潮岬灯台【アクセス・駐車場】本州最南端の登れる参観灯台

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県東牟婁郡串本町潮岬にある『潮岬灯台』です。

潮岬灯台』は、本州最南端となる紀伊半島の南端に位置し、太平洋に突き出た30メートルに及ぶ断崖の『潮岬』に建つ高さ22.51mの『白亜の灯台』となります。

また、周辺一帯は南紀の『景勝地』となり『吉野熊野国立公園』に指定されています。

潮岬灯台』は、幕末となる1866年の5月に結ばれた『改税条約』により建設を約束された8基の『洋式灯台』のひとつとなり『灯台の父』と呼ばれる『リチャード・ヘンリー・ブラントン』が、設計から指導まで行ない、明治2年となる1869年の4月に、同じ『串本町』に建設予定となる8基のうちのひとつ『樫野埼灯台』と共に着工することになりました。

翌1870年の6月10日に完成したことで『仮点灯』での業務開始となったのですが、予定では建物の完成と共に『本点灯』して業務開始の予定となっていましたが、イギリスから届くはずの『灯台機械』を積んだ運搬船が『東シナ海』で沈没してしまうと言うアクシデントに見舞われ、代用品として取り寄せたのが、アメリカの『蒸気機関車』の『ヘッドランプ』であったと言います。

潮岬灯台』は、古くより『海上交通』の要衝となっており、沖合は流れが速いうえに風も強いため、航海するにあたり難所となっていました。

仮点灯』から3年以上遅れた1873年の9月15日に、待ちに待った『本点灯』が開始されたと言います。

明治初期より100余年ものあいだ『海上交通』の要所として沖行く船を照らし続ける『潮岬灯台』は『歴史的』及び『文化的』に見ても価値が高いAランクの『保存灯台』に指定されているほか『日本の灯台50選』にも選ばれています。

そんな『潮岬灯台』の紹介となります。

準備が整いましたら『潮岬灯台』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

潮岬灯台【アクセス・駐車場】本州最南端の登れる参観灯台

今回は、本州最南端となる紀伊半島南端の串本町潮岬にある『潮岬灯台』を訪れるべく大阪より南に向けて軽快に走り進めます。

紀伊半島南端の串本町潮岬を訪れるにあたり、以前までは『高速道路』と言えば『阪和自動車』の『南紀田辺IC』までしかなく、紀伊半島南端の『串本町』まで行くことは大変でした。

2015年(平成27年)7月12日に『紀勢自動車道』の『無料区間』として『南紀田辺IC』から『南紀白浜IC』間が開通して、さらに2015年(平成27年)8月30日に『南紀白浜IC』から『すさみ南IC』間が『無料区間』で開通したことにより、格段に紀伊半島南端の『串本町』に訪れやすくなりました。

開通した『南紀田辺IC』から『すさみ南IC』までは、約40kmあり『無料区間』と言うことで、経済的にも大変やさしく訪れることが出来ます。

そんな『潮岬灯台』を訪れるにあたり、まずは『アクセス』の紹介を簡単にしておきます。

 

『潮岬灯台』を訪れるのは『公共交通機関』を利用して楽に・・

潮岬灯台』を訪れるにあたり、やはり『紀勢自動車道』が『すさみ南IC』まで伸びたとしても本州最南端となる紀伊半島南端の串本町潮岬を訪れるのは、大変なことに違いありません!

マイカー』を利用となると『すさみ南IC』を降りてから『紀伊半島』の入り口となる『潮岬西入り口』の交差点、もしくは『潮岬東入り口』の交差点まで『国道42号線』を走り進めることになりますが『潮岬灯台』に行くには『潮岬西入り口』より『県道41号線(潮岬周遊線)』を約4.7kmほど走り進めることで簡単に行くことが出来ます。

潮岬灯台』には『有料』となりますが『100台(1日1回300円)』ぐらいは駐車できる『大型駐車場』がありますので、訪れた時に『満車』と言うことはまずありません。

潮岬灯台の『有料』の駐車場です。

潮岬灯台の『有料』の駐車場です!

本日は、天気が良く絶好の観光日和となるため、見渡す限りで50台ぐらいの車が駐車されており、訪れにくい場所となる『潮岬灯台』ではありますが、それなりの賑わいがあります。

続いて『公共交通機関』を利用して訪れるにはJR紀勢本線の『串本駅』より『串本町コミュニティーバス(潮岬線行き)』に乗り『潮岬灯台前』で下車すると、すぐ目の前がこの『駐車場』となりますので、簡単に訪れることが出来ます。

串本町コミュニティーバス』は『紀勢自動車道』が『すさみ南IC』まで開通した同年の、平成27年10月1日から運行しています。

さらに『天災』や、その他の事情が無い限り『土曜・日曜・祝日・年末年始』に関係なく、基本的に毎日運行しています。

1乗車200円となり『障害者手帳』等などの提示で割引が適用されます。

路線も豊富で、今回訪れた『潮岬線行き』となると、1時間に1本ペースで1日に10本の『串本町コミュニティーバス』が『潮岬』に向かって走ります。

マイカー』でも『公共交通機関』を利用しても、どちらでも散策しやすくなっていますので、ご自身の予定にあったほうをお選びください!

