大蛇嵓からの超絶景!『大台ケ原』 紅葉のハイキング~後編

投稿日:2017年4月1日 更新日:

今回紹介するのは、奈良県上北山村にある『吉野熊野国立公園』のひとつ『大台ケ原』での『紅葉』の『ハイキング』です。

上北山村は97%が山地という緑深い山村で、そんな中で『大台ケ原』は、奈良県と三重県の県境に位置し『日本百名山』をはじめとして『日本百景』さらには『日本の秘境百選』などにも選ばれる場所となっています。

標高1695.1mの山は、山全体が『特別天然記念物』に指定され『特別保護地区』になっています。

大台ケ原』は『近畿の屋根』として名高く、山脈の東側が三重県で、西側が奈良県となっており、関西では最も早く『紅葉』が色づきはじめ、ニュースなどでもよく紹介される『紅葉の名所』となっています。

年間降水量が『日本一』という雨量を誇る『大台ケ原』ではありますが『ハイキング』に訪れる人は後を絶ちません。

大台ケ原ビジターセンター』から東の区域を『東大台』と呼び、立ち入りに当たっての事前申請が『不要』で『ハイキング初心者』の方でも簡単に楽しむことができます。

一方で、西の区域を『西大台』と呼び、立ち入るにあたり事前申請が『必要』となり『手数料』を納付した上で『ハイキング』を行なう当日までに『レクチャー』を受けなければ、立ち入ることができません。

今回は、初心者の方でも簡単に楽しむことができる『東大台』の『ハイキング』となり、最終目的地である『大蛇嵓(だいじゃぐら)』を目指しての紹介となります。

準備が整いましたら『大台ケ原』の『大蛇嵓』を目指しての散策スタートです。

 

スポンサーリンク

大蛇嵓からの超絶景!『大台ケ原』 紅葉のハイキング~後編

さて、前回の記事に引き続き、今回は『大台ケ原』の『後編』として紹介したいと思います。

前回、我が姫君が『大台ケ原』での『ハイキング』を行うにあたり、最も注意が必要とされる『腹痛』に襲われ、やむなく途中『リタイヤ』するというアクシデントに、管理人が取った選択は、我が姫君をひとり下山させ、管理人ひとりで『大蛇嵓』に向かうと言うことでした。

大台ケ原のハイキング前編についての記事は後ほどコチラをどうぞ!

  大台ケ原~ 紅葉のハイキングで突然・・!東大台~日出ヶ岳~正木ヶ原

ひとり『ハイキング』となった管理人は、常に前を歩くパートナーを失い、少し寂しく歩き出すのですが『紅葉最盛期』となるこの時期の『大台ケ原』は、たくさんの人が訪れているので、前後には常に誰かがいてるので、ひと安心となります。

尾鷲辻』の休憩所より『大蛇嵓』までは、残り1.5kmとなります。

 

大台ケ原の牛石ケ原のある『神武天皇の銅像』は苦労の塊!

尾鷲辻』から『神武天皇』の銅像がある『牛石ケ原』までの900mは、平坦な道が続き、とても歩きやすい『足休めの道』となっています。

軽快に歩みを進めて行くと、少し広くなった空間の『牛石ケ原』に到着です。

牛石ケ原』の入り口には、超巨大な『神武天皇』の銅像が出迎えてくれます。

こんな巨大な『銅像』を、どのようにして運び込んだのであろうか?

少し調べてみると、幾多の難問を乗り越えて設置されたと言います。

牛石ケ原の『神武天皇』の銅像です。

牛石ケ原の『神武天皇』の銅像です!

