額田山展望台【夜景】枚岡公園で行うナイトハイキング

2020年2月28日

今回紹介するのは、大阪府東大阪市東豊浦町に位置する「枚岡公園」で「ナイトハイキング」で向かう「額田山展望台」から眺める夜景です。

枚岡公園」は、大阪府営の都市公園となり、生駒山系の「枚岡山」と「額田山」の、2つの尾根の山麓に整備されているのですが、中央には「暗渓」が横切る形となっています。

昭和13年(1938年)に開設され、その後1958年に「金剛生駒国定公園」が指定された際に、同時に「枚岡公園」の全地域も指定を受けました。

そんな「枚岡公園」では、四季折々の楽しみ方があり、春になると「桜広場」に桜が花が咲き乱れ、夏の新緑では、木漏れ日輝く緑のトンネルで、森林浴を楽しむことができます。

秋になれば「豊浦橋周辺」に「紅葉」が赤く色付き、冬に向けては「野鳥観測」なども楽しむことができます。

また、生駒山に向けての「登山ルート」のひとつなっていることで、多くの方々が、1年を通してハイキングに訪れます。

枚岡公園」で行うハイキングコースでは「額田山」と「枚岡山」のそれぞれに、展望台が設置されているのですが、大阪平野の素晴らしい夜景を眺めることができることでも、よく知られています。

額田山展望台より望む夜景です。

額田山展望台より望む夜景です!

そんな「枚岡公園」にある「枚岡山展望台」と「額田山展望台」の2つの展望台の内、ここでは「額田山展望台」から眺める夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「額田山展望台」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

額田山展望台【夜景】枚岡公園で行うナイトハイキング

今回は、大阪府東大阪市東豊浦町に位置する「枚岡公園」で「ナイトハイキング」を行って「額田山展望台」に向かい、大阪平野の夜景を楽しむため、バイクに乗り込みアクセルを絞ります。

近畿圏内では、兵庫県にある「日本三大夜景」のひとつで「1000万ドルの夜景」が眺められる「掬星台」や、奈良県にある「新日本三大夜景」のひとつ「若草山」などが、特に有名になります。

掬星台・若草山に関する記事は後ほどコチラをご覧下さい

『1000万ドルの夜景』です。
摩耶山 掬星台【1000万ドルの夜景】六甲三大夜景スポット

今回紹介するのは、兵庫県神戸市灘区に位置する「六甲山系」と「摩耶山」から眺める「1000万ドル」と称されている「夜景」です。 「六甲山」と言う山は有りませんが、兵庫県の南東部に位置する神戸市の、市街地の西から北にかけて立ち並んでいる、大小の山々を含む「六甲山系」の全域にある山魂のことです。 「六甲山 ...

『新日本三大夜景』です。
若草山~新日本三大夜景に選定される夜景【アクセス・駐車場】

今回紹介するのは、奈良公園の東端に位置し「新日本三大夜景」に選定されている「若草山」から眺める夜景です。 間違ってはいけないのが、古くより知られている「日本三大夜景」ではなく、2003年4月に、夜景倶楽部の有志によって組織された、非営利団体が選定した「新日本三大夜景」です。 その時に選定されたのは、 ...

大阪府にも、数多くの夜景を楽しめる人気のスポットがあり、そのひとつとなるのが、今から紹介する「枚岡公園」にある「額田山展望台」で眺められる夜景となります。

また、大阪府には「五月山ドライブウェイ」にある、5ヶ所の展望台から眺める夜景が、とても素晴らしい「夜景スポット」があるのですが、特にお勧めとなります。

五月山ドライブウェイの夜景に関する記事は後ほどコチラをご覧下さい

『秀望台』から眺める夜景です。
五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

今回紹介するのは、大阪府池田市綾羽にある「五月山ドライブウェイ」から眺める「夜景」です! 大阪府の池田市から箕面市にかけて連なる、北摂山系の山地と、平地の境界部に当たる五月山には、1958年(昭和33年)より開通した「五月山ドライブウェイ」があり、優れた夜景を観賞できる展望台が幾つも整備されており、 ...

