気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

大内峠一字観公園・一字観【アクセス・駐車場】横一文字の絶景

投稿日:2018年8月21日 更新日:

今回紹介するのは、京都府宮津市にある「日本三景」のひとつ「天橋立(あまのはしだて)」を、展望できるスポットのひとつ「大内峠一字観公園」より、眺める景色です。

天橋立」は、見る方向により、全く違う景色となり、見る者に感動すらも、与えてくれます。

展望スポットとして、特に有名なのが「天橋立ビューランド」と「傘松公園」さらに「獅子崎稲荷神社」と、ここ「大内峠一字観公園」となっています。

これら4か所の展望スポットは「四大観」と、称され「天橋立ビューランド」は「飛龍観」と呼ばれ「傘松公園」は「昇龍観(股のぞき観)」さらに「獅子崎稲荷神社」は「雪舟観」最後に「大内峠一字観公園」は「一字観」と、称されています。

大内峠一字観公園」すなわち「一字観」では「天橋立」を「横一文字」に、観ることができます。

大内峠一字観公園より望む天橋立です。

大内峠一字観公園より望む天橋立!

天橋立」は、日本海の「宮津湾」にあり、広島県の「宮島」や、宮城県の「松島」などと、肩を並べる「日本三景」のひとつとして、非常に有名で、大変に人気のある観光スポットとなっています。

天橋立」は、京都府宮津市の「宮津湾」と、内海の「阿蘇海」を、南北に隔てる、幅が20m~170mで、長さが3.6kmを誇る「砂州」となります。

日本を代表する「景勝地」となる「天橋立」は、人が手を加えて作り出した「人工物」ではなく「天然の道」となっており「日本の道100選」に選定される、路線となります。

京都府道607号線」となる「天の橋立線」は、主に観光のための「散策路」となっているため「一般車両」などの、通行はできません。

さらに美しい「松原(松樹林)」を、ともなった海岸は「日本の松の緑を守る会」が選定する「日本の白砂青松(はくしゃせいしょう)100選」にも、選ばれています。

古来より「奇勝・名勝」で知られる「天橋立」は、昭和27年11月22日に「特別名勝」となりました。

観光入込客数は、毎年200万人~300万人と言われ「京都府(京都市内は除く)」では、堂々の1位となっています。

天橋立」を、観賞するための絶景ポイントは「四大観」以外にもたくさんありますが、ここでは「一字観」と称される「大内峠一字観公園」から眺める「天橋立」の絶景を、お届けしたいと思います。

準備が整いましたら「四大観」のひとつ「一字観」となる「大内峠一字観公園」の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

大内峠一字観公園・一字観【アクセス・駐車場】横一文字の絶景

今回は、京都府宮津市にある「日本三景」のひとつ「天橋立(あまのはしだて)」の観賞をするため「四大観」のひとつとなる「大内峠一字観公園」すなわち「一字観」に向けて、車を走らせます。

四大観」のうち「天橋立ビューランド」の「飛龍観」と「傘松公園」の「昇龍観(股のぞき観)」さらに「獅子崎稲荷神社」の「雪舟観」は、すでに訪れて、紹介済みとなります。

「四大観」からの絶景の記事は後ほどコチラをどうぞ

天橋立ビューランドより望む景色です。
天橋立ビューランド【アクセス・駐車場】飛龍観に龍が降臨

今回紹介するのは、京都府宮津市文珠にある「日本三景」のひとつ「天橋立(あまのはしだて)」です。 「天橋立」は、日本海の「宮津湾」にあり、広島県の「宮島」と、宮城県の「松島」と、肩を並べる「日本三景」のひとつとして、非常に有名で、人気のある観光スポットとなっています。 「天橋立」は、京都府宮津市の「宮 ...

『展望台』より眺める天橋立です。
傘松公園・昇龍観【アクセス・駐車場】股のぞき発祥の地!

