」より望む「夕景」と「夜景」の紹介となります。

準備が整いましたら「堺旧港」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

今回は、大阪府堺市堺区北波止町に位置する「堺旧港」より「夕日」と「夜景」を望むため、マイカーに乗り込み、アクセスを踏み込みます。

以前にも、隣接している「大浜公園」を訪れ、見どころを紹介するために散策したのですが、今回は「夕日」及び「夜景」の観賞を中心に、話を進めたいと思います。

大阪在住の管理人ですから「堺旧港」までは、20分もあれば行くことができます。

まず初めに「堺旧港」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」について、簡単に紹介しておきます。

 

堺旧港へのアクセスは良好ですが駐車場がありません

堺旧港」を、訪れるための「アクセス」に関しては「公共交通機関」を、利用して訪れても「マイカー」を、利用して訪れても、比較的に簡単に行くことができます。

まず初めに「公共交通機関」を、利用して行く場合の「最寄り駅」ですが「南海本線」の「堺駅」となるのですが「堺旧港」の「観賞ポイント」があるところまでは、西へ350メートルほど歩き進めるだけですので、普通に歩いて行けば、約5分で行くことができます。

南海本線「堺駅」の東口です。

南海本線「堺駅」の東口です!

続いては「マイカー」を、利用して行く場合ですが、すぐ近くに「阪神高速4号湾岸線」の「大浜IC」があり「西宮方面」及び「泉佐野方面」からは、同じインターチェンジを降りるのですが、降りたらそのまま「府道195号線」に入ります。

すぐ先にある1つ目の信号を左折したら、あとは道なりに400mほど走り進めた左手側に「コインパーキング」となる「パークNET栄橋町2丁目駐車場」があります。

大浜IC」からは、800メートルほどですので、約3分で行くことができます。

今回紹介する「堺旧港」には、専用の駐車場がありませんので、恐らく1番近いであろう「コインパーキング」を、到着地点にしたのですが、この「コインパーキング」から観賞ポイントまでは、車を駐車したあと、西に200メートル歩くだけの気軽さです!

パークNET栄橋町2丁目駐車場です。

パークNET栄橋町2丁目駐車場です!

あと「阪神高速1号環状線方面」からは「阪神高速15号堺線」の「堺IC」を降りたらすぐに右車線に入り、1つ目の信号となる「大小路橋」の交差点を右折します。

しばらく走り進めて行くと突き当りは「堺駅」となり、手前にある「吾妻橋」の交差点を左折したら、すぐにある1つ目の信号を右折します。

あとは道なりに、250メートルほど走り進めた先の右手側が、先ほどと同じ「コインパーキング」となります。

堺IC」からでも、1.7mほどですので、約5分で行くことができます。

到着地点となる「パークNET栄橋町2丁目駐車場」は、24時間利用できる駐車場となり、12台分の駐車スペースがあるのですが、オールタイム60分200円となります。

また、最大料金の設定があり、朝の5時00分~夜の20時00分までの時間内でしたら、700円となっています。

早い時間帯から訪れて、隣接する「大浜公園」も楽しみつつ、ゆっくりと散策する予定でしたら「大浜公園」に用意されている「有料駐車場」に止めるほうが、駐車料金に関しては、少しお安く済むかと思います。

大浜公園」の「駐車場」の情報に関しては、上記に張り付けていた「リンク」より、ご確認ください。

以上が「堺旧港」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」の、紹介となります。

 

堺旧港までにある見どころ!

早速にも「堺旧港」の、観賞ポイントへと向かいたいのですが、今回は「最寄り駅」となる「南海本線」の「堺駅」の、バスターミナルが整備されている「東口」の駅前広場より、見どころを押さえながら「堺旧港」までの道のりを、紹介していきたいと思います。

堺駅」の「東口」を出たら、すぐに右手側へと歩き進めて、まずは駅より外にでます。

信号のない横断歩道を渡ると、川沿いへ降りる「木製デッキ」があり、川の中に「レンガ造り」の「橋脚」がります。

堺駅より堺旧港までの見どころです。

堺駅より堺旧港までの見どころ!

