三段壁【アクセス・駐車場】柱状節理の断崖絶壁【恋人の聖地】

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある『三段壁(さんだんべき)』です。

三段壁』は、近くにある『千畳敷』や『円月島』と肩を並べて、白浜町の『景勝地』となり、国の『名勝』として指定されています。

三段壁』と言う呼び名の由来は、魚の群れ(一説によれば鯨とも言われています)を見つけたり、行き来する船を見張るための『監視場』となっていたこの場を『見壇(みだん)』と呼んでおり、時が経つにつれて『見壇壁』から『三段』と変わり『三段壁』と呼ばれる様になったという説が伝わっています。

長さ2kmにも渡って海に直立する『断崖絶壁』は、高さ50m~60mに及ぶ見事な『柱状節理』の『大岩壁』となり、壮大で『見ごたえ』のある景観を創り出しています。

断崖に設けられた『展望台』より、雄大な太平洋に向かって伸びる『断崖絶壁』を観賞できるほか『海蝕洞窟』が形成されている地下36mにエレベーターで降りて『洞窟内部』の観覧ができるようになっています。

そんな『三段壁』は、悲しいことに『自殺志願者』が多いとのことですが、1950年6月10日には『許されぬ結婚』と『病苦』から、生まれ変わって一緒になることを誓い合った若い男女が断崖より海に身を投じたと言う話が良く知られています。

しかし、いつの頃からか『恋愛成就』としての噂が広がり、近年では『縁結び』の『パワースポット』としての『御利益』が得られると言う話が有名になったことで、2016年6月12日(恋人の日)に、人気沸騰中となる『恋人の聖地』に選定され『プロポーズ』にふさわしい『ロマンティック』なスポットとなり、選定記念として『展望台』の横にハート型の『モニュメント』が設置されました。

そんな『ロマンティック』なスポットの『恋人の聖地』となった『三段壁』の紹介となります。

準備が整いましたら『三段壁』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

三段壁【アクセス・駐車場】柱状節理の断崖絶壁【恋人の聖地】

今回は、和歌山県の白浜町の観光を楽しむため『景勝地』で国の『名勝』となる『三段壁』に向けて車を走らせています。

朝一番で同じく『白浜町』の『名勝』に選ばれている『円月島』に続けて『千畳敷』の観賞は済ませましたので、ここ『三段壁』は3か所目となり、現在の時刻は朝の8時00分となります。

白浜観光の記事は後ほどコチラをどうぞ!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

三段壁』の紹介を進めるにあたり、管理人は全国に140か所を越えて存在する『恋人の聖地』についても同時に紹介をしていますので、ここで紹介する『三段壁』は、そのうちの1つとなりますので併せて紹介していきます。

『恋人の聖地』をご存知ない方は後ほどコチラをどうぞ!

  全国に点在するパワースポット!『恋人の聖地』とは!?

三段壁』の紹介にあたり、まずは『アクセス』及び『駐車場』の紹介から始めたいと思います。

 

『三段壁』へのアクセスは『マイカー』がお勧めです!

三段壁』がある『白浜町』への『アクセス』は『公共交通機関』を利用しても『マイカー』を利用しても、どちらでも比較的簡単に行くことが出来ますが『見どころ』となる場所が点在する『白浜町』は、何と言っても『機動力』がモノを言いますので、基本的には動きやすい『マイカー』がお勧めとなります。

まずは『公共交通機関』を利用して訪れるのでしたら『JR白浜駅』から『三段壁行き』となる『12』もしくは『30』に乗り『千畳口』で下車してからは『徒歩』で300mとなりますので、ゆっくり歩いても約5分もあれば行くことが出来ます。

公共交通機関』を利用して行くとなれば『三段壁』の観賞が済んだ後にも、さまざまな場所の観光を予定していると思いますので、その都度『バス』の運賃を払っていると意外と経済的にやさしくありませんので、何度も『バス』に乗る予定の方は、お得な『とくとく乗車フリー券』なるものが販売されていますので、そちらをお買い求めになるほうが安くつくかもしれません!

とくとく乗車フリー券』は『白浜駅』と『白浜の名所』を結ぶ『バス路線』が『乗り放題』となります。(高速バスにはご乗車にはなれません!)

1日フリー券が、大人1100円となり子供550円です。

2日フリー券が、大人1500円となり子供750円です。

3日フリー券が、大人1700円となり子供850円です。

詳しくは知りたい方は『明光バス白浜駅前案内所』0739-43-0502もしくは『白浜営業所』0739-42-3973にお電話にてご確認ください!

