歓喜神社【珍】パワースポットは男女陰陽が御神体【御朱印】

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある『歓喜神社』です。

歓喜神社』と言う社名は通称となり、正式名称は『坂田神社』となるのですが、1300年以上前に、神をうやまう思いの篤い『氏子達』によって、始まりとして『大元霊(だいげんれい)』の大神様を白浜坂田山に奉祀されました。

その後『大津波』の災害により『荒廃』して長い年月ものあいだ埋もれたままになっていたのですが、近年の発掘により調査が進められ『社殿』という形式に変わる前のもので、我国では異例とも言える完全な姿の『祭壇』の『遺跡』が発見されました。

そんな『歓喜神社』は『古文化財』としても『神道上』においても貴重な『遺跡』となるのですが『御神体』は、千古の大岩に1300年以上前に刻み込まれた『万物』の『根源』とも言える『』と『』の大神様となります。

』と『』と言う難しい言い方をしましたが、分かりやすく言えば『男女の性器』のこととなります。

男性の男根』や『女性の胸』に関する部分を真面目に、お祀りしている神社は全国にたくさんあり、今までにもいくつか訪れたことはありましたが、それらと比べるとかなり『リアル』なものとなるため、小さなお子様ならいいのですが、中学生ぐらいのお子様連れとなると少し気まずい雰囲気になるかもしれません。

もちろん『歓喜神社』の『御神体』も卑猥なものではなく、しっかりとしたものとなり『御利益』は『夫婦円満』をはじめとして『子宝』や『安産』さらには『縁結び』など、男女にまつわること全般となり、それらに関することを『切に願う』多くの方が祈願するため訪れます。

そんな少し『リアル』過ぎる『御神体』の紹介となります。

準備が整いましたら『歓喜神社』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

歓喜神社【珍】パワースポットは男女陰陽が御神体【御朱印】

今回は、和歌山県西牟婁郡白浜町に向けて車を走らせ、1日かけて『白浜観光』を楽しむべく、朝一番より白浜の地に入ります。

朝8時30分より入場可能な『歓喜神社・白浜美術館』に訪れる前に、1日の観光で1ヶ所でも多くの名所を回るため、時間制限の無い白浜の『シンボル』とも言える『円月島』及び『千畳敷』さらに『三段壁』の順番で訪れてそれらの観光は終了しています。

朝一番より訪れた記事はコチラをどうぞ!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

  三段壁【アクセス・駐車場】柱状節理の断崖絶壁【恋人の聖地】

歓喜神社・白浜美術館』を訪れるにあたり、まず初めに『アクセス』について紹介しておきます。

 

『歓喜神社・白浜美術館』へは『マイカー』がお勧めです!

まず『アクセス面』で言うと、やはり『マイカー』を利用するのが一番よく、その後の観光もスムーズに進められると思います。

1日で『白浜観光』を進めるにあたり『見どころ』や『楽しみどころ』がたくさんある白浜町を回るには『機動力』が重要となるので『マイカー』でスムーズに移動していくのが楽かと思います。

2~3日滞在する』とか『ゆっくり見て回りたい!』方でしたら『公共交通機関』の『バス』を利用して移動するのも簡単です。

公共交通機関』利用で訪れるには『JR白浜駅』から『明光バス』の町内循環線『105』もしくは三段壁線(臨海経由)『101』を利用して『坂田山』の停留所で下車しますが、約15分ぐらいで行くことが出来ます。

坂田山』の停留所で下車したあと200mぐらいは徒歩となりますが3分もあれば行くことが出来ます。

公共交通機関』を利用で『白浜駅』から『坂田山』までの運賃が、大人で290円かかるのですが、1日~3日ぐらい『白浜』に滞在を考えているのでしたら、お得な『とくとく乗車フリー券』なるものも販売されていますので・・・

とくとく乗車フリー券』は『白浜駅』と『白浜の名所』を結ぶ『バス路線』が『乗り放題』となります。(高速バスにはご乗車にはなれません!)

1日フリー券が、大人1100円となり子供550円です。

2日フリー券が、大人1500円となり子供750円です。

3日フリー券が、大人1700円となり子供850円です。

詳しくは知りたい方は『明光バス白浜駅前案内所』0739-43-0502もしくは『白浜営業所』0739-42-3973にお電話にてご確認ください!

続いて『マイカー』を利用でしたら『上富田IC』もしくは『白浜IC』からでしたら、いずれも10kmぐらいとなりますので、20分もあれば到着できると思います。

どちらの方法でも『簡単』に行くことが出来ますので、ご自身の予定にあわせてお選びください!

 

『白浜美術館』には男神・女神の結合像など150点展示!