神武天皇』の銅像は『大台ケ原山』を開山した『古川嵩氏』の強い意志のもと、数々の問題の壁もなんとか突破していき、大正15年4月3日に、大阪にある『大谷鋳造所』へ発注した『神武天皇』の銅像が、時を経た昭和3年4月に見事に鋳造が完成しました。

銅像の『本体』の重さだけで4.5tもあり『金鳶』は63kgとなり『太刀』だけでも83kgもあります。

あまりの巨大な銅像のため、本体をまずは『6個』に分解して『熊野灘』を回航して『尾鷲港』に陸揚げされました。

しかし問題は『大台ケ原山』へはどう行くか?という問題が発生しました。

さまざまな検討の結果、又口川の中流の『木津集落』から『水無峠』さらに『木組峠』を経て尾根路をたどり『雷峠』を越えて『堂倉山』に至り、山頂に荷揚げすると決まりました。

運搬物が『天皇像』ということもあり、極めて厳重な警備のもと、常時警察官が付き添いました。

30人の労務者が人力で『木馬』を使い、急坂では肩に背負うか『天秤棒』を使って担ぎあげたと言います。

1日にわずか300m~400mしか運べない日があったり、雨期には足場が悪くなり、数日間にわたり作業を中止することも・・

荷揚げに要した日数は、約80日となり、実働数は40日という難作業となりました。

食料の荷揚げだけでも、10人が毎日のように往復したと言い、荷揚げ、焚きだし、資材運搬に関わった人は1600人に及んだと言います。

そんな沢山の方々の、苦労の塊の『神武天皇』の銅像ですので、ゆっくりと見学してみてはどうでしょうか?

ちょっとした広場となっているため、数名の方が『神武天皇』の銅像の前でお弁当を広げて食べている姿もあります。

 

大台ケ原の牛石ケ原にある『牛石』の伝説!

それともうひとつ『牛石ケ原』には、牛が寝そべっているような形をした『牛石』が、笹原の中にロープで囲われて鎮座しています。

この『牛石』の下には、法力によってたくさんの『妖怪』を封じ込めているという伝説が残っています。

『牛石ケ原』にある『牛石』です!

封印されている『妖怪』の中で『一本たたら(巨大な大猪の妖怪)』だけは、一年に一度だけ『果ての日(12月20日)』に自由に出てくることが許されたていると言います。

以来「果ての日に伯母峰を越すな、越せば一本たたらに生き血を吸われる」と、里人に恐れられるようになったと言います。

そんな『一本たたら』を退治するため、立ちあがったのが『鉄砲の名人』となる、天ヶ瀬村の『射場兵庫頭(しゃばひょうごのかみ)』であったのですが、なかなか『一本たたら』を討ち取ることができなかったのですが『お守り袋』に入れていた『神仏祈願の魔除けのたま』のカで、なんとか退治することができました。

ある日のこと『湯の峰温泉』に身の丈が八尺(2.4m)もある『修験者』が『湯治(とうじ)』にきたのですが、その『修験者』が『大台ケ原』で『射場兵庫頭』に退治された『一本たたら』の亡霊だったという!

正体を盗み見た宿屋の主人は、危うく殺されそうになったのですが『射場兵庫頭』の『鉄砲』と『名犬プチ』を買い求めてくることを条件に命だけは助けてもらえることとなりました。

しかし『射場兵庫頭』は主人の申し出を聞き入れず、ことの一部始終を村人たちに話した宿屋の主人は『一本たたら』の亡霊に殺されました。

一本たたら』の亡霊は、一本足の『』と化して『伯母峰(おばみね)』に現れ、旅人を狩り始めたので『東熊野街道』はひどく錆びれてしまったと言います。

丹誠上人』が『伯母峰』に地蔵尊を勧請し、経堂塚(辻堂山)に経文を埋めて鬼神を封じてから、ふたたび旅人も通るようになりました。

ただしこれには条件があり、毎年『12月20日』だけは『鬼の自由に任す!』と言うことでありました。

それで、今も『果ての日』となる『12月20日』だけは『伯母峰』の厄日とされていと言うことです。

そんな、伝説が残っていたり、そのほかにも、昔このあたりにいた『牛鬼』という怪物を、高僧がとらえてこの石の下に封じ込めたという伝説もあり、この『牛石』を叩くと大雨になると言われるなど、この『牛石』にはさまざまな話が伝わっています。

そんな少し怖い伝説と、苦労話の『牛石ケ原』を過ぎると、いよいよ最終目的地点である『大蛇嵓』が近づいてきます。

シオカラ谷』へと繋がる『分岐点』を過ぎると『大蛇嵓』までは残り300mとなります。

しかし、気が抜けないのはここからです!

