気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

なみはや大橋~夜景と夕日【アクセス・駐車場】大阪のベタ踏み坂

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府大阪市大正区鶴町4丁目なみはや大橋に位置する「なみはや大橋」より望む「夜景」と、少しの「夕日」です。

なみはや大橋」は、大阪市南西部を流れる「淀川水系」の下流にある分流となる「一級河川」の「尻無川」に、架かる橋となるのですが、南に位置する大正区から、北に位置する港区とを結ぶ「橋梁(きょうりょう)」となり、形式としては「桁橋(けたばし)」で「3径間連続鋼床版曲線箱桁(3けいかんれんぞくこうしょうばんきょくせんはこげた)」となっています。

平成7年となる1995年の2月に完成した「なみはや大橋」は、当初は「通行料」として、乗用車でしたら100円必要で、正直なところ利用する方は少なかったのですが、平成26年となる2014年4月1日より「無料開放」されるようになったことで、見て分かるほどに利用者が増えました。

なみはや大橋」の、幅員は11.00メートルあり、橋長に関しては、1573.02メートルあるのですが、橋の下を流れる「尻無川」の水面上より、高さ45メートルで、幅100メートルの航路を通すために設計されたため、橋の両端に関しては、かなりの急勾配になっています。

大阪のベタ踏み坂「なみはや大橋」

大阪のベタ踏み坂「なみはや大橋」

鳥取県の境港市と、島根県の松江市とを結ぶ、全長1446メートルの「江島大橋」は、天に向かって伸びる急勾配の「橋梁」として通称「ベタ踏み坂」と称されて、ダイハツ工業のテレビCMにも登場し、話題のスポットになったことがあるのですが、今回紹介する「なみはや大橋」も、それに負けず劣らずの急勾配の「橋梁」となります。

と、言うより「なみはや大橋」の、最も急な所では、100メートル進むと、6.95メートル上がる勾配で、角度にすると、約4度あると言われており「江島大橋」に関しては、おおよその角度が、約3.5度になると言われますので、実のところ、本当の「ベタ踏み坂」は「なみはや大橋」であるとも言われています。

そんな「なみはや大橋」は「夜景のスポット」としても、知られているのですが、実際のところは、それほど多くの方が訪れることも無く、どちらかと言えば、隠れた「夜景穴場スポット」と、なっています。

そんな「なみはや大橋」より望む「夜景」と「夕日」の紹介となります。

準備が整いましたら「なみはや大橋」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

なみはや大橋~夜景と夕日【アクセス・駐車場】大阪のベタ踏み坂

今回は、大阪府大阪市大正区鶴町4丁目なみはや大橋に位置し、大阪の「ベタ踏み坂」として知られる「なみはや大橋」より「夜景」望むため、バイクにまたがりアクセスを絞ります。

大阪在住の管理人ですから「なみはや大橋」までは、20分もあれば行くことができます。

到着すると同時に「大正区側」より「港区側」へと、バイクで走り抜けてみることにしたのですが、管理人の乗るバイクは、力なき「Dio110」となり、我が姫君を乗せて、勢いをつけながらアクセス全開で登り始めても、道中では40km以下の速度でしか登らないほどの、強烈な急勾配の「橋梁」となっていました。(後ろの車の方、遅くてゴメンなさい!)

1573.02メートルある「なみはや大橋」は、中央の一番高い場所で、45メートルあるので、登るのに意外と時間が掛かり、渡りきるのに3分ぐらい必要となります。

今回は、渡るのではなく「夜景」を中心に「夕日」も併せて望む目的なのですが、1573.02メートルある「なみはや大橋」には、道中で駐車できるスペースなどが無いため、側道に設けられている「歩道」を下から歩き進めて、中央付近まで行く必要があります。

まず初めに「なみはや大橋」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」について、簡単に紹介しておきます。

 

なみはや大橋へのアクセスは良好ですが駐車場が!

