気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所や体験型施設またハイキングや夜景さらに桜や紅葉の名所を紹介しています。

千島公園・昭和山【アクセス・駐車場】360度に展開される夜景

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府大阪市大正区千島に位置する「千島公園」の一角にある「昭和山」の展望台から眺める夜景です。

大正区の千島一帯は、大正時代までさかのぼれば、貯木場や、製材工場が建設され、木材工業の街として形成されていたのですが、地盤沈下の影響で、貯木場の機能が低下したこともあり、1960年代に住吉区(現在・住之江区)平林に移転しました。

大阪市は、1969年になって貯木場跡地に「港の見える丘」として、人工山を中心とした公園を整備し、周囲にも公団住宅や、官公庁、さらに公共施設を配置する「千島計画」を発表したと言います。

1970年より行われる「日本万国博覧会」に向けて進められた、地下鉄の路線整備で出た、約170万立方メートルの残土を使用して「人工山」が建設されたのですが、それが「昭和山」となります。

1974年に公園内にある「千島体育館」が開設され、その周囲の約11.2ヘクタールを整備し、1976年4月1日に「千島公園」が開園となりました。

千島公園」には、ソテツをはじめとした、亜熱帯植物などが植えられているほか、ツツジに関しては、約5万本植えられており「昭和山」を中心に「千島公園」の一帯に咲いている「ツツジ」が、区民に親しまれているとして「ツツジ」が「大正区の花」として、選定されました。

今回、夜景を眺める「展望台」は、そんな「人工山」となる「昭和山」の頂上に整備されていますが、標高が33メートルしかなく、建設当時には、大阪市では「最も標高が高い場所!」の、称号を誇っていたのですが「鶴見緑地内」に「鶴見新山」が建設されたことで、大阪市内にある、山の最高峰の称号は「鶴見新山」に譲り「昭和山」は、大阪市で「2番目に標高が高い場所」となっています。

千島公園の展望台より眺める夜景です。

千島公園の展望台より眺める夜景!

また「大阪5低山」などと言う、選定もあり「二等三角点がある山の中で!」という「条件」がつくのですが「日本で一番低い山」として港区にある「天保山(4.5m)」が有名ですが、阿倍野区には「聖天山(14m)」が、生野区には「御勝山(14m)」が、住吉区には「帝塚山(19.9m)」が、天王寺区には「茶臼山(26m)」があり、続いて6番目に低い山が、大正区の「昭和山(33m)」となります。

そんな「千島公園」の「人工山」となる「昭和山」から眺める、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「千島公園」の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

千島公園・昭和山【アクセス・駐車場】360度に展開される夜景

今回は、大阪府大阪市大正区千島に位置する「千島公園」の一角にある「人工山」となる「昭和山」の山頂にある展望台から、夜景を眺めるため「マイカー」を走らせます。

今回、夜景を眺める「昭和山」の、頂上に整備されている展望スペースですが、大阪市で「2番目に標高が高い場所」となっており、標高が33メートルとなるのですが、正直なところ、これしきの高さから、まともな夜景が見れるのか?少し心配です!

大阪在住となるため、大正区へは何度か行ったこともあり、それ程の時間は必要ないので、夜の20時前に家を出て、20時15分には「千島公園」へと到着しました。

まず初めに「千島公園」の「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

千島公園へのアクセスは比較的に良好です!

千島公園」へのアクセスに関しては「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に、行くことができます。

まずは「公共交通機関」を、利用して行く場合ですが「最寄り駅」となるのが「JR大阪環状線」及び「大阪メトロ地下鉄長堀鶴見緑地線」の「大正駅」となるのですが「3番出口」を出たら「府道173号線(大正通)」沿いに、南に向かって歩くだけなのですが、2kmほど離れた先となり、約25分ぐらいは必要となります。

歩くのが苦手な方の場合は「大正駅」から「大阪シティバス」に乗車して、6つ先のバス停留所となる「大正区役所前」で下車すれば、20メートルも歩けば、公園の出入口があります。

「大正区役所前」バス停留所です。

「大正区役所前」バス停留所です!