さて、大阪府にある「夜景スポット」のひとつ「枚岡公園」ですが、まず初めに「額田山展望台」より夜景を楽しむにあたっては、大きな問題点が2つあるのですが、それを覚悟の上で訪れなければいけません!

 

額田山展望台で夜景を楽しむための注意点!

まず、1つ目の問題点が「駐車場」です。

枚岡公園」には「無料」で利用できる駐車場が用意されているのですが、利用時間が決められており、季節によって多少の変化はありますが、基本的には、朝の9時00分~夕方の17時00分までとなります。

従って、夜景を楽しむ時間帯には「駐車場の利用はできない!」と言うことになります。

枚岡公園の無料の駐車場です。

枚岡公園の無料の駐車場です!

これは、夜景を楽しむにあたっては、非常に厳しい問題点となりますが、少し離れた「コインパーキング」などを利用することで、とりあえずは解決できます。

また「公共交通機関を利用する!」と言う方法もあります。

1つだけ、簡単なアクセス方法があるとすれば「自転車」もしくは「バイク」で行くことです。

枚岡公園の無料の駐輪場です。

枚岡公園の無料の駐輪場です!

今回は、たまたまか?

一切の情報は無いのですが「駐輪場」に関しては、時間を過ぎてからも、出入口は開いていました。

近くから訪れるならば「自転車」や「バイク」でも良いのですが、遠方から訪れるとなると、少し厳しいかと思います。

遠方からでなければ「自転車」や「バイク」で行くことで「駐輪場」を利用することができるかと思いますので、選択肢のひとつとお考え下さい!

もうひとつの問題点が「ナイトハイキング」になることです。

枚岡公園」を訪れてからは、登山道を歩いて「額田山展望台」を目指すのですが、普通に歩き進めても30分ほどは必要になるほか、真っ暗闇の登山道を歩き進めることになるりますので、懐中電灯などの光り物は「必須アイテム」となります!

付き合って間無しのカップルや、ひとりで訪れと言うのは、お勧めできません!

山深い!」と言うほどではないのですが、人けがほぼ無いのと、真っ暗闇になるため「獣に遭遇しないか?」と、ひやひやしながら歩き進める形となり、正直怖いです!

と、言ったような、問題点があるのが事実です!

 

枚岡公園へのアクセスは公共交通機関がお勧めです!

上記で紹介した注意点から、夜景を楽しむ際には、駐車場が利用できませんので、お勧めとなるのは、やはり「公共交通機関」を利用すると言うことです。

夜間だから路駐で!」と、考えがちですが、それほど広い駐車スペースはありませんし、周辺は「駐車禁止」になっている場所ばかりです。

たとえ止めれたとしても、他に「路上駐車」している車もありませんでしたので、通報される可能性があります。

近くには「コインパーキング」も見当たりませんでしたので、どちらにしても駅近くから歩き進める形になるかと思いますので、それならば「公共交通機関」を利用するほうが、早いのではないかと思います。

あとは、先ほど言ったように「自転車」や「バイク」で向かうのが、ベストかと思います。

公共交通機関」を利用する場合は「近鉄奈良線」の「枚岡駅」からでしたら、東へ300メートルほどとなりますので、約6分で行くことができます。

同じく「近鉄奈良線」の「額田駅」からでしたら、東へ600メートルとなるため、約12分で行けます。

ご自身にあったアクセス方法で、訪れるようにして下さい!

尚、本文の最後に「マイカー」で「駐車場」に向かうための、アクセス方法も書いていますので、後ほどご覧下さい!

 

額田山展望台へ向かう登山道は過酷な登り坂です!

今回は「枚岡公園管理事務所」の前より、ナイトハイキングを始めるのですが、歩き始めは街灯の光があることで、特に問題なく歩き進めることができます。

また「枚岡公園管理事務所」の前には「トイレ」があり、夜の間も利用可能となりますので、ひと安心です!

『ナイトハイキング』スタートです。

『ナイトハイキング』スタートです!