なみはや大橋」への「アクセス」は「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に行くことができますが、ちょっとした問題もあります。

はず初めに「公共交通機関」を、利用して行く場合ですが「最寄り駅」となるのが「大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」となるのですが、こちらは「港区側」となり「なみはや大橋」の、登り口まで、約1kmありますので、まずは、約15分ほど歩く必要があります。

大阪メトロ中央線の「大阪港駅」です。

大阪メトロ中央線の「大阪港駅」

歩くと言っても1.1kmですから、それほど苦にはならないかと思いますが「バス」を利用することもできます。

大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」から「大阪シティバス51系統(ドーム前千代崎駅行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で降りれば、50mで登り口に行けますので、少しは楽です。

また「大阪港駅」から「大阪シティバス72系統(鶴町四丁目)」に乗車すれば「なみはや大橋」の、手前の停留所となる「第一突堤前」もしくは「なみはや大橋」を、大正区側に降りたところにある「鶴町南公園」の停留所で、下車することになりますが、バスを降りてからは、いずれの停留所からも約700mありますので、それほどお得では無いのですが「なみはや大橋」を、バスで渡りながら景色を楽しみ、大正区側から登り始めると言う、考えなら有りかもしれません!

さらに「大阪メトロ長堀鶴見緑地線」の「ドーム前千代崎駅」からも「バス」は出ており「大阪シティバス51系統(天保山行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で降りれば、先ほどと同じです。

もう1つ「JR大阪環状線」の「弁天町」で降りて「弁天町駅前」のバス停留所から「大阪シティバス51系統(天保山行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で、降りると言う形もあります。

比較的、多くのアクセスがあるのと、今回の目的の「夜景」の観賞ですが、最終バスに関しても、夜22時00分頃~夜23時00分頃まであると思いますので、帰りに関しても、特に問題はないかと思います。

続いては「マイカー」を、利用する場合ですが「阪神高速16号大阪港線」の「天保山IC」となるのですが「大阪市内・環状線方面」からは「阪神高速16号大阪港線」で「神戸方面」からは「阪神高速5号湾岸線」の「天保山IC」を降りるのですが、出口は同じなので、すぐにある信号を「Uターン」して「国道172号線(みなと通)」に入ります。

左車線に寄りながら、1つ目の信号となる「築港東」の交差点を左折して「府道5号線」に入って少し進むと「なみはや大橋」があるので「大正区側」に渡ります。

その先にある左カーブを曲がりきったら、すぐにある左手側の辻を左折して入り、直線的に走り進めた先にある、信号の無い1つ目の交差点を左折して、あとは道なりに600mほど進んだ左手側に「IKEA鶴浜の駐車場」及び「東京インテリアの駐車場」の、裏手側の出入口があります。

天保山IC」からは、4.4kmほどですので、約10分で行くことができます。

なみはや大橋を訪れる為の駐車場です。

なみはや大橋を訪れる為の駐車場!

駐車場」に関しては、周辺を探した結果、ここ「IKEA鶴浜の駐車場」及び「東京インテリアの駐車場」しかありませんでしたので「無料」となりますが「利用者専用」だと思いますので、訪れる際は「お買い物!」も、同時にお楽しみいただくことを、お勧めしておきます。

バイク」で訪れた場合にも、かなり広い「駐輪場」がありますので、問題ありません!

マイカー」に関しては「IKEA鶴浜の駐車場」だけでも、約2200台分の駐車スペースがありますので「満車!」なんてことは、まず考えられません!

ちょっとした問題と言うのが「駐車場」の利用時間が「平日」なら、朝の10時00分~夜の21時00分までで「土曜日・日曜日・祝日」に関しても、朝の9時00分~夜の21時00分までとなるので「夜景」を眺めに行く時間帯には、十分に気を付けなければいけません!

最後に「関空・南港方面」からの「アクセス」ですが「阪神高速4号湾岸線」の「天保山IC」を降りるのは、先ほどと同じですが、降りる先が少し変わり、降りたら少し先にある「中央体育館北」の交差点を右折します。

しばらくのあいだ道なりに走り進めた先にある「第一突堤前」の交差点を左折して「府道5号線」に入ったら、すぐにある「なみはや大橋」を渡ります。

その先は、先ほどと同じです。

マイカー」を利用する場合の、訪れる「時間帯」が、やはり一番の問題点となり、遅い時間帯でしたら「公共交通機関」を、利用して行くのが、やはりお勧めとなります。

以上が「なみはや大橋」を、訪れるための「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

なみはや大橋の急勾配の歩道を歩き進めます!

