気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

森の宝島【アクセス・駐車場】緑豊かな森のアスレチック

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府四條畷市逢阪大字清滝に位置する『むろいけ園地』にある『遊びの場』となる『森の宝島』です。

大阪府と奈良県の県境に広がる『大阪府民の森』の一部となる『むろいけ園地』は『金剛生駒紀泉国定公園』に指定されており、都心の近くではあるのですが、大自然が多く残る自然公園が数あることで知られており『ハイキングコース』が充実していることもあり、年間を通して多くの方が訪れるスポットとなります。

また『金剛生駒紀泉国定公園』とは、奈良県と大阪府の府県境の『生駒山地』や『金剛山地』の一帯と、大阪府や和歌山県の府県境の『和泉山脈』の一帯からなる『国定公園』のことになります。

そんな『大阪府民の森』の一部となる『むろいけ園地』の『北エリア』には『森の宝島』と称される『遊び場』が整備されており、小さなお子様連れのご家族を中心として、楽しく過ごすことができる人気のスポットがあります。

森の宝島のわいわい広場です。

森の宝島のわいわい広場です!

車を駐車してすぐにある『花かごの谷』の上に架かる長さ54メートルを誇る『吊り橋』を渡るところから『わくわく!ドキドキ!』の遊びが始まり、その先に待つ鐘の音色で出迎えてくれるゲートをくぐれば『わいわい広場』が広がり、世界各地の時を刻むユニークなデザインの『時計塔』をはじめ『ジャンボすべり台』が『ドーン!』と待ち構えています。

その先には、小さなお子様でも安全に楽しめる『木製遊具』が置かれた『砂場』もあるほか、さらに奥に進むと『ターザンロープ』さらには『わんぱく坂』では、山の斜面をフル活用したトリッキングな『大型アスレチック』が設置されており、小さなお子様は勿論のこと、大人の方までもが童心にかえって楽しむことができます。

休憩のできる『丸太小屋』や、お昼のお弁当を広げてゆっくりできる『森の劇場』と称される広場では、ひと休みしながら1日を通して遊ぶことができます。

そんな『むろいけ園地』の北エリアにある『森の宝島』の紹介となります。

準備が整いましたら『森の宝島』の散策スタートです!

 

スポンサーリンク

森の宝島【アクセス・駐車場】緑豊かな森のアスレチック

今回は、大阪府四條畷市逢阪大字清滝に位置する『大阪府民の森』の一部となる『むろいけ園地』にて『ハイキング』を行なうため『マイカー』を走らせます。

むろいけ園地』は、大自然が多く残る自然公園が多数あることで知られており『ハイキングコース』が充実していることもあり、年間を通して訪れる方が非常に多いスポットとなっています。

そんな『むろいけ園地』は、3つのエリアに分かれており『ハイキング』を楽しめる『水辺自然園』をはじめ、さわやかな緑につつまれて『テニス・野球・サッカー』などが楽しめる『スポーツ施設』や『宿泊施設』を兼ね備えた『緑の文化園』さらには最北エリアに整備されているのが、今回紹介する小さなお子様でも楽しめる『遊びの場』となる『森の宝島』です。

今回は『水辺自然園』にて『ハイキング』を行う目的で訪れたのですが『森の宝島』に立ち寄った際の、あまりの大人気ぶりに是非お勧めしておきたいと思い、紹介することとなりました。

まず初めに『むろいけ園地』の一角にある『森の宝島』の『アクセス』及び『駐車場』の紹介を簡単にしておきます。

 

『森の宝島』へのマイカーのアクセスは早い時間に・・!

むろいけ園地』の北エリアに位置する『森の宝島』への『アクセス』に関しては『マイカー』を利用しても『公共交通機関』を利用しても比較的簡単に行くことができますが、基本的には『マイカー』を利用して行くことをお勧めします。

大人気のスポットとなるため、早い時間帯に訪れるのでしたら『マイカー』を利用して、遅い時間帯なら『公共交通機関』を利用していくのがいいのかもしれません!

むろいけ園地』内への入園に関しては24時間開放されていることで、いつでも出入りできるのですが『駐車場』に関しては9時00分~17時00分までとなっているため『マイカー』を利用して行くとなれば、それ以上に早く訪れる訳にはいきません!

今回は、朝9時30分に到着となりましたが、すでに『駐車場』には7割程度の先客者の車が駐車されていました。

『森の宝島』の無料駐車場です。

『森の宝島』の無料駐車場です!