今回紹介するのは、京都府宮津市文珠にある『日本三景』のひとつ『天橋立(あまのはしだて)』です。 『天橋立』は、日本海の『宮津湾』にあり、広島県の『宮島』と宮城県の『松島』と肩を並べる『日本三景』のひとつで、非常に有名で人気のある観光スポットとなっております。 『天橋立』は、京都府宮津市の『宮津湾』と ...

幾重にも連なる朱色の鳥居です。
獅子崎稲荷神社・雪舟観【アクセス・駐車場】雪舟が描く横一文字

今回紹介するのは、『日本三景』のひとつ『天橋立(あまのはしだて)』です。 『天橋立』は、日本海の宮津湾にあり広島県の『宮島』と、宮城県の『松島』などと肩を並べる『日本三景』のひとつとなり、たいへん人気の高い観光地となっています。 『天橋立』は、京都府宮津市の『宮津湾』と、内海である『阿蘇海』を南北に ...

まず初めに「大内峠一字観公園」を、訪れるにあたっての「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

大内峠一字観公園を訪れるのはマイカーがお勧めです!

今回訪れる「大内峠一字観公園」は、大内峠を、山頂付近まで登り進めた、小高い丘に整備された公園となり、コテージやキャンプのできる施設を兼ね備えた、与謝野町を代表する、キャンプ場となっています。

まずは「公共交通機関」を、利用する場合ですが「最寄り駅」となるのは「京都丹後鉄道宮豊線」の「岩滝口駅」となるのですが「大内峠一字観公園」まで5.6kmほどあり、道中は、上り勾配のきつい山道となるので、2時間ぐらい必要かと思います。

岩滝口駅」は、普通列車のみの停車駅となるほか、常駐する「タクシー」なども無いため、実際の「最寄り駅」となるのは「天橋立駅」となります。

天橋立駅」からですと、さらに遠く、9.2kmほどとなり、徒歩で向かうのは困難で「タクシー」を、利用することになり、経済的には優しくありません!

従って「公共交通機関」を利用するのは、基本的にはお勧めできず「マイカー」を、利用して行くことになります。

続いて「マイカー」を利用する場合ですが、こちらの場合は、特に大きな問題はありませんが、山道を3kmほど走り進めますが、とりわけ険しい道のりでもありません!

大内峠一字観公園に向かう山道です。

大内峠一字観公園に向かう山道です!

マイカー」を、利用する場合「山陰近畿自動車道・鳥取豊岡宮津自動車道」の「与謝天橋立IC」を、降りることになりますが、降りてすぐの信号を、右折して「国道176号線」に入ります。

その後すぐにある、1つ目の「石田橋」の信号を、左折して「府道2号線」に入り、橋を渡った先の「石田」の交差点を、さらに右折して「府道651号線」に入ります。

その後1.5kmほど先にある「大内峠一字観公園3.5km」と書かれた、案内看板がある、信号のない交差点を左折して、同じく「府道651号線」を、道なりに進んで、指示通り山道を3.5km進めば「大内峠一字観公園」に到着となります。

与謝天橋立IC」からは、5.4kmほどですので、15分もあれば行くことができます。

最後に「駐車場」に関してですが「大内峠一字観公園」には、約30台の「無料駐車場」が、用意されています。

大内峠一字観公園の無料駐車場です。

大内峠一字観公園の無料駐車場!

今回訪れた時には、先客者の駐車は無く、駐車スペースに余裕がありましたが、最初にも言いましたが「キャンプ場」を、兼ねた公園となるので、繁忙期にはこんなことは無く、時間帯によっては、駐車するのが困難になるかもしれません!