 

『潮岬灯台』は全国に15ある参観灯台のひとつ!

車を駐車すると、早速ですが『潮岬灯台』に向けて歩き出します。

潮岬灯台』までは、整備の行き届いた平坦な遊歩道を、200メートルほど歩き進めることで行くことができますので、歩くのが苦手な方でも安心です!

『潮岬灯台』の入り口の受付です。

『潮岬灯台』の入り口の受付です!

緑の生い茂る遊歩道を歩いていると、左手側にはところどころで木々の切れ間より『紀伊半島』の太平洋の荒海を見下ろす形で観賞することが出来ます。

そんな景色を横目に楽しみながら歩いていると『潮岬灯台』の入り口が正面に見えてきます。

現在、全国にある15の灯台が『参観灯台(さんかんとうだい)』となっており、参観料金は一律200円となりますが、小人に関しては『無料』となります。

参観灯台』と言うのは、内部が『常時一般公開』されている灯台のことで、主に社団法人燈光会が海上保安庁から委託を受けて『有料』で参観事業を行っています。

したがって『潮岬灯台』も、内部のらせん階段で上部まで登って眺望を楽しむことができるほか『資料館』や『展示室』も併設されています。

潮岬灯台の広場の景色です。

潮岬灯台の広場の景色です!

参観料金を支払い中に入ると、少し広い空間となり『スイミー』と題された『潮岬小学校』の1年・2年・3年生による合作で描かれた『潮岬』を象徴するかのような、海の生き物たちが大きな壁をキャンパスとして見事に書き込まれています。

その先には、太平洋の海を眺められる『展望所』があるのですが、木々が少し邪魔で最高の眺めとはなりませんが、潮風がとても気持ちよく吹き付けてきます。

多くの方が、この少し広くなったスペースを利用して、高さが22.51メートルある『潮岬灯台』を写真に収めるための『フォトポイント』を探し歩いています。

本州最南端のシンボル『潮岬灯台』です。

本州最南端のシンボル『潮岬灯台』

潮岬灯台』は、本州最南端となる紀伊半島南端に位置し、太平洋に突き出た30メートルに及ぶ断崖の『潮岬』に建つ高さ22.51mの『白亜の灯台』となります。

明治3年にイギリスから届くはずの『灯台機械』が届かないと言うアクシデントにより、急遽アメリカの『蒸気機関車』の『ヘッドランプ』を代用して『仮点灯』での業務開始となって以来100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船の道しるべとして照らし続けてきた、30mの断崖の上に建つ『潮岬灯台』は、本州最南端のシンボルと言うべき存在となります。

 

『潮岬灯台』の歴史を知る

潮岬灯台』を訪れたからには、内部に設けられた『らせん階段』を上り、紀伊半島南端から見る太平洋の大海原を観賞しなければいけません。

潮岬灯台』の内部に入るための入り口に向かうと、左手側にも扉があり『潮岬資料展示室』と書かれた部屋があるので、まずはそちらからの見学となります。

『潮岬資料展示室』です。

『潮岬資料展示室』です!

潮岬資料展示室』の中に入ると、所狭しとパネルで『串本町』の歴史や『潮岬灯台』に関する説明がされているほか『初代潮岬灯台』の模型なども置かれており、今の形になる前の『潮岬灯台』の姿を知ることができ、八角形の木造となる『日本最初の木造灯台』の姿を見ることが出来ます。

使用されていた『灯器』は、反射鏡19個と『第一等不動灯』が備え付けられていました。

初代潮岬灯台』は、8年の時を経て明治11年の9月15日に『円形の石造り灯塔』に改築されました。

潮岬資料展示室』の中には、ひときわ大きな展示物となる『第2等不動レンズ』が置かれており、大正4年9月13日に『潮岬灯台』に設置されていたものとなります。

昭和32年に90センチの『回転式灯器』に、変更されたことで撤去されたものが『保存展示』されていると言うことです。

現在は、さらに大きな120センチの『回転式灯器』が、昭和59年より取り付けられています。

そんな密に『見どころ』の詰まった『潮岬資料展示室』を一通り回ると『潮岬灯台』の上部へと向かいます。

 

『潮岬灯台』の上部からの眺め!

潮岬資料展示室』を見学したあとは『潮岬灯台』の上部にある360度の『パノラマビュー』を展望するため、内部のらせん階段を上り進めます。

潮岬灯台の内部のらせん階段です。

潮岬灯台の内部のらせん階段です!

