気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)ハイキングさらに桜や紅葉の名所を紹介しています。

大和葛城山~北尾根ハイキングコースで山頂へ【アクセス・駐車場】

投稿日:

今回紹介するのは、奈良県御所市櫛羅に位置し、大阪府の最高峰として知られる「大和葛城山」の山頂を目指す「ハイキング」です。

金剛生駒紀泉国定公園」の一角に位置する「大和葛城山」は、奈良県の御所市と、大阪府の南河内郡千早赤阪村との府県境に位置しており、大阪府を代表する名山のひとつとなります。

また上記で言う「金剛生駒紀泉国定公園」とは、奈良県と大阪府の府県境の「生駒山地」や「金剛山地」の一帯と、大阪府や和歌山県の府県境の「和泉山脈」の一帯からなる国定公園のことになります。

大阪府の最高峰で知られる「大和葛城山」は、標高959.2メートルを誇る名山となるのですが、実は南側には、標高1125メートルを誇る「金剛山」があるのですが「金剛山山頂」は「奈良県」に位置するため、大阪府の最高峰とはならないのですが、大阪府の「最高地点」に関しては「金剛山」の標高1056メートル地点となるややこしさです。

大和葛城山」の山頂には「二等三角点」が設置されており、360度の大パノラマの景色を望むことができるのが特徴となるのですが、西方向に「大阪平野」をはじめ「六甲山系」や「北摂の山々」さらには、大阪湾や遠く淡路島まで望むことができ、東方向には「大和平野」を中心に「三輪山」さらに遠く「大台ヶ原・大峰の山々」の優れた景色が広がりを魅せ、南には「金剛山」や「奥吉野」北には「生駒山系」などの景色を望むことができます。

大和葛城山の山頂です。

大和葛城山の山頂です!

大和葛城山」は、単に「葛城山」と呼ばれることが多いのですが、山頂付近に関しては「葛城高原」と呼ばれ、春の「つつじ」の開花時期となる、5月上旬から中旬にかけては多くの観光客が訪れ、眼下に望む「一目百万本」のつつじの群生が大変有名となり、訪れた観光客の目を楽しませてくれます。

また、秋が近づく10月上旬から11月の上旬にかけての、約1か月間ほどのあいだは「ススキの群生地」となり、高原一面にススキの穂が波打つ壮観な景色が広がりを魅せます。

葛城山ロープウェイ」を利用すれば「葛城山上駅」まで約6分で行け、山頂の「葛城高原」までは、整備された遊歩道を650メートルほど歩き進めるだけとなります。

また「葛城登山口駅」より、ロープウェイに沿って登る「櫛羅(くじら)の滝コース」と、展望の良い「北尾根コース(秋津洲展望コース)」の2通りの「ハイキングコース」が整備されており、歩いて山頂を目指すこともできます。

今回は、比較的展望の利く「北尾根ハイキングコース」を歩き進めて、山頂に設置されている「二等三角点」を目指す「ハイキング」の紹介となります。

準備が整いましたら「大和葛城山」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

大和葛城山~北尾根ハイキングコースで山頂へ【アクセス・駐車場】

今回は、奈良県御所市櫛羅に位置し、大阪屈指のハイキングの名所で知られる「大和葛城山」の山頂に設置されている「二等三角点」を目指すべく「マイカー」に乗り込み、アクセスを踏み込みます。

上記で「奈良県御所市櫛羅に位置し、大阪屈指のハイキングの名所?」と言いましたが「大和葛城山」は、大阪府と奈良県の府県境にあるため、場所によって奈良県であったり、大阪府であったりするのですが、最高峰が大阪府に位置するため「大阪屈指の・・」と紹介しましたが、名称に「大和」と付く点から考えても「奈良県」の山のようにもイメージしてしまいますが、大阪府の最高峰は「大和葛城山」と広く知られています。

今回、ハイキングを開始する「葛城山ロープウェイ」の乗り場及び、2ヶ所の登山道があるのも、住所から見ても奈良県側となるのですが「大和葛城山」にてハイキングを開始できる登山道は、奈良県側のこの2ヶ所と、大阪府側にある2ヶ所となり、基本的には、合計4ヶ所の「ハイキングコース」が知られています。

