生石高原【ハイキング】ススキの大草原と山頂からの超絶景

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県海草郡紀美野町に位置する『生石高原(おいしこうげん)』で『ハイキング』しながら『ススキ』と『景色』の観賞です。

生石高原』は、和歌山県の北部となる『高野山』から『海南市』の方面に向けて延びる『長峰山脈』の一角をなしている高原で、標高870mの『生石ヶ峰』の『海草郡紀美野町中田』と『有田郡有田川町生石』にまたがる高原です。

そんな『生石高原』では、春の『新緑』をはじめとして、四季おりおりの草花に彩られるほか、特に秋の『ススキ』に関しては大草原となる山頂付近では、見渡す限りの『銀世界』が一面に広がりを魅せる大人気の名所となり、関西一円のみならず遠方からも多くの方が訪れます。

山頂』からは、360度の大パノラマの景色が眼下に広がり、眺望が非常に良いこともあり和歌山県内でも有数の行楽地となっています。

ススキの大草原と景色です。

ススキの大草原と景色です!

また『ハイキング』や『キャンプ』などを楽しむための、絶好のレクリェーション地としても非常に人気が高く、さまざまな『ハイキングコース』があることでも有名です。

今回は、山頂に位置する『生石高原』を『ハイキング』しながら『ススキの大草原』と『360度の大パノラマの景色』を観賞したいと思います。

準備が整いましたら『生石高原』の『ススキ』と『景色』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

生石高原【ハイキング】ススキの大草原と山頂からの超絶景

今回は、和歌山県海草郡紀美野町に位置する『生石高原』で『ハイキング』しながら『ススキ』と『景色』を同時に楽しむため、朝一番で和歌山県へと車を走らせます。

暑い夏が終わり、秋になると『紅葉』や『黄葉』が色づき始め、日本の各地で『紅葉見物』や『紅葉狩り』に出かける行楽が勢いを増していきます。

多くの方に知られていませんが、時を同じくして『ススキ』も見ごろとなっていきます。

やはり一般的に秋の行楽となると、色鮮やかに紅く色付く『紅葉見物』に行く方が多いと言うのが現状ですが『見ごろ』を迎えた『ススキ』は、そんな『紅葉』に負けず劣らずの『銀世界』となる姿を魅せてくれます。

以前にも一度、関西屈指の『ススキ』の名所として超有名な『曽爾高原』に、夕日を浴びた『黄金のススキのじゅうたん』の観賞に出かけたことがあります。

曽爾高原の『黄金のじゅうたん』です。

曽爾高原の『黄金のじゅうたん』

曽爾高原のススキに関する記事はコチラをご覧下さい!

  奈良県~曽爾高原『黄金色に輝くススキの草原』紅葉に負けない輝き!

その時は、夕方より訪れたことで十分に『銀世界』となる『ススキ』の姿の観賞が出来なかったことを反省としたこともあり、今回は朝一番で『生石高原』に車を走らせていると言うことです。

生石高原』の紹介を進めるにあたり、簡単に『アクセス』について紹介します。

 

『生石高原』への『アクセス』は『マイカー』で・・!

まず『生石高原』を訪れるには、基本的には『マイカー』の利用が不可欠となります。

公共交通機関』を利用しても行けないことは無いのですが『海南駅』から『大十バス』の運行する『オレンジバス(登山口行き)』に乗車して、終点の『登山口』で下車するところまではいいのですが、それより先は『ハイキングコース』となり『生石高原』までは、歩きなれた方でも3時間ほどかかると言うのが問題となります。

もちろん『ハイキング』を目的としている方は、それでいいのですが『ススキ』の観賞や、山頂から眺める『景色』を楽しむために訪れるとなれば、3時間も歩くことなど出来ません!