特に、入園時間など決められおらず、24時間365日、いつでも出入りできますので、繁忙期に訪れる場合は、早い時間帯に訪れることを、お勧めしておきます。

以上が「大内峠一字観公園」の「アクセス」と「駐車場」に関する、紹介となります。

 

大内峠一字観公園の手前にある「長命いっぷく名水」

軽快に車を走らせ「大内峠一字観公園」に向かう、最後の3kmの「府道651号線」の、峠道を走り進めていると、600メートル手前の右手側に「長命いっぷく名水」なるものがあるので、立ち寄ってみます。

長命いっぷく名水」の前には「大内峠一字観公園」への案内看板があるのと、その横には「妙見堂」へと続く、取って付けたような「鳥居」が建てられた、階段があります。

妙見堂へと続く145段の石段です。

妙見堂へと続く145段の石段です!

実は、この石段を登ること「145段」のところに「妙見堂」があり、そのすぐ先に「大内峠一字観公園」がありますので、ここから圏内に向かうことも、可能となります。

写真には写っていませんが、石段の左側は、20~30メートルぐらいの道があり、その先は「行き止まり」となるため、駐車することができます。

従って、繁忙期で「大内峠一字観公園」の駐車場が満車の時などは、こちらに止めて、石段を登り進めて、展望スペースへ向かえば、良いかと思います。

車を駐車し「長命いっぷく名水」へと、向かってみますが、岩滝町から大宮町へ通じる、府道の町境にある「長命いっぷく名水」は、地元の方はもちろんのこと、遠方の方までもが、この「長命の水」と呼ばれる、名水を求めて訪れるという、人気ぶりとなっています。

味わいどころ「長命いっぷく名水」です。

味わいどころ「長命いっぷく名水」

この「長命いっぷく名水」は「徳川時代」までさかのぼると、峰山藩の「参勤交代」の、本道となっており、宮津藩の「検札所」があったり「海上貿易」の拠点となる、岩滝町へ往来する人々が「天橋立」の、美しい景色を眺めながら「いっぷく」したと、言われている休憩所であったことから、命名されています。

昔より、この「長命の水」を飲めば「寿命が延びる!」と、評判の高い水であったと言い、現在でも多くの方が、わざわざ汲みに来ると言います。

と、言うことですので、とりあえずペットボトルに入れて、味見してみます。

非常に冷たくておいしい!」以上!

綺麗に整備されていて、衛生面も大丈夫と思うのですが、実は「保勝会」と、称される方々が、日々清掃活動していると言うことですので、感謝したいところです。

さらに「長命いっぷく名水」の建物の隣に、3体からなる「いっぷく地蔵」も、小さなお堂に鎮座しています。

見どころのひとつ「いっぷく地蔵」です。

見どころのひとつ「いっぷく地蔵」

全国各地にある、整備された場所に設置された「名水100選」などは、水を汲むときに、ふと片隅に目を向けると、申し訳なさそうに「浄財箱」が置かれていて、維持管理費として、浄財を求める場所も、多々ありますが、この「長命いっぷく名水」は、特に浄財を求めるような「浄財箱」の、設置は無いので、とても良心的です。

料金が書かれていれば、分かりやすいのですが、よくあるのが「浄財箱」だけ置かれていて、何も書いていないパターンで、そんな時は「いくら納めればいいの?」と、悩んでしまいます。

悩むことなく「長命の水」を、手に入れたところで「大内峠一字観公園」に向かいます。

 

四大観のひとつ大内峠一字観公園「一字観」

先ほども話しましたが、本日は、ここ「大内峠一字観公園」の駐車場には、先客者の姿が1台も無く、車を止めてすぐ目の前にある、芝生広場に行きましたが、貸し切り状態での「天橋立」の観賞となります。

芝生広場より望む天橋立です。

芝生広場より望む天橋立です!