8時30分の入場開始時間を少しだけ過ぎての到着となりますが『無料』の『駐車場』には先客の姿があります。

歓喜神社の無料の駐車場です。

歓喜神社の無料の駐車場です!

入り口の受付で『入場料』を支払ったあと、管理人は『寺社仏閣』を訪れたら必ずいただく『御朱印』に関して「どこでいただけますか?」と聞くと「預かっておきますので拝観が終わったあとお渡しします!」と言うことで『御朱印帳』を受付に預けたところで散策開始です!

境内?に入るとまず目の前に白い建物があり『白浜美術館』となっており、右手側には『手のひらをL字型』にした斬新な形の『石の腰掛』がいくつも並べられており『休憩所』となっています。

刺激的な『おみくじ結び所』です。

刺激的な『おみくじ結び所』

左手側には『絵馬』や『おみくじ』が所狭しと『おみくじ結び所』に掛けられているのですが、近づいて見てみると『絵馬』に描かれている絵が・・・!

いやらしさは無いのですが・・・?

あまり『絵馬』だけをアップで撮ると若者には刺激が強いので・・・!全体的に見るように・・・!

と、境内に入るなり、いきなりの『ジャブ』をもらう形となるのですが、この先に待ち構える『ストレート』や『アッパー』に耐えるための目慣らしとお考え下さい!

歓喜神社』を訪れたのですが、境内で最初に見るのは『白浜美術館』の展示物となるのですが、一般的な神社で言うと『宝物館』を『拝観』するようなものです。

これより先は撮影禁止です。

これより先は撮影禁止です!

中に入ると少し広い空間があり、もうひとつ扉があるのですが『これより先は撮影禁止!』となりますので、どのようなものかは訪れた時のお楽しみとなりますが、150点あまりの『』をガラス越し見ることが出来ますが『歓喜神社』にちなんで『ヤブユ像』と呼ばれる『男神』と『女神』の『結合像』をはじめとして『奇怪』な姿となる『ラマ教尊像』などの『密教秘宝』も見ることが出来ます。

ずらりと並べられた『秘宝』は大変見ごたえがあり『芸術性』がとても高いので『結合像』と言っても、いやらしさのかけらも感じないものとなります。

歓喜神社』ならではの『秘宝』を見ることが出来るため、この時点で『入場料』を払う価値があります!

 

『磐座』に刻まれる1300年以上前の『男女の陰陽』のレリーフ

白浜美術館』で『密教秘宝』を十分に楽しむと、裏口より建物の外に出ると、長く続く廊下を進み『磐座』に刻まれる1300年以上前の『男女の陰陽』のレリーフの拝観に進みます。

白浜美術館』で、もう一発鋭い『ジャブ』をいただいて、少しよろめいているところで容赦なく『右ストレート』があごを打ち抜きます。

御神体となる男女陰陽のレリーフです。

御神体となる男女陰陽のレリーフ!

男女の陰陽』のレリーフは、写真で見るとそうでもない感じですが、肉眼で見ると『リアル』過ぎ思わず「え~!マジか!」と二度見、三度見してしまうほど立体的でそのものとなります。

女性』となる『』は一目で分かりますが『男性』の『』は『女性』の『』の向かって左手側となります。

御神体となる『磐座』の『男女の陰陽』のレリーフを中心として『ひもろぎ形式』となる形は『社殿』と言うものができる以前の『祭祀礼拝所』の姿を残した貴重な『遺跡』となります。

ひもろぎ形式の『祭祀礼拝所』です。

ひもろぎ形式の『祭祀礼拝所』

正確な年代は不明ですが、遠い昔に起きた『大津波』により付近一帯が海水に飲み込まれ流されて以来『荒廃』して長い年月ものあいだ埋もれていたのですが、昭和30年の8月に考古学者で大阪学芸大学助教授の『鳥越氏』の発掘により調査が進められ『社殿形式直前』に祭祀したもので、我国では異例とも言える完全な姿の『祭壇』の『遺跡』の発見となりました。

そんなことから『御神体』は、千古の大岩に1300年以上前に刻み込まれた『万物』の『根源』とも言える『』と『』の大神様となります。

正式名称は『阪田神社』で、通称が『歓喜神社』となるのですが『歓喜』と言う、とても楽しく幸せそうな名前で呼ばれることは特徴的で記憶に残りやすいと思います。

歓喜神社』の『御利益』は『夫婦円満』をはじめとして『子宝』や『安産』さらには『縁結び』など、男女にまつわること全般となり『切に願う』多くの方々が祈願するために訪れると言います。

1300年以上も前のものと考えられる『女男の陰陽』のレリーフが刻まれた『磐座』が、当時からあったと言うことは、やはり古代人も、現在と同じく『子孫繁栄』を『女男の陰陽』に対して、願う思いを祈願していたのだろうと思うと、少し親しみ深くなります。

 

男性のシンボルの『奉納殿』

リアル過ぎる『女男の陰陽』のレリーフを目の前に『右ストレート』であごを打ち抜かれ、意識が少しもうろうする中で、石階段を下りていくと左手側に小さな『社殿』があり『奉納殿』と書かれています。

小さな社殿は『奉納殿』です。

小さな社殿は『奉納殿』です!