大和葛城山」の南には、これまた府県境に位置する、標高1125メートルを誇る「金剛山」があり、今回紹介する「大和葛城山」より高い山となるほか、住所として大阪府南河内郡千早赤阪村に「金剛山ロープウェイ」の乗り場があるのですが、標高1125メートルの最高峰は「奈良県側」にあるため、大阪府の最高峰の山とはならないのですが、金剛山山頂の少し手前の1053メートル地点が、大阪府の「最高地点」と言う、なんともややこしい形になるのですが、そのあたりを深く掘り下げていくと「ハイキング」の紹介が出来ませんので、上記で「大阪屈指の・・」と紹介していますが「いやいや、それは違うで!」とお考えの方も、そのあたりに関してはご了承ください!

まず初めに、今回のハイキングのスタート地点となる「葛城山ロープウェイ」がある登山口への「アクセス」と「駐車場」について簡単に紹介しておきます。

 

葛城山ロープウェイへのアクセスは良好です!

大和葛城山」の中腹に位置し「葛城山ロープウェイ」の乗り場となる「葛城登山口駅」へのアクセスに関しては「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に行くことができます。

まず初めに「公共交通機関」を利用する場合は「最寄り駅」となるのが「JR和歌山線」の「御所駅」もしくは「近鉄御所線」の「御所駅」となるのですが「ハイキング」として訪れる場合ですと「歩く!」と言うのが、基本になるかと思いますが「葛城登山口駅」までは、3.3kmほどありますので、約45分は必要かと思います。

歩きはじめるのは登山口から・・」と、お考えの場合は「タクシー」を利用するか「近鉄御所線」の「御所駅」の前にある「駅前バスターミナル」より「奈良交通バス(80・88系統)近鉄御所駅~葛城山ロープウェイ前」に、約15分乗車することで、終点となる「葛城ロープウェイ前」のバス停留所で下車し、すぐ目の前が「葛城ロープウェイ乗り場」となります。

葛城山ロープウェイの搭乗口です。

葛城山ロープウェイの搭乗口です!

続いては「マイカー」を利用する場合ですが「大阪方面」からですと「南阪奈道路」の「葛城IC」を降りたら、1つ目の信号となる「太田南」の交差点を右折して「県道30号線」に入ります。

しばらく走り進めた先にある「櫛羅」の交差点を右折して「県道203号線」に入ったら、あとは道なりに走り進めた突き当りの手前に「有料駐車場」があります。

葛城IC」からは、5.9kmほどですので、約12分で行くことができます。

もうひとつは「西名阪自動車道」の「柏原IC」を降りるのですが、すぐにある「柏原IC前」の信号を左折して「国道165号線」に入り「大和高田バイパス」さらには「県道30号線」を経由しながら走り進めます。

しばらく走り進めて行った先にある「櫛羅」の交差点を右折して「県道203号線」に入ったら、あとは先程と同じく道なりに進むだけです。

こちらからは、15.1kmほどありますので、約25分ほどかかるかと思います。

最後に「伊賀・亀山方面」からですと「名阪国道」から「西名阪自動車道」を経由し「郡山下ツ道JCT」から「京奈和自動車(無料区間)」に入ります。

しばらく走り進めた先にある「御所南」の出口を降りたら、すぐにある突き当りの信号を右折して「国道309号線」に入ります。

しばらく走り進めた先の「名柄」の交差点を右折して「県道30号線」に入り、少し走り進めた先にある「櫛羅」の交差点を左折したら、上記と同じように道なりに進むだけです。

郡山下ツ道JCT」からになると一番遠く、27.3kmほどありますが、高速道路の「無料区間」を長く走り進めるため、約30分で行くことができます。

 

ハイシーズン以外はP1もしくは最奥の有料駐車場を利用!

最後に駐車場に関してですが「葛城山ロープウェイ」には「無料駐車場」がありませんので、基本的には、手前にあるいくつかの「有料駐車場」を利用することになります。

基本的には「乗用車1回1000円・大型バス5000円・マイクロバス2500円・単車200円」と言う、駐車料金を支払うことになります。

P1~P3」の駐車場と、突き当りまで走り進めたところにある「有料駐車場」さらに「臨時駐車場」があるのですが、訪れる時期によって「閉鎖」されている「有料駐車場」もあるのですが「県道203号線」を走り進めて行くと、最初に右手側にある「葛城山駐車場・24時間利用可能」と書かれた「P1駐車場」に関しては、一年を通して閉鎖されることが無い「前払い制の自動ゲート精算機」の駐車場となります。

大和葛城山にある「P1駐車場」です。

大和葛城山にある「P1駐車場」です!

