天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

今回紹介するのは、兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山にある展望スペースの「天狗岩」から眺める「夜景」です。

六甲山」と言う山は有りませんが、兵庫県の南東部に位置する神戸市の、市街地の西から北にかけて立ち並んでいる、大小の山々を含む「六甲山系」の全域にある山魂のことです。

六甲山系」は、瀬戸内海国立公園の区域に指定されており「日本三百名山」をはじめ「ふるさと兵庫50山」に選ばれています。

六甲山系」には、数多くの人気の展望スペースがあり、そんな中でも「六甲ガーデンテラス」や「天覧台」からは、大変に素晴らしい夜景を望むことができるため、大人気の「夜景スポット」として知られています。

また、西隣の「摩耶山」には「日本三大夜景」のひとつに選ばれている「掬星台」があり、それらが「摩耶・六甲三大夜景スポット」として君臨する為「天狗岩」から眺める夜景は、それほど知られることは無いのですが、実は大変に素晴らしい夜景を望むことができます。

『天狗岩』から眺める夜景です。

『天狗岩』から眺める夜景です!

六甲山」では、通称「1000万ドル」と称される夜景が、眼下に広がりを魅せることで知られ、多くの恋人たちが訪れる、神戸では夜のデートの定番スポットとして、今や「聖地」と化しています。

そんな「1000万ドルの夜景」が「天狗岩」からも眺められ、知る人ぞ知る隠れた「夜景スポット」になっているのですが、訪れる人が非常に少ないことで、ゆっくりと「1000万ドルの夜景」を楽しむことができます。

天気が良い日には「明石海峡」から「関西国際空港」まで望むことができ、大阪湾に沿って弧の字を描きながら伸びていく夜景は、見る者を虜にする美しさを誇ります。

今回は、そんな隠れた展望スペースになっている「天狗岩」で望む、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「天狗岩」から望む「1000万ドルの夜景」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

今回は、兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山にある「天狗岩」で夜景を観賞すべく「マイカー」に乗り込み、六甲山系へと軽快に車を走らせます。

六甲山」は、通称「1000万ドル」と称される夜景が、眼下に広がりを魅せることで知られ、年間を通して多くの方々が、その素晴らしい夜景を一目見るために訪れます。

六甲山系」に点在している「夜景スポット」の中でも、人気の高い「夜景スポット」へのアクセスに関しては、それほど難しくは無いのですが、知る人ぞ知る「天狗岩」へのアクセスに関しては、少しだけ問題があります。

まず初めに「天狗岩」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

天狗岩へのアクセスはマイカーをお勧めします!

まず初めに「天狗岩」へのアクセスに関しては「マイカー」を利用することが「必須条件」となります。

公共交通機関」を利用して「六甲山下駅」より「六甲ケーブル」に乗車して「六甲山上駅」まで行き、そこから徒歩で「サンライズドライブウェイ」を、東に1.6kmほど歩き進めれば、行けないことはないのですが「サンライズドライブウェイ」の車道脇には、遊歩道などのように「安全に歩き進められるスペース」は無く、車が行き来する車道の端っこを歩き進める必要があります。

街灯などもほとんどない「薄暗い道」となりますので、非常に危険で、正直なところお勧めはできません!

『サンライズドライブウェイ』です。

『サンライズドライブウェイ』です!

夜の「六甲山系」では、たくさんの方々が、人気の「夜景スポット」を目指して車を走らせており、運転手もまさか人が車道を歩いているとは思ってもいないので、かなり危険です!

そう言った点から「マイカー」を利用することが「必須条件!」と言う判断をしました。

続いて「マイカー」を利用して訪れる場合のアクセスですが、こちらはそれほど難しくは無いのですが、一部ちょっとした問題点があります。

大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降ることになります。

降りたら「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入ります。

しばらく直進していると「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入ることになり、しばらく走り進めた先にある「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」に入ります。

1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」を道なりに進んで行くと「六甲オリエンタルホテル跡地(風の教会)」があり、手前の「小道」を右折した先に「天狗岩」の駐車スペースがあります。

問題は、この「小道」ですが、まず「車1台分の幅」しかありませんので、対向車が来ると非常に厄介です!

