額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府東大阪市東豊浦町にある『枚岡公園』より『ナイトハイキング』で向かう『額田山展望台』から眺める『夜景』です。

枚岡公園』は、大阪府営の都市公園となり、生駒山系の『枚岡山』と『額田山』の2つの尾根の山麓に広がっており、中央には『暗渓』が横切る形となっています。

昭和13年(1938年)に開設され、その後1958年に『金剛生駒国定公園』が指定された際に『枚岡公園』の全地域も同時に『金剛生駒国定公園』に指定されました。

そんな『枚岡公園』は、四季折々の楽しみがあり、春には『桜広場』に『』が咲き乱れ、夏の『新緑』では、木漏れ日輝く緑のトンネルで『森林浴』を楽しめ、秋になれば『豊浦橋周辺』に『紅葉』赤く色付き、冬に向けて『野鳥観測』なども必見となるほか、生駒山へ登山する際の『登山ルート』のひとつなっていることで、1年を通して多くの方が『ハイキング』に訪れます。

枚岡公園』の『ハイキングコース』となる『額田山』と『枚岡山』のそれぞれに『展望台』があり、大阪平野の素晴らしい景色を眺めることが出来ることでもよく知られています。

そんな『枚岡公園』にある『額田山展望台』と『枚岡山展望台』の2つの『展望台』の内、ここでは『額田山展望台』から眺める『夜景』の紹介となります。

準備が整いましたら『額田山展望台』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

今回は、大阪府東大阪市東豊浦町にある『枚岡公園』を訪れ『ナイトハイキング』を行ない『額田山展望台』へと向かい、大阪平野に広がる『夜景』を眺めるため『枚岡公園』に向けてバイクを走らせます。

近畿圏内で『夜景』を楽しむにあたり、非常に人気が高く超有名なスポットとなると、兵庫県の『日本三大夜景』に選ばれている『掬星台』から観賞できる『1000万ドルの夜景』がよく知られるほか、奈良県の『新日本三大夜景』に選ばれている『若草山』から眺める『夜景』も大変見ごたえがあると言われていますが、そんな有名スポットに負けず劣らずの『夜景』を観賞できるスポットが『大阪府』にも数多くあり、そのひとつと言っても過言ではないのが、今向かっている『枚岡公園』にある『額田山展望台』からの眺めとなります。

『掬星台・若草山』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  兵庫県~摩耶山、掬星台『日本三大夜景』『1000万ドルの夜景』六甲三大夜景スポットから・・

  新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!

また、大阪府には『五月山ドライブウェイ』にある5つの『展望台』より眺める景色が、とても素晴らしい『スポット』があります。

『五月山ドライブウェイ』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

大阪府にある『夜景』のスポットのひとつ『枚岡公園』ですが、まず初めに、今回訪れる『額田山展望台』より『夜景』を楽しむとなると、大きな問題点が2つあることを覚悟の上で訪れなければいけません!

 

『額田山展望台』より『夜景』を楽しむための注意点!

まず1つ目の問題点が『駐車場』です。

枚岡公園』には『無料』の『駐車場』が設置されていますが、利用時間が決まっており、季節によって多少の変化はあるとのことですが、基本的には朝の9時00分から夜の17時00分までとなるため『夜景』を楽しむには『駐車場』が利用できないと言うことになります。

枚岡公園の無料の駐車場です。

枚岡公園の無料の駐車場です!

これは 『枚岡公園』にて『夜景』を楽しむにあたり、かなり厳しい問題点となりますが、少し離れた『コインパーキング』などを利用することで解決できますし『公共交通機関』を利用すると言う方法もあります。

そんな中で1つだけ簡単な『アクセス』方法があるとすれば『自転車』もしくは『バイク』を利用して行くことです。

枚岡公園の無料の駐輪場です。

枚岡公園の無料の駐輪場です!

今回は、たまたまか?どうかの一切の情報は無いのですが『駐輪場』に関しては、時間を過ぎても出入り口は開いていました。

近くから訪れるならば『自転車』や『バイク』で訪れるのも問題ないのですが、遠方から訪れるとなると少し厳しいかと思います。

遠方からでなければ『自転車』や『バイク』で行くことも選択肢のひとつとお考え下さい!

