気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

投稿日:2018年7月2日 更新日:

今回紹介するのは、大阪府東大阪市上四条町に位置する「なるかわ園地内」にある展望スペースの「ぼくらの広場」から眺める、大阪府随一の夜景です。

「ぼくらの広場」がある「なるかわ園地」は、金剛生駒紀泉国定公園の一角に位置し暗峠(くらがりとうげ)の下から、鳴川峠(なるかわとうげ)を越えて、約204haにも及ぶ広大な園地となります。

そんな、広大な「なるかわ園地」の最高地点にある「ぼくらの広場」からは、大阪平野の街明かりが一望でき、その先にある大阪湾をはじめ、六甲山系の山並み、さらに天気が良い日には、遠く淡路島までも眺めることができ、南を向けば、葛城山や金剛山までの、自然の大パノラマ状の景色を楽しむことができます。

ぼくらの広場から眺めた夜景です。

ぼくらの広場から眺めた夜景です!

「なるかわ園地」への立ち入りに関しては、時間制限が無く、いつでも入園することができるのですが「らくらくセンターハウス」に用意されている駐車場の利用が、朝の9時00分~夕方17時00分までとなり、夜景を楽しむとなれば、時間的に少し無理があるため「ぼくらの広場」へ行くには、最北部に位置する出入口より、ナイトハイキングで向かうことになります。

「最北部に位置する出入口よりナイトハイキング!」と言いましたが、その点が大きな問題となり、最高の夜景を観賞できるにも拘(かかわ)らず「ぼくらの広場」が、大人気の夜景スポットとして騒がれないのは、以上のような問題があることが要因となります。

そんな「ぼくらの広場」から眺める、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら、ナイトハイキングで向かう「ぼくらの広場」の散策スタートです!

 

スポンサーリンク

ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

今回は、大阪府東大阪市上四条町に位置する「なるかわ園地内」にある、展望スペースとなる「ぼくらの広場」から夜景を眺めるため、日没を前に、暗峠(くらがりとうげ)に向けてマイカーを走らせます。

今回の目的地となる「ぼくらの広場」は、ハイキングコースの通り道として人気が高く「なるかわ園地内」でも、標高524メートルの最高地点に位置する展望スペースとなるのですが、通常利用するはずの「らくらくセンターハウス」の駐車場の利用時間内では、夜景を観賞することができませんので「なるかわ園地」の最北部にある出入口より、最短距離を歩いて「ぼくらの広場」に向かうことになります。

そのため暗峠を走り進めて「なるかわ園地」の最北部へ行くのですが、非常に厄介な酷道(こくどう)となる暗峠は、運転の苦手な方には、お勧めできない場所となります。

まず初めに「ぼくらの広場」に向かうための「アクセス」と「駐車場」に関して簡単に紹介しておきます。

 

ぼくらの広場へのアクセスはマイカーが必須条件です!

「ぼくらの広場」に向かうためのアクセスに関しては「マイカー」を利用することが「必須条件!」となります。

「らくらくセンターハウス」の駐車場に止めてしまうと、利用できる時間帯となる、夕方17時00分までに帰ることが出来ませんので、そちらに車を止めることは出来ません!

そのため「なるかわ園地」の最北部に通っている「国道308号線」を走り進めて、大阪府と奈良県の県境となる、暗峠まで行く必要があります。

「大阪府側」からでも「奈良県側」からでも、いずれにしてもこの「国道308号線」を走り進めることになります。

「国道308号線を走り進めて・・」と、言うことは「意外と楽な道なのでは?」と、思うでしょうが、この道が難関となり、暗峠越えの酷道(こくどう)と言う、からかう意味を込めた呼ばれ方をする経路で、その字の通り、一般国道の中でも乗用車による通行が困難で、酷(ひど)い状態の国道となります。

なにが酷(ひど)いかと言いますと、まず道幅が非常に狭いため、車両のすれ違いが困難であるほか、正直びっくりするほどの急勾配の道となっているため、沿線住民の方だけが利用する生活道路もしくは、行楽者が歩き進めるためのハイキングコースの一部として以外には、基本的に使われることがありません!