 

三段壁には『無料』と『有料』があるので気を付けて・・

続いて『マイカー』を利用する方は『南紀白浜IC』からでしたら『三段壁』までは約8kmほどですので、15分もあれば簡単に行くことが出来ます。

さらにうれしいことに『三段壁』には『無料』の『市営駐車場』があり、大体30~40台分ぐらいの駐車が可能となっています。

しかし、意外と知られていないため、すぐそばにある『民間の有料駐車場』に止めてしまう方が多くいるのが現状です。

市営駐車場』は控え目な『P』の看板しか無いので、見落としがちになります。

三段壁の無料の駐車場です。

三段壁の無料の駐車場です!

管理人のように『千畳敷』の方から『県道34号線』を走ってくると『三段壁』の交差点があるのですが、信号を越えてすぐ右手側が『市営駐車場』となり『無料』です。

反対に『南紀白浜IC』から『三段壁』に向かって『県道34号線』を走ってき場合は『三段壁』の交差点の手前の左手側になります。

なぜ、多くの方が『民間の駐車場』に入ってしまうのかと言うと、管理人のように『千畳敷』の方から走ってくると、一目で『駐車場』と分かる少し派手めな『おみやげ屋さん』の『P』の文字が目に入り、思わず入ってしまいます。

福亀堂』と言う『おみやげ屋さん』の『有料駐車場』なのですが『3時間500円』となりますが『1000円以上のお買い上げで無料!』と言うパターンとなります。

2件ある『福亀堂』の『福亀堂本店』は『三段壁』の交差点より300m手前で『福亀堂2号店』は『市営駐車場』の斜め前となります。

三段壁の有料の駐車場です。

三段壁の有料の駐車場です!

おみやげ』を買う予定の方はこちらの『駐車場』でもいいのですが、その気が無ければ無駄な出費となります。

今回管理人は『無料』の『市営駐車場』に止めたのですが、以前に訪れた時には『福亀堂』に駐車し、買うつもりもない『おみやげ』を購入したことを思い出します。

この『福亀堂』の『有料駐車場』に止めて嫌だったのが『車の鍵』を預けなければいけないところです。

物騒な今の世の中で『車の鍵』を『逃げ得防止』の為とはいえ『担保代わり』に渡してしまうのはいかなものでしょうか?

もしも『車の鍵』を渡したのがお店の人とは違って、新手の『自動車窃盗団』であって戻って来たら『車が無い!』なんて可能性もゼロではないので・・・

まずは『市営駐車場』を覗いてみて『満車』でしたら『福亀堂』の『駐車場』に行くことをお勧めしておきます。

 

『恋人の聖地』三段壁に設置された『ピンクの郵便ポスト』

市営駐車場』に車を駐車すると『三段壁』の断崖へと歩き出したのですが、すぐに小さな可愛い『ピンクの郵便ポスト』が目に入ります。

『ピンクの郵便ポスト』です。

『ピンクの郵便ポスト』です!

三段壁』が『恋人の聖地』に選定されたのを機に『田辺郵便局』及び『白浜郵便便局』の協力によって設置されたと言う『ピンクの郵便ポスト』は、大切な人に対して日常よりなかなか恥ずかしくて伝えることが出来ない『』や『感謝』などの気持ちを届けることが出来るようにとの思いが込められ設置されたと言います。

恋人の聖地』となる場所は、日頃よりさまざまな『想い』がありながら『なかなか勇気が出せない!』と言うあなたのような方が、一歩前に進むための『聖地』となりますので『恋人の聖地』となる『三段壁』を訪れた旅の思い出と考え、勇気を出して投函してみてはどうでしょうか?

 

『恋人の聖地』に設置された『ハート形』の『モニュメント』

ピンクの郵便ポスト』をあとにし、まっすぐに伸びる遊歩道を100メートルほど歩き進めると『三段壁』を観賞できる『展望スペース』があるのですが、少し手前に『恋人の聖地』の『モニュメント』が設置されたスペースがあるので、まずはそちらに立ち寄ってみます。

ハート形のモニュメントです。

ハート形のモニュメントです!

恋人の聖地プロジェクト』では、2006年4月1日より、全国の観光地域の中から『プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット!』を『恋人の聖地』として選定されており、現在では日本全国で選定された『恋人の聖地』の数は、140ヶ所を越えるほどとなり、その中の1つが2016年4月に選定された『南紀白浜/三段壁』となるのですが、和歌山県では『和歌山マリーナシティ』に次いで2か所目となります。

『和歌山マリーナシティ』の記事は後ほどコチラをご覧ください!