枚岡公園管理事務所」の背景にある山が「額田山」となり、ナイトハイキングで「額田山展望台」に向けて登り進めて行くのですが、途中に「中展望」がありますので、まずは「中展望」を目指して登り進めて行きます。

歩きはじめは、整備の行き届いた綺麗な遊歩道となるのですが、数十メートル先にある「額田の辻②」と言う「分岐点」からは、早くも山道へと入り、辺りは真っ暗闇の空間に変わることで、体中に緊張が走ります。

ここで、簡単に「額田山展望台」までの道のりを、地図で確認してもらいます。

額田山展望台までの散策マップです。

額田山展望台までの散策マップです!

今回のナイトハイキングのスタート地点は「枚岡公園管理事務所」の前からとなりますが、ちょうど真後ろに立つ山が「額田山」となり、まずは「額田の辻②」に向かって歩き進めます。

額田山展望台」に向かうコースは、幾つかありますので、ご自身の好きなコースを選んでもらえば良いのですが、今回はナイトハイキングとなるため「最短で最速コース」で向かうことにします。

その後「分岐点」は幾つかありますが「中展望」に立ち寄ったあと「額田山展望台」に向かいたいと思います。

と、言ったところが、簡単な紹介となりますが、街灯などが一切無い真っ暗闇の登山道になるほか、それなりに「分岐点」もありますが、多少間違った道を行ってしまっても、登り続けている限り「額田山展望台」に到着できるかと思います。

 

手に届きそうな夜景が広がりを魅せる「中展望」

整備の行き届いた遊歩道から「額田の辻②」の「分岐点」を、左手側の登山道に入って行くと、急に木々が生い茂っていて、月明りも入りにくい、真っ暗闇の登山道へと変わることで、少し肌寒くなってきます。

『真っ暗闇』の山道が続きます。

『真っ暗闇』の山道が続きます!

勾配が意外ときつく、かなり力のいる登山道になっているため、歩きはじめて2分もたっていないのに、息が切れてきます。

実のところ、本日は、2ヶ所目のナイトハイキングになるのですが、1ヶ所目は、同じ「枚岡公園」にある「枚岡山」の、標高260メートル付近にある「枚岡山展望台」で夜景を楽しみ、一度下山してからの、2度目のナイトハイキングとなるので、体力的に少し心配があります。

枚岡山展望台に関する記事は後ほどコチラをご覧下さい

枚岡山展望台から眺める景色です。
枚岡山展望台【夜景】枚岡公園で行うナイトハイキング

今回紹介するのは、大阪府東大阪市東豊浦町に位置する「枚岡公園」で「ナイトハイキング」で向かう「枚岡山展望台」から眺める夜景です。 「枚岡公園」は、大阪府営の都市公園となり、生駒山系の「枚岡山」と「額田山」の、2つの尾根の山麓に整備されているのですが、中央には「暗渓」が横切る形となっています。 昭和1 ...

登り進めていると「平岡バイパス南」の「分岐点」がありますので、右手側に歩き進めて行きます。

少し歩き進めていると、次の「分岐点」となる「コブシの辻」が見えてみますので、左手側に登り進めて行きます。

『中展望』から眺めた夜景です。

『中展望』から眺めた夜景です!

枚岡公園管理事務所」から歩きはじめて、約10分ぐらいで「中展望」まで行くことができます。

ここまで来れば、半分近くまで登り進めたことになり、中継点としては、ちょうど良い感じになりますので、休憩がてらに大阪平野の夜景を、ゆっくり眺めることができます。

これから向かう「額田山展望台」の標高は、270メートルぐらいと言うことですので、半分弱の位置にある「中展望」の標高は、100メートルほどしかないせいか、街明かりがとても近くに感じます。

手を伸ばせば届きそうなほど、近くに感じる東大阪市の街灯りの夜景は、とても眩く光り輝いています。

本日は、少しだけ雨が降っていましたので、少しもやが掛っていますが「中展望」は標高が低い分、もやの影響が少ないので、比較的綺麗な夜景を楽しむことができます。

しばらくの間、目の前に広がりを魅せる夜景を楽しんだとことで「額田山展望台」に向けて、再び歩き始めます。

 

過酷な道の先で眺めることができる絶景!

