気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

谷瀬の吊り橋~十津川村【恐怖】日本一?長い生活人道橋!【アクセス~駐車場】

投稿日:

今回紹介するのは、奈良県吉野郡十津川村にある『日本一長い吊り橋』で有名な『谷瀬の吊り橋』です。

十津川』に架かる『谷瀬の吊り橋』は、十津川村の『上野地』と対岸となる『谷瀬』とを結ぶ『生活人道橋』となります。

十津川』の川面からの『高さ』が54mあり『長さ』に関しては実に297mという『日本最長』を誇っていました。

谷瀬の吊り橋』は『日本一長い吊り橋』を歌い文句に、1954年から1994年までのあいだはその名を轟かせてきたのですが、残念なことに1994年(平成6年)に茨城県に『竜神大吊橋』が出来たことにより『日本一』の座を譲ることとなりました。

谷瀬の吊り橋』が架かるまで『谷瀬』に住む人々は、川に丸太を架けて行き来していたのですが、洪水のたびに流されて苦労が絶えない日々を過ごしていました。

そんな中で『谷瀬の吊り橋』は、昭和29年に架けられたのですが、当時でいう800万円を投じて架けたのですが、その時の教員の初任給が7800円であったときに、地元の住民が1軒当たり20万円という当時の金額としては思い切った出費に耐えて完成させました。

そんな、村人の生活の一部となっている『谷瀬の吊り橋』の紹介をしたいと思います。

準備が整いましたら『谷瀬の吊り橋』散策スタートです。

 

スポンサーリンク

谷瀬の吊り橋~十津川村【恐怖】日本一?長い生活人道橋!【アクセス~駐車場】

今回は『恐怖』との話が多い、奈良県吉野郡十津川村に架かる『生活人道橋』である『谷瀬の吊り橋』に向けて車を走らせる。

十津川村』には『公共交通機関』である『電車』が通っていないので、基本は電車以外の『アクセス』となります。

バス』で行くことはできますが『時間』と『料金』が、それなりのものが必要となります。

と、いうことで今回は『マイカー』での紹介とします。

tanisenotsuribashi1-2

いずれにしても『谷瀬の吊り橋』までの道のりは、非常に『アクセス』の面では厄介な道となり、十津川沿いに続く『国道168号線』も昔よりは整備されてきたとはいえ、非常に対向車の見通しが悪い場所が所々にあって、疲れの溜まる慎重な運転が必要となります。

それでも広々した直線道路もだいぶんと増えましたのでその点では楽になったかと思います。

管理人は大阪在住ですので、奈良県の『五条』から『国道168号線』に入りましたので『谷瀬の吊り橋』までは、約42kmぐらいありますので、そこが一番の難所となりました。

山道が長く続きますので、お車で向かわれる方はくれぐれも『安全運転』で、事故の無いようにお気をつけください。

 

『谷瀬の吊り橋』の駐車場の料金は・・意外とお高め!

まずは、駐車場についての紹介となります。

谷瀬の吊り橋』にある専用の駐車場は、意外と狭く30台ぐらいの駐車スペースがあるだけです。

tanisenotsuribashi1-3

それと一言でいうと『谷瀬の吊り橋』の駐車料金は意外と高いです!

2時間まで500円となりますが『谷瀬の吊り橋』を訪れた時の滞在時間としては、橋を往復するのに約10分、その他周辺には何も無いことは無いにしろ、大抵の方は『谷瀬の吊り橋』のみの観光として訪れるので、長時間の滞在はほとんどありません。

車の入れ替わりが早いため渋滞になることもほとんどあまりありません。

お食事』や『おみやげ』選びと言っても、残念ながらそんなにあれこれと悩むようなおみやげもお食事も正直ありません。

早い人なら30分、遅くても1時間ぐらいの滞在となるのが基本となります。

しかし『谷瀬の吊り橋』の『通行料』が『無料』であるというのと、みんなが楽しめるように橋の『維持費』や事故の無いように『監視員』の常駐などの経費などを考えると、むしろ安いのかとも考えます。

谷瀬の吊り橋』の周辺に、1件の駐車場付きの『お食事処』があるのを見たのですが、食事をすればおそらく『無料』で止めさせてくれると思いますので、駐車料金を払ったと考えてのお食事もひとつの方法かと思います。

管理人が訪れたのは、朝一番でお店が空いていなかったので、確認できませんでしたので、おそらくの話になりますので、お店に直接確認してからお考え下さい。

 

『谷瀬の吊り橋』日本一長い?生活人道橋!

駐車場から『谷瀬の吊り橋』までは、徒歩で1~2分で行くことができます。

駐車場の出入り口に1件の小さな『観光案内所兼おみやげ&お食事処』があります。

さらに『谷瀬の吊り橋』までの間にも、2~3件の『お食事処』があります。

それと『谷瀬の吊り橋』を渡り切ったところにも、小さなおみやげ屋さんがあります。

こじんまりとした範囲に密にお店がありますので、その点では楽に散策が出来ると思います。

早速ではありますが『谷瀬の吊り橋』を渡ってみたいと思います。

tanisenotsuribashi1-1

谷瀬の吊り橋』の入り口の横に設置されている、重厚感のある木製の『日本一』の看板は、数年前に立てたであろうと思われるほど真新しい看板となっています。

谷瀬の吊り橋』は『日本一長い吊り橋』を歌い文句に1954年から1994年まで有名になったのですが、1994年(平成6年)に茨城県に『竜神大吊橋』が出来たことにより『日本一長い吊り橋』ではなくなったのですが、『日本一』の看板はいまだに掲げています。

tanisenotsuribashi1-7

谷瀬の吊り橋』は『十津川』の川面からの『高さ』が54mあり『長さ』に関しては実に297mという『日本最長』を誇っていました。

現在では『観光』の名所として渡ることが多いのですが、もとは『谷瀬』に住む人々の『生活人道橋』でした。

昭和29年という遠い昔の話で、当時でいう800万円を投じた架けたのですが、その頃の教員の初任給が7800円という時代に、地元の住民が1軒当たり20万円という高額な出費に耐えて完成させたという重みのある『人道橋』です。

それゆえに『日本一』は、今後とも永遠に掲げてもいいんじゃないでしょうか?