これまでは『生石高原駐車場』までは道幅が狭いため『大型観光バス』が通行できなかったと言いますが、有田川町(旧清水町経由)で運行可能になったと言いますが、詳しく記された情報が無いため、ここでは紹介できませんが、詳しく知りたい方は『有田川町商工観光課』などにお電話にてお聞きください!電話:0737-52-2111です。

と言うこともあり『生石高原』への『アクセス』は『マイカー』がお勧めとなります。

マイカー』の場合は、阪和自動車道の『海南・海南東IC』から『国道370号線』で『小川橋南詰』交差点を右折して『県道180号線』および『県道184号線』を経由して行くことになりますが、道のりは20kmぐらいとなり約50分あれば行けるのですが、最後の7kmは『山道』となり、最後まで上りが続くほか、道幅の狭い箇所が多く、鋭いカーブも随所にある難所となります。

生石高原までの険しい山道です。

生石高原までの険しい山道です!

時間帯によっては『生石高原』から下りてくる車が多くあるため、慎重に走り進めて行かなければいけないので、気疲れする道のりとなります。

今回管理人は、朝の8時過ぎぐらいにこの山道を『生石高原』に向かいましたが、下りてくる車は1台も無く、後ろから迫りくる車も1台も無かったので気楽に走れましたが、運転に自信のない方などは、早い目の到着を心掛けることで、スムーズに走り抜けることが出来ます。

 

『生石高原』の無料の駐車場は3か所!

生石高原』に到着すると、まず最初にあるのが『第1駐車場』となるのですが、中に入ると少し驚く光景が広がっていました。

なんと『駐車場』には1台も先客が無く、ただただ広い駐車スペースが目の前に広がっています。

いくら、朝一番の8時30分と言えども『ススキ』最盛期となる本日11月12日となれば、先客が数台ぐらいはいてもおかしくはないところですが、1台もいません!

第1駐車場』より、上を見上げると『ススキ』は、1番の『見ごろ』を迎え『銀色』から『黄金色』に変りつつあり、最高のタイミングとなり、人がいないのはどう考えてもおかしい?

実は『人気の名所ではない?』と、少し不安になりながら、少し先にある『第2駐車場』にも向かうのですが、こちらは固く柵がされており、もちろん先客の姿は無く、さらに『第2駐車場』より少し進んだところにある『有田川町駐車場』にも、言うまでも無く1台も車が止まっていません!

生石高原にある無料の駐車場です。

生石高原にある無料の駐車場です!

いずれの『駐車場』からも『ススキの大草原』は見えており、車を止めてすぐに大草原に入っていけるように道が設けられています。

とりあえずは『第1駐車場』に駐車し、身支度を整えていると、9時を過ぎたくらいから、ポロポロと車が入ってきだすと、あっという間に『第1駐車場』はいっぱいになります。

時間と共に混み合う駐車場です。

時間と共に混み合う駐車場です!

訪れた時の静寂に包まれた『駐車場』の姿は無く『大人気のススキの名所』であると言うことが分かる光景に変わっています。

ある時間帯になると、次から次へと車が上ってきますので、やはり訪れるなら早い目の時間がお勧めとなります。

はっきりとした数は分かり兼ねますが『第1・第2・有田川町駐車場』を合わせると約200台ぐらいの駐車は可能と思いますので、午前中に訪れれば、何とか渋滞なく駐車できるのではないかと思います。

お昼から夕方にかけては『夕景』を目当てとした方が多く訪れてきますので、・・・

 

想像を遥かに超える『ススキの大草原』

9時30分頃より、山頂に向けて『ハイキング』を開始しますが、ひとつ注意点があります。

やはり少し歩くことを考えて『薄着』で歩きはじめたのですが、標高870mの『生石ヶ峰』のほぼ山頂付近となるため、冷たい風が強く吹き付けるため、一旦車に戻り『防寒着』を取りに戻ると言う状態でしたので、時期にもよりますが『防寒着』などは、用意しておくことをお勧めします。

仕切り直して歩きはじめますが、両サイドに『ススキ』が生い茂る階段を上がって行くと『山の家おいし』があります。

『山の家おいし』から眺める景色です。

『山の家おいし』から眺める景色!

山の家おいし』では、暖炉が置かれているため、暖かい空間で『お食事』や『おみやげ』選びを楽しめるほか、ちょっとした『展望スペース』などもあり、休憩がてらに立ち寄るには最高となります。

展望スペース』から望む景色は『北から西』方向にある『海南市』や『四国方面』の景色を楽しむことが出来ます。

少しもやが掛かっていますが『明石海峡大橋』も小さくですが見ることが出来ました。

さらに『山の家おいし』の前にも、休憩所となる『展望スペース』があります。

展望スペースより眺める景色です。

展望スペースより眺める景色です!