ちなみに『むろいけ園地』には2か所の『駐車場』がありますが、いずれも『無料』となります。

森の宝島』にある『駐車場』は狭く『41台分』しか『駐車スペース』が無いため、今回のように日曜日ともなると、10時にはほぼ『満車』となってしまい『遊びの場』ですから、しばらくのあいだは出ていく車はありません!

そんな時は慌てずに、もうひとつある『無料駐車場』に行ってください!

隣り合わせの『緑の文化園』にある施設専用の『駐車場』に関しては、利用できないと思いますので『むろいけ園地・水辺の自然園』の『無料駐車場』に止めるようにして下さい!

水辺の自然園の無料駐車場です。

水辺の自然園の無料駐車場です!

むろいけ園地・水辺の自然園』の『無料駐車場』は『121台分』の『駐車スペース』があり、ゆったりかと思えば、こちらも曜日や時間帯によっては、ほぼ『満車』となりますので、やはり『マイカー』を利用していく場合には、早い時間帯に訪れるのが安心かと思います。

尚『むろいけ園地・水辺の自然園』の『無料駐車場』に駐車した場合は『森の宝島』まで、歩く必要がありますが『森の宝島』の『駐車場』が空くのを並んで無駄に待つよりは、かなり早いかと思います。

そんな点より、訪れる時間帯が遅い場合には『公共交通機関』を利用して行くのが良いかと思いますが『公共交通機関』を利用する場合の最寄り駅が『JR学研都市線』の『四条畷駅』となり、下車してからは4.7kmほどあり、徒歩で約1時間10分ほどかかります。

四条畷駅』から『京阪バスのコミュニティバス(さつきヶ丘公園行き)』に乗車することで楽に行くことができますが『平日』に訪れる場合は『逢阪』のバス停留所で下車する形となり『森の宝島』までは750mほどありますので、約10分ほどの歩きが必要ですが『土・日・祝日』に関しては『緑の文化園』のバス停留所で下車出来ますので、歩く距離が450メートルで4分です!

また『平日』に関しては、それなりの本数がありますが『土・日・祝日』に関しての『緑の文化園』経由の本数は、かなり少ないと思いますので、事前に時刻表のご確認をしてお出かけください!

最後に『マイカー』を利用していく場合は『大阪方面』及び『京都方面』共に『第二京阪道路』の利用が近いと思いますが『大阪方面』からは『寝屋川南IC』を降りて『国道1号線』を走り『小路北』の交差点を右折して『国道171号線』に入ってからしばらく走り進めた先の『西中野』の交差点を左折して『国道163号線』に入って『幹線道路(バイパス)』走り進めているとある『案内板』に従い『清滝峠・緑の文化園』を出たらすぐに右折して『国道163号線』を並走するように道なりに走り進めて、2つ目の信号を右斜めに入って行った先に『森の宝島℗』の看板に従って右折した先に『駐車場』があります。

寝屋川南IC』からは7.5kmほどですので約15分で行くことができます。

京都方面』からは、出口が少し変わり『寝屋川北IC』を降りたら『国道1号線』を走り『小路北』の交差点を左折してからは先程と同じですが『寝屋川北IC』からは9.2kmとなり約20分で到着となります。

最初にも言いましたが『むろいけ園地』の『森の宝島』は、大変に人気の高い『遊びの場』となりますので、早い目の時間帯に訪れることをお勧めしておきます。

 

『わいわい広場』にあるジャンボ滑り台は大人気!

車を駐車すると、早速にも『森の宝島』のメイン広場となる『わいわい広場』に向かいたいと思いますが、向かうルートとして2種類あり『駐車場』の『北側』と『南側』に遊歩道があるのですが『南側』の『遊歩道』は、100メートルほど木々の生い茂る道を歩き進めれば到着となります。

一方『北側』の遊歩道を進むと170メートルと距離は遠くはなりますが、道中にある『花かごの谷』の上に架かる長さ54メートルの『吊り橋』を渡るところから『わくわく!ドキドキ!』の遊びが始まり、テンションの上がった小さなお子様が走り回る姿もありました。

長さ54メートルの吊り橋です。

長さ54メートルの吊り橋です!