ラストスパートは足元の悪い道です。

ラストスパートは足元の悪い道です!

ラスト300mにきて、最後の難関が待っています。

ここからは下りとなるのですが、ゴツゴツの岩や、むき出しになった根っこで、足元の状態がものすごく悪くなります。

よっぽどのことがない限り、落ちることはないと思ういますが、片側が崖となっている部分もあります。

根っこや岩に足を引っかけて、崖から『ダイブ』なんてことになったら大変なので・・・

それと、くれぐれも足首をぐねることの無いようにお気を付けください!

 

大台ケ原の最大の絶景ポイント!『大蛇嵓』で肝だめし!

鉄製の橋』を渡ればいよいよ『大蛇嵓』に到着です!

ラストスパートは、木製の階段を上れば素晴らしい絶景が広がっています。

木製の階段手前まで来ると「うゎ~すごい!」とか「怖い~!」という声が聞こえてきます。

最終目的地『大蛇嵓』に到着です。

最終目的地『大蛇嵓』に到着です!

はやる気持ちを抑えて、ゆっくりと階段を上っていきます。

写真では伝わりにくいのですが、足場となる大岩は崖先に向かって結構な下りになっています。

崖先には、簡単な『鉄の杭』と幅の広い『チェーン』で囲まれているだけなので、滑り落ちるとそのまま底も見えぬ『断崖絶壁』からの『ダイブ』となり、確実に『死亡事故』となります。

大蛇嵓から眺める絶景です。

大蛇嵓から眺める絶景です!

雨で滑りやすい日や、靴底の状態が良くないときには、特にお気を付けください!

女性の方や、怖がりな人などは『生まれたてのバンビ』のように、足をガクガク震わせながら、四つん這いになって先端に進んで行く姿も、しばしば見かけるくらいです。

若さゆえ、大岩の上を走り回る『不届きな者』もいますので、そんな時は『一括』入れるか『動かず』座ってじっとしているようにしてください!

何はともあれ、天気が良ければ最高に素晴らしい超絶景が眼下には広がります!

時には『雲海』が広がることもあるので、さまざまな超絶景をお楽しみください!

今回は、我が姫君が無念の『リタイヤ』となり、この素晴らしい超絶景を一人で見なければいけないのが、非常に残念です!

二人なら年がいもなくはしゃげるのかもしれなませんが、一人ではしゃいでいたら、危ない人になってしまう・・・

もう一度訪れる機会があれば、この超絶景を二人で眺めたいものです。

 

大台ケ原の見どころのひとつ『蒸篭嵓(セイロぐら)』

大蛇嵓』をはじめとして、見渡せば『蒸篭嵓』や『千石嵓(せんごくぐら)』などの『嵓(くら)』があるのですが、断崖のことを『』と呼び『大台ケ原』には、いくつかの『クライミングルート』が開かれています。

大蛇嵓』より、右手にある断崖が『蒸篭嵓(せいろぐら)』となります。

見どころのひとつ『蒸篭嵓』です。

見どころのひとつ『蒸篭嵓』です!

蒸篭嵓』へは『大蛇嵓』との間の『ルンゼ』を20分ほど下って行くことで行くことは可能となっているのですが『岩屑(がんせつ)』のつまった傾斜のある谷となり、落石などに注意を払いながらの歩行となるので初心者には少々厳しい道のりです。

行ってみたいと思う方は、いろいろと注意点を調べてから向かうようにすることをお勧めします。

 

大台ケ原の『千石嵓(せんごくぐら)』にある日本の滝100選の『中の滝』!

大蛇嵓』より、右斜め下を見下ろしたところにある『千石嵓』には『日本の滝100選』に選ばれている『中の滝』があります。

大蛇嵓』からは、肉眼での確認は非常にわかりずらいのですが、やはり『日本の滝100選』に選ばれている名瀑となりますので訪れた際は、どこにあるか探してみてください。

『千石嵓』にある『中の滝』です。

『千石嵓』にある『中の滝』です!

