橋杭岩【アクセス・駐車場】奇岩が立ち並び点在する絶景!

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県東牟婁郡串本町くじの川のある『橋杭岩(はしぐいいわ)』です。

橋杭岩』は、本州中央部から南側の太平洋に突き出る、日本最大の半島となる『紀伊半島』の中でも『本州最南端』となる『潮岬』より、少し東に行った『国道42号線』沿いの海岸に位置する観光名所となります。

本州最南端』の『潮岬』より『橋杭岩』を経て『新宮』までの海岸は、特に屈曲の多い『リアス式海岸』の素晴らしい景観が見られ、太平洋岸には『海蝕地形』となる波浪による侵食で形成された『海蝕洞』や『海蝕崖』がよく発達しているのを見ることが出来ます。

そんな中で『橋杭岩』は、沖合に浮かぶ『紀伊大島』に向かって大小さまざまな40余りの『奇岩』が一直線に立ち並び『干潮時』には岩間を散策することができることが特徴的で『干潮時』に合わせて多くの方が訪れます。

橋杭岩』と言う名も、そんな直線上に立ち並ぶ『奇岩』の景色が、まさに『橋の杭』のように見えることから付けられたと言います。

そんな『名勝』となる『橋杭岩』は『吉野熊野国立公園』に属しており、国の『天然記念物』に指定されています。

2013年に道の駅『くしもと橋杭岩』として開駅された綺麗な建物からは『橋杭岩』をゆっくりと観賞できるようになっています。

そんな『橋杭岩』の紹介となります。

準備が整いましたら『橋杭岩』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

橋杭岩【アクセス・駐車場】奇岩が立ち並び点在する絶景!

今回は、和歌山県東牟婁郡串本町の海岸にある、直線上に岩が立ち並ぶ姿が『橋の杭』のように見えることから名の付いた『橋杭岩』を観賞するため、車を走らせます。

紀伊半島南端となる串本町を訪れるにあたり、以前までは『高速道路』と言えば『阪和自動車』の『南紀田辺IC』までしかなく、紀伊半島南端の『串本町』まで行くことは大変でした。

2015年(平成27年)7月12日に『紀勢自動車道』の『無料区間』として『南紀田辺IC』から『南紀白浜IC』間が開通して、さらに2015年(平成27年)8月30日に『南紀白浜IC』から『すさみ南IC』間が『無料区間』で開通したことにより、格段に紀伊半島南端の『串本町』に訪れやすくなりました。

開通した『南紀田辺IC』から『すさみ南IC』までは、約40kmあり『無料区間』と言うことで、経済的にも大変やさしく訪れることが出来ます。

今回紹介する『橋杭岩』を訪れるにあたり、まずは『アクセス』の紹介を簡単にしておきます。

 

『橋杭岩』を訪れるのは『公共交通機関』を利用して楽に・・

橋杭岩』を訪れるにあたり、やはり『紀勢自動車道』が『すさみ南IC』まで伸びたとしても『本州最南端』となる『紀伊半島南端』の『串本町』を訪れるのは、大変なことに違いありません!

マイカー』を利用するとなりますと『紀勢自動車道』の『すさみ南IC』を降りてからも『橋杭岩』までは『国道42号線』を23kmほど走り進めることになります。

橋杭岩』には、45台ほど『無料』で駐車できる『駐車スペース』がありますが、今回訪れた時には『満車』となっており20分ぐらいは入ることが出来ませんでした。

道の駅くしもと橋杭岩の駐車場です。

道の駅くしもと橋杭岩の駐車場です!

橋杭岩』の『駐車場』は、道の駅となる『くしもと橋杭岩』の『駐車場』と同じと言うのが『満車』の原因となっていると思われます。

奇岩』が立ち並ぶ『橋杭岩』の観賞だけでしたら、それほどの時間は必要としませんが、道の駅となる『くしもと橋杭岩』でゆったりとした時間を過ごす方もいますので、それなりの滞在時間となり、45台ほどの『駐車場』では少なすぎると言うことになります。

干潮時』には『満車』の可能性は、一層高くなると思います。

続いて『公共交通機関』を利用して訪れるにはJR紀勢本線の『串本駅』より『串本町コミュニティーバス(佐部・上田原方面行き)』に乗り『橋杭岩』の停留所で下車すると、すぐ目となりますので、簡単に訪れることが出来ます。

