気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

るり渓~ハイキング【アクセス・駐車場】るり渓12勝を攻略

投稿日:2016年10月31日 更新日:

今回紹介するのは、京都府南丹市園部町の南西部にある「るり渓」にて行うハイキングです。

るり渓」は、標高500メートルの高原に位置する「京都府立るり渓自然公園」の一角にあり、大自然が残る緑豊かな渓谷は、昭和7年に、国の名勝に指定されています。

さらに「るり渓」は、全国738件の応募の中から「音風景100選」に選ばれているほか「京都の自然200選」にも選定されています。

るり渓」の「るり」と言うのは、紫色をおびた「紺色の宝石」のことを言い、明治時代に、この地を訪れた行政の長官が、あまりの美しさに感動たことに対して、命名したといわれています。

標高500メートルに位置する、長さ4kmを誇るハイキングコースには「るり渓12勝」と呼ばれる「」や「」を中心とした見どころが、数多く点在しています。

春夏秋冬により、様々に変化していく、両岸に立ち並ぶ木々や花々を、眺めながらハイキングを楽しむことができます。

今回は、ハイキングコースに点在する「るり渓12勝」を中心に紹介していこうと思います。

準備が整いましたら「るり渓」のみどころ「るり渓12勝」の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

るり渓~ハイキング【アクセス・駐車場】るり渓12勝を攻略

今回は、京都府南丹市園部町の南西部にある渓谷の「るり渓」にてハイキングを行うため、朝一番となる9時に「るり渓」の駐車場に到着です。

朝一番と言うこともあるのか?先客は、わずかに1台だけです。

残念なことですが「るり渓」のハイキングの知名度は、決して高いほうではありません!

今回管理人は、上流側のみどころのひとつとなる「通天湖」から、下流側にある「鳴瀑」に向けて、下りで歩き進めて行く形のハイキングを選択しました。

到着してすぐに、目の前にある「るり渓」への出入口となる「渓流歩道入口」より「滝道」へと、歩き進めて行きます。

上流側の『渓流歩道入口』です。

上流側の『渓流歩道入口』です!

本来でしたら、下流側にある、見どころのひとつとなる「鳴瀑」側から、登りで歩いて行くのが基本となります。

るり渓」のハイキングは、どちらから歩いても、1本道の「滝道」を「鳴瀑」から「通天湖」までを「往復」するコースとなります。

何故、下流側の「鳴瀑」が基本となるのかは、下流側には、上流側より、少し大きな駐車場とおみやげ屋さん、さらにはお昼のお弁当などを食べられる、広い場所があるからです。

そんなこともあるのですが、管理人は、先に楽なくだりで進む、ハイキングを選択したということです。

 

天に伸びる「通天湖」は水の大カーテン!

渓流歩道入口」を入り「滝道」に行くまでには、かなり急勾配な階段を降りて、渓谷に入っていくことになり、下に降りるといきなり「るり渓12勝」のひとつとなる「通天湖」のお出迎えとなります。

るり渓12勝のひとつ『通天湖』です。

るり渓12勝のひとつ『通天湖』です

るり渓12勝」のひとつ「通天湖」は、まるで「水のカーテン」を掛けたように、壁伝いに水が流れ落ち、見ごたえ十分な滝となります。

壁の向こう側には大きな「通天湖」があり、その「通天湖」が「天にも届かんばかりの高いところにある!」と言う、意味から付いた名前となっています。

るり渓」の最上流に位置する「通天湖」なのですが、別名として「るり湖」とも呼ばれています。

最初に見る滝としては「水のカーテン」は、なかなかの迫力となります。

高さ12.5メートルから、絶え間なく流れ落ちてくる水は、手を伸ばせば触れることができる距離となり、存在感も抜群です。

通天湖」をあとに、少し「滝道」歩き進めていくと「るり渓12勝」のひとつとなる「会仙巖(かいせんがん)」があります。

るり渓12勝のひとつ『会仙巖』です。

るり渓12勝のひとつ『会仙巖』です

るり渓12勝」のひとつとなる「会仙巖」は、仙人が大勢集まって、滝の流れ落ちる水に杯を流して、曲水の宴を楽しんだといわれています。

続けて「るり渓12勝」のひとつとなる「爛柯石(らんかせき)」も近くにあるのですが、撮ったはずの写真が家に帰ってみるとありません!

残念なのですが、致し方ありません!(;^_^A

るり渓12勝」のひとつ「爛柯石」は、小判のような姿をした「」となりますので、訪れた際のお楽しみとして下さい!

