『野猿』のスリルと恐怖の吊り橋『柳本橋』を同時体験【十津川村】

投稿日:

今回紹介するのは、奈良県吉野郡十津川村平谷にある体験型の遊具となる『野猿(やえん)』です。

野猿!』と簡単に言いましたが、ご存知でしょうか?

野猿』と言うのは、両岸から川の上に張られた『ワイヤーロープ』に、箱型の『やかた』が吊り下げられており、その『やかた』に自らが乗り、自らの力で綱をたぐり寄せながら対岸へと進んでいく『スリル満点』の『人力ロープウェイ』のことです。

現在『十津川村』には、川を対岸に渡るためのたくさんの『吊り橋』が『生活人道橋』として村人の足としてあるのですが、この『野猿』と言うのも、昔は『十津川村』の村人にとっては、無くてはならない対岸に渡るための生活の足として使用されていました。

現在では『生活人道橋』となる『吊り橋』があるため『野猿』を使用することは無くなったということで『スリル満点』の体験型の遊具として生まれ変わり『大自然の遊び場』として、子供がいる家族をはじめ、たくさんの方が訪れる人気の『観光スポット』となりました。

そんな自らの力のみで綱をたぐり寄せながら進むという、原始的な『人力ロープウェイ』となる『野猿』の『スリル』を体験してみたいと思います。

準備が整いましたら『野猿』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

『野猿』のスリルと恐怖の吊り橋『柳本橋』を同時体験【十津川村】

今回は『スリル満点』と呼び声が高い体験型の遊具となる『野猿』を体験すべく、奈良県の『十津川村』へと車を走らせます。

十津川村』には『公共交通機関』である『電車』が通っていないので、基本的には電車以外での『アクセス』となります。

バス』を利用することで行くことはできますが『時間』と『料金』との面が、それなりに問題となってきます。

そういった問題もあり、管理人は今回は『マイカー』を利用しての訪問となります。

 

『十津川村』へのアクセスは『車』を利用するのが経済的!

まず初めに『十津川村』へのアクセスは『マイカー』を利用することが、全体的にみてベストかと思います。

十津川村』は、奈良県の南に位置し山深い地域となるのですが、観光地となる場所はたくさんあるのですが『電車』が通っていないため『マイカー』を利用して訪れるのが、基本的には楽で経済的にも節約ができます。

しかし『』でないと行けないというわけではありません。

ただ『時間』と『お金』と『労力』が、それなりに負担となります。

簡単にはなりますが『野猿』がある『十津川村平谷』までの『バス』を利用して訪れる方法を紹介しておきます。

十津川村』の『ホテル昴』の停留所でバスを降りることになりますが、奈良県側からの出発駅は『近鉄の八木駅(南)』か『JRの五條駅』となり、和歌山県側からの出発駅は『JRの新宮駅』からの3か所だけとなります。

距離的には一番近い『JRの新宮駅』からでも『ホテル昴』までは2時間はかかり『近鉄の八木駅(南)』と『JRの五條駅』になると、4~5時間は見ておかないといけません。

1日に走る本数も、3本ぐらいしかありませんので・・・

と、言うことから『マイカー』を利用することで、経済的にも肉体的にもゆっくりとした観光が出来るかと思います。

続いては『マイカー』でのアクセスとなります。

マイカー』を利用すれば簡単に行けるのかと言いますと、それほど甘くはなく『昴の郷』までの道のりは『十津川』沿いに伸びる『国道168号線』を走るのですが、非常に『アクセス』の面では厄介な道路となっており、昔よりは整備されてきたとはいえ、非常に対向車の見通しが悪い場所が随所にある山道となり、疲れの溜まる慎重な運転が必要となります。

ここ最近では『十津川村』にも、広々した直線道路が増えてきましたので、その点では少し楽になったかと思います。

管理人は大阪在住ですので、奈良県の『本陣』交差点から『国道168号線』に入りましたので『昴の郷』までは、約75kmぐらいありましたので、そこが一番の難所となりました。

山道が長く続きますので、お車で向かわれる方はくれぐれも『安全運転』で、事故の無いようにお気をつけください。

 

『十津川村』の村人の生活の足の『野猿』はスリル満点!

今回は『野猿』の体験が『メイン』となるのですが、もうひとつ同時に体験したいことがあります。

それが、これまた『十津川村』の名物と言っても過言ではない『生活人道橋』の『柳本橋』という『吊り橋』を渡るというものです。

管理人は、以前にも何度か『十津川村』を訪れており、その時には人気の観光スポットとなる、近年まで日本一の長さを誇っていた『恐怖』と恐れられる『谷瀬の吊り橋』を渡ったことがあります。

『谷瀬の吊り橋』の記事は後ほどコチラをご覧下さい  

  谷瀬の吊り橋~十津川村【恐怖】日本一?長い生活人道橋!【アクセス~駐車場】

その時のこともあり『十津川村』にたくさんある『生活人道橋』となる『吊り橋』を「渡ってみたい!」と考えてました。

今回体験する『野猿』の近くに『柳本橋』と言う『吊り橋』がありますので、まとめて『恐怖』と『スリル』の体験をしようと思います。

と、言うことで『昴の郷』の『無料』の『駐車場』に到着です!