額田山展望台」に到着するまでは、一貫して登り坂が続くのですが、これ程までに過酷な夜景の観賞は、今までに経験がありません!

ここまでの登山道は暗闇でしたが、ここより先は、さらに漆黒の闇となり、やはり懐中電灯などの光り物は「必須アイテム」となります。

今の時代ですから「スマホ」に付いている「ライト機能」を多用することで、何とかなるかと考えがちですが、月明りすらも入りにくい山道ともなると、少し頼りないと思いますので、それ相応の光り物を持参しておくことを、お勧めしておきます。

さらに手に持つ「懐中電灯」ではなく、両手があく「ヘッドライト」がお勧めとなります。

管理人は「ヘッドライト」を、常に車に常備していますので、こんな時でも慌てることなく安心です!

どこに行くときでも、1つあれば安心で、手がふさがることの無い「ヘッドライト」は、お出かけの際の「必須アイテム」のひとつです!

そこでお勧めしたいのが「ジェントス」の「ヘッドライト」ですが、日本でもトップシェアを誇る、LEDライトのメーカーです。

あらゆる機能を搭載した「高性能ヘッドライト」は、フォーカスコントロールで「ノーマル照射」から「ワイド照射」まで「無段階調節」が、可能となっています。

高性能のわりに、比較的に「安価」で、購入できるところが、とてもうれしい商品です!


ジェントス ヘッドライト

ご自身の身を守る「必須アイテム」として、ひとつは常備しておくことをお勧めしておきます。

さて、話を戻しますが、街灯などが無いことで真っ暗闇になるのは、それはそれで夜景を楽しむには、良い作用になるのですが、展望台までの道のりに「街灯が無い!」と言う状況で夜景を楽しむのは、さすがに初めての経験となり、正直なところ、少し身の危険を感じます。

ヘッドライト」は、先を歩く我が姫君が、頭に1つ付けており、後方を歩く管理人は、頭ともう1つ首にぶら下げて、合計で3つの「ヘッドライト」を使っての、ナイトハイキングとなります。

それでも「暗い!」と感じるほどですので「スマホのライトでなんとかなるか?」なんて、考えないようにして下さい!

中展望」より夜景を満喫したあと、後方に続く登り坂を歩き始めるのですが「額田山展望台」までは、心臓破りの道のりが続きます。

途中にある展望スペースです。

途中にある展望スペースです!

最後の「分岐点」となる「額田山展望台北」の少し手前に、石の机と椅子が置かれた小さな展望スペースがあるのですが、木々が生い茂っていて、ほとんど夜景は見えません!

小休止を取ったところで、ラストスパートで「額田山展望台」に向けて歩き進めて行きます。

額田山展望台北」の「分岐点」を右手側に少し進めば、歩き出してから初めてと言っても過言ではない、平坦な道が少し続いたあとに、下り道となります。

『額田山展望台』に到着です。

『額田山展望台』に到着です!

20メートルほど下ったところに、特徴的な三角屋根の「額田山展望台」が見えてきたところで到着です。

ナイトハイキング」を開始してから、ここに来るまで誰一人として出会いませんでしたが、ここ「額田山展望台」にも、もちろん先客者の姿は無いようです。

苦労して「額田山展望台」まで登ってきましたが、やはり天候が少し悪いせいか「中展望」から眺める夜景よりも、もやがきつく掛かっており、最高の状態ではないようです。

額田山展望台から眺めた夜景です。

額田山展望台から眺めた夜景です!