潮岬灯台』は『灯台の父』と呼ばれる『リチャード・ヘンリー・ブラントン』が、設計から指導までを行ない、明治2年となる1869年の4月に、同じ『串本町』に建設予定であった『改税条約』により建設を約束された8基のうちのひとつ『樫野埼灯台』と共に着工することになりました。

内部に設けられている『らせん階段』は68段となりますが、意外と急角度でらせんしており、上り進めると目が回ってきます。

らせん階段』を上りきると、最後はほぼ直角の『ハシゴ』で上にあがる形となりますので、上っている最中に足を踏み外すと、かなり痛い思いをします。

手すりが付いていますので、慎重に上り進めて下さい。

ハシゴ』を上ると、小さな出入り口が2つあり、どちらから出ても『潮岬灯台』の上部にある360度の『パノラマビュー』が楽しめる『展望スペース』に出ることが出来ます。

潮岬灯台上部から眺める景色です。

潮岬灯台上部から眺める景色です!

本州最南端となる『紀伊半島』の南端に位置し、太平洋に突き出た30メートルに及ぶ断崖の『潮岬』に建つ、高さ22.51mの『潮岬灯台』の上部となると、高さが50メートルを超えてきます。

展望スペース』に出ると、爽やかな海風が吹いており、西側から南側の眼下には太平洋の大海原が広がり、まさに絶景となります。

東側には『潮岬観光タワー』が見え、北側には『潮御崎神社』の『社殿』を見ることが出来ます。

潮岬灯台』は『歴史的』に見ても『文化的』に見ても価値が高いとされるAランクの『保存灯台』に指定されているほか『日本の灯台50選』にも選ばれています。

そんな『潮岬灯台』は、一度は訪れてみるだけの価値のあるスポットであることは間違いありません!

日本全国には、3000を超える灯台があるのですが『潮岬灯台』は『参観灯台』となり『登れる灯台』として全国にある『15の灯台』のひとつとなります。

そんな数少ない『登れる灯台』からの絶景を一度ご堪能下さい!

と言ったところで『潮岬灯台』の散策がすべて終了となります。

 

『潮岬灯台』と夕景をバックに記念撮影

最後になりますが『潮岬灯台』の『駐車場』より、150メートルぐらい東の方向に『県道41号線(潮岬周遊線)』を歩き進めれば『和歌山県の朝日夕陽100選』に選ばれている場所があります。

潮岬灯台と夕日の景色です。

潮岬灯台と夕日の景色です!

夕方近くに『潮岬灯台』周辺の観光をしていたら是非立ち寄ってみてください!

広大な太平洋の遥か彼方の水平線上に沈みゆく『夕日』と『潮岬灯台』をバックにとても良い『フォトスポット』になっています。

夕暮れになると、たくさんの方が『夕景』を楽しむため訪れますので『マイカー』でしたら数台止めれますが、もし『駐車スペース』がいっぱいなら先程の『潮岬灯台』の『有料駐車場』か『夕景を見るポイント』からさらに400メートル『県道41号線(潮岬周遊線)』を進んだ『潮岬観光タワー』の『無料』の『駐車場』に止めて歩いて行くことも出来ます。

和歌山県の朝日夕陽100選』に選ばれる『夕景』は、これまた一見の価値ありです!

 

『潮岬灯台』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

潮岬灯台

  • 住所:〒649-3502和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2877
  • 電話:0735-62-3171(串本町観光協会)
  • 時間:10月~4月(9時00分~16時00分)
    5月~9月(9時00分~16時30分)
  • 定休日:年中無休
  • 入場料:大人(中学生以上)200円、小学生以下は(無料)です。
  • 駐車場:有料100台(1日1回300円)
  • アクセス:【公共交通機関】JR紀勢本線『串本駅』より串本町コミュニティーバス(潮岬線行き)に乗り『潮岬灯台前』で下車してすぐ
    お車】紀勢自動車道『すさみ南IC』を降りてから国道42号線『潮岬西入口』の交差点を右折して県道41号線(潮岬周遊線)を走り『潮岬灯台』約28km(35分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

潮岬灯台』は、日本全国にある3000を超える灯台の内の『15の灯台』しかない『参観灯台』となり『登れる灯台』となります。
景色も最高で、ゆったりとした時間を過ごせるスポットとなります。
一度訪れて『登れる灯台』から眺める太平洋の大海原の景色をご堪能下さい!

【関連記事】

和歌山観光に関する記事はコチラをご覧下さい !

  『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!

  貴志駅の三毛猫『ニタマ』たまⅡ世駅長を襲名『スーパー駅長ニタマ』

  『西国三社参り』【御朱印】日前宮、竃山神社、伊太祈曽神社

  伊太祁曽神社『紀伊之國一之宮』【御朱印】パワースポット!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

  歓喜神社【珍】パワースポットは男女陰陽が御神体【御朱印】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-和歌山県
-

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.