 

『昴の郷』の『無料』の駐車場からは徒歩で・・・

今回体験する『野猿』と『柳本橋』には、専用の『駐車場』がありません!

したがって『昴の郷』の『無料』の『駐車場』に駐車して、ここからは徒歩で向かいたいと思います。

野猿』まではおよそ800mとなり『柳本橋』は『野猿』に行くまでの最中の400m付近にあります。

と、言うことで簡単に2か所の体験を同時に楽しむことができます。

それと、もうひとつ『昴の郷』にも実は『野猿』があります。

『昴の郷』の『野猿』の記事は後ほどコチラをご覧下さい  

  【スリル満点】昴の郷『野猿』と呼ばれる人力ロープウェイ【十津川村】

昴の郷』の『野猿』に関しては、以前の記事から見てもらうとして『昴の郷』に関して簡単に紹介しておきます。

まず、『昴の郷』は『温泉』や『宿泊』をはじめとして『サウナ』や『温泉プール』さらには『多目的野外グラウンド』や『野猿』などの、豊富な施設が盛りだくさんに設置された大自然の山々に囲まれた『温泉保養施設』となっています。

totsukawamura-yaen2-1

四季の景色を楽しみながら年中泳ぐことが出来る『温泉プール』には『十津川温泉』のお湯が利用されており、温泉の成分に適した松の集成材が使用されていて『体力づくり』や『美容効果』といった効果を兼ね備えた、健康を重視した施設となっています。

また『温泉プール』には25mのプールが6コース設置されているほか、幼児が楽しめる浅いプールもあり、家族みんなで楽しむことが出来ます。

温泉保養館』である『星の湯』では、緑の中の『露天風呂』をはじめ、ゆったりとした『内湯』や、疲れた体に心地よい『打たせ湯』または『サウナ』などがあり、肌にやさしい良質の温泉は、心身共に元気を取り戻すことが出来ます。

野外には、美しい芝生で出来た広大な『多目的グラウンド』があり、ボール遊びやバドミントン、各種レクリエーションが楽しめます。

野外ステージ』では、随所でイベントが開かれ夏休みの『盆踊り大会』では多くの人で賑わいます。

その他には、自然の遊びが楽しめるエリアがあり、渓流での『川遊び』や『魚釣り』さらには『人力ロープウェイ』となる『野猿』などがあります。

また『ホテル昴』の建物の横には『いにしえ』と言う『無料』で利用できる『足湯』がありますので、疲れた時の休憩の場として利用するのもいいかと思います。

以上が『昴の郷』の簡単な紹介となりますが、1日を通して遊ぶも良し、宿泊先として考えるもよし『昴の郷』へ一度訪れてみてください。

と、言いながら歩いていると『柳本橋』が見えてきます。

 

『柳本橋』恐怖の生活人道橋!

まずは『柳本橋』で『恐怖』体験をしてみたいと思います。

十津川村』には、たくさんの『吊り橋』があるのですが、そんな中で群を抜いて人気が高く、たくさんの方が訪れるのが『谷瀬の吊り橋』となり、その『恐怖度』はMAXとなるのですが『柳本橋』はいかに・・・

totsukawamura-yaen2-10

見るからに『谷瀬の吊り橋』に比べると、長さも短く、高さも低いです。

比較すると『谷瀬の吊り橋』の長さ297.7mで高さ57mに対し『柳本橋』の長さ90mで高さ10mとなり、渡る前から『恐怖度』の勝負は見えている!

それでは、渡ってみます。

totsukawamura-yaen2-11

柳本橋』を渡った感想を初めに言いいますと、かなり『怖い』です。

まず、短い『吊り橋』と言うことで、橋の作りがかなり甘いような感じが・・・

そのため、2人で渡っているだけなのに、横揺れがかなり激しいです。

足元は20㎝幅の『足場板』が5枚からなり、その『足場板』の下に細い『ワイヤー』と『横板』が30㎝間隔で入っているだけなので、体重の重みだけでかなり『足場板』がたわむので、一歩前に歩くごとに割れないか心配になります。

それと、普段からなのか、本日はたまたまなのか分かりませんが、横からの突風が急に吹き込んでくるので、思わずしゃがみたくなるくらいの『恐怖』を感じます。

totsukawamura-yaen2-12

両サイドには、落下防止のため簡単なワイヤーと針金の柵は付いていますが、取って付けたような簡単なものなので、命をあずけることなど出来ず、つかまることも出来ません!

