気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府泉佐野市りんくう往来北にある「りんくう公園」の「ライトアップ」及び「大阪湾」の「夜景」です。

りんくう公園」は「関西国際空港連絡橋」の下にある埋立地で「空を臨む町」と言う意味をもった、大阪府の副都心のひとつとして誕生した「りんくうタウン」の一角に整備された、海浜公園となります。

りんくう公園」は、19.1haの広さを誇り、メインエリアとなる「シンボル緑地」では、日没を迎え「ライトアップ」が施されることで、幻想的な空間が広がりを魅せ、夜のデートスポットへと姿を変えていきます。

ライトアップされたシンボル緑地です。

ライトアップされたシンボル緑地!

大きく弧を描く、木製造りの「太鼓橋」の上からは「シンボル緑地」が一望でき「四季の泉」をはじめ、中心を飾るモニュメントや、右手側に広がる「花街道」のライトアップは、夜空を色鮮やかな空間へと変えていき、海岸沿いまで歩いて行けば「大阪湾」の「」の遥か先にある「関西国際空港」の「夜景」を、望むことができます。

抜群のロケーションを誇る「りんくう公園」には、平成30年4月8日より新しく、大型の立体看板「LOVE RINKU」の「モニュメント」が登場したことで「フォトジェニック」すなわち「インスタ映え」する空間が、より一層、広がりを魅せました。

そんな「りんくう公園」の「シンボル緑地」の「ライトアップ」及び「夜景」の紹介となります。

準備が整いましたら「りんくう公園」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

今回は、大阪府泉佐野市りんくう往来北にある「りんくう公園」の「シンボル緑地」の「ライトアップ」及び、海岸沿いの「夜景」を眺めるため、車を走らせます。

りんくう公園」は「関西国際空港」の対岸の埋立地となり、大阪府の副都心のひとつとして誕生した「りんくうタウン」の一角にある、海浜公園となるのですが、日没を迎えてからの園内は「ライトアップ」されるほか、海岸沿いより「夜景」も楽しむことができると言うことで、夜のデートスポットになっています。

まず初めに「りんくう公園」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

りんくう公園へのアクセスは良好です!

りんくう公園」への「アクセス」に関しては「マイカー」を利用しても「公共交通機関」を利用しても、比較的に簡単に行くことができます。

まず初めに「公共交通機関」を、利用して行く場合ですが「りんくうタウン駅」が、最寄り駅となるのですが「南海空港線」もしくは「JR関西空港線」の、いずれかに乗車して訪れるのですが、改札口を出てからは「北西方向」にある「2番出口」より出て、歩き進めること300メートルほどですので、ゆっくり歩いても約5分で「りんくう公園」に、到着できる手軽さとなります。

りんくうタウン駅からのルートです。

りんくうタウン駅からのルートです!

続いて「マイカー」を、利用する場合ですが「大阪・神戸方面」からでしたら「阪神高速4号湾岸線」の「泉佐野南IC」を、降りることになりますが、降りてそのまま「府道29号線」を進み「臨海北2号」の交差点を右折します。

その後、道なりに走り進めた先にある「りんくう駅前南」の交差点を右折して、少し走り進めた先に「りんくう公園」の「第2駐車場」があるのですが、駐車したあとは、徒歩で1分で到着となります。

泉佐野南IC」からは1.4kmほどですので、約5分で行くことができます。

和歌山方面」からですと「阪和自動車」の「泉佐野IC」を降りるのですが「国道481号線」を直進した先の「空連道臨海南」の信号を左折して「府道63号線」に入ります。

2つ目の信号の「臨海南2号」を右折してからは、道なりに進み「りんくう駅前南」の交差点を左折して、少し走り進めた先が、先ほどと同じく「第2駐車場」になるのですが「泉佐野IC」からは2.8kmほどですので、約8分で行くことができます。

マイカー」を、利用した場合の「駐車場」ですが「りんくう公園」には「第1駐車場」と「第2駐車場」がありますが「第1駐車場」は、少し離れた「泉佐野マーブルビーチ」の前となり、今回紹介する「シンボル緑地」までは、歩いて15分ほどかかりますので、基本的には「第2駐車場」に止めることを、お勧めします。

りんくう公園『第2駐車場』です。

りんくう公園『第2駐車場』

第2駐車場」は、基本的には「普通車60台」の駐車が可能となるほか「大型バス20台」も駐車できますが「夜景」を眺める時間帯には「満車」になることは無いと思います。

駐車料金に関しては、少し細かい料金設定となりますので、本文の最後に書いておきますのでご確認ください!