P1駐車場」の駐車台数に関しては、約120台の広々とした駐車場となるのですが「大型バス・マイクロバス・単車」に関しては、止めることができず「乗用車専用」の駐車場となります。

また「葛城山」の山頂にある「ロッジ泊」で、日を超えて駐車することになる場合に関しては「追加料金」が発生することなく、ゲートを出ることができます。

注意点として「大型バス・マイクロバス」に関しては、事前に「日時・台数・サイズ(大型・マイクロ等)・ご連絡担当者・お電話番号・雨天時の中止の有無」を「御所市観光協会」に、お電話にてお知らせする必要があります。

葛城山」は、特に「つつじシーズン時」には、非常に大勢の方が訪れますので「臨時駐車場」として、普段閉鎖されている全ての「駐車場」が開放されますが、今回のように時期外れの平日に訪れた場合には「葛城山駐車場・24時間利用可能」の「P1駐車場」と、もうひとつ、突き当りの手前にある「有料駐車場」のみが、利用できる形となります。

大和葛城山の有料駐車場です。

大和葛城山の有料駐車場です!

今回「P2駐車場」と「P3駐車場」は閉鎖されていましたが、突き当りの手前にある「有料駐車場」に関しては営業しており、料金回収のおばさんがプレハブの中にいたのですが、いつも営業しているのかは「」となります。

P1駐車場」も、この突き当りの「有料駐車場」も、駐車料金は同じなので、止めるなら突き当りの「有料駐車場」に止めたほうが、歩く距離が短いですし、おばさんが常駐していることで、車上荒らしなどの心配もいらないのではないかと思います。

また「葛城山駐車場・24時間利用可能」の「P1駐車場」は「自動支払機」ですが、残りの駐車場が営業している場合は、それぞれに、料金を集めるおじさんが常駐する形となります。

尚、今回管理人は「1000円!」と言う駐車料金が「高い!」と考え「バイク」で訪れましたが、本来「バイク」は「P3駐車場」に止める形となるのですが「閉鎖!」となっており、おばさんに「バイクはどうすれば?」と聞きに行くと「土日はお金集めるおっちゃんいてるけど、今日は平日でいてないから適当に止めとき!」と、言うことでしたので「P3駐車場」の隅に止めて散策に出かけました。

と、言うように「平日限定」ではありますが「バイク」に関しては、運が良ければ「無料」で止められる日もあるかと思います。

以上が「葛城山ロープウェイ」への「アクセス」と「駐車場」の紹介となります。

 

葛城山ロープウェイの料金は高い?安い?

さて、今回は「大和葛城山」の山頂に向けてのハイキングとなりますが、春の「つつじ」の開花時期となる、5月上旬から中旬に訪れた場合に関しては、大勢の方で賑わうのでしょうが、パッと見渡す限り、ほぼ人の姿がありません。

バイクを止めたところで、早速「ハイキング」を開始しますが、まずは「葛城山ロープウェイ」より、さらに奥に遊歩道を進んだ場所にある「登山口」に向かいます。

展望所より望む景色です。

展望所より望む景色です!

P3駐車場」を出ると、前を横切る車道を渡り、右手側に伸びる階段を登ると「展望所」があるのですが、朝一番で少しもやがかっていますが、なかなか優れた景色が広がりを魅せています。

今回は、朝一番となる、9時過ぎの到着となりましたが「駐車場」には、1台も車は止まっておらず、とても静かな状況となります。

車は無いのですが「バスを利用か?」それとも「駅から徒歩で訪れたのか?」は分かりませんが、5、6人の「ハイカー」の姿はあります。

展望所」を過ぎると、急勾配の遊歩道が長く伸びるのですが、左手側に「葛城山ロープウェイ」の乗り場があります。

搭乗口となる葛城登山口駅です。

搭乗口となる葛城登山口駅です!