  和歌山県~マリーナシティ『恋人の聖地』にユーラテ伝説が蘇る!

恋人の聖地』となる場所には、一目見ればわかる『恋人の聖地』と刻まれた共通の『金色のプレート』が、その場所のどこかに必ず置かれているのと同時に、その場所を象徴する『モニュメント』が設置されているところがあります。

ここ『三段壁』には『ハート型の鍵』や『ハート形』で『』と刻まれた『絵馬』を掛けられる『ハート形』の『モニュメント』が設置されています。

二人の『愛を誓う』ための『南京錠』となる『愛鍵』や『絵馬』は、近くにある『三段壁洞窟』や『おみやげ屋さん』で買い求めることが出来ます。

愛鍵や絵馬が販売されています。

愛鍵や絵馬が販売されています!

古来より『神秘的』な『パワー』を持っていると言われている『』ですが、1990年代から2000年代の初めにかけて見られるようになった現象で、恋人たちが『永遠の愛』の象徴として『南京錠』を『フェンス』や『門扉』さらには『』などの公共設備にかける儀式のようなものとなり、世界中で増え続けているのですが『三段壁』では『』をかけるための『モニュメント』が特設されていると言うことです。

尚、最初に紹介した『ピンクの郵便ポスト』に投函するための『絵葉書セット』なども販売されていますので、ご自身たちにあった方法で『誓い』をたててみてください!

あとは、お馴染みの『恋人の聖地』と刻まれた『金色のプレート』の場所ですが、基本的には『モニュメント』と同じ場所にあることが多いのですが、いくら周辺を探しても見当たらず、諦めかけて『三段壁』の断崖のほうに移動したときに見つけました。

 

荒波に削られて創り出された大岩壁の『三段壁』

恋人の聖地』の『モニュメント』から離れること10メートルの位置に『三段壁』を展望できるスペースがあるので移動します。

展望台』の手前には『三段壁』と書かれた立て看板があり、よく見ると『恋人の聖地』と刻まれた『金色のプレート』が張り付けられています。

金色のプレートが張られています。

金色のプレートが張られています!

金色のプレート』は、2016年6月12日(恋人の日)に設置されたもので、1年ほどしか経っていないと言うのに、腐食が進んでかなり古びた状態となっており、潮風という劣悪な環境であることが一目見るだけで分かります。

三段壁』は、長さ2kmにも渡って海に直立する『断崖絶壁』で、高さ50m~60mに及ぶ見事な『柱状節理』の『大岩壁』となり、壮大で『見ごたえ』のある景観を創り出しています。

展望台から眺めた景色です。

展望台から眺めた景色です!

そんな『三段壁』は、悲しいことに『人生の終着点』として訪れる『自殺志願者』が多いとの話を聞いたことがありますが、現在では『白浜警察署』をはじめとして、さまざまな団体などが連携し『三段壁』周辺のパトロールを強化し『自殺志願者』の『自立』や『更生』のための活動が継続的に行われていると言います。

同じように『自殺の名所』として名高い、福井県の『東尋坊』なども、たくさんの方々の力により、現在ではほとんど『自殺志願者』がいないと言います。

『東尋坊』の記事は後ほどコチラをご覧ください!

  東尋坊『見どころ』福井県が誇る断崖は今でも自殺の名所?

東尋坊』には『自殺志願者』を救うための『最後の砦』となる『公衆電話』があったのですが『三段壁』にも同じような役割を果たす『公衆電話』があります。

最後の砦『いのちの電話』です。

最後の砦『いのちの電話』です!

東尋坊』にある『公衆電話』は『救いの電話』と言う名前があるのですが、ここ『三段壁』にある『公衆電話』は『いのちの電話』と名前が付けてあり『自殺志願者』が『断崖絶壁』に向かうときに気付くように置かれており『重大なる決断』をする前に相談できるように『NPO法人白浜レスキューネットワーク』の連絡先が書かれています。

東尋坊』の『救いの電話』には、持ち合わせの無い『自殺志願者』の為に『10円玉』が数枚と、一旦落ち着けるように『タバコ』と『ライター』などを置いてくれる方がいるのですが『いのちの電話』には、そういった類(たぐ)いものは置かれていません!

三段壁の絶景です。

三段壁の絶景です!