こちらからも『山の家おいし』と同じ方向の景色が楽しめますので、まずはゆっくりと景色を楽しんでから『ススキの大草原』へと繰り出してください。

生石高原』は『ススキ』の名所である前に『360度の大パノラマの景色』を随所で観賞できるのが特徴となる名所でもあります。

 

『生石高原』の見どころ『西の丘・笠石・火上げ岩・展望台』

生石高原』の『ススキ』と『景色』を楽しみながら『ハイキング』を進めるにあたり、広い山頂の『大草原』をやみくもに歩いても疲れるだけですので『見どころ』を押さえてスムーズに歩くのが良いと思いますので、簡単に紹介していきます。

生石高原西側のハイキングマップです。

生石高原西側のハイキングマップ!

山の家おいし』をスタートとして、まず『大草原』に出ると『生石高原』のシンボルとも言える『笠石』が一目見てわかりますが、とりあえずは右手側となる『西方向』にある『①西の丘』に向かいます。

『西の丘』から眺める景色です。

『西の丘』から眺める景色です!

少し小高い、丘に向かって歩き進めますが、両側に『ススキ大草原』を従えた散策路は大変に見ごたえがある景色となります。

風が強く吹き付けると『ススキ』の穂が大きく左右になびく姿は、まさに絶景と言えます。

散策路にまでせり出している『ススキ』を交わしながら歩き進めて行くと、ちょっとした『展望スペース』があり、パノラマ状に広がる180度の景色を楽しむことが出来ます。

眼下いっぱいの山の斜面には『ススキ』が所狭しと生い茂り『銀世界』が広がります。

今回はいまいちでしたが、夕方まで滞在して『夕景』を楽しんだのですが『西の丘』の周辺には、たくさんの方が『黄金色のじゅうたん』を観賞するため集まってきます。

西の丘のススキの草原と夕日です。

西の丘のススキの草原と夕日です!

残念なことに、この日は雲が厚く、夕日の光が弱く『黄金色のじゅうたん』となる絶景を見ることが叶いませんでしたが、これ程の『ススキの大草原』となると『超絶景』になることは間違いありませんので、訪れたからには『夕景』まで滞在することをお勧めしておきます。

と言う『①西の丘』となり、次の『見どころ』は『②笠石』となりますが『ススキの大草原』に入ると、まず目に入る『大岩』です。

西の丘』の観賞が終わり『笠石』に向かっている間にも、常に目に入るほどの存在感です。

生石高原のシンボル『笠石』です。

生石高原のシンボル『笠石』

山頂付近にあるこの『笠石』は『ススキの大草原』に足を踏み入れて最初に目にすると言うこともあり『生石高原』の『シンボル』となる『大岩』ですが、高さが7mあり、周囲は75mある『大岩』となります。

この『笠石』と言う名前の由来は『弘法大師空海』が『高野山』を開く前に、新たな聖地を求め歩いた折に『生石山』に登った際に、今の『高野山』の地を見つけて「これこそ自分が求めた聖地である!」と、大喜びして嬉しさのあまり、自分がかぶっていた『旅笠』を忘れてこの地を離れたのですが、その忘れた『旅笠』が『大岩』となったと言われ『笠石』と呼ばれるようになったと言います。

そんな『シンボル的存在』となる『①笠石』を観賞したら、続いて南の斜面に向けて『ハイキング』を進めると『見どころ』のひとつ『③火上げ岩』が見えてきます。

雨乞いをしたと言われる火上げ岩です。

雨乞いをしたと言われる火上げ岩!

笠石』の南側の山の斜面より少しせり出した『巨石』となる『火上げ岩』では、火を焚いて『雨乞い』をしたと言われています。

火上げ岩』は『フォトスポット』としてもかなりの人気があり『生石高原』に入ってきた方が、次から次へと『火上げ岩』の上にて記念撮影していきます。

火上げ岩』の上に登ると、その先は『断崖絶壁』のように思いますが、下を覗き込むと『ススキの草原』が広がる形となり、正面にある壮大な山並みをバックにいい写真が撮れます。

これより標高870mの『生石ヶ峰』の『山頂』に向けての『ハイキング』となりますが、帰りにこの場所を通った際に【】来訪者が『火上げ岩』にて撮影中でした。

ロトの紋章を受け継ぐ者たちです。

ロトの紋章を受け継ぐ者たち!