今回は「葛城山ロープウェイ」を利用せずに「ハイキング」として山頂を目指すのですが「葛城山ロープウェイ」を利用すれば、約6分で「葛城山上駅」に行くことができます。

基本的に「葛城山山頂」への「アクセス」に関しては「葛城山ロープウェイ」を利用する方が、大半を占めるのではないかと思いますが、運賃が2019年1月1日より改定され「大人の往復が1500円・片道950円」となり「小児の往復750円・片道480円」さらに「手回り品290円」と、なかなかお高い料金設定となり「駐車場代1000円」を合わせると、お財布にやさしくありません!

駐車場代」に関しては仕方ないですが、ハイキングとして訪れる限り、この「ロープウェイ」の運賃のことを考える必要は無いのですが「もったいないから歩いて行こかな?」と言うレベルでお悩みでしたら、結論として「迷わずロープウェイを利用!」してください!

管理人は「ハイキング初心者」となりますが、それなりの数のハイキングを経験しています。

もちろん今回も、ハイキングを目的として、歩きはじめましたが、急勾配で足元の悪い登山道は、思っていた以上に過酷な道のりとなり、道中で何度も「引き返そうかな?」なんて、弱音を吐いて心が折れかけました。

それなりの覚悟のうえで「ハイキング」として山頂を目指すなら良いのですが、普段から運動不足の方をはじめ、カップルの方や小さなお子様連れのご家族の方、さらには年配の老夫婦などで「観光で・・!」と、お考えの場合でしたら、少々お高く感じますが「ロープウェイ」のご利用をお勧めします。

尚、山頂の「葛城高原」までは、今回紹介する「北尾根コース」より道中で「ダイヤモンドトレール」を経由するコースで、約4kmほどになるかと思います。

 

猪用防止柵を抜けてハイキング開始です!

さて「葛城山ロープウェイ」を左手側に見ながら、軽い登り勾配の遊歩道を、約50メートルほど歩き進めて行くと「猪用防止柵」が設置された登山道の出入口が見えてきます。

猪用防止柵」には「ストッパー」が付いているだけで、鍵などは掛かっていませんので、ご自身で開けて中に入った後は、閉めてからハイキングを開始する形となります。

猪用防止柵よりハイキングスタートです。

猪用防止柵よりハイキングスタート!

歩きだすと同時に、景色は奥深い山奥のような登山道へと変わりますが、軽い登りの比較的歩きやすい道のりとなります。

程なくすると右手側に石碑があり、さらに数十メートル歩き進めると「分岐点」があるのですが、直進する登山道は「櫛羅(くじら)の滝コース」となり、ほぼ「葛城山ロープウェイ」に並走する形で歩き進めて行く「ハイキングコース」となります。

一方で、右手側に進めば「北尾根コース」となり、見るからに急勾配の登山道になりますが、景色を楽しみながら山頂へと向かえるのが特徴のコースとなります。

北尾根コースで山頂を目指します。

北尾根コースで山頂を目指します!

今回は、この「北尾根ハイキングコース」で、山頂へと向かいたいと思うのですが、右手側にある登山道は「ほぼ垂直では?」と、一瞬ひるむような階段を、登り進めて行く形となります。

歩きやすかった登山道から、一気に急勾配の登山道へと変わりますが、程なくすると勾配はきついものの、比較的歩きやすい登山道へと変わりますが、5分もしない間に右手側に「目標位置」を示す、案内看板が目に入ってきます。

ご自身の位置を示す目標位置です。

ご自身の位置を示す目標位置です!

案内看板には、目標位置として「北尾根です」と書かれているのですが、これは「北尾根コース」を歩き進めている際の、ご自身の位置を示すことになり、目標位置として「北尾根」まで道中にあるのですが、これは「御所消防署」が設置している看板となります。

万が一にも火災を発見したり、ご自身に緊急事態が発生した時には「119番通報」するのですが、その際に「目標位置」として、伝えるための目印の看板となります。

それと同時に、山頂に向かうにあたり、残りの道のりが分かるのですが、この時点で「北尾根」となりますが「北尾根コース」の終着点となる「」に向けて気合が入ります。

 

北尾根コースの見どころ「展望所」

さて「北尾根コース」の見どころとなるのは「展望所」が道中にあり「景色を楽しみながら山頂へと向かえる!」と、言うのが特徴となるのですが、現時点で急勾配を登り進めているだけに「北尾根コース」に入って約10分ほどで「北尾根」の地点に到着となりますが、なかなかに優れた景色を望むことができます。

優れた景色を望むことができます。

優れた景色を望むことができます!