これぐらいの距離でしたら、夜景をゆっくりと観賞したあとでも、終電の心配もいらないので、特に大きな問題は無いかと思います。

続いて「マイカー」を利用する場合は「阪神高速17号西大阪線」が近くに通っていますが「堺方面」からの場合でしたら「大正東IC」で降りたら「国道43号線」を走ることになり、早めに左車線に移動するようにして進み、1つ目の「泉尾」の交差点を左折してからは「府道173号線(大正通)」を、南に走り進め行くと「大正区役所前」の信号があり、越えてすぐ左手側が「千島公園」です。

大正東IC」を降りてからは、1.1kmほどですので、5分もあれば行くことができます。

また「安治川方面」からですと「阪神高速17号西大阪線」の「大正西IC」で降りて「国道43号線」を進み「泉尾」の交差点を右折して「府道173号線(大正通)」に入ってからは、先ほどと同じで、こちらからでも、1.6kmほどですので、5分もあれば行けます。

最後に「駐車場」に関してなのですが「千島公園」には「専用駐車場」が、用意されていません!

従って、周辺にある「コインパーキング」を利用することになりますが、幸いにも、いくつかの「コインパーキング」がすぐ近くにありますので、問題はありません。

今回は、管理人が利用した「コインパーキング」を、紹介しておきます。

ザ・パーク~千島3丁目」となるのですが、ちょうど「千島公園」の出入口の前を、道路を隔てたところにあり、駐車してからも、50メートルほど歩くだけです。

道路を隔てた前が「千島公園」です。

道路を隔てた前が「千島公園」です!

駐車台数に関しては、14台分しかありませんが、これだけあれば十分と思われますが、満車の場合でも、近くに幾つか「コインパーキング」がありますので、心配はいりません!

24時間利用できますし、駐車料金に関しては「平日」ですと、朝の8時00分~夜の20時00分までのあいだは、30分100円となり、夜の20時00分~朝の8時00分までのあいだは、60分100円となるのですが、24時間最大料金の設定があり、500円となります。

土曜日・日曜日・祝日」に関しては、朝の8時00分~夜の20時00分までのあいだは、40分200円となり、夜の20時00分~朝の8時00分までのあいだは、60分100円となるのですが、24時間最大料金が1200円となります。

展望スペースまでは、10分ほどで行けますし、ゆっくりしたとしても、長時間の滞在になることはありませんので、高額な駐車料金にはなりません!

と、言ったところが「千島公園」への「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

人工山となる昭和山の山頂へ!

駐車場より、道路を隔てて歩き進めて行くと「千鳥公園」の正面となる出入口があり、園内に入って行くのですが「千鳥公園」は、緑豊かな園内となります。

「昭和山」と刻まれた石碑です。

「昭和山」と刻まれた石碑です!

園内には、街灯が随所に設置されているので、比較的に明るい感じですので、結論から言いますと「懐中電灯」などの光り物は必要なく「スマホ」のライト機能だけあれば、十分に対応できます。

歩きはじめると同時に、1組のカップルが、展望スペースへと歩いて行くところを見ると、全く知られることのない、夜景のスポットではないかと思われます。

しかし、人気の夜景スポットでも無いので、訪れる方も少ないです!

右手側に「大阪市立千島体育館」を、左手側に「大正区役所」を、見ながら歩き進めて行くと「人工山」となる「昭和山」への登山口がありますが、大きな石碑が置かれ「昭和山」と刻まれています。

これより先は、展望台に向けて、軽い上り坂となりますが、舗装されているので歩きやすく、整備の行き届いた、綺麗な遊歩道となっています。

石碑の横より登り始めますが、右、左、どちらから進んでも同じです!

山頂展望台に向けて歩き進めます。

山頂展望台に向けて歩き進めます!

緑豊かな園内は、野鳥の観察にも適しているのですが「キジバト」をはじめ「ツグミ・メジロ・ウグイス・ヒヨドリ」などが見られます。

そんな緑豊かな、遊歩道を進んで行くと、展望台へと向かう石階段があり、階段を上り進めた先に、ラストスパートとなる「らせん状」に延びる、スロープの遊歩道を進みます。

標高33メートルとなる「昭和山」の山頂まで行くと、夜景が広がっているのですが、やはり壮大に広がりを魅せる夜景ではなく、標高が低いため、目の高さより少し低い夜景となります。

その分、夜景としては、ビルや家々の立体的な眺めとなり、手を伸ばせば掴めそうになる夜景となります。

 

昭和山は大阪市で2番目に標高が高い場所!