日本国内の『寺社』には『男根』を真面目に祀っているところが数多くあり、今までにもいくつかそういった『寺社』を訪れたことがありますが、この『奉納殿』の中を覗いた瞬間に『左ストレート』をいただき膝から崩れ落ちます。

『男性』の『陽』の置物です。

『男性』の『陽』の置物です!

無造作と言えば無造作に並べられた『男性』の『』の置物は、大きいものは2メートルを超えるのではないかと思われ、これ程までに巨大で黒く光輝く置物は、今までにも見たことがありません!

小さな『社殿』となり、触ろうと思えば触れるぐらい間近にあり、近年では『仏像』などが盗まれると言う『ニュース』なんかも耳によくするこんな時代に、このような無造作な置き方でいいんだろうか?と少し心配になります。

歓喜神社』は、とても狭い神社ですので、次々に祀られる『男女の陰陽』の『パワースポット』は、やはり年頃のお子様連れの家族旅行のルートのひとつにしてしまうと、気まずくなると思われます。

 

最後のパワースポットは『陰陽』をやさしく撫でる!

立派な『男根』が『奉納』された『社殿』の参拝が終わると、出口に向かって歩き進めて行くと『おみやげ』を買える小さな『売店』となる建物があるのですが、その前に『歓喜神社』の境内にある、最後の『パワースポット』となるのは『』で作られた『男女の陰陽』の置物となり、お見送りとして鎮座しています。

最後の最後で『アッパーカット』となる『リアル』な『陰陽』を目の前にしたところで『ノックダウン』となります。

石の陰陽で『夫婦円満』を祈願出来ます。

石の陰陽で『夫婦円満』を祈願!

注連縄(しめなわ)』と『紙垂(しで)』が掛けられた『神域』となる囲いの中に、さらに『注連縄』と『紙垂』が掛けられた『男女の陰陽』の置物がお祀りされており、最後の『パワースポット』ととして『おさすり下さい!』と書かれ並んでいます。

この『』の『陰陽』は『夫婦円満』を祈願するためのものとなります。

男の願い!』ひるねせずいつも元気でありますように・・

女の願い!』主人がいつも元気でありますように・・・

と言うことが書かれた看板が横に置かれ、遠回しな言い方ですが、大体の意味はお察しできると思いますので・・・

尚『子宝』に恵まれない方は『必願成就』すると言うことですので『男性』は女性の『』を『女性』は男性の『』をおさすりして祈願して下さい!

 

売店では『歓喜神社』のオリジナルグッズを購入できます!

歓喜神社』は、とても狭いにも関わらず、連続攻撃で『男女』の『陰陽』の『パワースポット』が点在するのですが、最後は『売店』にて『歓喜神社』ならではの『オリジナルグッズ』を購入することが出来ます。

歓喜神社オリジナルグッズです。

歓喜神社オリジナルグッズです!

当然と言えば当然ですが『男女』の『陰陽』に関するさまざまな『歓喜神社』ならではの『オリジナルグッズ』並んでいます。

10種類~20種類ぐらいの、さまざまな『陰陽』のグッズが並んでおり、どれにしようか迷うぐらいです。

写真は撮らないでほしい!」とのことでしたので、あんな物こんな物の紹介は出来ませんが、今回購入したのは『福姫守』と言うストラップですが『男性』のシンボルの裏が『女性』のシンボルとなるもので、1つで『男女』の『陰陽』が模られたものとなるります。

もう1つは、お店の方の『お勧め!』で購入を決めた、1番人気となる『キーホルダー』で『金属製』の『男性』のシンボルなのですが『通常の状態』から『チェーン』を聞くと『パオーン!』って感じになる面白い商品でした。

そんな『歓喜神社』ならではの『オリジナルグッズ』がたくさんありますので、散策が終わればゆっくりと『売店』で品定めしてみてください。

大体が500円前後の、お買い求めしやすい物が中心となります。

 

『猫寺』ならぬ『猫神社』に・・・!