歩いていると、ちょこちょこと景色を望められる場所があるのですが、ちゃんとした「展望所」は「北尾根」と「北尾根」のあいだぐらいとなります。

景色を眺めて、少し気合を取り戻すのですが、依然として急勾配の道は続きます。

岩がゴロゴロと転がる、足元が悪い不規則な石段へと変わり「北尾根」に到着する頃には足が止まり、大きく肩で息をするようになります。

足元の悪い登山道となります。

足元の悪い登山道となります!

気合を入れて歩き進めて行くのですが「北尾根」に到着すると、登山道を塞ぐように根元から木が倒れており、這いつくばりながら、恐る恐る倒木をくぐり抜けていく形となります。

訪れた際に整備されていないようでしたら、十分に気を付けて歩き進めるようにして下さい!

そんな「北尾根」を越えると、見どころのひとつとなる「展望所」に到着となります。

北尾根コースの展望所より望む景色です。

北尾根コースの展望所より望む景色!

展望所」と言いながら、ベンチが1つだけっ設置されただけの、狭いスペースとなるのですが、先程まで所々で眺めていた景色より、標高が高くなったこともあり、御所市を中心とした奥行きのある山々の景色を望めます。

右手側には「葛城山ロープウェイ」があり、僅か6分で一気に「葛城山上駅」に登り進める様子を見ていると、少し涙がこぼれそうになります。

展望所」がある「北尾根」の辺りまで来ると、登山口より700メートルほど進んでいることになりますが、山頂までは約3kmほど残っています。

急勾配で足元の悪い道のりであるため、かなり体力を奪われているかと思いますので、休憩を兼ねてゆっくりと景色を眺めてください!

 

ダイヤモンドトレールを歩き進めて山頂へ

展望所」を越えると、しばらくトリッキングな急勾配は続きますが、程なくすると登り坂は少しやわらぎ、その後、平坦な登山道へと変わっていきます。

北尾根」まで来ると、初めての「分岐点」があり、真っ直ぐ道なりに進めば「自然研究路」を経由しながら山頂へと行くルートとなり、右手側に伸びる登山道を進めば、道中に「ダイヤモンドトレール」を経由しながら山頂に向かうルートとなります。

目標地点クにある分岐点です。

目標地点クにある分岐点です!

今回は「ダイヤモンドトレール」を経由して山頂を目指すことにしましたが、距離的に言うと「自然研究路」を進めば、約2.1kmで「ダイヤモンドトレール」を経由すれば、約1.7kmと少し短くなります。

どちらが歩きやすいかと言うと、ハイキングマップを見た限りでは、恐らく「自然研究路」ではないかと思うのですが、階段が少なく、アップダウンに関しても少ないように思います。

実際に「自然研究路」に関しては、歩いていませんので、なんとも言えませんが・・

この「分岐点」で、ようやく中間地点となるのですが、約1時間ほど経過しています。

北尾根コース」も、いよいよ終盤を迎えますが、依然としてトリッキングで急勾配の多い登山道となるほか、時期にもよるかと思いますが、落葉の量が大変多く、足が取られて歩きづらい道のりとなります。

ここより先はダイトレを進みます。

ここより先はダイトレを進みます!

落葉の敷きつまった急勾配の悪道を登りきると「北尾根」の目標位置となり、少し歩き進めた先にある「T字路」の突き当りまでが「北尾根コース」となります。

突き当りとなる「T字路」より左右に伸びる登山道が「ダイヤモンドトレール」となり、右手側に進めば「岩橋山方面」となり、左手側に進めば「葛城山山頂方面」へと向かうことができます。

ダイヤモンドトレール」は、1970年に、大阪府と奈良県が、5年の歳月をかけて整備したのですが、名称となる「ダイヤモンドトレール」は「金剛石(ダイヤモンド)」にちなんで付けられ、通称「ダイトレ」の略称で、多くのハイカーに親しまれています。

3つの府県をまたぎ、関西を代表する「縦走コース」となるのですが、北は奈良県香芝市にある「屯鶴峯」から「二上山」そして今回紹介している、大阪府の最高峰となる「大和葛城山」さらに、大阪府の最高地点のある「金剛山」を経て「岩湧山」を通って、南は和泉市にある「槇尾山」までの、約45kmを繋ぐ自然歩道になります。

ダイヤモンドトレール」を歩けば、四季折々の風景を楽しむことができ、全体の標高差は1080メートルあるのですが、起伏に富んだコースは大変人気があり、ハイキングを満喫できる縦走路となっています。

最後は、そんな「ダイヤモンドトレール」の一部を歩き進めて「葛城山山頂」に向かうことになります。

長く続く急勾配の階段です。

長く続く急勾配の階段です!