駐車場にバイクを止めたところで、早速にも「なみはや大橋」の「歩道」を登り進めますが、歩道は東側の片側だけに設けられており、側道沿いの「東京インテリア」の前ぐらいで「なみはや大橋」の下を、一旦くぐる形となります。

なみはや大橋に設けられた歩道です。

なみはや大橋に設けられた歩道です!

なみはや大橋」をくぐり抜ければ、すぐ左手側に歩道の入口がありますので、登り始めます。

歩道には「街灯」が設けられていますので、光り物の用意は必要ありません!

階段は一切なく、スロープの道が最後まで続くのですが、歩道は「原付バイク」などでは入れませんが、自転車は通行可能となりますが、基本的には押して渡るように指示されていますが、ぽつりぽつりと猛スピードで自転車が降りてきますので、十分に気を付けて歩き進めてください!

登り始めてすぐに「夜景」を観賞できますが、歩きはじめは目の高さぐらいの「夜景」ですので、迫力はありませんが、なかなか見ごたえはあり、この先に眺められる「夜景」の、期待度を高める眺めとなります。

歩き出してすぐ望める夜景です。

歩き出してすぐ望める夜景です!

歩いて行く間に、徐々に高さが増していき「大正区内」の「夜景」が、広がりを魅せるようになります。

街明かりは、距離感が近いため、眩い光となり、街並みの凹凸がハッキリと分かる、リアルな夜景となっています。

歩道」は、なかなかの急勾配で、一歩一歩、非常に力強く登り進めなけれいけないのですが、100メートル進むと、6.95メートル上がる勾配となり、角度にすると、約4度あると言われているため、歩いていても高さの変化は、目に見て分かるほど早いです!

 

なみはや大橋は大阪が誇る「ベタ踏み坂」です!

かなり昔に、鳥取県の観光に訪れた際に、鳥取県の境港市と、島根県の松江市の県境を結ぶ「江島大橋」を、渡ったことがあるのですが、通称「ベタ踏み坂」と呼ばれ、ダイハツ工業のテレビCMにも登場し、話題のスポットになったことがあるのですが、当時の写真を探したのですが、見当たらず、記憶としては、その名の通り「ベタ踏み」で、登り進めた記憶があります。

今回、バイクでのアクセスとなり、我が姫君を背に、力なき「Dio110」で、スピードに乗ったまま、アクセス全開で登り始めたのですが、道中で急速に減速し、登り坂の中間ぐらいで40km以下にスピードが落ちたまま「このまま止まるのでは?」と焦るほどでした。

大正区側と港区側の登り口です。

大正区側と港区側の登り口です!

上記の写真は「大正区側」から登り始めた場合と「港区側」から登り始めた場合の写真ですが、ちょうど側道の平地にも車が走っていたので、分かりやすいかと思いますが、急激に登っているのが、見て分かると思います。

大正区側」には、登り始めてすぐに「ワンクッション」平坦な道があるのですが、これは当初「料金所」があったことを、物語る場所となります。

現在は「無料開放」されたことで「料金所」は撤去されていますが、面影だけは残っています。

一方で「港区側」には「料金所」が無いので、弾丸ストレートで登り進める形となります。

江島大橋」は、全長1446.2メートルで、中央の水面上の最大高さが44,.7メートルとなっているそうですが、ここ「なみはや大橋」は、1573.02メートルあり、水面上の最大高さが45メートルあるほか、角度として「江島大橋」は、約3.5度に対して「なみはや大橋」は、その上をいく約4度あると言われていますので、実のところ、本当の「ベタ踏み坂」は「なみはや大橋」であるとも言われています。

もっと正確に計測すれば「」ですが「一番」とか「日本一」とか言う「称号」が、大好きな「大阪人」ですから、良いとこ取りした計測かもしれませんし「ベタ踏み坂」の「称号欲しさ!」に、言い出したことかもしれませんので「それは違うで~!」と、お怒りの方がいましたら、大きな心でお許し下さい!