訪れた時にも『駐車場』で、何匹かの『』を見たのですが、境内に入ってからも数匹の『』の姿があり『売店』の周辺や『売店』の中にも、くつろぐ『』の姿がありました。

いずれ猫神社と呼ばれるかもしれません。

いずれ猫神社と呼ばれるかも・・

近づくだけで逃げる『』も多くいますが、3匹ぐらいの『』は、逃げずに身を任せてくる人懐っこい子もいます。

売店』の女性の方に聞いたところ、10匹以上の『』が境内にいるとのことですが『去勢』などの処置に関しても『負担』しているそうで「猫寺ならぬ猫神社ですね!」と言うと「大変ですけどこれはこれで訪れた方も喜んでますから・・・」と言います。

猫寺』として報道されたことで一躍有名になった、福井県にある『御誕生寺』なども、多くの『』の『保護』をするにあたり『』などは、それなりに間に合っていても『病院代』という面が大変で『台所事情』はかなり厳しいと言います。

御誕生寺の記事は後ほどコチラをご覧下さい!

  御誕生寺『猫寺』里親探しで縁結びの架け橋に・・【御朱印】

と言うように『猫神社』として、今のところ注目を集めていませんが、そのうち何かのきっかけで『陰陽』&『猫神社』として有名となり、多くの方が訪れるようになるかもしれません!

猫好き』の方などは、ダブルで楽しめる神社ではないでしょうか?

 

歓喜神社の『御朱印』です!

歓喜神社』の参拝がすべて終了し、入り口の『受付』にて、預けていた『御朱印帳』をいただきました。

歓喜神社の『御朱印』です。

歓喜神社の『御朱印』です!

歓喜神社』の『御朱印』は、何故か『歓喜神社』の文字の部分だけが『ハンコ』となっています。

前後の『文字』から見てもかなり『達筆』で『ハンコ』にする必要は無いと思いますが、ひょっとすると『神主さん』が不在の時などは、書くことが出来ないのではないかと推測します。

尚『御朱印』に関しては、基本的にひとつにつき300円を納めれば、いただくことが出来ます。

御朱印』に関しては、寺社で参拝しなければいただけないというものではなく『仏像鑑賞』や『パワースポット巡り』など、別な楽しみも兼ねた証として、いただくという考え方もあります。

寺社を訪ねるだけでなく『御朱印集め』は、何を書くのか?どんなハンコ(朱印)を押すのか?字の良し悪しなどを楽しみのひとつとして収集するのもいいものですよ。

管理人は、訪れる場所ごとに『御朱印』をいただいているので、正確に数えたことはないですが、1000に手が届きそうなくらいとなり、今となっては、ちょっとした『コレクション』になっています。

御朱印集め』を、はじめようとお考えの方には、是非お勧めいたします。

尚、近年では『御朱印』を『スタンプラリー』のように参拝もしないで、いただきに行く人が増えていると言うことですが、最低限のマナーとしては、参拝が終了してからいただくことをお勧めしておきます。

と、言ったところで『歓喜神社』の散策がすべて終了となります。

歓喜神社』は、今までに訪れた『男女』の体の一部をお祀りする『寺社』の中でも群を抜いて『リアル』な『御神体』であったと思います。

最初の『ジャブ』から連続して『男女』の『陰陽』が続けざまに点在しますので、やはり、年頃のお子様連れでは気まずい雰囲気になるかもしれませんが『夫婦円満』をはじめとして『子宝』や『安産』さらには『縁結び』などを『切に願う』多くの方が訪れるための大変重要な『神社』となっていることは確かです!

カップル』などでも、恥ずかしがることなく訪れることをお勧めしておきます。

 

『歓喜神社』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

歓喜神社』(境内に白浜美術館あり)

  • 住所:〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町1-1
  • 電話:0739-42-2589、FAX:0739-42-4534
  • 時間:8:00~17:00(最終入館16:45まで)
  • 休館日:6月29日・30日及び12月29日・30日
  • 入場料:大人500円
  • 駐車場:無料(15台)
  • アクセス:【公共交通機関】『JR白浜駅』から明光バス町内循環線『105』もしくは三段壁線(臨海経由『101』)で『坂田山』で下車(約15分)
    お車】『南紀白浜IC』から10km(約20分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

歓喜神社』は、少し刺激的な面はありますが、大変『見どころ』が多く『夫婦円満』をはじめとして『子宝』や『安産』さらには『縁結び』などを『切に願う』には大変重要な『神社』となっています。
一度訪れて『御神体』となる『リアル』な『男女の陰陽』のレリーフに祈願してみてください!

【関連記事】

和歌山観光に関する記事はコチラをご覧下さい !

  『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!

  貴志駅の三毛猫『ニタマ』たまⅡ世駅長を襲名『スーパー駅長ニタマ』

  『西国三社参り』【御朱印】日前宮、竃山神社、伊太祈曽神社

  伊太祁曽神社『紀伊之國一之宮』【御朱印】パワースポット!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

  三段壁【アクセス・駐車場】柱状節理の断崖絶壁【恋人の聖地】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-和歌山県
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.