中の滝』は『大蛇嵓』から見る限り、一部しか見ることができないので大きな滝には見えませんが、実際は全貌250m級の名瀑となり、日本有数の大滝となっています。

ここから1kmほど離れていても、水の流れや落下の激しさの一部を見ることはできるのですが、小さすぎて物足りなさは感じます。

さらに『中の滝』の左斜め下にも、写真には写っていませんが『西の滝』というのもあります。

中の滝』は、近くまで行くことも可能ということですが『西大台』に位置しているため、かなりの『ハイキング上級者』でないと攻略するのは難しい名瀑となっているそうです。

大蛇嵓』からの超絶景も十分楽しんだところで、下山したいと思います。

先に下山した、我が姫君のことが心配なので、最速で帰ることができる『尾鷲辻』から『中道』を通って帰ることにします。

大台ケ原のハイキングマップです。

大台ケ原のハイキングマップです!

距離だけでいうと『滝見尾根』から『シオカラ谷』を歩くのが最短距離となるのですが、この道は以前に通ったことがあるのですが、その時にかなり痛い目にあっています。

シオカラ谷吊り橋』の付近まで足場の悪い下りの道が続き、歩幅も定まってないガチャガチャ道で、膝への負担がものすごくかかり『シオカラ谷吊り橋』に着くまでに膝がやられ、大変な思いをした記憶があります。

『シオカラ谷吊り橋』です。

『シオカラ谷吊り橋』です!

その時の『シオカラ谷吊り橋』の写真になりますが、道中は歩くことで精一杯で、写真を撮るどころでは無かったので唯一撮った写真となります。

シオカラ谷吊り橋』までは下り続けたのですが、ここから『駐車場』までは急坂な上りの石段がほぼ最後まで続きます。

下った分だけ、上るという実にしんどい道のりとなっています。

体力勝負』のコースとなりますので、自信のある方は挑戦してみてください!

という苦い思い出があるので、今回は『中道』より駆け足で戻ることにします。

大台ケ原の駐車場の混雑状況です。

大台ケ原の駐車場の混雑状況です!

先に下山した我が姫君とも無事に合流したのですが『駐車場』がさらに大変なことになっています。

引っ切り無しに上ってくる車が、止めることができずに、Uターンで車道脇の駐車スペースを探すため下って行くを繰り返しています。

ちなみに、この渋滞は3km以上先まで続いていました。

紅葉シーズン』に合して訪れる予定の方は、朝5時までに到着することを改めてお勧めしておきます。

何はともあれ2度目の『大台ケ原』の『ハイキング』でしたが『紅葉』の『見ごろ』との情報のもと訪れましたが、無念にも『紅葉』感が少なく、我が姫君の途中『リタイヤ』と、少しやり残した感がありましたが『日出ヶ原』や『大蛇嵓』からの眺めは最高の眺めで大満足でした。

眼下いっぱいの『紅葉』を見るという課題は残しましたが、次回の『お楽しみ!』と自分に言い聞かせ『気まぐれファミリー』は混乱の続く『大台ケ原』をはあとにする・・・

 

ハイキングを楽しむための3つの必須アイテム!

場所によりますが『登山口』や『市営のセンター』などがあると『ハイキング用』の『』などを『無料』で貸し出し可能な所などありますが、どこでもあるわけではありません。

大台ケ原』では『大台ケ原ビジターセンター』が営業中は『無料』で貸し出し可能となっています。

『無料』で貸し出し可能な杖です。

『無料』で貸し出し可能な杖です!

やはり『ハイキング』を行うにあたり『』が有ると無いとでは、足にかかる負担に明らかな違いがあります。

そこで、携帯に便利な『トレッキングポール』を紹介しておきます。

トレッキングポール』を代表する人気ブランド『ブラックダイヤモンド』は、優れた『機能性』と優れた『耐久性』を兼ね備えた『トレッキングポール』メーカーとなります。

オールラウンドに使える『多用途性』が最大の魅力です!