ダイヤモンドトレール」に入れば「葛城山山頂」まで、残すところ1kmほどとなり、少し気持ち的には楽になるのですが、ここから「葛城山山頂」までの道のりが、気持ちとは裏腹に意外と大変です。

急勾配の登り階段を「登りきったと思ったら今度は下り、下りきったと思ったらまた登る!」と言った感じで、最後の最後に体力勝負の難関となります。

 

葛城高原の山頂にある二等三角点とモニュメント!

ダイヤモンドトレール」を歩き進めていると、左手側に巨大なアンテナが見えてくるのですが、ここまで来れば「葛城山山頂」も目前です。

アンテナまで来れば山頂は目前です。

アンテナまで来れば山頂は目前です!

巨大なアンテナを横目に見ながら歩き進めていると、少し広くなった空間があり、さらに歩き進めていると整備の行き届いた遊歩道に出ます。

この遊歩道は「葛城山上駅」から「葛城山山頂」へと延びている遊歩道となり、左手側に下って行けば「葛城山上駅」となりますので、右手側に進みます。

右手側に進むと同時に、1軒の建物が左手側に見えるのですが、この建物は「白樺食堂」と言い、お食事処となります。

白樺食堂の展望テラスより望む景色です。

白樺食堂の展望テラスより望む景色!

今回は「火曜日」と言うことで「白樺食堂」の入口には「定休日」と書かれているのですが「白樺食堂」は基本的に「土日祝のみの営業」で、平日は全て休みとのことですが、繁忙期には平日の営業もあると言いますが、はっきりとした情報が無いので、基本的に「平日は休み!」と、考えてお出かけください。

営業している時には、朝の11時00分~夕方の16時00分までとなるそうです。

店内を少し覗いてみましたが、広くゆったりとしており、登山で疲れた身体を休めるのには最適の空間となるのですが、店の奥に「展望テラス」があるのが見えるのですが、この「展望テラス」に関しては「定休日」でも、建物の奥から入れるようになっています。

木々の緑に囲まれた「展望テラス」には、木の椅子が所狭しと並べられており、ゆっくりと腰を掛けて景色を望めますが、目を閉じると爽やかな風に乗って、小鳥のさえずりも聞こえてきます。

さて「白樺食堂」まで来れば「葛城山山頂」は目の前となり、右手側に長く伸びる階段を登り進めます。

大和葛城山の山頂より望む景色です。

大和葛城山の山頂より望む景色!

階段を登りきると広々とした「葛城山山頂」に到着となります。

広々とした「葛城山山頂」の右手側、すなわち北にあたる一角に「二等三角点」と「葛城山山頂」を象徴する「モニュメント」さらに、東の方角に広がりを魅せる「大和路の展望図」が刻まれた展望スペースがあります。

葛城山山頂」の「モニュメント」は、特徴的な形となるのですが、長さの異なる丸太を横並びに配置し、まるで山の斜面に見立てているかのような作りなのですが、ここまで必死に歩いてきただけに「モニュメント」の前に立つと、達成感で胸がいっぱいになります。

そんな「モニュメント」の横に「二等三角点」が設置されているのですが「葛城山山頂」は、非常に展望に優れた場所となります。

三角点」は、一般的に眺望の利く場所に設置され、三角測量に用いる際に「経度・緯度・標高」の基準になる点のこととなります。

ちょっと怖い話ですが「三角点」の「柱石」の破壊などで、機能を損ねる行為をした人は、測量法の規定により「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金!」に処せられると言う、かなり厳しい罰が待っているので、くれぐれもふざけて蹴ったり乗ったりしないように・・・!

とは言っても「大和葛城山」の「二等三角点」は、ほぼ地面に埋め込まれ、数センチしか出ていませんので、破壊すること自体が難しいですけどね!