堅川(たてかわ)」に残されている「レンガ造り」の「橋脚」は、戦前には「南海電鉄」で実際に使用されていた「橋脚」となるのですが、現在の「南海電鉄」の前身は「阪堺電鉄」と言い、我が国の最初の民間鉄道だったのですが、現在の位置に移動する前には、この橋脚の上を走って「難波」から「和歌山」までを結んでいました。

そんな「レンガ造り」の「橋脚」が、現在でも残っていると言うことで、見どころのひとつとなっています。

さて「レンガ造り」の「橋脚」をあとに「堺旧港」へと歩き出すのですが、すぐに長さ33メートルで、幅4メートルの「南蛮橋」が、対岸に向けて架かっており、ちょうど中央に「謎の南蛮人像」が、何処か遠くのほうを眺めています。

今回は、知らずに「南蛮橋」を渡ったのですが「謎の南蛮人像」は、かなりリアルな感じで立っているので、視界に入った時には、背筋が「ゾクッ!」とするほど驚きました。

南海本線」の高架化に伴って、1987年に設置された、見た目どおりの「南蛮人」と言う、作品となるのですが、身長は190cmほどの大男で、あごひげをたくわえて、少し笑みを浮かべた中世の西洋人で、重厚なマントに身を包んで、腰にはサーベルを差しているのですが、欄干に両手を置いて堺市の市街地を見つめています。

そんな「南蛮人像」を、横目に見ながら橋を渡りきると、右手側へと歩き進めていくのですが、100メートルほど先に、先ほど紹介した「コインパーキング」があります。

コインパーキング」の隣には「見どころ」となる、2つの石碑が建てられています。

観賞ポイントとなる「堅川水門」です。

観賞ポイントとなる「堅川水門」

ひとつは、昭和3年に建立された「土佐十一烈士記念之碑」で、もうひとつが、昭和11年に建立された「天誅組義士上陸遺蹟碑」となっています。

土佐勤王党にも参加していた政治家の「田中光顕(たなかみつあき)」が、関わって建立された「石碑」となります。

幕末から明治にかけての、次代を象徴する、2つの事件の舞台となった「堺旧港」ですが、ひとつは、慶応4年となる1868年2月15日に、無通告で上陸してきたフランス軍艦の兵士11名を、堺の警護にあたっていた土佐藩士が殺傷する事件が起きました。

隊長「箕浦猪之吉」を含む11名は「妙国寺」にて切腹し、北隣にあった「宝珠院」に葬(ほうむ)られました。

その後「宝珠院」の墓所は、昭和13年に「土佐十一烈士墓」として、国が指定する「史跡」になりました。

もうひとつの事件は、文久3年となる1863年8月16日に「天誅組」の一団が、堺港に上陸した場所となるのですが、8月14日に、京都の方広寺を出発した40名は、伏見から淀川を下って大坂港へ出て、16日に「堺港」に上陸しました。

上陸した堺から、西高野街道を進んだ「天誅組」の一行は、翌日の8月17日には、幕府天領であった大和五條の代官所を襲撃し、占拠したと言います。

そんな2つの「石碑」を、横目に見ながら歩き進めて行くと、緑色が特徴的な「堅川水門(たてかわすいもん)」が、見えてきます。

内川と土居川を合わせ、西方に通じる「竪川」は、水門を介して「堺旧港」と通じるのですが、平成11年に完成した「堅川水門」は、高さが7.5メートルあり、水を汲み上げられる高さとなる「揚程」に関しては8メートルで、2門からなります。

日常は、稼働することはありませんが「津波・高潮等」の自然災害発生時には、力を発揮することになります。

以上が「南海本線」の「堺駅」から「堺旧港」までにある見どころとなりますので、お時間があれば、立ち寄ってみてください!

 

堺旧港の安全を見守る「龍女神像」

堅川水門」の横はスロープになっており「堺旧港」へと入って行けるのですが、入るとすぐに左右に「プロムナード(遊歩道)」が延びています。

階段状に整備された「プロムナード」には、ちょんまげ姿で、海に向かって手をあげている「呂宋助左衛門(るそんすけざえもん)」の銅像があり、対岸に位置する「北波止緑地」には、堺市のシンボルのひとつとなる「龍女神像」が、こちらを向いています。

伝説の貿易商人「呂宋助左衛門像」です。

伝説の貿易商人「呂宋助左衛門像」

面構えの良い「呂宋助左衛門」と言う人物は、和泉国の堺の伝説的な「貿易商人」となるのですが、本名は「納屋助左衛門(なやすけざえもん)」と言い、最初に紹介した「呂宋(るそん)」とは、フィリピンのことを表しています。

16世紀に活躍した「貿易商人」で、フィリピンでは日常的に使われていた壺だった「ルソン壺」を、日本に持ち帰ると「豊臣秀吉」に茶器として献上し、それを見た「千利休」が「珍重なるルソンの壺」と言ったことで、高価な値が付いたと言うことです。

一説によると「ルソン壺」は、フィリピンでは「便器」だったとも言われており、それを知った「豊臣秀吉」は、激怒したのですが「納屋助左衛門」は、すでに海を渡って難を逃れていたと言います。