旗印の『ロトの紋章』から見て、恐らく『ドラゴンクエスト』の御一行と思われますが、勇者をはじめとしてさまざまな衣裳を身にまとったクオリティーの高い『コスプレ』の一行で『火上げ岩』にて撮影する姿をたくさんの方が見学していました。

最初に見た瞬間は『男性』と『女性』のグループだと思っていたのですが、よ~く見るとすべて『女性』となり、かなりのなりきりぶりでした。

と、言うように『火上げ岩』のあたりの景観は最高となり、そういった方達のあいだでも、ひょっとすれば『聖地』のような場所になっているのかもしれません!

話を戻しまして『③火上げ岩』の後に向かうのは、いよいよ標高870mの『生石ヶ峰』の『山頂』となるのですが、3本の道があり『東の丘遊歩道』は、最短で平坦な道のりで『山頂』に近づけますが、真ん中の『東の丘尾根道』を行けば『④展望台』があるので、そちらを通って行くことにします。

東の丘尾根道にある展望台です。

東の丘尾根道にある展望台です!

東の丘尾根道』にある『展望台』は、それほど大きなものでは無いので、上ったからと言ってそれほど景色が大きく変わることは無いのですが「展望台から景色を眺めてる~!」って気分にはなれます。

しかし『東の丘尾根道』は、少しだけ上り坂となりますが、立ち寄って景色を眺めてください!

展望台』からの景色を眺めたら、上りの『東の丘尾根道』をさらに歩き進めて行くと、突き当りに『⑤高野望み』と言う小さな『展望スペース』があります。

高野望みと名の付く展望スペースです。

高野望みと名の付く展望スペース!

高野望み』と名の付くこの場所からは『東方面』となる『高野山・大峯方面』の景色を、眺められることから付いた名前ではないかと思われます。

上ったと思ったら下るのが『東の丘尾根道』となりますが、ここまでは、過酷な『ハイキング』ではなく『ススキ』や『景色』に見とれているうち歩ける程度の道のりです。

次の分岐点は『⑥四叉路』となり、下り坂を歩き出します。

『ススキの大草原』です。

『ススキの大草原』です!

この辺りもかなりの『ススキの大草原』となるため、左右に生い茂る『ススキ』がまるで壁のように迫ってきます。

そんな絶景とも言える景色が随所にあり『フォトスポット』が目白押しとなり『ハイキング』を始めて、すでに1時間30分を過ぎましたがそれほど歩いてはいません!

普通に歩けば、1時間ほどあれば『山頂』まで行って戻ってこれるぐらいの距離しかないのですが・・・

下り坂の先には『⑥四叉路』があり『見どころ』のひとつとなる『生石神社』に向けて平坦に歩き進められる『まき道』もありますが、まずは『山頂』に向けて歩き進めて行きます。

 

『生石高原』の見どころ『生石ヶ峰山頂・硯水・生石神社・見晴岩』

四叉路』を過ぎると、標高870mの『生石ヶ峰』の『山頂』に向けて、ラストスパートの上り坂が続きます。

生石高原東側のハイキングマップです。

生石高原東側のハイキングマップ!

生石高原』は『海草郡紀美野町中田』と『有田郡有田川町生石』にまたがる高原となりますが、春の『新緑』をはじめとして、四季おりおりの草花に彩られるほか、特に今回訪れた秋の『ススキ』に関しては『大草原』となる『山頂』付近では、見渡す限りの『銀世界』が一面に広がりを魅せる大人気の名所となるため、関西一円のみならず遠方からも多くの方が訪れます。

基本的な最終目的地となる『生石ヶ峰』の『山頂』に続く最後の上りは、なかなかに力のいる階段が続きます。

歩き進めて行くと、少し広いスペースがありますが、ここは中間地点の『⑦小峰』で『展望スペース』があり、深呼吸し息を整えると、もうひと踏ん張りして『山頂』に歩き進めて行きます。

生石ヶ峰の山頂にある三角点です。

生石ヶ峰の山頂にある三角点です!