距離が長くなると言っても70メートルほどですので、100パーセントこちらのルートから向かうのがお勧めとなりますし、知ってか知らずか分かりませんが、ほとんどのご家族がこちらの道を進んで『わいわい広場』に向かっています。

豊かな緑に囲まれた『吊り橋』には、心地よい風が吹き抜けており、右手側には生い茂る木々の上に僅かですが『大阪平野』の景色も楽しめたりするのが特徴的ですが『吊り橋』の『揺れ』に関しては、ほぼ感じることのない強固な『吊り橋』となっており、防護ネットもしっかりと張られていますので、小さなお子様でも安全に渡ることができます。

訪れる時期にもよりますが『吊り橋』の下に広がる『花かごの谷』には『キンシバイ』や『ヒラドツツジ』さらには『アキグミ』などの花々が、色とりどりに花を咲かせ吹き上げる風にのせてやさしく香りを運んでくれます。

そんな『わくわく!ドキドキ!』の『吊り橋』を渡りきれば、左手側に遊歩道を歩き進めて行くのですが、この辺りから『わいわい広場』に近づくにつれて、楽し気な叫び声が聞こえてきますので、どんどんお子様のテンションも上がって来ます。

わいわい広場のジャンボすべり台です。

わいわい広場のジャンボすべり台!

遊歩道から『わいわい広場』に入る前には『丸太造りのゲート』のお出迎えとなり、ゲート最上部に飾り付けられた鐘の音色と共に園内に入場となります。

一気に広がりを魅せる『わいわい広場』では、すでに多くの子供たちが、広場の中心に『ドーン!』と設置されている『ジャンボすべり台』を幾度となく、繰り返し滑る姿があります。

しばらくその姿を眺めていたのですが、こう言った時の『子供』を見ていると『すごい!』と思ってしまい『階段』を駆け上がり、滑ったと思うとすぐまた『階段』を駆け上がる!を繰り返すのですが、休憩を取らないにも関わらず息ひとつ切らすことなく無限に繰り返し滑り続ける姿を見ていると、見ているだけのこちらの息が切れてきます。

そんな姿を見て、ちょっとだけ童心にかえって火が付いた管理人に対して「恥ずかしいからやめとき~や!」と言う、我が姫君の言葉も聞かず、急勾配の『ジャンボすべり台』で楽しむ子供の列に混ざって、調子に乗って滑ると・・・

おしりの部分が・・・!

おしりの部分が・・・!

お気に入りの『ナイキの上下のシャカシャカスエット』のおしりの部分が・・・!

摩擦でテカテカに光輝いた上に『』が・・・(;^_^A

一瞬にして、大粒の汗をかくはめになってしまったところで、散策に戻りますが『わくわく広場』の『ジャンボすべり台』は、大人の方が滑るのはあまりお勧めしませんが、もし滑るのでしたら『ジーパン』などの素材の強い生地のものを着用して行くことをお勧めしておきます!

さらに『わくわく広場』には、世界各地の時を刻むユニークなデザインの『時計塔』の『モニュメント』も設置されています。

『時計塔』のモニュメントです。

『時計塔』のモニュメントです!

最初に見た時には、色々な形で時刻の狂った時計の『モニュメント』だと思っていたのですが、よ~く見るとそれぞれの『モニュメント』の下部に『世界各地』の国の名前が記されているのに気付き「なるほど~」となった訳です。

かなり大型の『モニュメント』ですが、子供たちは『ジャンボすべり台』に夢中で見向きのしないので、ひっそりと佇む感じで、少し物悲しさを感じますが、3段からなる階段状の台座に腰かけて、遊びまわるお子様を監視するには、ちょうどいい場所にあるように思います。

続いて、散策するのは『ジャンボすべり台』の上に広がる『わいわい広場』となります。

 

休憩のできる丸太小屋とお子様でも安心の木製遊具!

ジャンボすべり台』の上に広がる『わいわい広場』に移動すると、さらに広い空間があり、小さなお子様でも安心の『木製遊具』や『砂場』があり、こちらも大変賑わっています。

お子様向けの木製遊具や砂場です。

お子様向けの木製遊具や砂場です!

下段の『わいわい広場』の『ジャンボすべり台』は、どちらかと言うと小学生向けの『遊び場』となり、上段の『わいわい広場』は、それ以下の小さなお子様連れのご家族が対象の『遊び場』になるかと思います。

上段の『わいわい広場』に置かれた『木製遊具』は、なかなかのクオリティーの高さを感じさせてくれる『遊び場』になりますが、高さもそれほどありませんので、安全に遊ぶことができます。

広場の一角には休憩のできる『丸太小屋』があり、自由に出入り出来ますので、少し疲れたら立ち寄ってください!