巨万の富を得ることに成功し、黄金時代を築いた「納屋助左衛門」の銅像は、元は「堺市民会館」の前に置かれていたのですが、改築工事にともなって「堺旧港」に移されたと言うことです。

堺市民会館」に置かれるより、海を望むことができる「堺旧港」の、この場所の方が、伝説的な「貿易商人」らしくて良いのではないでしょうか

あとは、対岸となる「北波止緑地」に立つ「龍女神像」ですが、1903年に開催された「第5回内国勧業博覧会」の際に、堺会場となった「大浜公園」の「水族館前」に設置されていたのですが、博覧会終了後は「乙姫さん」の愛称で親しまれるも、水族館の閉園と共に、撤去されることになりました。

堺市のシンボル「龍女神像」です。

堺市のシンボル「龍女神像」です!

堺市では、この「龍女神像」を、平和と繁栄の象徴として、1999年の市制110周年記念事業の一環として復元し「堺旧港」の北側にある「北波止緑地内」に設置して、2000年7月に開催された「ワッショイ2000世界民族芸能祭」の開会式でお披露目となり、誕生しました。

青銅製の「龍女神像」は、高さ10メートルあるのですが、台座に関しても16メートルあるので、合わせた全高は、実に26メートルとなり、堂々としたものです。

現在では、堺市の「シンボル」のひとつとなった「龍女神像」ですが「堺旧港」に向かって、船の安全を見守りながら、その先にある、堺市のことも見守っています。

そんな2体の銅像が設置された「堺旧港」の「プロムナード」ですが、日没を迎えることで、まずは「夕日」の観賞ができます。

 

堅川水門の前のプロムナードより望む夕景!

徐々に太陽が沈み、いよいよ「夕景」を望める時間帯となるのですが、見渡してみると数人の姿はありますが、現在のところ「夕日のスポット」としての知名度の低い「堺旧港」ですから、それ以降、新たに訪れる方の姿はありません!

堺旧港より望む夕景です。

堺旧港より望む夕景です!

本日は、10月の初旬となり、かなり左手側に「夕日」が沈む形となりますが、6月中旬に訪れた時には、ちょうど中央の「阪神高速道路」の橋のあたりに、夕日が沈む形でしたので、どちらかと言えば、その辺りの時期に訪れるほうが「夕景」としては、優れているのではないかと思います。

ここ「堺旧港」の「堅川水門」の前の「プロムナード」」より望む「夕日」は、堺市のシンボルのひとつとなる「龍女神像」の姿もセットで望むのがベストとなり「プロムナード」は、ほぼ直線的に長く続いていますので、夕日の沈む位置によって移動すれば、どこから望むのが一番優れた「夕景」が望めるのかも探ることができ、楽しみ方は多種多様であると思います。

また、別の日にも訪れたのですが、この日の雲は一味違ったポテンシャルを秘めていました。

この日の目的は「プロムナード」を左手側に500メートルほど歩き進めた「旧堺燈台跡」より「夕景」を眺めに来たのですが、あまりにもポテンシャルの高い雲だったので、とりあえず「1枚だけでも写真を!」と思い、走って移動して撮った1枚です。

一味違った「ひつじ雲」の夕景です。

一味違った「ひつじ雲」の夕景です!

その後は、ダッシュで「旧堺燈台跡」に戻り「夕景」を堪能したのですが、実はここ「堺旧港」では、突端に位置する「旧堺燈台跡」に関しては、大阪屈指の「夕日のスポット!」となっており、日没を迎える時間帯には、たくさんの方が、カメラ片手に訪れます。

旧堺燈台跡の夕景に関してはコチラをご覧下さい

旧堺燈台跡より望む夕景です。
旧堺燈台跡~大阪屈指の夕日の名所【アクセス・駐車場】

今回紹介するのは、大阪府堺市堺区大浜北町に位置する「堺旧港南波止場」に立ち尽くす「旧堺燈台跡」より望む「夕日」です。 天然の良港であった「堺港」は、室町時代から安土桃山時代にかけては「海外貿易港」として、大変に発展していました。 その後、元禄2年となる1689年に、市中の商人の寄金で、はじめて堺港に ...

そういったことから「旧堺燈台跡」は、大変優れた「夕日のスポット」で間違いないのですが、正直なところ、ここ「堺旧港」の「堅川水門」の前も、負けず劣らずの「夕景」を楽しめると思います。

どちらから「夕日」を望むかは、その時の気分で決めるのも良いかと思います。

 

堺旧港の夜景をロマンチック空間より望む!