天狗岩」は、知る人ぞ知る隠れた「夜景スポット」になるので、対向車が来ることは「ほぼ無い!」と考えても大丈夫なのですが、次の問題点は、駐車スペースまで走り進めるにあたり「未舗装の部分」があるほか、2ヶ所ほどアスファルトが「陥没・隆起」しているところがあります。

『陥没・隆起』した部分あります。

『陥没・隆起』した部分あり!

車高の低い車や、スピードを出して走り抜けると、確実に車の底を擦(こす)りますので、十分にスピードを落として「陥没・隆起」している部分を上手く避けながら、走り進めるようにして下さい!

細心の注意を払い、細くて暗い「小道」を、道なりに走り進めて行くこと300メートルで、右手側に「天狗岩」と書かれた、小さな看板が見えたところに駐車スペースがあります。

天狗岩にある駐車スペースです。

天狗岩にある駐車スペースです!

魚崎IC」から14.8kmほどとなりますので、30分で行くことができます。

サンライズドライブウェイ」より「小道」に入ったところからは、街灯などは一切無く、真っ暗闇となりますので、十分にお気を付けください!

尚「駐車スペース」は、3台ほどしか止められるスペースがありませんが、今回は先客者の姿はありませんでした。

と、言ったところが「天狗岩」へのアクセス方法となり、いくつかの小さな問題点はありますが、少し意識して走れば、特に大きな問題にはならないかと思います。

 

天狗岩へのナイトハイキングは僅か1分です!

車を駐車スペースに止めてからも、ちょっとした問題があるのですが、実は「天狗岩」と呼ばれる展望スペースまでは「ナイトハイキング」を行う必要があります。

ナイトハイキング?」と、少し驚くかもしれませんが、僅か1分足らずですので、それほどの心配は必要ないのですが、問題は真っ暗闇だと言う点です。

歩き始めると、すぐに「緑色の鉄塔」が見えていますので、まずは下をくぐって、向こう側へと歩き進めます。

僅か1分の『ナイトハイキング』です。

僅か1分の『ナイトハイキング』

緑色の鉄塔」には、今もなお「六甲有馬ロープウェー」のケーブルが繋がっているのですが、かつては「六甲山上駅」から「有馬温泉」までを結ぶ、全長5kmにも及ぶ「日本一長いロープウェー」として営業していました。

現在は「表六甲線」の、2.3kmが休止され「裏六甲線」の、2.8kmのみで運行されています。

そんな、名残だけを残す「鉄塔」を越えて少し歩き進めて行くと、20段ぐらいの石階段があり、登ったすぐ目の前に「天狗岩」が現われると言う、簡単な「ナイトハイキング」になります。

『天狗岩』の展望スペースです。

『天狗岩』の展望スペースです!

簡単な「ナイトハイキング」ではありますが「ヘッドライト」などの光り物は「必須アイテム」となります。

管理人は、今までにも「ナイトハイキング」の先にある夜景を、幾つか訪れたことがあるのですが、常に前を歩く我が姫君の頭に1つの「ヘッドライト」を付けて、後方を歩く管理人の頭と首に、2つの「ヘッドライト」を付けて、辺りを照らしながら歩くのですが、写真でみると明るく見えていても、実際には、3つの「ヘッドライト」でも暗く感じますし、何よりも少し怖い感じです!

近頃では「スマホ」の「ライト機能」が、意外と明るいからと言って多用しがちですが、これぐらい真っ暗闇になると、やはり頼りなく、足元が悪かったりすると、怪我の元になりますので・・・

そこでお勧めしたいのが「ジェントス」の「ヘッドライト」ですが、日本でもトップシェアを誇る、LEDライトのメーカーです。

あらゆる機能を搭載した「高性能ヘッドライト」は、フォーカスコントロールで「ノーマル照射」から「ワイド照射」まで「無段階調節」が、可能となっています。

高性能のわりに、比較的に「安価」で、購入できるところが、とてもうれしい商品です!


ジェントス ヘッドライト

夜景を楽しむより先に「我が身に危険が無い!」と言うのが「絶対条件!」となりますので、ご自身の身を守る「必須アイテム」として、ひとつは常備しておくことをお勧めしておきます。

と、言ったところで、話を戻しますが、街灯などが一切無いことで、真っ暗闇になることは、それはそれで夜景を楽しむには、良い作用となるのですが「天狗岩」からの眺めは、まさにそのものとなります。

少し広くなった展望スペースの先端に立つと、神戸の街明かりの夜景が、眼下いっぱいに広がりを魅せています。

天狗岩から望む1000万ドルの夜景です。

天狗岩から望む1000万ドルの夜景!