串本町コミュニティーバス』は『紀勢自動車道』が『すさみ南IC』まで開通した同年の、平成27年10月1日から運行しています。

さらに『天災』や、その他の事情が無い限り『土曜・日曜・祝日・年末年始』に関係なく、基本的に毎日運行しています。

1乗車200円となり『障害者手帳』等などの提示で割引が適用されます。

路線は豊富なのですが、今回訪れた『佐部・上田原方面行き』となると、2時間ぐらいに1本ペースとなり、少し本数は頼りなく1日に6本程度の『串本町コミュニティーバス』が向かうことになっています。

もし乗り遅れた場合には『串本駅』から1.8kmぐらいですので普通に歩けば23分ぐらいで行くことが出来ますし、次駅となる『紀伊姫駅』からなら1.2kmと少し短くなるため15分ぐらいで歩けます。

マイカー』でも『公共交通機関』を利用しても、どちらを利用しても比較的散策しやすくなっていますので、ご自身の予定にあったほうをお選びください!

 

道の駅『くしもと橋杭岩』人気のポンカンソフトクリーム

道の駅となる『くしもと橋杭岩』の『無料駐車場』に車を止めて外に出ると、目の前には『干潮時間』を迎えた『橋杭岩』の姿が広がっています。

基本的に『干潮時間』を迎えることで潮が引き『橋杭岩』と呼ばれる『奇岩』が立ち並ぶ手前までの海岸を、散策することが出来るようになります。

駐車場』の隣には、2013年に『道の駅』として開駅された『くしもと橋杭岩』の綺麗な建物があり、多くの方で賑わっています。

くしもと橋杭岩』の建物の前には『橋杭岩』の景色を眺められるようにベンチが設置されており、のんびりと景色を楽しめると言うことで人気が高く、多くの方で賑わっています。

ベンチより景色を楽しめます

ベンチより景色を楽しめます!

くしもと橋杭岩』では、周辺の観光情報の発信をはじめとして、地元産品やさまざまな『おみやげ』を買えるようになっています。

そんな中で人気があるのが『弘法大師』のゆかりの地となる『串本町』の名産品となる『ポンカン』を使ったソフトクリームです。

ポンカン』のソフトクリームを片手にベンチに座って『橋杭岩』の観賞をしている姿が多くあります。

少し離れた位置から見る『橋杭岩』の姿は、まさに絶景となるのですが、やはり『干潮時』に訪れたのでしたら、まずは海岸に降りて歩くのが基本的なスタイルとなります。

 

『橋の杭』のように見える『奇岩』が一直線に立ち並ぶ!

くしもと橋杭岩』の建物の左手側より海岸に降りて行けるようになりますが『橋杭岩』と刻まれた、記念の木の立て看板が建てられています。

橋杭岩と刻まれる記念の看板です

橋杭岩と刻まれる記念の看板です!

橋杭岩』は、沖合に浮かぶ『紀伊大島』に向かって大小さまざまな40余りの『奇岩』が一直線に立ち並び『干潮時』には岩間を散策することができることで、多くの方の姿があちらこちらにあります。

橋杭岩』と言う名が付けられたのも、そんな直線上に立ち並ぶ『奇岩』の景色が、まさに『橋の杭』のように見えることから付けられています。

一直線に立ち並ぶ橋の杭に見えます。

一直線に立ち並ぶ橋の杭に見えます

そんな『橋杭岩』は、1500万年前の火成活動により、海底に元々あった砂や泥が押し固められて出来た『熊野層群』と言う地層の『泥岩層』の間に、マグマで出来た『流紋岩』が貫入したものとなり、柔らかい『泥岩部』が速く侵食されることで、硬い『石英斑岩』が『杭状』に残されたものとなります。

干潮時』に『橋杭岩』のそばまで近寄ることが出来ますが、浸食は今も続いているのでよ~く見ると、今にも落ちそうな岩も所々にありますので、近寄りすぎないようにしてください!

橋杭岩』が出来たいきさつとしての『伝説』も伝わっており『弘法大師』が『天の邪鬼』と『串本』から沖合いの『紀伊大島』まで橋をかけることが出来るか否かの賭けを行った時に『弘法大師』が『橋の杭』を、ほぼ作り終えた時に『天の邪鬼』が、このままでは賭けに負けてしまうと考え、ニワトリの鳴きまねをして『弘法大師』にもう朝が来たと勘違いさせることで『弘法大師』が諦めて、作りかけの『橋の杭』だけを残して、その場を去ったため『橋の杭』のみが残ったと言われています。

 

『橋杭岩』の絶景を創り出した日本最大級の宝永地震!

