御誕生寺『猫寺』里親探しで縁結びの架け橋に・・【御朱印】

投稿日:

今回紹介するのは、福井県越前市庄田町にある『猫寺』として注目を集めている『御誕生寺(ごたんじょうじ)』です。

御誕生寺』は、緑に囲まれた山間に、平成になり建立された、まだ新しい曹洞宗の『禅寺』となります。

福井県の越前市庄田町は、自然の眺めがとても清らかで美しく、辺り一面には長閑(のどか)な田園風景が広がっています。

猫寺』と呼ばれるのも、開山住職となる『板橋興宗禅師(いたばしこうしゅうぜんし)』が、昔から『猫好き』だったことから、傷ついた猫を拾ったり、もらったりしたことがきっかけとなり、境内で面倒を見るようになったことからだと言います。

現在でも、なにがしの訳があって集まってきた数十匹の猫たちの『里親探し』や『怪我』や『病気』で苦しむ猫たちの手当を行なっています。

現在までに『御誕生寺』が架け橋となり『里親』とのご縁を結んできた猫たちは、約200匹ほどとなり『猫寺』と呼ばれる『御誕生寺』は『縁結び』のお寺となり、たくさんの方がご利益を授かるため訪れると言います。

また『御誕生寺』の境内では、ゆったりと1日を過ごす猫たちの姿が大人気となっています。

そんな、猫好きの方には、たいへん興味深い『猫寺』の紹介となります。

準備が整いましたら『猫寺』となる『御誕生寺』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

御誕生寺『猫寺』里親探しで縁結びの架け橋に・・【御朱印】

今回は、福井県越前市庄田町にある『猫寺』として、今まさに注目を集め人気沸騰中の『御誕生寺(ごたんじょうじ)』に向けて車を走らせています。

越前市の庄田町は山の麓にあり、大自然の緑と田園の風景がとても長閑(のどか)な地となります。

ゆったりとした時間の流れる庄田町から山間部に入った地に鎮座する『御誕生寺』は真新しい『お寺』となります。

そんな庄田町に鎮座する『御誕生寺』への『アクセス』は『公共交通機関』を利用していくには、少し不便な面がありますので、お勧めとなるのは『マイカー』の利用となります。

 

『御誕生寺』へは『マイカー』がお勧め!

マイカー』をお勧めするのは、まずは『御誕生寺』には、約50台ほど止められる『無料』の『駐車場』があるということと『公共交通機関』を利用するとなれば、最寄り駅となる北陸本線『武生駅』から『福井鉄道バス』もしくは『越前市市民バス』となる『のろっさ』で『大手停留所』まで行くことになりますが、運行しているバスの『本数が少ない』ことと『運行している曜日』が決まっていると言うところが少し問題となります。

福井鉄道バス』の場合は『平日』でしたら7往復あるものの『土休日』となると3.5往復のみとなっており、時刻表を見ても1時間や2時間に1本や『土休日』などは8時30分の次は13時40分となり、5時間以上の間が空きます。

越前市市民バス』の『のろっさ』は2ルートあり、ひとつ目が『国高・北日野ルート』となり『大手』で下車してから、徒歩で350mなのですが『水曜日・金曜日』のみ運行となり、1日2往復のみとなっているのと、もうひとつのルートである『味真野・北新庄ルート』に関しては『西尾町』で下車してから西へ約1kmほど歩くことになるのですが、こちらも『水曜日・金曜日』のみ運行となり、1日2往復のみとなっています。

もしもバスに乗り遅れた場合は『タクシー』と言う手がありますが、経済的にはやさしくありません!

徒歩で向かうことも出来ますが、約4.6kmとなり、平坦な道ではありますが、1時間近くはかかると思います。

最後の手段として駅前に『レンタルサイクル(500円)』があるとのことですので、それでしたら約20分で行くことが出来ます。

いずれにしても、問題なく行くことが出来るのは、やはり『マイカー』ではないかと思います。

 

『御誕生寺』の餌やりは1日2回!