重みのある『人道橋』としては『日本一』でしょうから!

 

『谷瀬の吊り橋』は足がすくむ『スリル』と『恐怖』体験!

谷瀬の吊り橋』は、足のすくむほどの『スリル』と『恐怖』を体験することが出来ます。

たくさんの方が『谷瀬の吊り橋』に、同時に乗れば乗るほど揺れは大きくなります。

しかし『谷瀬の吊り橋』には、定員が定められています。

tanisenotsuribashi1-9

入り口には『危険ですから一度に20人以上はわたれません』と大きく書かれています。

確かに20人程度でしたら、揺れも知れたものとなり、恐怖を覚えることはありません。

監視員』の方が一様常駐していて、人の出入りの確認をしているのですが、それなのに何故かこのようなことも・・

tanisenotsuribashi1-5

約300mの『谷瀬の吊り橋』にざっと見るだけでも50人以上の方が渡っています。

これだけの人が同時に渡ると、さすがに『谷瀬の吊り橋』も激しく揺れます。

怖い~!』という声も、あちらこちらで聞こえてきます。

足元と左右には『ネット』が張られているため、間違っても落ちる心配はありません。

しかし、それ以上に怖いのは、足元の板の緩さです。

tanisenotsuribashi1-10

歩く幅は『4枚の足場板』からなり80cmほどありますので、対面の方とはぎりぎりすれ違うことはできるのですが、その80cmの足場板を支えているのは、板の裏のワイヤーと30cmごとに横板が入っているだけなので、一歩前に歩くごとに厚みのない足場板が結構たわみます。

そのたわむのが、意外と怖く「割れて落ちないか?」と、少し嫌な想像をすることで、余計に怖さが増してきます。

体重が重ければ重いほど、対面の方とすれ違い、同じ位置に重量が掛かれば掛かるほどにその想像は恐怖となります。

谷瀬の吊り橋』自体の『縦揺れ』は無いのですが『横揺れ』は、橋の始まり部分と、中央付近では揺れ方の周期や揺れ幅に違いがあり、怖さも変わってきます。

tanisenotsuribashi1-4

たくさんの方が同時に『谷瀬の吊り橋』の上を歩けば、足元の緩さプラス揺れも生じますので、歩く足もこわばって千鳥足となり『谷瀬の吊り橋』を渡りきったときには、少し筋肉痛になります。

管理人は、一往復で足がパンパンになりましたが、我が姫君達は『全然怖くないし、面白い!』と、言って2度、3度と往復していました。

若さとは、いいもので出来るなら戻りたいと考えてしまいますね!

十津川村』は、そびえ立つ深い山々に囲まれ『谷瀬の吊り橋』の眼下には清澄な『十津川』が流れており、大自然のなかで味わう『スリル満点』の『空中散歩』を楽しめるという人気の高い観光地となっています。

さらに『カップル』には耳寄り情報として、この『谷瀬の吊り橋』を一緒に渡った『カップル』は、アツアツの仲良しになれると言われています。

知らず知らずの間に、いつのまにかお互いの手を強く握りあっているのでは・・・

と、言うところで『谷瀬の吊り橋』の散策がすべて終了となります。

十津川村の大自然のなかで味わうことのできる『スリル満点』の『空中散歩』を十分に満喫した『気まぐれファミリー』は、悲鳴が鳴りやまぬ『谷瀬の吊り橋』を横目に見ながら、次なる観光地へと車を走らせる・・

 

『谷瀬の吊り橋』のアクセス及び駐車場情報!

 【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

谷瀬の吊り橋

  • 住所:〒637-1106奈良県吉野郡十津川村谷瀬
  • 電話:0746-63-0200(十津川村観光協会)
  • 定休日:無
  • 時間:24時間自由
  • 通行料金:無料
  • 駐車場:(2時間まで)普通車500円、バス(マイクロバス)1000円、単車100円
  • アクセス:【バス】『八木駅(南)』から八木新宮線バスで(3時間)『上野地(谷瀬吊り橋)』から徒歩で3分
    『JR五條駅』から新宮駅行きバスで(1時間30分)『上野地(谷瀬吊り橋)』から徒歩で3分
    『新宮駅』から八木新宮線バスで(3時間30分)『上野地(谷瀬吊り橋)』から徒歩で3分
    【お車】南阪奈道路(葛城IC)~国道310号から168号経由で1時間30分
    名阪国道(亀山IC)~西名阪自動車道(郡山IC)~国道24号線から168号経由で2時間

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

谷瀬の吊り橋』は『アクセス』こそ少し悪いですが、人気の高い観光スポットとなっています。
今となっては『日本一』の長さではなくなってしまいましたが『日本一』の恐怖を楽しめるスポットと考えることも出来ます。
大自然のなかで『ハラハラ!ドキドキ!』と心高鳴る『スリル満点』の『空中散歩』を是非お楽しみください。

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

コチラの関連記事も読まれています

-観光名所
-

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.