大阪市で「2番目に標高が高い場所!」となるのですが、何か中途半端な感じとなるため「昭和山」と言う名を、今回、初めて耳にすることになりました。

頂上には、北向きの大正区の街並みのを眺められる「展望所」があり、ゆっくり座って夜景を眺められるのですが、座ってみると、緑豊かなことが仇となる木々が、視界の眺めを消してしまってます。

山頂展望台より眺める夜景です。

山頂展望台より眺める夜景です!

右手側に目を向ければ、生い茂る木々の切れ間より、街並みの夜景が綺麗に眺められます。

展望スペースには、街灯がいくつか設置されており、薄暗くはなりますが、非常に雰囲気の良い展望スペースになっているので、静かな空間から眺められる夜景ですから、少々視界が悪くても仕方のないところです。

展望スペースは、頂上にあることで、360度に展開される夜景を眺められるように、ぐるりと1周、歩いて回れる遊歩道がありますので、歩きながら夜景を楽しむこともできます。

360度に夜景が展開されています。

360度に夜景が展開されています!

ぐるりと1周、歩いている間には、大阪のシンボルとして「日本一高いビル」の称号を受けている「あべのハルカス」の姿も、木々の隙間から眺めることができ、しっとりとした雰囲気を楽しめます。

展望スペース」から眺める夜景は、正直なところを言うと、夜景としての素晴らしさとか、味わい深さと言ったものは、ほぼ無いのですが、ロマンチックな展望スペースの雰囲気が、魅力ではないかと思います。

多くの方で賑わうことのない「千島公園」は、夜の静寂の中で、ロマンティックに夜景を楽しめる「穴場スポット」になっていますので、騒がしい「人気の夜景スポット」に飽きた方には、お勧めできるスポットとなります。

アクセス面でも、意外と簡単に訪れることができることと、園内には、街灯がそれなりにあるので、人けが少なくても、安全に夜景を楽しめるスポットでもあります。

静かな空間でゆっくり夜景を楽しめるスポットが無いかな?」と、お考えのあなたには、うってつけのスポットだと考えます!

大切な方と共に、人目を気にせず、ロマンチックな雰囲気が漂う「昭和山」の山頂で、おしゃべりしながら、静寂に包まれる夜のデートを、お楽しみください!

 

千島公園のアクセス及び駐車場情報!

関連記事

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

千島公園

  • 住所:〒551-0003大阪府大阪市大正区千島2-7
  • 電話:06-6571-0552・FAX:06-6572-1663(八幡屋公園事務所)
  • 時間:24時間開放
  • 定休日:年中無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無し(周辺の有料駐車場を利用)
  • アクセス:【公共交通機関】「JR大阪環状線」及び「大阪メトロ地下鉄長堀鶴見緑地線」の「大正駅」から徒歩2km(約25分)
    または「大正駅」から「大阪シティバス」に乗車して「大正区役所前」の停留所で下車してすぐ
    お車】「堺方面」から「阪神高速17号西大阪線」の「大正東IC」で降りて「国道43号線」の左車線を進み1つ目の「泉尾」の交差点を左折して「府道173号線(大正通)」に入って走り進め「大正区役所前」の信号を越えてすぐ左手側です1.1km(約3分)
    安治川方面」から「阪神高速17号西大阪線」の「大正西IC」で降りて「国道43号線」を進み「泉尾」の交差点を右折して「府道173号線(大正通)」に入って走り進め「大正区役所前」の信号を越えてすぐ左手側です1.6km(約4分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

千島公園」の一角にある「昭和山」の山頂に、整備された展望台より眺められる夜景は、残念ですが、迫力満点の夜景ではないのですが、展望スペースの雰囲気が良いことと、多くの方がいないので、静かに流れる時間の中で、夜景を眺められます。
アクセス面も、比較的に良いほうですので、一度お出かけください!

関連記事

大阪府で望める夜景の記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

  りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

  舞洲シーサイドプロムナード~夜景と夕日【アクセス・駐車場】

  堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  長野公園~奥河内さくら公園より望む夜景【アクセス・駐車場】

  なみはや大橋~夜景と夕日【アクセス・駐車場】大阪のベタ踏み坂

  八幡屋公園【アクセス・駐車場】夜景~グリーンヒルズ展望台

  千本松大橋~めがね橋より望む夜景【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.