生石ヶ峰』の『⑧山頂』では、たくさんの方が疲れた足を癒すため座り込んでいます。

生石ヶ峰』の『山頂』は、それほど広いスペースではないのですが、腰を掛けられる『』があるのと、もうひとつの『見どころ』となる『三角点』と刻まれた『柱石』が埋められています。

三角点』は、一般的に眺望の利く場所に設置され、三角測量に用いる際に『経度・緯度・標高』の基準になる点のことです。

ちょっと怖い話ですが『三角点』の『柱石』の破壊などで機能を損ねる行為をした人は、測量法の規定により『2年以下の懲役又は100万円以下の罰金』に処せられると言う、かなり厳しい罰が待っているので、くれぐれもふざけて蹴ったり乗ったりしないように・・・!

と言うような『山頂』ですが『360度の大パノラマ』の景色が眼下に広がり、眺望が非常に良いこともあり和歌山県内でも有数の行楽地となっています。

生石高原』の基本的な『ハイキング』としては、ここまで来て引き返す方がほとんどですので、これ以上先の紹介は必要ありませんが、紹介するにあたり『見どころ』となる『⑨硯水』から『⑪生石神社』に向けて歩いてみましたので、歩いてみようと思われる方はもう少しお付き合いください!

 

『生石高原』の『見どころ?』となる『硯水・生石神社・見晴岩』

ここからの『ハイキング』に関しては、最初に言っておきますが『お勧めしません!

と、言うか行く必要自体が?となります。

⑪生石神社』に関しては『見どころ』となるため行ってもいいのですが、まず歩きはじめたのが『南側』に下って行く『ササユリの道』を歩いて『⑨硯水』に向かう散策路です。

進入禁止となる『硯水湿原』です。

進入禁止となる『硯水湿原』

山頂』より散策路は出ており、最初は先程までのと同じような道となりますが、下って行くにつれて少しづつですが、足元が悪くなってきます。

約200メートルほど下った辺りに『⑨硯水』と呼ばれる『湿原』があり、その『湿原』を取り囲むように『木の橋』が架けられているのですが『進入禁止』の『ロープ』が張られていますが、それ以前に『ススキ』がボウボウに生い茂り、進む気にもならない状態です!

恐らくは、春や初夏などに訪れれば『湿原』に花開く珍しい四季おりおりの草花に彩られるのでしょうが、時期が悪いためか?年中こんな状態?なのかは不明な場所です!

硯水』と呼ばれる清らかな湧き水が湧く『湿原』となり『弘法大師』が『すずり水』に使ったといわれているのですが、湧き水が湧くどころか、干上がった状態です。

残念な状態となるので、次に進むのですが、ここより先は『南斜面遊歩道』を下って行くのですが・・・!

『獣道』へと徐々に変わる遊歩道です。

『獣道』へと徐々に変わる遊歩道!

下りはこれより約300メートルほど続くのですが、歩きはじめてすぐに「これはアカン!」と言うよな『獣道』に変わり、草木がボウボウで、かすかに道だろうと分かるくらいの道が続きます。

引き返すことも少し考えたのですが『この先はどうなっているのか?』と言う、どうでもいい興味が沸き、もう先に進むしか無い状況の中で「怖い~!気持ち悪い~!」と叫びながら先を歩く、我が姫君の背中を見ながら歩き進めて行きます。

山頂』より、約500メートル近く下り続けたことで、かなり低い位置まで来てしまい、もう一度上らないといけないのですが、これ程苦労して下りてきた『見どころ』は、ただの広場となる『⑩テント場跡階段下』と言う場所で「なんのこと?」と、疑問しか残らない意味不明な場所です!

さて、次の目的地となるのは『生石神社(しょうせきじんじゃ)』ですが、我が姫君の心は既に折れており、その先に待つ道は、先程の道のりが可愛く思えるほどの道?です!

歴史の古い『生石神社』です。

歴史の古い『生石神社』です!

足元には、かろうじて階段が見えているので前進するしかないのですが、身長以上の草むらに飛び込んでいく形となり、下りてきたことに対して後悔しかないです!