気を取り直して、歩みを進めて行くと「るり渓12勝」ではないのですが、次々と見どころが現われてきます。

清らかで美しく、水が波立たないような、静かな水ぎわとなる「濯錦汀(たくきんてい)」からはじまり、碁盤のように正方形の姿となる「碁顛石(ごてんせき)」が続きます。

次々と見どころが現われます。

次々と見どころが現われます!

その先には、平らで大きな岩が、綺麗に並ぶ浅瀬には、小さな段差がたくさんあり、水が流れて落ちることで小さな滝を作っている様子が、うす絹を洗い、すすいでいるように見えると言う「浣紗瀬(かんさせ)」が続きます。

浣紗瀬」を過ぎると、次に姿を現すのが、亀の形をした「奇石」となる「宝亀巌(ほうきがん)」です。

 

るり渓12勝の見どころのひとつ「水晶簾」

不思議な亀の形をした「奇石」をあとにして、歩き進めて行くと「るり渓12勝」のひとつとなる「水晶廉(すいしょうれん)」に到着です。

るり渓12勝のひとつ『水晶廉』です。

るり渓12勝のひとつ『水晶廉』です

るり渓12勝」のひとつ「水晶簾」は、滝の水の流れ落ちる様子が、まるで水晶のすだれが掛かっているように、美しく見えることから、そう呼ばれています。

水晶簾」は、小ぶりな滝ではありますが、岩肌がとても複雑な形状になっているので、水の流れ方もとても綺麗で、見ごたえとしては十分で、かなりいい感じの名瀑となります。

水晶簾」をあとにして、さらに歩みを進めると、またしても連続して見どころが現われます。

まずは「るり渓12勝」のひとつとなる「玉走盤(ぎょくそうばん)」があります。

るり渓12勝のひとつ『玉走盤』です。

るり渓12勝のひとつ『玉走盤』です

るり渓12勝」の「玉走盤」は、岩の上を流れる水が、まるで盤上を転がる玉のようでとてもきれいです。

玉走盤」まで来ると、4kmのハイキングコースの、約半分近くまで歩いたことになりますが「るり渓」の渓流歩道は、比較的綺麗に整備されているので、とても歩きやすく、見どころも多いため、まだまだ歩けそうです。

中間地点にも見どころ満載です。

中間地点にも見どころ満載です!

浅瀬となる「玉裳灘(ぎょくしょうたん)」があり、広いせせらぎに突き出た岩がたくさんあり、それらが小さな滝をつくり「」を弾いているように見える「弾琴泉(だんきんせん)」のあとには、のびやかなせせらぎの「暢申澗(ちょうしんかん)」と続き、平らな岩の「膏臥石(こうがせき)」と続いていきます。

 

龍にまつわる見どころが満載「双龍淵」

しばらく歩き進めて行くと、小さな橋が架かっており「るり渓12勝」のひとつとなる「双龍淵(そうりゅうえん)」が、姿をあらわします。

るり12勝のひとつ『双龍淵』です。

るり12勝のひとつ『双龍淵』です!

るり渓12勝」の「双龍淵」は、雄と雌の龍が、水中を泳いでいる深い淵となり、別名 「鉈淵(なたふち)」とも呼ばれ、白いうなぎが「鉈(なた)」を吸い込んだという、伝説が残っています。

続けざまに「るり渓12勝」のひとつとなる「渇虯澗(かっきゅうかん)」があります。

るり渓12勝のひとつ『渇虯澗』です。

るり渓12勝のひとつ『渇虯澗』です

るり渓12勝」の「渇虯澗」は、龍の「水飲み場」と言う意味を持っています。

さらに、ここには「サンショウウオ」が住んでいるといわれています。

一般に名前が知られているのは、全長50cm〜150cmとなる、世界最大の両生類のひとつの「オオサンショウウオ」ですが、それ以外の種類は20cm以下と、少し小型となります。

さらに続けて「るり渓12勝」のひとつとなる「螮蝀泉(たいとうせん)」があります。

るり渓12勝のひとつ『螮蝀泉』です。

るり渓12勝のひとつ『螮蝀泉』です

るり渓12勝」のひとつとなる「螮蝀泉」は、滝の水しぶきによって、美しい虹ができる泉のことを意味します。

さらに、龍が歌を歌っている深い淵を意味する「龍軻譚(りゅうかたん)」と、続いたところで「」に関する呼び名のものが終わります。

深い淵を意味する『龍軻譚』です。

深い淵を意味する『龍軻譚』です!