それともうひとつの問題点が『ナイトハイキング』となることです。

枚岡公園』より登山道を歩いて『額田山展望台』を目指すことになるのですが、普通に歩いても約20分ほどは歩かないといけないほか、当然『山道』となるので『真っ暗闇』となるので『懐中電灯』などの『光り物』の持参は絶対となります!

そんなことから、付き合って間無しの『カップル』や、ひとりで『展望台』を目指すのはあまりお勧めできません!

山深いと言うほどではないのですが、人けがほぼ無いのと『真っ暗闇』となるため『』に遭遇しないかと、ひやひやしながらの『ナイトハイキング』となり、正直なところ怖いです!

と、言った問題点があるのが事実となります!

 

『枚岡公園』の『夜景』を楽しむには公共交通機関を利用がお勧め!

今、紹介した注意点から分かるように『夜景』を楽しむには『駐車場』が利用できないので『公共交通機関』を利用するのがお勧めとなります。

夜間』だから路駐で!・・と考えがちですが『枚岡公園』の周辺は、それほど広い『駐車スペース』はありませんし『駐車禁止』となる場所ばかりです。

たとえ止めれたとしても、他に『路上駐車』している車などはありませんでしたので、近隣の方に通報される可能性もあります。

コインパーキング』なども、近くには見当たりませんでしたので、どちらにしても駅近くから歩くことになるなら『公共交通機関』を利用するほうが早いかと思います。

そうしたことから、先ほど言ったように『自転車』や『バイク』で向かうのが『ベスト』かと思います。

尚『公共交通機関』を利用する場合は『近鉄奈良線』の『枚岡駅』からでしたら、東へ300メートルとなり、徒歩で約6分で行くことが出来ますし、同じく『近鉄奈良線』の『額田駅』からでしたら東へ600メートルとなり徒歩で約12分で行けます。

ご自身にあった『アクセス』で訪れてください!

 

『額田山展望台』へと向かう登山道は過酷な上り道!

今回は『枚岡公園』の『管理事務所』の前より『ナイトハイキング』のスターとなりますが、歩きはじめは『街灯』の光があるので、とりあえずは、問題なく歩き進めることが出来ます。

また『枚岡公園』の『管理事務所』の前には『トイレ』があり、利用可能となっていますので安心です!

『ナイトハイキング』スタートです。

『ナイトハイキング』スタートです!

管理事務所』よりすぐ上にある山が『額田山』となり、ひたすら『額田山展望台』に向けて上り進めて行くのですが、途中に『中展望』がありますので、まずは『中展望』を目指して上り進めて行きます。

歩きはじめは整備の行き届いた綺麗な『遊歩道』となるのですが、数十メートル先にある『額田の辻②』と言う『分岐点』からは、早くも『山道』となり『真っ暗闇』の空間となり、体中に緊張が走ります。

ここで、簡単に『額田山展望台』までの道のりを地図で確認してもらいます。

額田山展望台までの散策マップです。

額田山展望台までの散策マップです!

今回の『ナイトハイキング』のスタート地点は『枚岡公園』の『管理事務所』の前からとなりますが、ちょうど真後ろに立つ山が『額田山』となり、まずは『額田の辻②』に向かって歩き進めます。

額田山展望台』に向かうコースはいくつかありますので、ご自身の好きなコースを選んでもらえばいいのですが、今回は『ナイトハイキング』となるため『最短で最速コース』を歩いて『展望台』に向かうことにします。

その後『分岐点』はいくつかありますが『中展望』に立ち寄ったあと『額田山展望台』に向かいたいと思います。

と、言ったところが簡単な紹介となりますが『真っ暗闇』となる山道となり『分岐点』もそれなりにありますが、少々間違った道を行ってしまっても『上り』続けている限り『額田山展望台』に到着できるかと思います。

それでは、話を戻しまして散策に戻りたいと思います。

 

手に届きそうな『夜景』が広がる『中展望』

歩きやすい遊歩道から『額田の辻②』を左手側の登山道に入って行くと木々が生い茂り、月明りも入りにくい『真っ暗闇』の山道となり、肌寒くなってきます。

『真っ暗闇』の山道が続きます。

『真っ暗闇』の山道が続きます!