そんな非常に厄介な「国道308号線」を、約2.3kmほど走り進めないと駐車スペースまで行くことができない点を、頭に入れておかなければいけません!

今回管理人は、大阪府側から、日没を迎える前までに「ぼくらの広場」に到着できるように、夕方の17時30分頃に、暗峠に向かって走りだしましたが、2台ほどの車と鉢合わせになりましたが、ギリギリ交わせる場所で何とか難を逃れましたが、手に汗を握る思いでした。

運転に集中していて写真素材などは無いのですが、暗峠方面から下ってくる車はブレーキを踏めば車は止まりますが、こちらは急勾配を上っている最中にブレーキを踏んで車が止まると、あまりの急勾配から、次にアクセルを踏み直すのが大変です!

コンパクトカーとなる管理人の車は、パワーが非常に弱く、ほぼアクセス全開に踏み込んで駐車スペースまで到着したのですが、ボンネットの中からは、ゴムの焼けた匂いがするほどでした!

最初にも言いましたが「大阪府側」からでも「奈良県側」からでも、必ず「国道308号線」を走ることになりますので、訪れてみようとお考えの方は、そんな問題点を頭に入れておいてください!

こんな話を聞いた時点で、行く気を無くした方もいるかもしれませんが「ご安心ください!」もうひとつのアクセス方法があります。

有料道路を走り進めることになりますが「信貴生駒スカイライン」を利用すれば、簡単に行くことができます。

実は、今回走り進めて到着した、暗峠にある駐車スペースですが、先程から話に出ている「国道308号線」を走り進めていると、ちょうど県境があり、大阪側から奈良県に入った瞬間の、右手側に「すえひろ」と言う、峠の茶屋があるのですが、その先に小さなトンネルがあるのですが、そのトンネルを越えたところが、駐車スペースとなり、そのトンネルの上を通っているのが「信貴生駒スカイライン」となります。

暗峠にある駐車スペースです。

暗峠にある駐車スペースです!

駐車スペースに関してですが、そのトンネルを越えたすぐ裏手に、2台ほど駐車できるスペースがあるのと、トンネルを越えて数メートル先の「国道308号線沿い」に、道幅が少し広くなったところがあるのですが「駐車禁止!」の看板が立っていないので、3台~4台ほどの路上駐車が可能となります。

「信貴生駒スカイライン」を利用して行かれる方は、駐車場と言う形のものは道路上にないので、ちょうどこの辺りに差しかかったところで、車道脇に安全な駐車スペースを探して止めることになりますが、駐車してから「なるかわ園地」に直接入れますので、そこから歩き進めて行く形となります。

どちらかのアクセスで行くことになりますが、いずれにしてもスマートな駐車スペースではないので、安全な形で駐車して「ぼくらの広場」に向かうようにして下さい!

 

ぼくらの広場まではナイトハイキングが必要です!

さて、駐車スペースに車を駐車したところで「ぼくらの広場」に向かうのですが、一難去ってまた一難と言うのが「ぼくらの広場」より夜景を眺めるためには必要となります。

次の難関は、ナイトハイキングにて「ぼくらの広場」に向かうと言う試練です!

今回管理人は、日没を迎える前に「ぼくらの広場」に向かったのですが、日没を迎えてから訪れるには、完全なナイトハイキングが必要となり、真っ暗闇となる「なるかわ園地」を歩き進めるには、ヘッドライトなどの光り物は「必須アイテム」となります。

「迷う?」と、言うことは無いと思いますが、道中には分岐点が2か所ほどあり、そこを間違うとドキドキが止まらなくなります。

真っ暗闇になってからのナイトハイキングの紹介では、少し分かりにくいので、日中の明るさのある写真で紹介していきます。

車を駐車したところより、まずはトンネルをくぐって、大阪府と奈良県の県境となる「峠の茶屋・すえひろ」まで、50メートルほど歩き進めます。

『すえひろ』の横の小道を進みます。

『すえひろ』の横の小道を進みます!