尚、もうひとつ紹介しておきたい「駐車場」があるのですが「第2駐車場」に向かう前の「りんくう駅前南」の交差点を反対に入ると「りんくうプレジャータウンシークル」があるのですが、そちらには1748台収容可能な「超大型駐車場」があります。

りんくうプレジャータウンシークルです。

りんくうプレジャータウンシークル

最初の1時間」は、駐車料金が「無料」となるのですが「物販・飲食店」で「合計2000円以上お買上げ!」の場合には、さらに駐車2時間が「無料(最大3時間)」となるほか「最大料金」の設定もあり「平日」でしたら500円となり「土日祝」なら800円と、かなりお得になっています。

ただ「第2駐車場」に止めると、歩いて1分足らずで園内に入れますが「りんくうプレジャータウンシークル」に駐車した場合は、5分ぐらいは歩く必要がありますので、そのあたりを頭に入れた上で、どちらに止めるかお考え下さい!

以上が「りんくう公園」の「アクセス」及び「駐車場」の紹介になりますが、どちらを取っても、比較的楽に訪れることができます!

 

太鼓橋からシンボル緑地のライトアップを一望!

今回は買い物も兼ねるため「りんくう公園」の「第2駐車場」ではなく「りんくうプレジャータウンシークル」の「駐車場」に止めて歩き出したのですが、歩くと言っても平坦な道となるので「りんくう公園」まで行くのも、特に問題はありません!

夜景」及び「ライトアップ」と言えば、もちろん夜間の訪問となるのですが「りんくう公園」は「ライトアップ」の照明のみならず、道中にも街灯があるため「懐中電灯」などの光り物は、持参する必要がありません!

メインストリート『海への道』です。

メインストリート『海への道』

りんくう公園」のメインストリートである「海への道」へと繋がる階段があり、上まで登りきると「シンボル緑地」までは100メートルほどの、街灯を従えた整備の行き届いた遊歩道を歩き進めます。

海への道」の両サイドには、ボランティアの方々によって管理された花々が植えられており、街灯のやさしい光に照らされながら、来園者を出迎えてくれる、癒しの空間となっています。

街灯を従えた「海への道」を、歩き進めて行くと、少し広くなった円形広場の「夕日の見える丘」があり、その先に見どころのひとつ「太鼓橋」が、架かっているのですが、階段には無数の「ライト」が取り付けられているのですが、3割ぐらいしか機能しておらず、折角のライトアップは、残念な状態になっています。

太鼓橋より望む幻想的な四季の泉です。

太鼓橋より望む幻想的な四季の泉!

大きく弧を描く、木製造りの「太鼓橋」の上からは「シンボル緑地」が一望できるようになっており、園内の中心に石積で造られた「四季の泉」をはじめとして、園内全体が幻想的な空間となり「大阪湾」の「」の部分の、遥か先にある「関西国際空港」の「夜景」まで、眺めることができます。

太鼓橋」に、ゆっくりと腰を掛けて「四季の泉」を眺めていると「関西国際空港」より離陸する「飛行機」までも、楽しむことができます。

そんな中でも、やはり一番の見どころは「四季の泉」の中心に設置された「モニュメント」の「ライトアップ」ですが、煌々した光を放ちながら、夜空を色鮮やかな空間へと変えていきます。

斬新なデザインの『モニュメント』です。

斬新なデザインの『モニュメント』

四季の泉」に設置された、斬新なデザインのモニュメントは、なかなかに考えられた設計となり、3つの大きな輪は「冬至」及び「春分・秋分」さらに「夏至」の時の「太陽の軌道」を示したものとなり、3つの大きな輪の下にある、小さな球体が「地球」を表しており「冬至」「春分・秋分」「夏至」を迎える時に、中心の球体となる「地球」に「」を落とすように設計されています。

また、球体より突き出した槍のようなものが「地軸」を表しており「北の方向」すなわち「北極星」を指しているのですが、この槍のような「地軸」には、角度も付けられており、この場所を示す「34度24分」として設計されています。

このモニュメントは、時間の経過と共に、さまざまな噴水のパターンで、訪れる方々を楽しませてくれるのですが、噴水運転に関しては「平日」ですと、17時00分~21時00分までとなり「土曜日・日曜日・祝日」に関しては、12時00分~21時00分までの稼働となっています。

常時運転ではなく「1時間の間で30分間!」の運転となるので、残りの30分間は未稼働となりますので、タイミングを考えたうえでご観賞ください!