と、言ったところで「大和路の展望図」が刻まれた展望スペースより景色を望むのですが、正面にあたる東方面には「大和平野」を中心に「三輪山」さらに遠く「大台ヶ原・大峰の山々」が望めるのですが、西方面に振り返れば「大阪平野」をはじめ「六甲山系」や「北摂の山々」さらには、大阪湾や遠く淡路島を望むことができ、南には「金剛山」や「奥吉野」北には「生駒山系」など、360度の大パノラマの景色を望むことができます。

先ほども少し話しましたが、南側には、標高1125メートルを誇る「金剛山」があるのですが、山頂は「奈良県」に位置するため、大阪府の最高峰とはならないのですが、大阪府の「最高地点」に関しては「金剛山」の1056メートル地点となります。

さて、この「葛城山山頂」に設置されている「二等三角点」は、大阪府に位置するため「葛城山」は、大阪府の最高峰となるのですが「二等三角点」より東に2~3歩移動すると「奈良県」になります。

また「モニュメント」があるポイントは「大阪府側」で「大和路の展望図」が設置されているポイントは「奈良県側」と、なんともややこしい感じになりますが、東方面の景色となる「大和路の展望図」のみが刻まれていると言うのも「奈良県側」の位置にあるからではないかと考えるのですが、真相の程はハッキリと分からず、管理人の見解となりますので・・・「」です。

そんな微妙な「葛城山山頂」は「葛城高原」となるのですが、秋に向かう10月上旬から11月の上旬にかけての、約1か月間ほどのあいだは「ススキの群生地」となり「大阪府屈指?奈良県屈指?」のススキの名所となり、高原一面にススキの穂が波打つ壮観な景色は、まさに絶景となります。

今回は「葛城山山頂」の「二等三角点」を目指すハイキングの紹介でしたので「葛城高原」に群生する「ススキ」に関する紹介は別にしていますので、詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい!

葛城高原のススキに関する記事はコチラをご覧下さい

葛城高原に広がるススキの草原です。
葛城高原~山頂に広がるススキの大草原【アクセス・駐車場】

今回紹介するのは、奈良県御所市櫛羅に位置し、大阪府の最高峰となる「大和葛城山」の山頂の「葛城高原」に広がりを魅せる「ススキの大草原」です。 奈良県の御所市と、大阪府の南河内郡千早赤阪村との府県境に位置する「大和葛城山」は「金剛生駒紀泉国定公園」の一角に位置し、大阪府を代表する名山のひとつとなります。 ...

以上が「北尾根コース」及び「ダイヤモンドトレール」で目指す「大和葛城山山頂」へのハイキングの紹介となります。

尚、今回紹介した「北尾根コース」のハイキングは、決して難しいコースでは無いのですが、登り一辺倒のトリッキングで体力を必要とするハイキングコースとなりますが、ハイキング初心者から中級者向けではないかと思います。

時間にして、1時間30分から2時間ぐらいのコースとなりますので、帰りの時間も頭に入れたうえで、是非一度、お楽しみください!

 