今回『御誕生寺』に向かうにあたり『御誕生寺』が保護している猫たちが、一同に集まるのが『餌やりの時間』ではないかと考え、1日2回となる、朝7時かお昼の15時30分に併せて訪れようと考え、朝の7時に到着できるように向かいました。

大阪在住となるため、少し余裕をもって家を出たのですが、お盆休みの真っ最中となり、予定を大きく遅れてたのですが6時50分に『御誕生寺』の『駐車場』に到着できました。

gotanjyouji1-9

なんとか間に合った!」と思ったのもつかの間で、すでに、ニュースなどでも見た、5mぐらいの長さの屋根下に付けて雨水を逃がすための『樋(とい)』に餌が盛られており『餌の時間』が始まっています。

gotanjyouji1-20

すでに食べ終わって『樋(とい)』から離れている子もいます。

たまたまか、いつもなのかは分からないのですが、調べたところでは7時と15時30分の2回となっていたので、もし公表している『餌やり時間』があるのでしたら、時間は守っていただきたいところです。

その瞬間を見るために、遠方より時間を合わして訪れる人もいますので・・・

と言うようなことがありましたので、餌の時間に合わせて訪れることをお考えの場合には、30分前には到着しておいたほうがいいかと思われます。

気を取り直して、もう一か所ある『餌やり場』に行ってみたいと思います。

gotanjyouji1-7

今の場所は『納経所』の前ですが、もう一か所は裏手にある『トイレ前』となるのですが、ここでは、少し人見知りとなる猫たちが、ゆっくりと食べられるように配慮された『餌やり場』となるそうです。

こちらの『樋(とい)』は、1m足らずの短いものとなり、猫たちの数もそれほどいません!

あと『休憩所』の前のベンチの下でもひとり寂しく餌を食べる猫の姿がありました。

と言うように、顔なじみのはずの猫たちですが、やはりちょっとした力関係があったり、たくさんの人がいると近づいてこなかったりとさまざまですので『餌やり場』も、ちゃんとみんなに餌がいき渡るように考えられているようです。

 

『御誕生寺』は瑩山禅師の御誕生の地!

猫たちも空腹を満たすと、それぞれが自分の過ごしやすい場所へと移動していきます。

餌やり』の途中からの訪問でしたので、食べ終わって移動した猫もいたのかもしれませんが、10匹前後のネコの姿しかありませんでした。

猫寺』と呼ばれ、メディアで取り上げられて以来、一躍有名となったことで多くの方が訪れるようになったお寺だけに、正直なところもっとたくさんの猫がいるのかと想像していたのですが、思ったより少ないと言うのが正直な感想です。

猫たちも移動し始めたので、境内を簡単に回ってみたいと思います。

御誕生寺』の境内は中心に『駐車場』があるのが特徴的なのですが、北側が先ほどの『餌やり場』となり、東側に『本堂』があります。

gotanjyouji1-10

昭和23年に、帆山の地に『上田全之師』が『御誕生寺』を立てたのですが、すでに建物もお寺の境内も無くなっているのですが『御誕生寺』と言う『寺籍』だけは登録されたままになっていました。

曹洞宗の御本山となる『總持寺(そうじじ)』を開山した『瑩山禅師(けいざんぜんじ)』が、約750年前に越前市の武生(たけふ)の地で生まれた由縁により、武生の実業家『宇野煕氏』が大本山『總持寺』の独住23世の『閑月即眞禅師』の号を天皇陛下から賜った『板橋興宗(いたばしこうしゅう)』を開山住職として迎え、建設工事が始まったのですが、武生の実業家『宇野煕氏』の急逝により一度は計画自体が見直されました。

その後、全国各地の曹洞宗寺院ならびに多くの縁者(えんじゃ)からの篤い支援を受けて、工事は順調に進み、平成21年6月7日に『本堂落慶式』を厳かに執り行ったと言います。

そのため『本堂』は見るからに真新しい感じとなっています。

そんな『本堂』の左手側には『転法輪の庭』があります。

gotanjyouji1-11

きれいな緑に苔むした『転法輪の庭』の庭でくつろぐ白色ベースのかわいい猫がいるのですが、名前はなんていうのかな?

すべてのネコに名前は付いているのかな?

少し調べてみたのですが、この子は『オオタクン』と言うそうです。

転法輪の庭』でひとり黄昏ていました。

基本的に『御誕生寺』にいる、ネコ達は人を見慣れていることもあり、よほどのことが無い限り近づいても逃げることはありません。

触ることも容易にできますが、気の向かない子は撫でてあげると静かに立ち上がって、ゆっくりと歩いて違う場所に移動していきます。

そんな時は、無理に追いかけ回さずに違う子に照準を向けてください!