勾配が意外ときつく、かなり力のいる登山道となり、歩きはじめて2分もたっていないのに息が切れてきます。

実のところ、本日は2か所目の『ナイトハイキング』となるのですが、1か所目は同じ『枚岡公園』にある『枚岡山』の標高260メートル付近にある『枚岡山展望台』からの『夜景』を楽しみ、一度下山してからの2度目の『ナイトハイキング』となるので、体力的にも少し心配があります。

『枚岡山展望台』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

上り進めていると『平岡バイパス南』の『分岐点』があり、右手側に歩き進めていきます。

少し歩いていると、次の『分岐点』となる『コブシの辻』を左手側に上り進めます。

『中展望』から眺めた夜景です。

『中展望』から眺めた夜景です!

枚岡公園』の『管理事務所』から歩きはじめて、約10分ぐらいで『中展望』の『展望スペース』まで行くことが出来ます。

ここまで来れば半分近くまで上り進めたことになるので、中継点としてはちょうどいい感じで休憩がてらに『大阪平野』の『夜景』をゆっくり眺めることができます。

これから向かう『額田山展望台』の標高は約270メートルぐらいと言うことですので、半分弱の位置にある『中展望』は、標高100メートルぐらいしかないせいか、街の明かりがとても近くに感じます。

手を伸ばせば届きそうな東大阪市の街の灯りは、とても眩く輝き、とても綺麗です。

本日は、少しだけ雨も降っていましたので、少しもやが掛っていますが『中展望』は標高が低い分、もやの影響が少ないので比較的綺麗な『夜景』を楽しむことが出来ます。

ゆっくり景色を楽しみながら休憩したところで『額田山展望台』に向けて歩きはじめます。

 

過酷な道を歩いた者だけが眺めることが出来る絶景!

額田山展望台』に到着するまでは、一貫して上り坂が続き、これ程までに過酷な『夜景』は今までに経験がありません!

ここまでの道のりも暗闇でしたが、ここより先は、さらに漆黒の闇となり、やはり『懐中電灯』などの『光り物』は絶対に必要となりますが、今の時代は『タブレット』に付いている『ライト機能』を多用することで何とかなるかと考えがちですが、月明りすらも入りにくい『山道』となると『ライト機能』の光では少し頼りないと思いますので、それ相応の『光り物』を持参することをお勧めしておきます。

さらに手に持つ『懐中電灯』ではなく、両手があく『ヘッドライト』をお勧めしておきます。

管理人は『ヘッドライト』は常に車に常備していますので、こんな時でも慌てることなく安心です!

どこに行くときでも1つあれば安心で、手がふさがることの無い『ヘッドライト』は『必須アイテム』のひとつです!

そこでお勧めしたいのが『ジェントス』の『ヘッドライト』です。

日本で『トップシェア』を誇る『LEDライト』のメーカーです。

あらゆる機能を搭載した『高性能ヘッドライト』なのですが『フォーカスコントロール』で『ノーマル照射』から『ワイド照射』まで『無段階調節』が可能となっています。

高性能であるにも関わらず、比較的に『安価』で購入出来るのがとてもうれしいところです!


ジェントス ヘッドライト

自身の身を守る『必須アイテム』として、ひとつは常備しておくことをお勧めしておきます。

と、言うところで話を戻しますが『街灯』などが無いことで『真っ暗闇』となるのは、それはそれで『夜景』を楽しむには良い作用ではあるのですが『展望台』までの道のりが山道で『街灯』が一切無いと言う『展望台』からの『夜景』を観賞するのは、さすがに今回が初めての経験となり、正直少し身の危険を感じます。

ヘッドライト』は、先を歩く我が姫君が1つ頭に付け、後方を歩く管理人は、頭ともう1つ首に掛け、合計3つの『ヘッドライト』を使っての『ナイトハイキング』となります。

それでも『暗い』と感じるほどですので『タブレットでなんとかなるか?』なんて思わないようにして下さい!

中展望』より『夜景』を満喫したあと、後方に続く上り坂を歩き進めて行きますが『額田山展望台』までは、心臓破りの道のりが依然として続きます。

途中にある展望スペースです。

途中にある展望スペースです!