橋杭岩』は、40余りの『奇岩』が一直線に立ち並んでいるのですが、その他にも『干潮時』には『』が点在しているのですが、それらの岩は、江戸時代の宝永4年10月4日(1707年10月28日)に起きた記録に残る『日本最大級の地震』と言われる『宝永地震』によって起きた、大きな『津波』によって転がったのではないかという調査結果も出ています。

大自然が作りだす景観は絶景です。

大自然が作りだす景観は絶景です!

橋杭岩』に散らばっている『巨石』が動くと言うことになると、秒速4メートル以上の速い流れが必要となるのですが、近年でも『台風シーズン』が来ると『必ず!』と言っていいほど被害を受ける『台風銀座』となるこの地ですが、頻繁に襲来する『台風』がもたらす『波』の影響を計算しても秒速4メートル以上の流速にはならないと言い、やはり『東海・東南海・南海地震』の連動型であった『宝永地震』を想定して計算された『流速』と一致していると言います。

そんな『大自然』と言う、計り知れない力が作り出した『橋杭岩』の景観は『干潮時』になると絶景として姿を現します。

そんな岩間を散策することができることが特徴的となるため『干潮時』に合わせて多くの方が訪れると言うことです。

また『干潮時』にのみ『橋杭岩』の列中ほどにある『弁天島』まで歩いて渡ることができるというのも『見どころ』のひとつとなります。

少し『アクセス面』に問題はありますが『干潮時』には『駐車場』が『満車』となることが多く、国の『名勝』で『天然記念物』に指定される『橋杭岩』は、一見の価値があると考えます。

何度も言いますが『干潮時』に岩間を散策することができることが特徴となる『橋杭岩』ですので、訪れる際の『干潮時間』のチェックはお忘れなきようにお出かけください!

 

『橋杭岩』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

橋杭岩

  • 住所:〒649-3500和歌山県東牟婁郡串本町くじの川
  • 電話:0735-62-3171(串本町観光協会)
  • 時間:自由
  • 観覧料:無料
  • 休み:無休
  • 駐車場:無料(乗用車45台、バス6台)
  • アクセス:【公共交通機関】JR紀勢本線の『串本駅』から串本町コミュニティーバスに乗り(佐部・上田原方面行き)に乗車し『橋杭岩』で下車してすぐ
    串本駅』から徒歩で1.8km(23分)もしくは次駅『紀伊姫』から徒歩で1.2km(15分)
    お車】紀勢自動車道『すさみ南IC』を降りてから国道42号線を南に走り『橋杭岩』約26km(32分)

道の駅くしもと橋杭岩

  • 住所:649-3511和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1549-8
  • 電話:0735-62-5755
  • 時間:(4月~9月)9:00~18:00
    (10月~3月)9:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(乗用車45台、バス6台)
  • アクセス:【公共交通機関】JR紀勢本線の『串本駅』から串本町コミュニティーバスに乗り(佐部・上田原方面行き)に乗車し『橋杭岩』で下車してすぐ
    串本駅』から徒歩で1.8km(23分)もしくは次駅『紀伊姫』から徒歩で1.2km(15分)
    お車】紀勢自動車道『すさみ南IC』を降りてから国道42号線を南に走り『橋杭岩』約26km(32分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

橋杭岩』は、沖合に浮かぶ『紀伊大島』に向かって大小40余りの『奇岩』が一直線に立ち並び、その景観はまさに絶景となります。
干潮時』には岩間を散策することができることが特徴的で『干潮時』に合わせて多くの方が訪れますので、訪れる際の『干潮時間』のチェックはお忘れなきようにお出かけください!

【関連記事】

和歌山観光に関する記事はコチラをご覧下さい !

  『よんたま』和歌山電鐵『伊太祈曽駅』駅長見習いに就任!

  貴志駅の三毛猫『ニタマ』たまⅡ世駅長を襲名『スーパー駅長ニタマ』

  『西国三社参り』【御朱印】日前宮、竃山神社、伊太祈曽神社

  伊太祁曽神社『紀伊之國一之宮』【御朱印】パワースポット!

  円月島【アクセス・駐車場】南紀白浜のシンボル【観賞ポイント】

  千畳敷【アクセス・駐車場】和歌山県の白浜町が誇る観光名所!

  歓喜神社【珍】パワースポットは男女陰陽が御神体【御朱印】

  潮岬灯台【アクセス・駐車場】本州最南端の登れる参観灯台

  潮御崎神社【御朱印】本州最南端の神社【アクセス・駐車場】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-和歌山県
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.