天橋立」は、見る方向により、全く違う景色となり、見る者に感動すらも、与えてくれます。

天橋立」を、取り囲むように、数多くの展望スポットが点在するのですが、そんなスポットの中でも、特に有名なのが「天橋立」の南側に位置する「天橋立ビューランド」と、北側に位置する「傘松公園」さらに、東側に位置する「獅子崎稲荷神社」と、西側に位置する「大内峠一字観公園」となっています。

これら、4か所の展望スポットは「四大観」と称され「天橋立ビューランド」は「飛龍観」と呼ばれ「傘松公園」は「昇龍観(股のぞき観)」さらに「獅子崎稲荷神社」は「雪舟観」最後に「大内峠一字観公園」は「一字観」と、称されています。

芝生広場の奥へと歩みを進めて行くと、階段があり「展望台」へと、続いています。

展望デッキより望む天橋立です。

展望デッキより望む天橋立です!

展望デッキには、幾つかのベンチが置かれ、落下防止用の欄干越しに「天橋立」の姿を、観賞できるようになっています。

大内峠一字観公園」すなわち「一字観」では「天橋立」を「横一文字」に、観ることができます。

本日は、天候も良く、眼下に広がりを魅せる「横一文字」に、長く続く「日本三景」の「天橋立」の姿は、まさに「絶景!」のひと言になります。

天橋立」の、展望スポットとして「四大観」のひとつに選ばれるのにも、納得のできる景色となっています。

横一文字に長く伸びる「天橋立」です。

横一文字に長く伸びる「天橋立」

一字観」より望む景色では、春には眼下に「」が咲き乱れて、その先にある阿蘇海と、松並木との色のコントラストが、非常に美しく見ることができるほか、秋になれば「紅葉」とのコラボも、楽しむことができます。

それなりの街並みがあることから、夜景なども、楽しむことができるかと思われます。

天橋立ビューランド」の「飛龍観」や「傘松公園」の「昇龍観」は、多くの観光客が訪れて、大変な賑わいとなるのですが、ここ「大内峠一字観公園」の「一字観」と「獅子崎稲荷神社」の「雪舟観」に関しては、有名にも関わらず、アクセスの悪さから、観光客の姿が非常に少ないのですが、その点では、今回のようにゆったりとした時間を、貸し切り状態で、過ごすことができると思うと「」が付くほどの「穴場」ではないかと考えます。

キャンプ場にもなっていますので、繁忙期にはそうはいかないと思いますが、どちらかと言えば、寒い時期に訪れれば、貸し切り状態の可能性も、少しは高くなるのではないでしょうか?

今回は、景色を眺めるのが目的で訪れましたが、簡単にキャンプ場の紹介もしておきます。

 

天橋立を眺めながらの贅沢なキャンプができます

今回は、キャンプ場としてのお客さんはいませんでしたが、ご利用できる期間があり、毎年「4月1日~11月30日まで」と、なっていると言うことです。

芝生広場より、少し小高くなった場所に「パノラマコテージ」があるほか、お持ち込みのテントや、貸出テントにて楽しめる、キャンプサイトも設けられています。

5棟ある「パノラマコテージ」です。

5棟ある「パノラマコテージ」

天橋立」を、眼下に見下ろせる大自然と、広い空の下で、思う存分アウトドアライフを、満喫できます。

眼下に広がる「夜景」や「天橋立」越しに、ゆっくりと昇る「日の出」など楽しめるのは、宿泊者ならではの特権となり、気が済むまで「天橋立」の絶景を、楽しむことができるのではないかと思います。

有料となりますが、綺麗な炊事棟をはじめ「コイン式シャワー」もあるほか、バーベキューセットをはじめとした調理用具から、まき、炭なども借りることができ、食材だけを片手に、気軽に訪れることができます。

綺麗な炊事棟が完備されています。

綺麗な炊事棟が完備されています!

管理棟」には、専門のスタッフが常駐していますので、分からなければテントの張り方まで、丁寧に指導してくれると言いますので、キャンプ初心者の方などには、とてもやさしいキャンプ場となっています。

あとは、広々とした「芝生広場」には「ブランコ」や「すべり台」などの、ちょっとした遊具も、設置されていますので、小さなお子様連れの家族をはじめとして、お友達同士でも、1日を通して楽しめる施設となっています。

入園料に関しては「無料」となっていますが「宿泊施設」や「バーベキュー」などの、設備を利用される場合は、こまごまとした物が「有料」になっているので、興味のある方は「管理棟」にて、詳しくお聞きください!