御誕生寺』の境内にいる猫たちと触れ合うにあたり、ひとつ注意点があります。

gotanjyouji1-19

首輪』に『赤色』や『青色』の『ヒモ』が付けてある猫は『猫風邪』に感染しています。

猫風邪』は飛沫感染するので感染した猫を触って他の子を触ると感染する可能性があるので、触れ合っていて首輪の『ヒモ』に気付いた場合は、消毒液でよく消毒してから他の子と触れ合ってください!

猫風邪』が人間にうつることは非常に稀ということですが『猫風邪』を引き起こす原因となるウイルスは『ヘルペスウイルス』や『カリシウイルス』さらに『クラミジア』と言う3種類があるそうなのですが、これらのウイルスは生後2~3ヶ月の『子猫』によく見られれると言います。

3種類の中でも『クラミジア』だけは人間にも感染すると言われる『人獣共通感染症』であると知られています。

そう言ったウイルスに感染しいる猫の『目ヤニ』や『鼻汁』がついた手を口に入れたり、目をこすったりすると『結膜炎』などを引き起こす可能性があるため、お子様連れのご家族の方は触れ合った後は、手をよく洗ってあげることをお忘れなく・・・

 

『御誕生寺』の境内にはお地蔵さまが600体!

本堂』への参拝が終わったので境内の西側に移動してみます。

駐車場』の北側は、緑豊かな山間となるのですが、その山間沿いにはたくさんの『お地蔵さん』が立ち並んでいます。

gotanjyouji1-13

御誕生寺』の境内には『お地蔵さま』が600体ほど奉納されており、特に山間沿いにはさまざまな形の『お地蔵さん』が並んでいます。

毎年9月には、境内にある『お地蔵さん』の1体1体に『御燈明(おとうみょう)』を献燈して『地蔵祭』が開催されます。

そんな、立ち並ぶ『お地蔵さん』を横目に見ながら歩き進めて行くと『釣鐘』があります。

 

『御誕生寺』の『幸せの鐘』

幸せの鐘』と称される『釣鐘』には『いつでもご自由におつきください』と、丁寧に文字の刻まれた『石碑』まで設置されています。

gotanjyouji1-12

ならばと『幸せの鐘』を撞いてみると、広い山間の境内にやさしい音が響き渡ります。

いつでもご自由におつきください』とありますが、やはり時間帯には気を付けたいところです。

御誕生寺』には、出入り口に『』がありませんので、24時間出入りが可能となっています。

今回も、7時前には到着しましたが、すでに20人ぐらいの先客がありました。

一番早い人で何時に訪れていたのかは分かりませんが、朝一番でいきなり『ボーン!』と付くことはちょっと違う気がしますし、夜も何時でも境内に入れますので・・・

御誕生寺』自体には、24時間いつでも入れますが、日のある間の参拝を基本としているそうですので、猫たちを見たさにあまりにも早い時間や、遅い時間の訪問は控えてほしいとのことです。

幸せの鐘』の隣には、参拝者用と思われる『休憩所』となる『休心亭』がありますが、すでに猫たちが陣取って寝ています。

gotanjyouji1-14

自動販売機が設置された『休心亭』は『参拝者用』の『休憩所』と言うより、猫たちのための『休憩所』と言ったほうがいいかもしれません!

中に入って行っても、特に驚くわけでもなく寝たままなのですが、長椅子の上の座布団を陣取るのが『こうめ』で長椅子の下の冷たい地面で伸びているのが『タイガ』だと思われます。

休心亭』の裏手は墓地となり、数多くのお墓の立ち並ぶ先に緑の小さな山があります。

gotanjyouji1-15

気になるので行ってみると、小さな山のようなのはものは『』となっていました。

以上が『御誕生寺』の境内となりますが、山の中腹には、特大の『地蔵座像』が見えるのと『』の裏手には、これまた大きな『ひの不動明王』の『石像』が鎮座しています。

gotanjyouji1-16

どちらも、境内?の中の物なのか分かりませんが『ひの不動明王』に関しては『』の裏手ですので、目の前まで行くことが出来ますが『地蔵座像』に関しては、道はありそうなのですが、どこから行けばいいのか分かりませんので、境内から見る形となります。

と言ったところまでが『御誕生寺』の境内の『見どころ』ではないかと思います。

朝一番の『餌やり』が終わったあと、猫たちはそれぞれ、自分のお気に入りの場所に移動してしまうので、境内にはそれほど沢山の猫の姿を見かけなかったのですが、歩き回って見つけれた猫たちの写真は以下のようなものです。

gotanjyouji1-17

現在の『本堂』が完成したのは平成21年6月7日のことで『御誕生寺』の建設中に捨て猫を4匹拾ったことが『猫寺』としての始まりだと言いますが、その頃より月日が流れ、今までに『里親』に引き取られた子たちは200匹~300匹にもなると言います。

持ち込まれた子や迷い込んできた子、その子たちが産んだ子などを合わせると、これまでにいったいどれ程の猫たちの保護をしてきたのでしょうか?