休憩のできる『丸太小屋』です。

休憩のできる『丸太小屋』です!

丸太小屋』の中は、少し涼しくなっており『自動販売機』も置かれていますので、無限に走り回るお子様に対して『水分補給』なども忘れずにお楽しみください!

木の机に椅子もあり、ちょっとした本なども置かれていますので、お子様の休憩の場として利用することができますが、室内は飲食が禁止されていますので、お弁当などは室外でお楽しみください!

本日は『イベント』が開催されている日となり『丸太小屋』の前では『ネイチャーイベントクラフト体験』として『竹と遊ぼう!』と題した体験の予約を募っています。

ネイチャーイベントクラフト体験です。

ネイチャーイベントクラフト体験!

10時~14時までの『イベント』でしたが、たくさんのご家族が『当日受付』で体験する形のもので、職員の指導のもと、とても楽しそうに物作りの体験しているお子様の姿がとても印象的でした!

森の宝島』で行われる『イベント』は、随時行われる訳ではなく、定期的に行われるものですので、興味のある方は事前に下調べして、その日に合わせて訪れるようにして下さい!

わいわい広場』の紹介はここまでですが、これより先に人気のアトラクションが設置されています。

 

わんぱく坂にあるトリッキングな『大型アスレチック』

わいわい広場』で楽しんだあとは、少し難度が上がる『遊びの場』が、奥に進んだ山の斜面に用意されています。

山の斜面の手前には20メートルから30メートルほどの長さを誇る『ターザンロープ』が置かれており、小学生ぐらいの児童が楽しむ姿があり、楽しそうな姿を見ていると、またしても童心にかえりそうになりますが、先ほどのこともあり「やってみたい!」と言う気持ちを抑えます!

難度の高い『ターザンロープ』です。

難度の高い『ターザンロープ』

森の宝島』に設置された、全ての遊具は、基本的に小さなお子様が楽しむのを目的として設計されているので『ターザンロープ』にしても、落ちても大丈夫なように高さがそれほどに無い作りとなっているので、もし管理人が「あ~あぁ~!」なんて調子に乗って体験しようものなら、間違いなく地面でおしりを削る形で終わり、二度と履くことのできないズボンになってしまうと思います。

やりたい気持ちを抑えて『ターザンロープ』で楽しむ子供を横目に見ながら先に進むと『森の宝島』にある最大級の大きさを誇り、園内一の『楽しみどころ』となる『大型アスレチック』の入り口があります。

駐車場』に止まっていた車の台数から考えても、園内に人の数が少ないと疑問に思っていましたが、ここにきてようやくその謎が解けました。

むろいけ園地』にある『森の宝島』の中でも1番人気となる『わんぱく坂』では、山の斜面をフル活用したトリッキングな『大型アスレチック』が大規模に設置されており、大人の方までもが童心にかえって楽しむことができます。

わんぱく坂の大型アスレチックです。

わんぱく坂の大型アスレチックです!

大型アスレチック』は、落下防止のための欄干が比較的狭い目に設けられており、防護ネットも同時に掛けられて安全重視の設計となりますが、なかなかに『トリッキング』なコースとなりますが、小学生ぐらいでしたら1人でもクリアして行けるのですが、それ以下のお子様に関しては、1人では困難な場所があるため、親御様の同伴が必要かと思います。

大型アスレチック』は、中間点で一旦コースが途切れる作りとなり、前半戦は比較的難関となる場所は無く、スイスイと進んでいけますが、後半戦には少し渋滞するような難関もあります。

後半戦には難関もあります。

後半戦には難関もあります!

小さな円形の入り口から入り、直角に真上にネットに足を掛けながら登り進める『トンネル』は、小さなお子様なら問題ありませんが、同伴者の大人にはかなり小さな『トンネル』となり、お子様以上に登り進めるのが困難になります。

そんな『トンネル』を2か所くぐり抜けた先にある、フィニッシュの『平均台』を渡り切ったところでゴールとなり、少し階段を上り進めた先に『森の劇場』と称される広場があります。

 

『森の劇場』及び『わいわい広場』で昼食を・・!