尚「ライトアップ」に関しては「毎日」18時00分~21時00分までとなります。

 

ライトアップの光輝く「花街道」

りんくう公園」は、街灯をはじめ、ライトアップの光があるのですが、全体的には薄暗いため、幻想的な空間となっているのですが、見どころとなる場所に関しては、特に明るくライトアップされ「フォトジェニック」な雰囲気が、漂っています。

本日は、平日と言うこともあってか、それほどの来訪者はありませんが、カップルをはじめとして、お子様連れのご家族の方でも、安全に「ライトアップ」や「夜景」を、楽しめるようになっています。

太鼓橋」を、下まで降りると「石舞台」が設置された空間が広がっており、右手側には「花街道」と呼ばれる、四季折々の花を楽しめる「ロックガーデン」が整備されていて、ひときわ明るいライトアップの光を浴びて、園内の景観を引き立たせています。

ライトアップの光を浴びた花街道です。

ライトアップの光を浴びた花街道!

整備の行き届いた、約100メートルの「花街道」には、春から秋にかけては、約50種以上の宿根草が咲き誇り、ほのかに香る花の匂いを楽しみながら散策できる「フォトジェニック」な空間のひとつとなります。

そんな「花街道」の「ライトアップ」を十分に楽しんだあとは、そのまま海岸沿いまで、遊歩道を歩き進めて行きます。

海岸沿いには「シーサイドウオーク」と、称される遊歩道が長く続き、ゆっくり歩きながら「大阪湾」の「夜景」を、一望できます。

大阪湾の夜景を一望できます。

大阪湾の夜景を一望できます!

シーサイドウオーク」にも、随所に街灯が設置されているのですが、少し薄暗いロマンチックな遊歩道となっています。

潮風が心地ちよく吹き抜けるスペースには、幾つものベンチが設置されており、ロマンチックな雰囲気の中で「大阪湾」の先にある「関西国際空港」の「夜景」を、眺めることができるようになっています。

山の上から望む「夜景」ではなく、海岸沿いから眺める「夜景」ですので、奥行きのある立体的なものではなく、平面的な夜景となるため、残念ながら「夜景」としては「絶景!」とはいかないのですが「シーサイドウオーク」の雰囲気は最高で、静かな中にも心地よく響く、波の音を聞きながらの「夜景」の観賞は、一味違った楽しみ方であると思います。

ベンチに腰をかけて「大阪湾」の対岸に長く伸びる「関西国際空港連絡橋」や「関西国際空港」を、離着陸する「飛行機」を楽しんだところで、最後の見どころとなる「四季の泉」へと移動します。

四季の泉」のエリアには、平成30年4月8日に、新しく「恋人たちのスポット」と称される「LOVE RINKU」の「モニュメント」が、設置されたと言います。

 

フォトジェニックなモニュメント「LOVE RINKU」

平成30年4月8日に新しく登場した、大型の立体看板「LOVE RINKU Park」の「モニュメント」は「恋人たちのスポット!」として「フォトジェニック」すなわち、今流行りの「インスタ映え」することを目的として、設置されたと言います。

LOVE RINKU Park」の「モニュメント」を設置することで、若い世代の誘客を考えつつ「りんくう公園」は「縁結び」の「パワースポット」として、再起を図っていると思われます。

新しく登場した『LOVE RINKU』です。

新しく登場した『LOVE RINKU』

真っ白な立体看板の「LOVE RINKU Park」の「モニュメント」には、この場所を象徴する「飛行機」の図柄が、描かれているのが特徴的で、大きく「LOVE」と、刻まれた文字の「O」の部分だけを「真っ赤」に色を変えることで、インパクトを高めています。

LOVE RINKU Park」の「モニュメント」の裏手には、数本の「ワイヤー」が通っており「ふたりのLOVETAG」を、掛けることができるようになっています。

残念ながら夜間に訪れると「LOVE RINKU Park」の「モニュメント」に掛ける「ふたりのLOVETAG」を購入できません!