恐怖』の『吊り橋』と言われる『谷瀬の吊り橋』とは別の意味で、不安要素の多い『柳本橋』では『恐怖』を体験できます。

作りの頼りなさから、2人で渡るだけでこれほどの揺れですから、5人以上同時に乗ったと考えたら、かなり『ヤバイ』感じになると思われます。

万が一にも、落ちるようなことがあっても、高さ的には10mぐらいなので・・・多分大丈夫かと・・・お気をつけください!

昴の郷』にお出かけの際は、是非一度ご自身で『恐怖』の『柳本橋』をご体験下さい!

 

『野猿』体験で『スリル』と『爽快感』を味わう!

柳本橋』で『恐怖』を体験したところで、本日の『メイン』となる『野猿』に向かいます。

totsukawamura-yaen2-4

歩き進めていくと『野猿』を体験している『夫婦』らしき先客がいます。

一組だけなので、とりあえずは、体験しているのを観賞するのと同時に胸をなでおろします!

何故かと言いますと、以前にも平成28年10月30日に訪れたのですが、その時は『野猿』は『使用禁止!』となっていました。

totsukawamura-yaen2-3

この日より、6日前となる平成28年10月24~平成29年3月31日までが河川の『工事』のために『使用禁止』となっていました。

僅か1週間遅れで『野猿』の体験を断念と言う形になってしまっていたので、今回は満を持して平成29年3月31日を過ぎた、平成29年4月30日に訪れたということです。

しかし危うく2度目の断念になりかけたのは、平成29年4月6日~平成29年7月31日までのあいだ、またしても河川の『工事』のため『使用禁止』となっていました。

ところが、4月29日~5月7日までの間のみ利用可能となっていて、ちょうどその期間に偶然当てはまっていたということで、先客者の姿を見て胸をなでおろしたということです。

と言うことで平成29年7月31日(予定)までは『利用禁止』となり『昴の郷』にある『野猿』のみが『利用可能』となります。

昴の郷』に何組かの『野猿』体験の来客者がいれば、なかなか順番がまわってこない可能性がありますので、訪れようとお考えなら平成29年7月31日(予定)が過ぎてから、この場所にある『野猿』がいいかもしれません!

と、言っている間に『野猿』が空きましたので、早速体験開始です。

totsukawamura-yaen2-5

こちらの『野猿』は『昴の郷』の『野猿』に比べると、明らかに距離が短くなっています。

しかし『昴の郷』の『野猿』は対岸まで行くと交代や歩いて戻ってくることも出来ますが、こちらは基本往復となるみたいです。

野猿』の上部には2本の『ケーブル』が張られており、さらには『やかた』の中を通すように『ロープ』も50mはあろう対岸まで伸びています。

まずは、管理人が体験することにします。

totsukawamura-yaen2-6

やかた』に乗り込んだだけなのに結構揺れます。

備え付けの『手袋』を装着すると『やかた』をとめている鉄の『ストッパー』を外します。

初めての『野猿』を体験する方はおそらく『ストッパー』を外すと、自然に『やかた』が進みだすので、慌てて『ストッパー』を掛け直して少し落ち着こうと考えます。

管理人も、初めての時はそうでした。

心の準備が整っていないのに、いきなり勝手に進まれると、どんな動きかも分からないので少し慌てます。

再度、心の準備と覚悟を決めると『ストッパー』を外して出発です。

totsukawamura-yaen2-7

手を放すと『やかた』は、対岸に向けて進みだします。

3分の1ぐらいまで、進むと自然と止まります。

ここからは『やかた』の中に通されている『ロープ』を自力で手繰るように引っ張って前進していきます。

上部で2本の『ワイヤー』が『やかた』を吊り下げているだけですのでそれなり縦横に揺れます。

高さも10mぐらいはありますので「ワイヤーは大丈夫か?落ちたら・・?」などと考えると『ドキドキ』してきて『スリル』を楽しめます。

totsukawamura-yaen2-8

なぜ『野猿』と言う名前が付いたのかと言うと 『』が木のつるを「スルスル」と伝って行く様子に似ていることから、この名がつけられたと言うことです。

空の上に浮かぶ『やかた』は、まるで自分だけの『秘密基地』のように感じ、山に囲まれた景色と、きれいな空気を肌で感じながらの『空中散歩』を楽しめます。

気分は最高で『爽快感』を味わいながら、ゆっくりと『ロープ』を手繰り寄せるように引っ張り進んでいきます。

totsukawamura-yaen2-9

やかた』を吊るしている『ワイヤー』が対岸に向かって少したわんでいるぶん、最初の進み始めは自然に進み、中盤は軽く引っ張ればどんどん『やかた』は前進していきますが、終盤になると若干の上りとなるため、少々腕力が必要となってきます。

往復で100m近くを、ほぼ両腕の力だけで引き寄せてくるわけですから、かなり腕が張ってきます。

備え付けの『手袋』は必ず装着することをお勧めしておきますが「誰が付けてるか分からんから嫌や~!」って思う方は、ご自身で持参して必ず装着するようにして下さい。

手袋』を装着していても、手のひらがかなり痛くなってきます。

と、最後の力を振り絞り到着です!