大和葛城山・葛城山ロープーウェイのアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

大和葛城山」葛城山ロープーウェイ

  • 住所:〒639-2312奈良県御所市櫛羅2503-1
  • 電話:0745-62-4341(葛城山ロープウェイ)
  • 時間:(始発)朝9時10分~(最終)夕方17時00分
    尚、大和葛城山の散策は自由ですが登山道に夜間照明はありませんが山頂には一部あります。
  • 定休日:無休ですが定期点検のため運休する場合があります。
  • 入山料:無料
  • 運賃:大人(往復1500円・片道950円)・小児(往復750円・片道480円)・手回り品(290円)
    *乗車時間は約6分で運転間隔は15分から50分です。
  • 駐車場:無し(周辺にある「有料駐車場」を利用)
  • アクセス【公共交通機関】「JR和歌山線」の「御所駅」もしくは「近鉄御所線」の「御所駅」から徒歩もしくはタクシー3.3km(約45分)
    JR和歌山線」の「御所駅」もしくは「近鉄御所線」の「御所駅」から「駅前バスターミナル」に移動し「奈良交通バス(80・88系統)近鉄御所駅~葛城ロープウェイ前」に乗車(約15分)して終点となる「葛城ロープウェイ前」のバス停留所で下車してすぐ
    お車】「大阪方面」からは「南阪奈道路」の「葛城IC」を降りたら1つ目の信号となる「太田南」の交差点を右折して「県道30号線」に入りしばらく走り進めた先にある「櫛羅」の交差点を右折して「県道203号線」に入ったらあとは道なりに走り進めた突き当りの手前に「有料駐車場」があります5.9km(約12分)
    西名阪自動車道」の「柏原IC」を降りてすぐにある「柏原IC前」の信号を左折して「国道165号線」に入り「大和高田バイパス」さらには「県道30号線」を経由しながらしばらく走り進めて行った先にある「櫛羅」の交差点を右折して「県道203号線」に入ったらあとは道なりに走り進めた突き当りの手前に「有料駐車場」があります15.1km(約25分)
    伊賀・亀山方面」からは「名阪国道」から「西名阪自動車道」を経由し「郡山下ツ道JCT」から「京奈和自動車(無料区間)」に入り「御所南」を降りてすぐの突き当りの信号を右折して「国道309号線」に入りしばらく走り進めた先の「名柄」の交差点を右折して「県道30号線」に入り少し走り進めた先にある「櫛羅」の交差点を左折して「県道203号線」に入ったらあとは道なりに走り進めた突き当りの手前に「有料駐車場」がありますが「郡山下ツ道JCT」からは27.3km(約30分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

大和葛城山」の「北尾根コース」及び「ダイヤモンドトレール」にて目指す「大和葛城山山頂」への「ハイキング」はハイキング初心者から中級者向けの約4kmほどの道のりとなります。
登り一辺倒の「健脚者向け」のハイキングコースとなるほか、道中は足元の悪さが気になる、体力勝負のコースとなりますが「葛城山山頂」に到着した時に、望むことができる景色を目の前にすると、達成感で胸がいっぱいになります。
葛城山ロープウェイ」を利用して「山頂」を目指すのも良いかと思いますが、体力勝負の「ハイキングコース」をお探しの方には、程よいハイキングが楽しめるのではないかと思います。
是非一度「大和葛城山」の「北尾根コース」及び「ダイヤモンドトレール」を歩いて、山頂を目指してみてください!

関連記事

ハイキングに関する記事はコチラをご覧下さい

  赤目四十八滝~ハイキング【アクセス・駐車場】赤目五瀑を攻略

  るり渓~ハイキング【アクセス・駐車場】るり渓12勝を攻略

  箕面公園~ハイキング【アクセス・駐車場】箕面の滝へ

  大台ヶ原【アクセス・駐車場】紅葉のハイキングは大人気

  大蛇嵓から望む超絶景~紅葉のハイキング【大台ヶ原】

  春日山原始林【ハイキング】大自然の姿そのままに!【奈良奥山ドライブウェー】前編

  春日山原始林【世界遺産】見どころが点在する歴史ある石仏【ハイキング】

  ほしだ園地【見どころ】星のブランコへのハイキングは紅葉がお勧め!

  くろんど園地【見どころ】多彩なハイキング【アクセス・駐車場】

  天滝渓谷【紅葉】但馬三名瀑のハイキング【アクセス・駐車場】

  枚岡公園【アクセス・駐車場】展望台目指して紅葉ハイキング!

  みずのみ園地【ハイキング】水吞地蔵院より十三塚へ!

   らくらく登山道【アクセス・駐車場】気軽に楽しめるハイキング

  なるかわ園地【アクセス・駐車場】ハイキングの見どころ紹介!

  ぬかた園地~あじさい園のハイキング【アクセス・駐車場】

  むろいけ園地【アクセス・駐車場】水辺自然園でハイキング!

  甲山森林公園【アクセス・駐車場】緑豊かなハイキング

  岩湧山~四季彩館よりススキのハイキング【アクセス・駐車場】

  砥峰高原~ススキの大草原のハイキング【アクセス・駐車場】

  大和葛城山~櫛羅の滝ハイキングコースで山頂へ【アクセス・駐車場】

  葛城高原~山頂に広がるススキの大草原【アクセス・駐車場】

  甲山頂上~ハイキング【アクセス・駐車場】神呪寺より山頂へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-ハイキング
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.