少し昔の話になりますが、1950年6月10日に『許されぬ結婚』と『病苦』から『』に『白浜の海は、今日も荒れてゐる』と『口紅』で書き残したあとで、若い男女が『生まれ変わって一緒になる』ことを誓いつつ『断崖』より海に身を投じたと言う話が残っています。

口紅』で書き残された文字は『二人の思いが成就するように!』との願い込めて、翌年の同じ日に友人が『』に刻みこんだといわれ『見どころ』のひとつとなります。

今回『口紅の碑』を、色々と探してみたのですがどこにあるのかの確認ができなかったのですが『三段壁洞窟』の建物の前に『無料』で楽しめる『足湯』があり、前には断崖のほうに向かって『遊歩道』が続いていたのですが、その先には『チェーン』が張られ立ち入ることができない場所がありました。

三段壁洞窟の施設前の足湯です。

三段壁洞窟の施設前の足湯です!

確かな情報ではないのですが、その先に『口紅の碑』があるのかもしれませんので『立入禁止』が解除されていたら散策してみて下さい!

そんな、少し悲しい話が伝わっていますが、二人の若い男女と、その友人の想いには『恋愛成就』の意が込められていたと言うことから『カップル』や『夫婦』で『口紅の碑』に触れることで『いつまでも一緒で幸せになれる!』という噂や、好きな人と一緒に触れると『両想い』になれるという噂も広がり、いつの頃からか『恋愛成就』をはじめ『縁結び』の『パワースポット』としての『御利益』が得られると言うことが有名になったこともあり、2016年6月12日(恋人の日)に、人気沸騰中となる『恋人の聖地』に選定され『プロポーズ』にふさわしい『ロマンティック』なスポットに変わり、選定記念として『展望台』の横にハート型の『モニュメント』が設置されたという流れになります。

あとは、先程の写真にも写っていた『三段壁洞窟』の施設前に造られた『三段壁足湯』ですが、平成25年12月にオープンしたもので『無料』で利用することが出来ますので、180度に広がる太平洋のパノラマビューを『足湯』しながら楽しみ、ゆったりと流れる時間をお過ごしください!

今回は、訪れたのが早すぎたためお湯は張られていませんでしたが、朝の9時00分~夕方16時30分まで利用できます。

 

『三段壁洞窟』の入場料は安い?高い?

三段壁』に訪れて一番の『見どころ』は、やはり雄大な太平洋に向かって伸びる『断崖絶壁』を『無料』で観賞することに間違いないのですが『海蝕洞窟』が形成されている地下36mにエレベーターで降りて『洞窟内部』の観覧ができる『三段壁洞窟』も『見どころ』のひとつとなり大変人気があるのですが、なんといっても『入場料が高い!』のひと言に尽きます。

海蝕洞窟が形成されている地下36mです。

海蝕洞窟が形成されている地下36m!

朝の8時00分より『三段壁洞窟』の施設の営業が始まると同時に、何組かの『家族』をはじめ『カップル』や『1人』の方々が入場券を買い求め、エレベーターで地下36メートルまで降りて『洞窟内部』の観覧を開始します。

大人(中学生以上)1300円となり、小人(小学生)650円で小学生未満は無料となりますが、家族4人で『高い!』と思いながらも5000円近くを支払いエレベーターに乗り込み『洞窟』へと降りていくと、少し冷ややかな空気が漂う幻想的な空間となります。

三段壁洞窟』は、平安時代の『源平合戦』で知られる『熊野水軍』が船を隠していた伝説の『洞窟』と言われ、内部には200メートルの通路があり、至る所からポタポタと水滴が落ちています。

通路内には『熊野水軍』の戦いの合間の待機所となり、休息をとったと言う『番所小屋』があり、当時の状況をリアルに体験できるようになっています。

『熊野水軍』との記念撮影です。

『熊野水軍』との記念撮影です!

洞窟』内には、勇猛果敢をうたわれた『熊野水軍』との『記念撮影』が出来るスペースも設けられており、船の前には『鎧の部分』だけ置かれており、その『』の後ろに立つことで身に着けているかのような写真が撮れます。

兜や槍などもありますので、必要に応じて身に着けることが出来ます。

そんな『熊野水軍』の守り神となっている『水の神(神社仏閣の守り神)』の『牟婁大辨才天』をはじめ『大黒天』や『毘沙門天』さらには『十六童子』を従え、どんなお願い事でも叶えてくれるという『パワースポット』として祀られています。

日本最大級の『牟婁大辨才天』です。

日本最大級の『牟婁大辨才天』

牟婁大辨才天』は、青銅で造られており日本最大級のものとなります。

牟婁大辯才天』に向かって左側の壁面には『湧泉洞』という『手水舎』があり、龍の口から温泉が湧き出ており『飲める!』とのことだったので、少し飲んでみたのですが、なんとも言えない独特な味で、少し気分が悪くなったのでお勧めはしません!