「峠の茶屋・すえひろ」と、民家のあいだにある小道より「なるかわ園地」へと入って行くのですが、ここまでは夜間には街灯がありますので、光り物を使う必要はありません!

小道に入ったところより、ナイトハイキングのスタートとなりますので、ヘッドライトなどで道を照らしながら、歩き進めてください!

少し広くなった遊歩道に出ると、真っ直ぐ道は続いて行くのですが、左手側に「信貴生駒スカイライン」が見え、写真では頭が邪魔になって見えませんが、右手側に曲道があります。

右に曲がっても「ぼくらの広場」に向かうと思われるのですが、少し険しい散策路となりますので、真っ直ぐ歩き進めて行きます!

急勾配で心臓破りの遊歩道です。

急勾配で心臓破りの遊歩道です!

真っ直ぐ歩き進めていると、急に木々が多くなり、急勾配の坂道へと変わりますが、足元はコンクリートで舗装された一本道となり、歩きやすい遊歩道ではありますが、とにかくパワーがいる心臓破りの坂道となります。

ここが一番しんどいところで、約350メートルほど歩き進めた先に、直進と左右に分かれる分岐点があるのですが、ここを右手側に歩き進めて行きます。

ここを直進したり、左手側に歩き進めてしまうと、どこまで歩いても「ぼくらの広場」にたどり着くことは無いので、ドキドキが止まらなくなります!

右手側に進んでいると案内板があり、ちょっと先に進んだ何本かの杭の立った出入口を入れば、続けざまに小さな溜め池に架かる石橋を渡ってしまえば、ラストスパートの直線です!

15分で『ぼくらの広場』に到着です。

15分で『ぼくらの広場』に到着!

出入口の杭の場所から約200メートルほど歩き進めていると、開けた場所に出たところに大きな鉄塔が立っていますので、その鉄塔を向こう側に越えると「ぼくらの広場」となります。

駐車スペースより歩きはじめて、約15分ほどで「ぼくらの広場」に到着となります。

行きは明るい時間帯の紹介となりましたが、帰りは夜景を楽しんだあとですので、もちろんナイトハイキングとなりますが、どんな状態かの写真を載せておきます。

『ナイトハイキング』の様子です。

『ナイトハイキング』の様子です!

今までにも、いくつかの夜景を観賞する時に、ナイトハイキングで展望スペースに向かって歩きましたが、いつもと同じスタイルで、常に前を歩く我が姫君の頭に1つのヘッドライトを付けて、後方を歩き進める管理人の頭と首に2つのヘッドライトを付けて、辺りを照らしながら歩くのですが、写真でみると明るく見えていても、実際に3つのヘッドライトで照らしていても暗く感じますし、何よりも少し怖いです!

近頃ではスマホのライト機能が、意外と明るいからと言って多用しがちですが、これぐらいの真っ暗闇になると、やはり頼りなく、足元が悪かったりすると怪我の元になりますので、お勧めは出来ません!

そこで、お勧めしたいヘッドライトがあるので、少し紹介しておきます。

お勧めしたいのが「ジェントス」のヘッドライトなのですが、日本ではトップシェアを誇るLEDライトのメーカーです。

あらゆる機能を搭載した、高性能のヘッドライトとなるのですが、フォーカスコントロールで、ノーマル照射からワイド照射まで、無段階調節が可能となっています。

高性能であるにも関わらず、比較的に安価で購入できるのが、とてもうれしいところです!


ジェントス ヘッドライト

夜景を楽しむことより先に、我が身に危険が無いと言うのが絶対条件となりますので、ご自身の身を守る「必須アイテム」として、ひとつは常備しておくことをお勧めしておきます。

と、言ったところで話を戻しますが、街灯などが一切ないことで、真っ暗闇になると言うのは、それはそれで夜景を楽しむには良い作用と、考えてもいいのですが「ぼくらの広場」から眺める夜景は、まさにそのものとなります。

 

ぼくらの広場の眼下に広がる大阪随一を誇る夜景!