ブラックダイヤモンド トレッキングポール

それと、なんといっても『熊除けの鈴』です。

そんな~」って思うかもしれませんが、やはり必要かと思います。

たくさんの人がいるような『ハイキング』なら問題ないと思いますが、場所によっては人が少なく、大自然の広がる山深い『ハイキング』になると、歩いていても身の危険を感じることが多々あります。

あって困るものではないので、ご自身の身を守る必需品としてお考え下さい。

マジックベアベル』は、時計と逆回りにまわすと中の振り子が引き上げられ『音を止める』ことができる消音機能付きとなり、人が多い時や、必要の無いときには、音を消すことができるのでありがたい商品です。

マジックベアベル』は、真鍮製となりますので、とても良い音色です!


マジックベアベル

管理人は『大台ケ原』の『おみやげ屋さん』で『mont・bell』の『熊除けの鈴』を1600円で購入しました。

必須アイテムの『熊除けの鈴』です。

必須アイテムの『熊除けの鈴』です!

しかし『消音機能』が無いので、鳴りっぱなしというのが少々問題あり・・

しかし、音色は最高にいいです!

最後に、暗くなった時の『必須アイテム』となるのが『ヘッドライト』です。

手に持つ『懐中電灯』でもいいのですが、山歩きには両手が空くのがベストです!

そこでお勧めするのが『ジェントス』の『ヘッドライト』で、日本でもトップシェアを誇るLEDライトメーカーです。

あらゆる機能搭載の『高性能ヘッドライト』は、フォーカスコントロールで『ノーマル照射』から『ワイド照射』まで無段階調節可能となっています。

高性能のわりに、比較的に『安価』で購入出来るのがとてもうれしい商品です!


ジェントス ヘッドライト

以上の3商品の紹介をしましたが、いずれも『自身の身を守る』ための『必須アイテム』となっています。

ハイキング』は、大自然が相手となりますので、備えあれば憂いなしです。

ハイキング』にお出かけの際は、是非、旅のお供とお考え下さい!

あと『大蛇嵓』からの眺めとなりますので、参考までに見てみてください!

 

『大台ケ原』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

大台ヶ原ビジターセンター

  • 住所:〒639-3702奈良県吉野郡上北山村小橡660-1
  • 電話:07468-3-0312
  • 時間:9:00~17:00
    *国道169号線および大台ヶ原ドライブウェイが雨量規制により通行止の場合は休館
  • 冬季閉鎖期間:毎年11月下旬~4月下旬
  • アクセス:【公共交通機関】京都:近鉄京都線(橿原神宮駅)-近鉄吉野線(大和上市駅)-奈良交通バス(大台ヶ原)-所要時間3時間35分
    大阪:(阿部野橋駅)-近鉄南大阪線~吉野線(大和上市駅)-奈良交通バス(大台ヶ原)-所要時間2時間50分
    お車】京都:国道24号線(橿原)-国道169号線(大台ヶ原ドライブウェイ入り口)大台ヶ原ドライブウェイ(大台ヶ原)所要時間3時間30分
    大阪:西名阪(郡山IC)-国道24号線(橿原)-国道169号線(大台ヶ原ドライブウェイ入り口)-大台ヶ原ドライブウェイ(大台ヶ原)所要時間3時間30分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

大台ケ原』の『ハイキング』は、訪れる人が多い分、早めの到着が必要となり、その点は少ししんどいかもしれませんが、比較的整備が行き届いた遊歩道となりますので、初心者の方でも簡単に歩くことができると思います。
歩いた先には、超が付くほどの絶景を見ることが出来ますので、一度訪れてご自身の肉眼にて絶景をご堪能下さい!

【関連記事】

ハイキングに関する記事はコチラをご覧下さい!

  三重県~ハイキング 赤目四十八滝『赤目五瀑』を攻略!

  京都府~ハイキング、名勝『るり渓』るり12勝を散策!

  大阪府~大阪随一のハイキングコース『箕面公園』箕面の滝へいざ出発!

  春日山原始林【ハイキング】大自然の姿そのままに【奈良奥山ドライブウェー】

  春日山原始林【世界遺産】見どころが点在する歴史ある石仏【ハイキング】

  ほしだ園地【見どころ】星のブランコへのハイキングは紅葉がお勧め!

  くろんど園地【見どころ】多彩なハイキングを満喫【大阪府民の森】

  天滝渓谷【紅葉】但馬三名瀑のハイキング【アクセス・駐車場】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-ハイキング
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.