真っ赤に染まっていた空は、瞬く間にその彩りを失い、ポツリポツリと街灯に明かりが灯っていくと同時に、海風が少し冷たく感じ始めます。

ものの30分もしない間に景色は一転し「夜景」を望む時間帯となると「堺旧港」の「プロムナード」は、ロマンチックな空間へと姿を変えていきます。

堺旧港より望む夜景です。

堺旧港より望む夜景です!

堅川水門」の前の「プロムナード」より望む「夜景」は、穏やかな「堺旧港」が水鏡へと変わり、映し出される光柱がとても良い感じになるほか、観賞ポイントをはじめ、全体的にオレンジ色の街灯が、とてもロマンチックな空間を作り出します。

街明かりや、街灯自体の光量は、それほど多くは無いのですが、光柱の光量が眩い光になるだけに、かなり豪華な感じの「夜景」となります。

また、観賞ポイントとなる「プロムナード」には、観客席のように、2段からなる10段ほどの階段が横長に伸びているので、ゆっくり腰を下ろしながら、ゆったりと流れる時間を過ごすことができます。

夜景の時間帯はロマンチック空間です。

夜景の時間帯はロマンチック空間!

対岸に立っていた「龍女神像」は、日没と共に、夜の21時00分までのあいだ、自動で「ライトアップ」されるのですが、その存在も「夜景」としてのグレードを上げています。

また「龍女神像」の前には「」の「オブジェ」があり、本来でしたら、煌々とした光を放ちながら、ブルーやグリーンに彩りを変える「LEDライト」で、より一層、ロマンチックな景観を作り出す「ライトアップ」になるのですが、本日に関しては「ライトアップ」されていなかったので、非常に残念です。

今後、復活するのかは「」ですが、もし回復していれば、上記の写真より、かなり良い感じの「夜景」となるので「夜景」に関しては「堺旧港」は、とても優れたスポットとなります。

ただ「夕景」と同じく「夜景」に関しても知名度は低く「人気の夜景スポット!」になっていないため、多くの方で賑わうと言うことはありません!

その分、ロマンチックな空間で、大切な方と二人だけで過ごすには、良いスポットとなりますので、お勧めできる、隠れた「夜景スポット」となります。

と、言ったところが「堺旧港」にある「堅川水門」の前の「プロムナード」より望む「夕景」及び「夜景」の紹介となり、すべてが終了となります。

堺旧港」は、アクセスの面は大変良くなっていることと、現在は知名度が低いため、静かでロマンチックな空間で、ゆったりと時間を過ごすことができる点が、お勧めとなります。

是非一度訪れて、知名度が低い、優れた「夕景」と「夜景」を、大切な方とご堪能下さい!

 

堺旧港のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

堺旧港

  • 住所:〒590-0986大阪府堺市堺区北波止町15
  • 電話:072-228-7493(堺市文化観光局観光部観光推進課)
  • 時間:散策自由
  • 定休日:年中無休
  • 観覧料:無料
  • 駐車場:無し(周辺駐車場もしくは大浜公園駐車場を利用)
  • アクセス:「南海本線」の「堺駅」より西へ徒歩350km(約5分)
    お車】「西宮方面」及び「泉佐野方面」からは「阪神高速4号湾岸線」の「大浜IC」を降りたらそのまま「府道195号線」に入り1つ目の信号を左折したらあとは道なりに400mほど走り進めた左手側に「コインパーキング」となる「パークNET栄橋町2丁目駐車場」があります800m(約3分)
    阪神高速1号環状線方面」からは「阪神高速15号堺線」の「堺IC」を降りたらすぐに右車線に入り1つ目の信号となる「大小路橋」の交差点を右折してしばらく走り進めた先の「堺駅」の手前にある「吾妻橋」の交差点を左折したらすぐにある1つ目の交差点を右折しあとは道なりに250m走り進めた先の右手側に「コインパーキング」となる「パークNET栄橋町2丁目駐車場」があります1.7m(約5分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

堺旧港」の「堅川水門」の前の「プロムナード」より望む「夕景」と「夜景」は、知名度の低さから、多くの方が訪れない「穴場スポット」となります。
ライトアップされる「龍女神像」は、平和と繁栄の象徴として、堺市の「シンボル」となって「堺旧港」の船の安全と、その先にある、堺市全体を見守りながら立ち尽くしています。
穏やかな「堺旧港」の水鏡に映し出される「夜景」は、大変すばらしく、オレンジ色の街灯でロマンチックな空間となりますので、大切な方と訪れ「夕景」と「夜景」を同時に、1日掛けてお楽しみください!

関連記事

大阪府で望める夜景の記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

  りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

  舞洲シーサイドプロムナード~夜景と夕日【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-, , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.