2013年9月頃には、約50匹もの猫が境内には住んでいたことで、まさに『ネコのパラダイス』状態となっていたこともあったと言いますが、それほどの猫たちを保護していてエサ代に関しては比較的足りているらしいですが、医療費に関してがやはり問題となり、台所事情はそれほど良くないと言います。

動物病院も『御誕生寺』の事情も分かってくれているみたいで、ある程度協力してくれる獣医さんがいるそうですが、避妊手術や病気の治療などは保険が効かないので・・・

御誕生寺』自体も、近年できたお寺だけに、かさむ医療費の工面をするのは本当に大変だと思います。

そのようなことからも、現在はもう猫の引き取りは行っていないとのことですが、それでも残念なことに猫をこっそりと捨てていく不届きな人が後を絶たないということです。

そんな、台所事情の先行きが不安な『御誕生寺』のために、少しですが力になれる方法があります。

自分一人だけでは、それほどの力にはなりませんが、訪れる方みんなで少しずつ力を合わせれば、きっとなんとかなるような気がします。

 

『御誕生寺』の『招き猫おみくじ』は全28種!

力の元となるひとつが『御誕生寺』の『納経所』の前にある『猫寺』と呼ばれるだけに、あるのは当然ですが『招き猫おみくじ』となりますので、試しに一枚引いてみます。

gotanjyouji1-2

招き猫おみくじ』は、300円以上の『募金』をすることで1枚引くことが出来ます。

管理人は、基本的には寺社に訪れても、自分の運勢を左右されそうなので『おみくじ』を引くことは、基本的には無いのですが、猫たちへのちょっとした『募金』と考えるといたし方ありません!

300円の『募金』を納めて1枚引くと中には、微妙な『中吉』と書かれた『おみくじ』のほかに、小指の爪ほどの大きさの『右手を上げた白色の招き猫』が入っていました。

招き猫』と言うのは、庶民信仰から生まれ気軽にお願いが叶えられる、身近な神様として親しまれています。

右手を上げていると『お金を招く』と言い、左手を上げていると『お客を招く』と言いますが、いずれにしても『幸運』を招くものとして人気の高い信仰を集めています。

御誕生寺』の『招き猫おみくじ』の中に入っている『招き猫』は右手を上げているバージョンと左手を上げているバージョンがあり、さらには色が7種類で、その中の白色の『招き猫』に関しては、さらに体の一部分に7種類の色が付いており、合計で全28種類もの『招き猫』のバージョンがあると言います。

招き猫』をフルコンプするのは、どう考えても難しいと思いますので、ご縁があった『招き猫』を財布に入れてご利益を得てください!

尚『招き猫おみくじ』の台の下には『グレー色』で『洋猫』の『モフ』が、正真正銘の生の『招き猫ちゃん』として眠っていました。

gotanjyouji1-5

招き猫ちゃん』となる『モフ』は『グレー色』で『両手』を上げてくれているので『お金を招く』と『お客を招く』の両方で『黒色・グレー色』は『家内安全・厄難消除』のご利益を授けてくれていることになります。

と、言うように気付けば「こんなとこにも!」と、言うようなところに猫たちは隠れています。

 

『御誕生寺』の『納経所』の募金をしてオリジナル『猫グッズ』をGET!