我が姫君の「ホンマに行くん!」と言う言葉に対し「行かな帰られへんし!」と、一触即発の空気が漂うなか意を決して草むらに入って歩き進めていると、すぐに広場に出たと思い「ホッ!」とする間もなく、第2ラウンドの『獣道』が容赦なく行く手に立ちはだかります。

しょうせき分かれ』の分岐点まで来ると、少しはマシな道になりますが、せっかく上ってきたのに『生石神社』までは、またしても下りとなり『⑪生石神社』に着いた時には、足腰がガタガタになります。

生石高原(おいしこうげん)』と言うのに対して『生石神社(しょうせきじんじゃ)』と言われる理由は分かりませんが、永祚(えいそ)元年(989年)に、この地に一夜にして高さ十六丈(約48メートル)の『立岩』が出現したと言い『生石大明神』と崇拝され、同年『社殿』が造営と伝えられる歴史の古い『生石神社』の御祭神は『大穴牟遅命(おおあなむぢのみこと)』すなわち『大国主(おおくにぬし)』の別名と『少彦名命(すくなひこなのみこと)』となります。

社殿』の後ろにそそり立つ『巨石』は『見ごたえ』十分となるので、訪れて見ておくのもいいかと思います!

と言うことで『生石高原』の『ハイキング』と散策がすべて終了となります。

山の家おいし』に戻る際に、最後の『⑫見晴岩』にて景色を眺めてから戻ることにします。

『見晴岩』から眺める景色です。

『見晴岩』から眺める景色です!

眺めに関しては、十分すぎるほど随所で見れるのですでにお腹一杯となります。

そうしたことから夏の終わりから秋にかけての『ススキ』のシーズンで無くても、1年中どの季節に訪れても『超絶景』の景色だけは楽しめますので、一度訪れてご自身の目で『生石高原』からの景色をご堪能下さい!

尚『生石高原』に向けての『ハイキングコース』は、実に様々で人気もあり多くの方がチャレンジしていますので、そちらのほうもお楽しみください!

 

『生石高原』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

生石高原

  • 住所:〒640-1114和歌山県海草郡紀美野町中田899-29
  • 電話:0737-52-2111(有田川町商工観光課)
    073-489-3586(山の家おいし9:00~16:30)
  • 時間:散策は自由
  • 定休日:無
  • 入園料無料
  • 駐車場:無料(第1・第2・有田川町駐車場・合わせて約200台)
  • アクセス:【公共交通機関】JR紀勢本線(御坊行き)『海南駅』から大十バスの運行するオレンジバス(登山口行き)に乗車し終点の『登山口』で下車(約3時間)
  • お車】阪和自動車道『海南・海南東IC』から『国道370号線』で『小川橋南詰』の交差点を右折して『県道180号線』および『県道184号線』を経由して約50分(20km)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

生石高原』は『ススキ』の名所として大変人気があり『ハイキングコース』も充実していますので、ご自身で計画した『ハイキングコース』をさまざまな形で歩いてみてください。
訪れる時期により、さまざまな草花や景色を楽しんで、訪れるたびに違う思い出の景色をご堪能ください!

【関連記事】

その他ハイキングに関する記事はコチラをご覧下さい!

  三重県~ハイキング 赤目四十八滝『赤目五瀑』を攻略!

  京都府~ハイキング、名勝『るり渓』るり12勝を散策!

  大阪府~大阪随一のハイキングコース『箕面公園』箕面の滝へいざ出発!

  大台ケ原~ 紅葉のハイキングで突然・・!東大台~日出ヶ岳~正木ヶ原

  大蛇嵓からの超絶景!『大台ケ原』 紅葉のハイキング~後編

  春日山原始林【ハイキング】大自然の姿そのままに!【奈良奥山ドライブウェー】前編

  春日山原始林【世界遺産】見どころが点在する歴史ある石仏【ハイキング】

  ほしだ園地【見どころ】星のブランコへのハイキングは紅葉がお勧め!

  くろんど園地【見どころ】多彩なハイキングを満喫【大阪府民の森】

  天滝渓谷【紅葉】但馬三名瀑のハイキング【アクセス・駐車場】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-ハイキング
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.