山の斜面をフル活用して大規模に設置されたトリッキングな『わんぱく坂』の『大型アスレチック』を上りきった先には『巨石』が点在する『森の劇場』と称される広場があり、多くの方が『巨石』に腰かけて休憩しています。

巨石が点在する『森の劇場』です。

巨石が点在する『森の劇場』

森の劇場』及び、最初にあった『わいわい広場』は、お昼時にお弁当を広げる場所としてはちょうど良い感じの芝生広場となります。

緑豊かな『むろいけ園地』の北エリアの一角に位置する『森の宝島』は、お弁当を片手にひと休みしながら、1日を通して遊ぶことができるスポットとなります。

園内には、小さなお子様のはしゃぐ姿や、声が絶え間なく響き渡り『遊びの場』としては、申し分のない場所であると思います。

入園料』及び『駐車場』が『無料』であることも人気のひとつではないでしょうか?

晴れわたる真っ青な空のもと、一面を緑に囲まれた爽やかな空間の広がる『森の宝島』に、一度お出かけになってみてはどうでしょうか?

お子様の喜ぶ顔を見れることは間違いなしです!

 

『森の宝島』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

森の宝島』(むろいけ園地内)

  • 住所:〒575-0011大阪府四條畷市逢阪大字清滝及び大字南野地内
  • 電話:072-879-6362(大阪府民の森・むろいけ園地案内所)
  • 時間:園内自由(散策などは時間制限が無いため自由に入園できます)
  • 定休日:火曜日と年末年始となる12月29日~1月4日
    尚、火曜日が祝日の場合は『開園』で翌日が『休園日』となるほか施設や駐車場は『利用不可』ですが入園は『自由』です!
  • 入園料:無料
    *『森の工作館』でのイベントの施設利用は一部『有料』となります
  • 駐車場:無料(乗用車41台)
    利用時間は9時00分~17時00分まで
  • アクセス【公共交通機関】『JR学研都市線』の『四条畷駅』で下車して徒歩で4.7km(1時間10分)
    JR学研都市線』の『四条畷駅』で下車して『京阪バスのコミュニティバス(さつきヶ丘公園行き)』に乗車するのですが『平日』は『逢阪』のバス停留所で下車して徒歩750mで約10分ですが『土・日・祝日』は『緑の文化園』のバス停留所で下車して450mで4分です!
    お車】『大阪方面』からは『第二京阪道路』の『寝屋川南IC』を降りてから『国道1号線』を走り『小路北』の交差点を右折して『国道171号線』に入ってからしばらく走り進めた先の『西中野』の交差点を左折して『国道163号線』の『幹線道路(バイパス)』走っているとある『案内板』に従い『清滝峠・緑の文化園』を出てからすぐに右折して『国道163号線』を並走するように道なりに走り進めて2つ目の信号を右斜めに入った先に『森の宝島℗』の看板に従い右折した先に『駐車場』7.5km(約15分)
    京都方面』からは『第二京阪道路』の『寝屋川北IC』を降りてから『国道1号線』を走り『小路北』の交差点を左折してからは先程と同じです9.2km(約20分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

むろいけ園地』の北エリアにある『森の宝島』は、小さなお子様連れのが家族に大変人気のある『遊びの場』となります。
園内の『ジャンボすべり台』をはじめ『わんぱく坂』では、山の斜面をフル活用したトリッキングな『大型アスレチック』が大人気となります。
お弁当を片手に1日を通して遊べると思いますので、一度訪れて楽しい時間をご家族でご堪能下さい!

【関連記事】

体験型に関する記事はコチラをご覧下さい!

  静岡県~朝霧高原の『まかいの牧場』で触れあい体験・・富士宮市観光地

  インスタントラーメン発明記念館『チキンラーメン』『カップヌードル』作り体験

  ダスキンミュージアム『ミスドキッチン』予約困難なドーナツ作り

  谷瀬の吊り橋~十津川村【恐怖】日本一?長い生活人道橋!【アクセス~駐車場】

  【スリル満点】昴の郷『野猿』と呼ばれる人力ロープウェイ【十津川村】

  黒滝吊橋【黒滝・森物語村】の恐怖の吊り橋は日本最長級の吊床版橋

  『野猿』のスリルと恐怖の吊り橋『柳本橋』を同時体験【十津川村】

  日本一のヤッホーポイント~グリーンパーク椿山【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-体験型
-

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.