御誕生寺』の『納経所』には『募金箱』が置かれており、1000円以上の募金をすると『オリジナル猫グッズ』をGET出来ます。

幸せの足跡御守』や『おにゃん珠ストラップ』さらに『1か月分の日めくりのカレンダー』や、その他いくつかの『オリジナル猫グッズ』があります。

たくさんいる猫たちの餌代や医療費代として、少しでも足しになればと考え、管理人が1000円と、我が姫君が1000円の募金をすると「2個選んでください!」と言ってくれたので『にくきゅう型の御守り』と『1か月分の日めくりのカレンダー』をいただきました。

gotanjyouji1-3

幸せの足跡御守』は、おそらくご自宅に猫を飼っていたら首輪に付ける『ストラップ』だと思われ、フック付きで鈴と肉球の御守りが付いており、裏には連絡先を書けるようになっています。

もうひとつ頂いた『1か月分の日めくりのカレンダー』は『御誕生寺』の猫たちの写真が、1か月分の31ページと表紙と裏表紙を合わせた33ページからなる『日めくりのカレンダー』となっていました。

今も境内にいる猫たちもいれば『里親』に引き取られたであろう歴代の猫たちの写真もあり、なかなかに見ごたえのある『日めくりのカレンダー』となっています。

募金』の代わりに頂ける『オリジナル猫グッズ』は、なかなかに良いものですので、購入したと思えるほどの品々となっています。

『募金』を済ませ『オリジナル猫グッズ』をいただいたところで『御誕生寺』の散策がすべて終了となります。

一時は『ネコのパラダイス』と化していた『御誕生寺』こと『猫寺』は、現在ではそれほど沢山という訳ではないにしろ、たくさんの、訳ありで、傷ついた猫たちが暮らしています。

一度訪れて、その可愛く人懐っこい猫たちと、境内でゆったりとした時間をお過ごしください!

尚『里親』との『縁を結ぶ』ことがきっかけとなり、現在では『縁結び』の御利益があるお寺となり、多くの方が『良縁』を求めて訪れるようになったと言います。

縁結び』の『パワースポット』としても、今後より一層の人気スポットとなっていくと思いますので『良縁』を求める方は一度訪れてみてください。

 

『御誕生寺』の御朱印!

御誕生寺』の参拝がすべて終了し『朱印所』にて『御朱印』をいただきました。

gotanjyouji1-1

尚『御朱印』に関しては、基本的にひとつにつき300円を納めれば、いただくことが出来ます。

御朱印』に関しては、寺社で参拝しなければいただけないというものではなく『仏像鑑賞』や『パワースポット巡り』など、別な楽しみも兼ねた証として、いただくという考え方もあります。

寺社を訪ねるだけでなく『御朱印集め』は、何を書くのか?どんなハンコ(朱印)を押すのか?字の良し悪しなどを楽しみのひとつとして収集するのもいいものですよ。

管理人は、訪れる場所ごとに『御朱印』をいただいているので、正確に数えたことはないですが、1000に手が届きそうなくらいとなり、今となっては、ちょっとした『コレクション』になっています。

御朱印集め』を、はじめようとお考えの方には、是非お勧めいたします。

尚、近年では『御朱印』を『スタンプラリー』のように参拝もしないで、いただきに行く人が増えていると言うことですが、最低限のマナーとしては、参拝が終了してからいただくことをお勧めしておきます。

 

『御誕生寺』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

御誕生寺

  • 住所:〒915-0043福井県越前市庄田町32
  • 電話:0778-27-8821
  • 時間:境内自由
    尚、餌やりは1日2回『』7:00『』15:30
  • 拝観料:無料
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(50台)
  • アクセス:【公共交通機関】北陸本線『武生駅』福井鉄道バス(池田線)『大手』で下車して西南へ350m(平日7往復、土休日3.5往復のみ)
    北陸本線『武生駅』越前市市民バス『のろっさ』(国高・北日野ルート)『大手』で下車して西南へ350m(水・金のみ運行、1日2往復のみ)
    北陸本線『武生駅』越前市市民バス『のろっさ』(味真野・北新庄ルート)『西尾町』で下車して西へ1km(水・金のみ運行、1日2往復のみ)
    北陸本線『武生駅』から徒歩で4.6km(約60分)もしくは駅前の『レンタルサイクル』(500円)で約20分
    お車】北陸自動車道『武生インターチェンジ』より約10分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

御誕生寺』へのアクセスに関しては多少の問題がありますが、その先にある『猫寺』として多くの猫たちを保護し『里親』との『縁を結ぶ』お寺は素晴らしく、そんな境内で暮らす猫たちも人懐っこくて可愛いいので1日かけて十分に楽しむことができます。
一度訪れて可愛い猫たちとのふれあいをお楽しみください!

【関連記事】

猫に関する記事はコチラをご覧下さい  

  『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!

  貴志駅の三毛猫『ニタマ』たまⅡ世駅長を襲名『スーパー駅長ニタマ』

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-その他の都道府県
-, , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.