180度のパノラマ状に広がりを魅せる夜景となりますが、目の前に生い茂る木々が邪魔になります。

奥行きのある、大阪平野の街並みを一望できる展望台となり、少しもやが掛かっていますが、2014年3月7日より、全館が開業した「日本一高いビル」の称号を大阪にもたらした「あべのハルカス」の姿が見えるほか、大阪のシンボルとなる「通天閣」が、ライトアップされている姿も見えます。

見渡せる限り遥か先までの夜景は、眩い光を放つのですが、晴れた日などは、遠く「淡路島」や「明石海峡大橋」までも望むことができます。

額田山展望台」に向けてナイトハイキングを開始してから、ここに到着するまでには、何度も心が折れかかり、正直なところ「ここまでして夜景を見なあかんのかな?」なんてことを考えて、何か言い訳をこじつけて引き返そうかと思うほど、過酷な道のりではありましたが、見渡す限りの夜景を眺めていると「頑張って登って来てよかった!」と思えるほど、満足のいく夜景を眺められています。

過酷な道のりであると言うことから「多くの方が訪れることは無い!」と言うのが現状ではありますが、ここより眺める夜景を、独り占めしている気分になれる満足感は、一度味わうと、また訪れたくなるほどです。

次に訪れる時は、良く晴れた日の夜景を、満喫したいと考えます。

何度も言いますが、過酷な道のりではありますが、お勧めしたい「夜景スポット」のひとつとなります。

真っ暗闇で恐怖を覚え、過酷な道のりで心が折れながら、歩き抜いた者にのみ眺めることができる夜景を、是非一度、お楽しみください!

と、言ったところで「ナイトハイキング」で向かう「額田山展望台」で望む夜景の紹介が、すべて終了となります。

 

枚岡公園のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

枚岡公園

  • 住所:〒579-8032大阪府東大阪市東豊浦町12-12
  • 電話:072-981-2516(枚岡公園管理事務所)
  • 時間:散策自由
  • 定休日:年中無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料(約100台)
  • アクセス:【公共交通機関】「近鉄奈良線」の「枚岡駅」から東へ徒歩300m(約6分)
    近鉄奈良線」の「額田駅」から東へ徒歩600m(約12分)
    【お車】「大阪方面」からは「阪神高速13号東大阪線」の「水走出IC」を降りたらそのまま走り進めて「新石切駅前」の交差点を右折して「国道308号線」に入り少し先にある「箱殿」の交差点を左折しすぐにある「箱殿東」の信号を右斜め前に走り進めて踏切を渡ったらすぐ左折しさらに約150m先を右折しあとは案内看板に従って走り進めれば「枚岡公園の芝生広場の駐車場」に到着です3.2km(約13分)
    奈良方面」からは「第二阪奈道路」の「西石切IC」を降りた先にある「被服団地前」の交差点を左折して「国道170号線(大阪外環状線)」に入り2つ目の信号「新町陸橋北」を越えたらすぐに左車線で高架の側道を走り「新町」の交差点を左折し「府道702号線」に入り少し先にある「箱殿東」の信号を右斜め前に走り進めて踏切を渡ったらすぐ左折しさらに約150m先を右折しあとは案内看板に従って走り進めれば「枚岡公園の芝生広場の駐車場」に到着です3.1km(約10分)

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

額田山展望台」までの道のりは、心が折れるくらいに、きつい山道となるほか、ヘッドライト無しでは、とても歩き進めて行くことができない、真っ暗闇の世界となります。
しかし、その先に待つ超絶景の夜景は、しんどかった思いを全て忘れさせてくれる魅力を秘めています。
是非一度訪れて、ご自身の目で、素晴らしい夜景をご堪能下さい!

関連記事

夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

  りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

  舞洲シーサイドプロムナード~夜景と夕日【アクセス・駐車場】

  堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  長野公園~奥河内さくら公園より望む夜景【アクセス・駐車場】

  なみはや大橋~夜景と夕日【アクセス・駐車場】大阪のベタ踏み坂

  八幡屋公園【アクセス・駐車場】夜景~グリーンヒルズ展望台

  千本松大橋~めがね橋より望む夜景【アクセス・駐車場】

  前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

  朝日ヶ丘北公園【アクセス・駐車場】芦屋市中心のリアルな夜景

  千島公園・昭和山【アクセス・駐車場】360度に展開される夜景

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2020 All Rights Reserved.