 

なみはや大橋の夜景は360度の大パノラマ!

さて、少し話がそれましたが、やはり「マイカー」で訪れた限りは「なみはや大橋」を往復して、大阪が誇る「ベタ踏み坂」を、体感していただきたいと思い、少し熱く紹介しましたが、そんな急勾配の「歩道」を、歩き進めて行きます。

歩道」を歩き進めて行くと、軽く右にカーブして行くのですが、ここまで来ると中央付近に近くなり、急に足が軽く前に進むようになるのですが、平坦な「歩道」は、それほど長く続かず、すぐに下りに変るのですが、この辺りが一番「夜景」が見渡せる場所となります。

なみはや大橋の中央より望む夜景です。

なみはや大橋の中央より望む夜景!

なみはや大橋」より望める「夜景」は「360度の大パノラマ夜景!」となりますが「歩道」は、東側にしかありませんので、西側の「夜景」に関しては、道路を隔てて低い防護柵あるので、基本的には「東側」の「夜景」を、楽しむことになります。

下には「一級河川」となる「尻無川」が流れており、最河口部にあたるこの場所は、港湾施設が立地していることもあり、大型船の往来も激しいことから、高く、そして長い橋が必要でした。

大正区側」と「港区側」の、道路の方向が食い違っているため、曲線が可能な形式である「箱型断面」をもつ「桁橋」が採用されたのですが、ここ中央部は、3径間連続の「箱桁橋」で、S字のカーブが入った複雑な形になっているほか「大型船」が、くぐり抜けられるように、中央のスパンは250mあり「桁橋」では、日本最大規模となります。

高さ45メートルから眺める「夜景」は、先程までは「大正区」を中心とした、東側の「夜景」でしたが、奥行きの深い「大阪市内」の「夜景」へと変わるのですが「大阪」が誇り、そして大好きな「日本一の高さ」を誇る「あべのハルカス」の姿も、はっきりと見ることができます。

360度の大パノラマ夜景です。

360度の大パノラマ夜景です!

北方向には「大阪ベイエリア」でも、人気の観光名所が点在する「天保山」にある「天保山大観覧車」があるのですが、そんな「大観覧車」は「天保山」の「シンボル」となっており、高さが112.5メートルで、直径が100メートルを誇っています。

完成当初は、胸を張れる「世界最大」を誇っていた「天保山大観覧車」ですが、僅か2年足らずで「世界最大」ではなくなり、世界各地で、大型の「大観覧車」が、続々と登場しだしてからは、高さが168メートルと言う、恐ろしいぐらいのものまでラスベガスに登場して「世界最大」なんて言葉は、今や箸にも棒にも掛からぬものとなってしまったのですが「ライトアップ」された姿は、北方向の「夜景」では、インパクト十分です。

西方向には、こちらも「大阪ベイエリア」の「ランドマーク」となる、地上55階建てで、高さ256.0メートルの超高層ビル「さきしまコスモタワー」を有する「南港エリア」の「夜景」を望むことができ「コンテナ港」の、作業灯の「夜景」が「尻無川」の水面に映し出されるのが、魅力のひとつでもあります。

さきしまコスモタワー」の高さは、先程の「あべのハルカス300m(1位)」をはじめ「横浜ランドマークタワー296.3m(2位)」さらに「りんくうゲートタワービル256.1m(3位)」に次ぐ「日本第4位」ですが「りんくうゲートタワービル」とは、10cmの僅差で「BIGスリー」には、入ることができませんでした。

りんくうゲートタワービル」も、大阪府ですから、第4位までに3つ入っているので、大したものです!

先ほども少し言いましたが、西方面には道路及び防護柵があるほか、行き交う車などで、少し視界を邪魔されるのですが「夕日」を眺めることもできます。

なみはや大橋より望む夕景です。

なみはや大橋より望む夕景です!