最後は『潮吹き岩』に向かいます。

見どころとなる『潮吹き岩』です。

見どころとなる『潮吹き岩』です!

潮吹き岩』の岩盤の下には、大きな空洞があり、その空洞に勢いよく海水が入ることによって上に開いた穴から海水が吹きあがるというものなのですが、今回は海水の勢いはあるのですが、潮の満ち引きの加減からか?上手く海水が吹きあがりませんでした。

潮吹き岩』の潮の吹き上げは『自然現象』となるため、いつでも見れる訳ではないと言うことで、もしタイミングよく綺麗に吹き上がる景色を見ることが出来れば、それ自体が奇跡的なことで貴重な光景を見ることが出来たと考えるほうがいいと言うことです。

もうひとつ天井の岩盤に『見どころ』があり『漣痕(れんこん)』またの呼び名を『リップル』という紋状があるのですが、波の打ち寄せる作用によってできた『波紋』すなわち『漣痕』を見ることが出来るのですが『三段壁洞窟』の『リップル』は、数千年前のものと言われ、数少ない貴重な資料と言われています。

そんな『三段壁洞窟』の『見どころ』を見て回る所要時間は、早くて30分ぐらいで、ゆっくり回っても1時間までです。

正直な感想として『見ごたえ』は十分あるのでその点はいいのですが、残念な点は人数が増えればかなりの『出費』となるところです。

入場料』としての『大人1300円は高いか?安いか?』と聞かれたら、迷わず『高い!』と答えます!

大阪在住となる管理人ですから、いつでも行けるという訳ではないので、訪れた限りはと思い『清水の舞台から飛び降りるつもり』で家族4人で入場しましたが、もう少し『入場料』を下げてくれたらもっと楽しめたのではないかと思います。

と、言ったところで現在の時刻8時40分となり『三段壁洞窟』及び『三段壁』の散策のすべてが終了となります。

展望台』より望む『三段壁』の姿は、まさに絶景とも言える景色が広がり『観覧料』が要らないことと『観賞時間』に決まりが無いと言うことで、朝一番であっても十分に楽しめる『名勝』であったと思います。

1日で『白浜観光』を進めるにあたり、今回紹介した『三段壁』をはじめ、近くにある『千畳敷』と『円月島』の3か所の『名勝』は、その他の『施設』の営業が始まるまでに訪れて1ヶ所でも多くの白浜観光を行なう『コツ』と考えてもいいと思います。

朝一番より訪れた記事はコチラをどうぞ!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

 

『三段壁』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

三段壁洞窟

  • 住所:〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
  • 電話:0739-42-4495、FAX 0739-43-3278
  • 時間: 8:00~17:00(最終入場16:50)
  • 観覧料:大人(中学生以上)1300円、小人(小学生)650円、小学生未満は無料です。
  • 定休日:年中無休
    *12月中旬に洞内点検のため臨時休館する場合があります。
  • 駐車場:無料(市営30~40台)
    民間有料駐車場あり(福亀堂)3時間まで500円(1000円以上のお買い上げで無料です)

三段壁

  • 住所:〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
  • 電話: 0739-43-5511(白浜観光協会)
  • 時間:自由
  • 観覧料:無料
  • 定休日:無し
  • 駐車場:無料(市営30~40台)
    民間有料駐車場あり(福亀堂)3時間まで500円(1000円以上のお買い上げで無料です)
  • アクセス:【公共交通機関】『JR白浜駅』から三段壁『12』もしくは『30』で『三段壁』で下車して徒歩300m(約5分)
    お車】『南紀白浜IC』から9km(約15分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

三段壁』は、近くにある『千畳敷』や『円月島』と肩を並べて、白浜町のシンボルとして、国の『名勝』に指定され、素晴らしい景色を眺めることが出来る観光地となります。
一度訪れて生の『三段壁』の壮大な姿をご堪能下さい!

【関連記事】

和歌山観光に関する記事はコチラをご覧下さい !

  『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!

  貴志駅の三毛猫『ニタマ』たまⅡ世駅長を襲名『スーパー駅長ニタマ』

  『西国三社参り』【御朱印】日前宮、竃山神社、伊太祈曽神社

  伊太祁曽神社『紀伊之國一之宮』【御朱印】パワースポット!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-恋人の聖地
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.