ふたりのLOVETAG」の購入方法に関しては、別の記事で紹介していますので、興味がある方はそちらをご覧ください!

「LOVE RINKU Park」のモニュメントに関する記事はコチラから

新たに登場した『LOVE RINKU』です。
りんくう公園【アクセス・駐車場】フォトジェニックな空間【夕日】

今回紹介するのは、大阪府泉佐野市りんくう往来北にある『関西国際空港』の対岸の埋立地にある海浜公園の『りんくう公園』です。 日本の『国際空港』として初めて本格的に24時間運用可能となった『関西国際空港』が、1994年9月4日に開港することになったのと同時に、その対岸に大阪府の『副都心』のひとつとして『 ...

LOVE RINKU Park」の「モニュメント」の「ライトアップ」に関しては、直接的な「ライト」は、当てられていませんが、隣の「四季の泉」よりこぼれる光で、幻想的な雰囲気となるほか「関西国際空港」や「関西国際空港連絡橋」などと組み合わせれば、こちらもなかなかに良い1枚になるのではないかと思います。

りんくう公園」は、夜間には「街灯」や「ライトアップ」の光で、幻想的な雰囲気が漂っているのですが、残念ながら知名度は低いため、多くのカップル達が訪れる「人気の夜景スポット」には、なっていません!

しかし、ロマンチックな雰囲気であることは間違いなく「夜景」や「ライトアップ」に関しては、抜群のロケーションで、なかなか良いものがあります。

隠れた「夜景」の「穴場スポット」となる「りんくう公園」に、是非一度訪れて、ロマンチックな空間での「夜の散歩デート」を、ご堪能下さい!

と、言ったところで「りんくう公園」の「ライトアップ」及び「夜景」の散策は、すべて終了となります。

りんくう公園」は「アクセス」の面でも、比較的簡単に行くことができますので、大切な方とロマンチックなひと時を、お過ごしください!

 

りんくう公園のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

りんくう公園

  • 住所:〒598-0048大阪府泉佐野市りんくう往来北1-271
  • 電話:072-469-7717・FAX:072-469-7719(りんくう公園・公園管理事務所)
  • 時間:園内自由
  • 定休日:年中無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:有料「第2駐車場(60台)
    平日・土・日・祝日」入庫~1時間まで210円・1時間超~2時間まで410円・2時間超~3時間まで620円・3時間超~4時間まで720円・4時間超~5時間まで830円・5時間超~6時間まで930円・6時間超~7時間まで1030円
    平日」7時間超~8時間まで1030円「土・日・祝日」1140円
    平日」8時間超~24時間まで1030円「土・日・祝日」1240円
  • アクセス:【公共交通機関】「南海空港線」の「りんくうタウン駅」で降りてから北西へ徒歩300m(約5分)
    JR関西空港線」の「りんくうタウン駅」で降りてから北西へ徒歩300m(約5分)
    お車】「阪神高速4号湾岸線」の「泉佐野南IC」を降りてから「府道29号線」の「臨海北2号」の交差点を右折して道なりに走り進めた先にある「りんくう駅前南」の交差点を右折して走り進めた先に「第2駐車場」に到着です1.4km(約5分)
    阪和自動車」の「泉佐野IC」を降りて「国道481号線」を直進して「空連道臨海南」の信号を左折して「府道63号線」に入り2つ目の信号の「臨海南2号」右折して道なりに進み「りんくう駅前南」の交差点を左折して走り進めた先に「第2駐車場」に到着です2.8km(約8分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

隠れた「夜景」の「穴場スポット」となる「りんくう公園」は、知名度が少し低いため、抜群のロケーションを誇っているにも関わらず、多くの来訪者がありません!
新たに登場した「LOVE RINKU Park」の「モニュメント」は「フォトジェニック」で、大変に見ごたえのある立体看板となり「縁結び」の「パワースポット」として、この先、人気が出るかもしれません!
ロマンチックな雰囲気が漂う「りんくう公園」に、是非一度訪れて「夜の散歩デート」を、ご堪能下さい!

関連記事

大阪府で望める夜景の記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.