ここまで来ると、すでに中間地点は越えています。

ここからは、終盤に向けての見どころの「るり渓12勝」となり、まずは「快刀巌(かいとうがん)」の姿があります。

中盤最後となる『快刀巌』です。

中盤最後となる『快刀巌』です!

みどころのひとつとなる「快刀巌」は、一体なぜ?こんなことになったか、全く分からないような状態で、岩のあいだに松の木が突き出しています

そんな「快刀巌」を横目に見ながら、しばらく歩き進めて行くと「渓流歩道の出口」が見えてきます。

ここから先は、一般道の脇道(わきみち)を、歩き進めて行く形となります。

 

名僧一糸和尚が座禅を組んだ「座禅石」

るり渓12勝」も、ここまで来ると終盤戦となるのですが、まずは、車道左手側に「るり渓12勝」のひとつとなる「座禅石(ざぜんせき)」が見えてきます。

るり渓12勝のひとつ『座禅石』です。

るり渓12勝のひとつ『座禅石』です

るり渓12勝」のひとつとなる「座禅石」は、高さが2メートルほどあり、幅は6メートルぐらいで、奥行きが2メートルほどの、平らな巨石で、石の表面の所々は、味わい深くコケむしているのですが、その名の通り「座禅」を組むには、最適な巨石となります。

1630年頃に活躍した、貴族出身の名僧「一糸和尚(仏頂国師)」が、この岩の上で座禅をしたといわれています。

さらに「座禅石」の上に登ると「るり渓12勝」のひとつとなる「鳴瀑(めいばく)」を中心とて、渓流の様子や、対岸に点在する奇岩などを一望できます。

 

るり渓12勝の一番の見どころ「鳴瀑」

この時点で「るり渓12勝」は、残すところ3勝となりました。

先程も言いましたが「座禅石」の前には「るり渓12勝」の中で、一番の見どころと言っても過言ではない「鳴瀑(めいばく)」があります。

るり渓12勝一番の見どころ『鳴瀑』です。

るり渓12勝一番の見どころ『鳴瀑』

るり渓12勝」のひとつとなる「鳴瀑」は、滝の裏が空洞になっており、音がすることから「鳴瀑」と呼ばれています。

鳴瀑」は、常に水量が豊富な滝となっており「鳴瀑」をはじめとして、周囲を取り囲む景観が、見事なまでの景色を作り出してています。

滝の正面には「滝見の場」となる休息所も設置されており、そこから眺める「鳴瀑」の景色は、格別なものとなります。

さらに「鳴瀑」に、雨乞いの祈願をするための「お地蔵様」をくくり、滝壺に沈めたという古事も残っています。

鳴瀑」の後ろには「るり渓12勝」のひとつとなる「錦繍巖(きんしゅがん)」があり、秋の紅葉の季節には、にしきの縫い取りをしたような、美しい景観が楽しめるとのことです。

錦繍巖」までで「るり渓11勝」となるのですが、最後の「1勝」は「掃雲峰(そううんぽう)」と言うのですが、別名が「天狗岩」ともいわれ、現在では樹木が生い茂っていて、形すら判別できないのですが、隣の山の頂上に「天狗の鼻」のように、斜め上に突き出ている大きな岩があるのですが、その昔「天狗」が、この岩に休んだといわれています。

昭和初期までは、かんばつの年には、この「天狗岩」の上で柴を焚いて「雨乞い」をしたそうです。

掃雲峰」を入れて、以上が「るり渓12勝」となり、紹介は終わりますが、約4kmのハイキングコースは、普通に歩くと1時間半ぐらいで歩けると思いますが、管理人は、ゆっくり散策したので、2時間ぐらいかかりました。

約4kmの道のりにお手洗いは、最初と最後にあるのと、渓谷内にも1か所あるので、お子さんや女性の方も安心です!

下流からの「出発地点」には、1件の「おみやげ屋さん」があり、適当な買い物はできまるのですが、観光地化していないので「おみやげ屋さん」と言うより・・・・!?

 

散策後はバーベキューで空腹を満たせ!

下流地点では、あちらこちらで「バーべキュー」や「水遊び」をしています。

今回は、管理人もバーベキューをするつもりで、準備はしてきたのですが、車は上流側の駐車場となります。

用意した材料を取りに行くためには、今からまた、約4kmのハイキングが必要なことと、最悪なことに、帰りは登り道となります。

ここにきて、少し失敗したようにも思います。

少し休憩を挟んで、上流に向けて登りだします。

脇目も振らずに、ひたすら歩き続けます。

息も切れぎれ、1時30分に下流にある駐車場に車を止めると、早速にも、バーベキューを始めます。

バーベキューを楽しむファミリーです。

バーベキューを楽しむファミリー!