詳しく知りたい方は、下記の電話番号にて「0772-46-0052

尚、12月1日~3月19日までは、事務所はクローズとなっており、3月20日からの受付開始となります。

日本三景」の「天橋立」を眺めながら、最高に贅沢な「バーベキュー」を、満喫してください!

 

大内峠一字観公園内の一角に鎮座「妙見堂」

ゆっくりと「天橋立」の観賞を、満喫したところで、最後の見どころとなる「妙見堂」に向かいますが、駐車場と管理棟の間に「大内峠妙見宮、股のぞき発祥の地」との案内板があるので、行ってみることにします。

この地にお祀りされている「北辰妙見大菩薩」は「出世の神様」となり「商売繁盛」をはじめとして、人々の「福寿」を増す、功徳のある神様として、お祀りされており、毎年7月14日には「妙見宮」の、お祭りが行われるほか、10月になれば「紅葉祭」が、開かれ「ボケ封じ」の、御祈祷が行われると言います。

145段の石段の上の「妙見堂」です。

145段の石段の上の「妙見堂」です!

先ほども、少し話しましたが「長命いっぷく名水」があった場所から、石段を登り進めること「145段」の場所になるのが、ここ「妙見堂」と、言うことです。

石段の途中の参道からは、阿蘇海が見渡せ、静かな海の中に「天橋立」が「横一文字」に、長く伸びる景色を望めるのですが、少し眺める場所が変われば、違った姿に見えるのも「天橋立」ならではとなります。

妙見堂」と、呼ばれていると思うと「妙見宮」と書かれていたり・・・お寺か?それとも神社か?

由緒には「妙見大菩薩」と、書いていながら「」とも書かれているので、おそらく「神仏霊場」の神社として、鎮座しているのでしょう。

参道となる石段を、登りきったところに、天保10年と刻まれる、歴史深い「出雲構え獅子」が鎮座し「社殿」の前にも、同じく天保10年となる「出雲丹後狛犬」が、鎮座しています。

とても味わい深いもので、見どころのひとつとなりますので、お見逃しなく・・

お参りをすべて済ませ、境内を歩いていると「股のぞき発祥の地」と書かれた、記念の石碑と、石舞台が設置されています。

天橋立」と言えば「股のぞき」で「股のぞき」と言えば「天橋立」と、連想できるぐらい、有名なお遊びの体験となり、訪れたら必ず一度は、誰もが覗くと言う「股のぞき」ですが「発祥の地」と言われれば、覗かない訳にもいきませんので「石舞台」にあがると、さっそく股の間から「天橋立」を、覗いてみます。

「股のぞき発祥の地」で股のぞきします。

「股のぞき発祥の地」で股のぞき!

管理人は、ここ以外の場所でも「股のぞき」の、経験があるのですが、天地が180度回転する景色・・・「必要」って、いつも思います。

確かに「名物」であり、絶景ですが、普通に見るほうが管理人的には好きです。

でも、やはり「天橋立と言えば!」と、聞かれると「股のぞき!」と、連想してしまうので、訪れた際には、一度ぐらいは、体験しておくことを、お勧めします。

横一文字」に伸びる「天橋立」の姿を望むには、ここ「大内峠一字観公園」の「一字観」か、東側に位置する「獅子崎稲荷神社」にある「雪舟観展望所」がある「雪舟観」のどちらかに、お立ち寄りいただくのが、ベストかと思います。

尚「股のぞき発祥の地」を、歌い文句にしているのは「四大観」のひとつ「昇龍観(股のぞき観)」となる「傘松公園」も同じで、近いと言えば、近いのですが、どちらが本当の「発祥の地」かは「」です。

四大観」のうち「雪舟観」となる「獅子崎稲荷神社」だけは「股のぞき」できないのも、特徴的なところです!