最後の『分岐点』となる『額田山展望台北』の少し手前に、石の机と椅子が置かれた小さな『展望スペース』があるのですが、木々が生い茂っていて、ほとんど『夜景』は見えません!

小休止を取ったところでラストスパートで『額田山展望台』に向けて歩き出します。

額田山展望台北』の『分岐点』を右手側に少し進めば、歩き出してからはじめの平坦な道が少し続いたあとに、下りとなります。

『額田山展望台』に到着です。

『額田山展望台』に到着です!

20メートルほど下ったところに、特徴的な三角屋根の『額田山展望台』に到着です。

ナイトハイキング』を開始して、ここまで誰一人として出会いませんでしたが、ここ『額田山展望台』にも、先客の姿は無いようです。

苦労して『額田山展望台』まで上ってきましたが、やはり天候が少し悪いせいか『中展望』から眺める『夜景』よりも、もやがきつく掛かっており、最高の状態ではないようです。

額田山展望台から眺めた夜景です。

額田山展望台から眺めた夜景です!

180度のパノラマ状に広がりを魅せる『夜景』となりますが、少々前に生い茂る木々が邪魔になります。

奥行きのある大阪平野の街並みを一望できる『展望台』となり、もやが掛かっていますが、2014年3月7日より、全館が開業した『日本一高いビル』の称号を大阪にもたらした『あべのハルカス』の姿も見えるほか、大阪の『シンボル』となる『通天閣』が『ライトアップ』されている姿もかすかに見えます。

見渡せる遥か先までの景色は眩い光を放ち、晴れた日などは、遠く『淡路島』や『明石海峡大橋』までも望むことが出来ます。

額田山展望台』に向けて『ナイトハイキング』を開始して、ここに到着するまでに、何度も心が折れかかり、正直「ここまでして『夜景』を見なあかんか?」なんてことも考え、何か言い訳をこじつけて引き返そうかと思うほど過酷な道のりではありましたが、今見渡す限りの『夜景』を眺めていると「頑張って上って来てよかった!」と思えるほど、満足のいく景色を眺められています。

やはり少しだけ過酷な道のりであると言うことから、多くの方が訪れることは無いと言うのが現状とはなりますが、ここより眺められる『夜景』を、今まさに独り占めしているような気分になれる満足感は、一度味わうとまた訪れたくなるほどです。

次に訪れる時は、良く晴れた日の『夜景』を満喫したいと考えます。

ナイトハイキング』となり、少しだけ過酷な道のりではありますが、是非お勧めしたい『夜景』となります。

真っ暗闇』で恐怖を覚え、過酷な道のりで心が折れながら、歩き抜いた者にのみ眺めることが出来る『夜景』を一度お楽しみください!

と、言ったところで『枚岡公園』より『ナイトハイキング』で行く『額田山展望台』の紹介がすべて終了となります。

 

『枚岡公園』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

枚岡公園

  • 住所:〒579-8032大阪府東大阪市東豊浦町12-12
  • 電話:072-981-2516(枚岡公園管理事務所)
  • 時間:散策自由
  • 定休日:無し
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料(約100台)
  • アクセス:【公共交通機関】近鉄奈良線『枚岡駅』から東へ徒歩300メートル(約6分)
    近鉄奈良線『額田駅』から東へ徒歩600メートル(約12分)
    お車】阪神高速『水走出入口』から国道170号線を走り『箱殿』の交差点を左折して国道308号線を経由して『枚岡公園駐車場』2.7km13分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

額田山展望台』までの道のりは、正直なところ心が折れるくらいに、きつい山道となり『ヘッドライト』無しではとても上ることが出来ない『真っ暗闇』の世界となります。
しかし、その先に待つ超絶景の『夜景』は、しんどかった思いを忘れさせてくれる『景色』を魅せてくれます。
超絶景をご自身の目で一度ご堪能下さい!

【関連記事】

『夜景』に関する記事はコチラをご覧下さい!

  兵庫県~摩耶山、掬星台『日本三大夜景』『1000万ドルの夜景』六甲三大夜景スポットから・・

  新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.