空腹と疲れた体に鞭を打ちながら、ファミリー皆で手分けして準備をします。

周りからいい匂いがしてくるので、気が焦ります!

本日は、とても天気が良く、周りの景色も素晴らしいので、気分は最高となります。

名勝となる『るり渓』の記念碑です。

名勝となる『るり渓』の記念碑!

十分にバーベキューを楽しみ、お腹も満たされたので、もう何も言うことはありません。

るり渓」は、ハイキングコースとしては程よいコースで、訪れやすいのですが、観光地化されていないので、ゆっくり散策できます。

夏になればきっと、家族連れをはじめとして、友達同士などがたくさん訪れ、バーベキューを楽しみながらの水遊びで、賑わっていることでしょう。

これで「るり渓」の「るり渓12勝」のハイキングは、すべて終了となります。

お腹も満たされ、心も満たされた「気まぐれファミリー」は、晴れやかな気持ちで「るり渓」をあとにする・・・

 

るり渓のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

るり渓

  • 住所:〒622-0065京都府南丹市園部町大河内榎
  • 電話:0771-68-0050(南丹市商工観光課)
  • 時間:入園自由
  • 入園料:無料
  • 休園日:無休
  • 駐車場:無料(30台)
  • アクセス:【公共交通機関】「JR西日本旅客鉄道」の「園部駅」から「京阪京都交通バス(園篠線)」に乗車して「るり渓口」のバス停留所で下車して徒歩4.9km(約1時間)
    JR西日本旅客鉄道」の「園部駅」から「京阪京都交通バス(八田線)」に乗車して「八田(八田南)」で下車して「南丹市営バス(ぐるりんバスの西本梅スクール・癒しの森線)」に乗り換えて「るり渓」のバス停留所で下車してすぐ
    お車】「大阪方面」からは「阪神高速11号池田線」の「池田木部IC」を降りて「国道173号線(能勢街道)」をひたすら北上して行き「はらがたわトンネル」を通過したらすぐ「道路標識」に従い「亀岡・るり渓方面」に右折して「府道731号線」に入り走り進めた先の突き当りを左折して「府道54号線」をしばらく進むと「るり渓」に到着です30.6km(約45分)
    京都方面」からは「京都縦貫道」の「千代川IC」を降りて「府道73号線」をしばらく走り進め「宮川」の交差点を右折して「国道372号線」に入りその先にある「南八田」の交差点を左折して「府道453号線」から「府道54号線」を経由して「るり渓」に到着です14.5km(約20分)
    または「新名神高速道路」の「川西IC」を降りてすぐ左折して「県道721号線」を東に向かって進み「東畦野」の交差点を左折して「国道173号線(能勢街道)」を北上して行き「はらがたわトンネル」を通過したらすぐ「道路標識」に従い「亀岡・るり渓方面」に右折して「府道731号線」に入り走り進めた先の突き当りを左折して「府道54号線」をしばらく進むと「るり渓」に到着です27.6km(約40分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

るり渓」の景色は、とても素晴らしく、大自然を満喫しながらハイキングを満喫できる渓谷となっています。
是非一度、清流に点在する個性豊かな「るり渓12勝」をはじめとして「」や「」さらに「大自然」に触れながら歩いて、その素晴らしい景観をご堪能ください。

【関連記事】

ハイキングに関する記事はコチラをご覧下さい!

  三重県~ハイキング 赤目四十八滝『赤目五瀑』を攻略!

  大阪府~大阪随一のハイキングコース『箕面公園』箕面の滝へいざ出発!

  大台ケ原~ 紅葉のハイキングで突然・・!東大台~日出ヶ岳~正木ヶ原

  大蛇嵓からの超絶景!『大台ケ原』 紅葉のハイキング~後編

  春日山原始林【ハイキング】大自然の姿そのままに!【奈良奥山ドライブウェー】前編

  春日山原始林【世界遺産】見どころが点在する歴史ある石仏【ハイキング】

  ほしだ園地【見どころ】星のブランコへのハイキングは紅葉がお勧め!

  くろんど園地【見どころ】多彩なハイキングを満喫【大阪府民の森】

  天滝渓谷【紅葉】但馬三名瀑のハイキング【アクセス・駐車場】

  生石高原【ハイキング】ススキの大草原と山頂からの超絶景

  枚岡公園【アクセス・駐車場】展望台目指して紅葉ハイキング!

  みずのみ園地【ハイキング】水吞地蔵院より十三塚へ!

 

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-ハイキング
-, , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.