時期にもよりますが「大内峠一字観公園」と「獅子崎稲荷神社」の「雪舟観展望所」は、観光客が意外と少ない場所となりますので、ゆっくりと「天橋立」の絶景を、満喫できるかと思います。

と、言ったところで「四大観」のひとつ「一字観」となる「大内峠一字観公園」の散策が、すべて終了となります。

晴れわたる空のもと、満足いくまで「横一文字」に伸びる「天橋立」を、満喫した「気まぐれファミリー」は、次なる展望スポットへと車を走らせる・・・

 

大内峠一字観公園のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

大内峠一字観公園

  • 住所:〒629-2263京都府与謝郡与謝野町弓木3211
  • 電話:0722-46-0052(大内峠一字観公園キャンプ場)
  • 時間:園内自由
    受付時間は午前10時00分~夕方5時00分まで
  • 定休日:無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料(30台)
  • アクセス:【公共交通機関】「京都丹後鉄道宮豊線」の「天橋立駅」で下車してタクシーで9.2km(約20分)
    山陰近畿自動車道・鳥取豊岡宮津自動車道」の「与謝天橋立IC」を降りてすぐの信号を右折して「国道176号」に入り1つ目の「石田橋」の信号を左折して「府道2号線」に入り橋を渡った先の「石田」の交差点を右折して「府道651号」に入ってから1.5kmほど先にある「大内峠一字観公園3.5km」の案内看板のある信号のない交差点を左折して同じく「府道651号」をあとは道なりにすすんで山道を指示通り3.5km進めば「大内峠一字観公園」に到着です5.4km(約15分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

大内峠一字観公園」の「一字観」は「四大観」のひとつとなり、素晴らしい「天橋立」の姿を、眺めることができるのですが、時期や時間帯によっては、人けが少ないため、貸し切り状態で「天橋立」を、堪能できることもあります。
是非一度訪れて、その絶景を、ご自身の目で確かめてみてください!

関連記事

京都観光に関する記事はコチラをご覧下さい

  天橋立ビューランド【アクセス・駐車場】飛龍観に龍が降臨

  天橋立【アクセス・駐車場】レンタサイクルで駆け抜ける

  傘松公園・昇龍観【アクセス・駐車場】股のぞき発祥の地!

  獅子崎稲荷神社・雪舟観【アクセス・駐車場】雪舟が描く横一文字

  伊根の舟屋【伊根湾めぐり遊覧船】無数のカモメと戯れる【アクセス・駐車場】

  地主神社【恋占いの石】に願いを!最強のパワースポット【見どころ】

  るり渓~ハイキング【アクセス・駐車場】るり渓12勝を攻略

  金引の滝【アクセス・駐車場】京都随一の名瀑『滝めぐり』

  今福の滝【アクセス・駐車場】自然の景観が魅力の名瀑『滝めぐり』

  清水寺『秋の夜間特別拝観』紅葉のライトアップは幻想空間

  高台寺~圓徳院【夜間特別拝観】幻想的な紅葉のライトアップ【御朱印】

  圓徳院~紅葉のライトアップ『夜間特別拝観』ねね様の終焉の地!

  永観堂『見どころ』東山随一と呼び声高い紅葉のライトアップ

  天授庵『南禅寺の塔頭』額縁庭園で紅葉のライトアップ!

  金戒光明寺『見どころ』紅葉の夜間拝観ライトアップ【御朱印】

  知恩院『見どころ』紅葉ライトアップで見頃を迎えた友禅苑を堪能!

  善峯寺【アクセス・駐車場・御朱印】紅葉の名所は超穴場

  東福寺【アクセス・駐車場・御朱印】京都随一の紅葉は神火の如く

  毘沙門堂【アクセス・駐車場】敷きモミジで有名な紅葉【御朱印】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-京都府
-

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.