本日は、雲がかなり厚く、最高の「夕景」とはならなかったのですが、大阪の中では、比較的に優れた「夕日」が見れますので、訪れる際は「夕景」も、同時に楽しむことを、お勧めしておきます。

あとは、南方向の「夜景」ですが、こちらはそれ程の「夜景」を望むことができないのですが、一様は「夜景」としてありますので、実質的には「360度の大パノラマ夜景!」を、望むことができます。

日本一」の「あべのハルカス」が望め、かつての「世界一」の「天保山大観覧車」や「第4位」の「さきしまコスモタワー」さらに「大阪屈指」の「夕日」が眺められ、大阪が誇る「ベタ踏み坂」を体感できるのに、人気の「スポット」では無く、隠れた「穴場スポット」になっているのが、非常に残念なところです。

と、言ったところで「なみはや大橋」より望む「夜景」の、すべての散策が終了となります。

多くの方が訪れないので、ゆっくりと「夜景」を観賞できますので、是非一度、訪れてみてください!

 

なみはや大橋のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

なみはや大橋

  • 住所:〒551-0023大阪府大阪市大正区鶴町4丁目なみはや大橋
  • 電話:06‐6615‐6818(大阪市・建設局道路部橋梁課)
  • 時間:24時間開放
  • 定休日:年中無休
  • 通行料:無料
  • 駐車場:無し(周辺駐車場を利用)
  • アクセス:【公共交通機関】「大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」から1km(約13分)
    大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」から「大阪シティバス51系統(ドーム前千代崎駅行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で降りて50m(約30秒)
    大阪メトロ中央線」の「大阪港駅」から「大阪シティバス72系統(鶴町四丁目)」に乗車して「第一突堤前」もしくは「鶴町南公園」のバス停留所で降りていずれからも約700m(約8分)
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線」の「ドーム前千代崎駅」から「大阪シティバス51系統(天保山行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で降りて50m(約30秒)
    JR大阪環状線」の「弁天町」で降りて「弁天町駅前」のバス停留所から「大阪シティバス51系統(天保山行き)」に乗車して「第2突堤前」のバス停留所で降りて50m(約30秒)
    お車】「大阪市内・環状線方面」からは「阪神高速16号大阪港線」で「神戸方面」からは「阪神高速5号湾岸線」の「天保山IC」を降りたらすぐにある信号を「Uターン」して「国道172号線(みなと通)」に入り左車線に寄りながら1つ目の信号となる「築港東」の交差点を左折して「府道5号線」に入って少し進むと「なみはや大橋」があるので渡ったらその先の左カーブを曲がってすぐにある左手側にある道に入り直線に走り進めた先にある信号の無い交差点を左折してあとは道なりに600m進んだ左手側が「IKEAの駐車場」及び「東京インテリアの駐車場」です4.4km(約10分)
    関空・南港方面」からは「阪神高速4号湾岸線」の「天保山IC」を降りて少し先にある「中央体育館北」の交差点を右折したらしばらくのあいだ道なりに走り進めた先にある「第一突堤前」の交差点を左折して「府道5号線」に入ったらすぐにある「なみはや大橋」を渡ったらその先の左カーブを曲がってすぐにある左手側にある道に入り直線に走り進めた先にある信号の無い交差点を左折してあとは道なりに600m進んだ左手側が「IKEAの駐車場」及び「東京インテリアの駐車場」です4.7km(約10分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

なみはや大橋」より望む夜景は、大阪市内を中心とした「360度の大パノラマ夜景!」となるほか、大阪屈指の「夕日」も眺めることができる、優れたスポットとなります。
そんな優れた「夜景」を望むことが出来るにも関わらず、人気の「夜景スポット」になっていないため、多くの方が訪れず、隠れた「穴場スポット」になってしまっています。
大阪が誇る、通称「ベタ踏み坂」と称される「急勾配の坂」も併せて、是非一度、お楽しみください!

関連記事

大阪府で望める夜景の記事はコチラをご覧下さい

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

  大阪港ダイヤモンドポイント~夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  浜寺公園~夜景【アクセス・駐車場】浜寺水路より望む夜景

  りんくう公園【夜景・ライトアップ】夜の散歩デートにお勧め!

  舞洲シーサイドプロムナード~夜景と夕日【アクセス・駐車場】

  堺旧港~堅川水門前より望む夕日と夜景【アクセス・駐車場】

  長野公園~奥河内さくら公園より望む夜景【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.