日没を迎え、いよいよ夜景を楽しめる時間が来たのですが、本日は非常に残念なくらいに、もやの掛かった夜景となっています。

それにもかかわらず、遥か彼方まで広がりを魅せる大阪平野の街明かりは、類を見ないほど圧巻な夜景となります。

180度に広がるパノラマ夜景です。

180度に広がるパノラマ夜景です!

標高524メートルに位置する「ぼくらの広場」から眺める夜景は、生駒山系でも最大の視界を誇り、街明かりの光量および迫力は、まさに日本最大級の夜景であることは、間違いなく言えます。

視界を邪魔する一切の障害物が無く、180度の大パノラマ状に展開される夜景は、大阪随一であるのは確かですが、それ以上に関西随一であるのかもしれません!

近畿圏内には、兵庫県の神戸市が誇る「1000万ドル」を称する夜景があるほか「日本三大夜景」のひとつに選ばれる、摩耶山の掬星台などの夜景が特に大人気となり、多くの方が夜の六甲山を目指して車を走らせるのですが、アクセス面が良いと言う点が、魅力のひとつなのですが、夜景の光量に関しては、それらに負けず劣らずのものがあります。

広々した「ぼくらの広場」は、2段からなる展望スペースとなっており、先ほどは1段低い位置にある展望スペースの先端に立って夜景を眺めたのですが、後方には1段高くなった位置より眺められる展望スペースが用意されており、特等席より夜景を眺められるように、1組だけベンチが置かれています。

特等席より夜景を眺められます。

特等席より夜景を眺められます!

後方の展望スペースは、1段高くなったため、視界はさらに良くなり、ロマンチックな雰囲気の中で、ゆっくりとベンチに座って夜景を眺めることができるようになっています。

アクセス面が悪いと言うことで、それほど人がこないと思っていたのですが、管理人が滞在していた30分ぐらいのあいだに、4組のカップルが訪れたのと、帰りに3組のカップルとすれ違ったことから考えても、やはり人気があるのは間違いないようです!

先ほども言いましたが、過去に何度かナイトハイキングを行なって、その先に広がる夜景を楽しんだことがあるのですが「苦労した先には素晴らしい夜景が待っている!」と言う、なんの根拠もない経験が、頭の隅に残っていることで、今回はアクセスの良い、人気の夜景スポットではなく、過酷な道の先にある夜景スポットの「ぼくらの広場」からの夜景を眺めてみたくなったと言うことです!

ナイトハイキングに関する記事はコチラをご覧下さい!

枚岡山展望台から眺める景色です。
枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

今回紹介するのは、大阪府東大阪市東豊浦町にある『枚岡公園』より『ナイトハイキング』で向かう『枚岡山展望台』から眺める『夜景』です。 『枚岡公園』は、大阪府営の都市公園となり、生駒山系の『枚岡山』と『額田山』の2つの尾根の山麓に広がっており、中央には『暗渓』が横切っています。 昭和13年(1938年) ...

額田山展望台から眺めた夜景です。
額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

今回紹介するのは、大阪府東大阪市東豊浦町にある『枚岡公園』より『ナイトハイキング』で向かう『額田山展望台』から眺める『夜景』です。 『枚岡公園』は、大阪府営の都市公園となり、生駒山系の『枚岡山』と『額田山』の2つの尾根の山麓に広がっており、中央には『暗渓』が横切る形となっています。 昭和13年(19 ...

錨山展望台から眺める夜景です。
錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

今回紹介するのは、兵庫県神戸市中央区神戸港地方にある『錨山展望台』から眺める『夜景』です。 『諏訪山公園』の一角にあたる『錨山』は『再度山』の前衛を成す六甲山地西部にある山となり、神戸を代表する『ハイキングコース』のひとつとして人気が高いのですが、そんな『ハイキングコース』の通り道となる『錨山展望台 ...