ここでひとつ注意点があるのですが、最後の力を振り絞って到着したことで気を抜いてはいけません!

しっかりと『ストッパー』を掛けてから『ロープ』から手を放し『やかた』から降りてください。

ストッパー』を掛けずに『ロープ』から手を放すと自然に進みだすので・・・

野猿』は、小さなお子様や女性の方も楽しむことが出来ますが、100mと言う長丁場となり、力に自信の無い方はかなり苦戦するかと思います。

totsugawamura-yaen1-9

我が姫君も体験したのですが、最後はやはり力尽き「腕が無理~!引っ張られへん~!」などと、か弱き乙女のようなことを言い出したので、少し『サポート』として、対岸より『やかた』に繋がる『ロープ』を同時に引いてあげると簡単に引き寄せることが出来ました。

我が姫君の「無理~!」の真相は不明としまして、もし本当に引き寄せることが出来ない場合は『サポート』することで、簡単に引き寄せることが出来ますのでご安心を・・・

これで『野猿』の体験はすべて終了となりますが、子供はもちろんのこと、大人の方でも童心にかえって楽しむことが出来る『野猿』は『爽快』な気分と『スリル』を楽しむことが出来る『大自然の遊び場』であることは間違いございません。

と、言うところで『野猿』及び『柳本橋』の散策がすべて終了となります。

野猿』の体験は『スリル』と『爽快感』を十分に堪能できます。

同時に『柳本橋』では『恐怖』の体験を楽しむことが出来ます。

ご家族で訪れるもよし、恋人同士で訪れるもよし、友達同士で訪れるもよし、誰と訪れても盛り上がること間違いなしです!

 

『野猿』のアクセス及び駐車場情報!

 【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

野猿

  • 住所:〒637-1554奈良県吉野郡十津川村平谷
  • 電話:0746-63-0200(十津川村観光協会)
  • 時間:自由
  • 利用料:無料
  • 駐車場:無
  • アクセス:【バス】『八木駅(南)』から八木新宮線バスで(約4時間)『ホテル昴』から徒歩で15分
    JR五條駅』から新宮駅行きバスで(約3時間30分)『ホテル昴』から徒歩で15分
    新宮駅』から八木新宮線バスで(2時間)『ホテル昴』から徒歩で15分
    お車】南阪奈道路(葛城IC)~国道310号から168号経由で3時間
    名阪国道(亀山IC)~西名阪自動車道(郡山IC)~国道24号線から168号経由で4時間

昴の郷

  • 住所:〒637-1554奈良県吉野郡十津川村平谷909-4
  • 電話:0746-64-1111『ホテル昴・十津川観光開発株式会社』
  • 時間:自由
  • 利用料:無料
  • 駐車場:無料(180台)
  • アクセス:【バス】『八木駅(南)』から八木新宮線バスで(約4時間)『ホテル昴』から徒歩で1分
    JR五條駅』から新宮駅行きバスで(約3時間30分)『ホテル昴』から徒歩で1分
    JR新宮駅』から八木新宮線バスで(2時間)『ホテル昴』から徒歩で1分
    お車】南阪奈道路(葛城IC)~国道310号から168号経由で3時間
    名阪国道(亀山IC)~西名阪自動車道(郡山IC)~国道24号線から168号経由で4時間

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

昴の郷』へのアクセスは多少の問題がありますが、その先にある『野猿』の体験は『スリル』と『爽快感』を十分に堪能できます。
また『柳本橋』の『恐怖』体験もおまけとして付いてきますので・・・
昴の郷』に一度訪れてご自身で『スリル満点』の『野猿』及び『柳本橋』の『恐怖』体験として『空中散歩』を是非ご体験ください!

【関連記事】

体験型に関する記事はコチラをご覧下さい  

  静岡県~朝霧高原の『まかいの牧場』で触れあい体験・・富士宮市観光地

  インスタントラーメン発明記念館『チキンラーメン』『カップヌードル』作り体験

  ダスキンミュージアム『ミスドキッチン』予約困難なドーナツ作り

  谷瀬の吊り橋~十津川村【恐怖】日本一?長い生活人道橋!【アクセス~駐車場】

  【スリル満点】昴の郷『野猿』と呼ばれる人力ロープウェイ【十津川村】

  黒滝吊橋【黒滝・森物語村】の恐怖の吊り橋は日本最長級の吊床版橋

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-体験型
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.