市章山展望台から眺める夜景です。
市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

今回紹介するのは、兵庫県神戸市中央区神戸港地方にある『市章山展望台』から眺める『夜景』です。 『諏訪山公園』の一角にあたる『市章山』は『再度山』の前衛を成す六甲山地西部にある山となり、神戸を代表する『ハイキングコース』のひとつとして人気が高いのですが、そんな『ハイキングコース』の通り道となる『市章山 ...

広大な「なるかわ園地」の、最高地点にある「ぼくらの広場」からは「大阪平野」の街明かりが一望でき、その先にある大阪湾をはじめ、六甲山系の山並み、さらに天気が良い日には、遠く淡路島までも眺めることができ、南を向けば葛城山や金剛山までの大自然のパノラマ状の景色を楽しむことができるのですが、今回は、少し気象状況に恵まれなかったのですが、空気が透き通るような日には「ぼくらの広場」の眼下に広がる夜景は、超絶景になることは間違いなく言えます。

必ずもう一度訪れて、最高の夜景を楽しみたいものだと考えたところで「ぼくらの広場」の散策は、すべて終了となります。

車のアクセスが非常に悪く、約15分ほどのナイトハイキングが必要と言う、条件の悪さはどうしようもありませんが、その先に待つ夜景に関しては間違いないので、一度訪れて、大阪府随一と呼ばれる夜景を、ご自身の目でご堪能下さい!

 

ぼくらの広場のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

ぼくらの広場」(なるかわ園地内)

  • 住所:〒579-8052大阪府東大阪市上四条町
  • 電話・FAX:072-988-4184(らくらくセンターハウス)
  • 時間:自由
  • 休園日:無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無(4~5台の駐車スペースあり)
  • アクセス:【お車】「阪神高速13号東大阪線」の「水走IC」を降りて「国道308号線」を直進して「新石切駅前」の交差点を右折して「国道170号線」に入りその先にある「箱殿」の交差点を左折して「国道308号線」に入り1つ目の信号となる「箱殿東」を直進して道なりにしばらく走り進め「踏切」を渡り少し進んだ突き当りを左折して再び「国道308号線」に入ったあとは約2.2kmほど「暗峠」に向けて急勾配の坂道を走り進めた先に「駐車スペース」があります5km(約25分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

「なるかわ園地」の最高地点にある「ぼくらの広場」から眺める夜景は、大阪府随一と言っても過言ではない大パノラマ夜景が、眼下に広がりを魅せることで人気があります。
アクセス面が、少し悪いと言う難点はありますが、大切な方と一度訪れて、楽しい時間をご堪能下さい!

【関連記事】

大阪府の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい!

『秀望台』から眺める夜景です。
五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

今回紹介するのは、大阪府池田市綾羽にある『五月山ドライブウェイ』から眺める『夜景』です! 大阪府の『池田市』から『箕面市』にかけて連なる、北摂山系の山地と平地の境界部に当たる『五月山』には、1958年(昭和33年)より開通した『五月山ドライブウェイ』があり、素晴らしい『夜景』を観賞できる『展望台』が ...

十三峠展望広場の駐車場です。
十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

今回紹介するのは、大阪府八尾市神立に位置する『十三峠展望広場』から眺める『夜景』です。 『十三峠展望広場』は、生駒山をはさんで西側となる大阪府の『自然公園道八尾・十三峠線』と、東側となる奈良県の『平群町道』を結ぶ道路上にあり、標高431mとなる通称『十三峠越え』と呼ばれる山頂付近にある大阪側の景色を ...

水吞地蔵尊の展望スペースです。
水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

今回紹介するのは、大阪府八尾市神立に位置する『水吞地蔵尊』の『展望スペース』から眺めた『夜景』です。 『水吞地蔵尊』は、生駒山をはさんで西側となる大阪府の『自然公園道八尾・十三峠線』と、東側となる奈良県の『平群町道』を結ぶ道路上にあり、標高431mとなる通称『十三峠越え』と呼ばれる山頂付近にある大阪 ...

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.