六甲山系」には、数多くの人気の展望スペースがあり、そんな中でも「六甲ガーデンテラス」や「天覧台」からは、大変に素晴らしい夜景を眺められると言われるほか、西隣の「摩耶山」には「日本三大夜景」のひとつに選ばれている「掬星台」があります。

いずれからも、通称「1000万ドル」と称される夜景が、眼下に広がりを魅せることで知られ、多くの恋人たちが訪れる、神戸では夜のデートの定番スポットとして、今や「聖地」と化しています。

それらが「摩耶・六甲三大夜景スポット」として君臨することで、常に人だかりとなるのですが、ここ「天狗岩」で望む夜景は、まさに「1000万ドル」と称される夜景と、同じものとなります。

アクセス面の悪さや、展望スペースの狭さなどから、知る人ぞ知る隠れた「夜景スポット」になってしまっています。

180度のパノラマ状に広がる夜景です。

180度のパノラマ状に広がる夜景!

天狗岩」から眺める夜景は、視界を遮るものが一切無い、180度のパノラマ状に広がる、阪神間の街並みの夜景となるのですが、自然とのコントラストが最高で、神戸ならではの港がある風景は、味わい深い夜景を形作っています。

眼下に広がる「1000万ドル」と称される夜景は、言葉を失うほど圧倒的で、大阪湾の「」となる部分を、光り輝く街明かりが「Cの字型」に包み込むように広がりを魅せています。

これだけで、十分に夜景を楽しむことができるのですが「天狗岩」の上に登って夜景を眺めることで、さらに視界がひらけて、優れた夜景になるのが、魅力のひとつでもあります。

天狗岩」と名前が付けられた展望スペースですので、簡単に「天狗岩」の紹介もしておきたいのですが、夜間の写真では分かりにくいので、日中のあいだに訪れて撮っておいた写真をご覧下さい!

天狗岩と呼ばれる『巨石群』です。

天狗岩と呼ばれる『巨石群』です!

天狗岩」とは、いくつかの巨石群となるのですが、少し南下したハイキングコースより、この巨石群を望むと「天狗の鼻のように見える!」と言われているのですが、本当にこの巨石群が「天狗の鼻?」に見えるのかは、少し謎です!

眼下に広がる夜景を「天狗岩」の上に登って眺めると、目の前の木々の影響が無くなって、しっかりとした夜景になるのですが、真っ暗闇の中で無理をして「天狗岩」の上に登らなくても、素晴らしい夜景は観賞できるかと思います。

それでも「登って眺めてみたい!」と、お考えの場合は、滑りやすくなりますので、濡れていないことを確認の上で、慎重に登ってご観賞ください!

と、言ったところで「天狗岩」から眺める「1000万ドルの夜景」の散策は、すべて終了となります。

アクセス面の悪さが影響して、知る人ぞ知る隠れた「夜景スポット」になっている「天狗岩」より望むことができる夜景は「1000万ドル」と称される夜景と、同じ眺めになります。

大切な方と二人占めで「1000万ドルの夜景」を観賞できる、貴重な展望スペースではあるのですが、ひと気がほぼ無く、少し怖い雰囲気が漂うスポットでもありますので、付き合って間無しのカップルの方には、お勧めしにくいのですが、夜景の素晴らしさに関しては間違いありません!

是非一度訪れて「天狗岩」から望む「1000万ドルの夜景」を、ご堪能下さい!

 

天狗岩のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

天狗岩

  • 住所:〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山1078
  • 電話:
  • 時間:散策自由(*夜間照明ありません)
  • 観覧料金:無料
  • 駐車場:無料(3台)
  • アクセス:【お車】「大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降りて「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進め「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」を経由して1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」を道なりに進み「六甲オリエンタルホテル跡地(風の教会)」の手前を右折し道なりに進むと右手側に駐車スペースがあります14.8km(約29分)
    三宮方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」を降りてすぐの交差点を左折して1つ目「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入り「大阪方面」へ直進して「東明」の交差点を左折して「県道95号線」に入ったらしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進め「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」を経由して1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」を道なりに進み「六甲オリエンタルホテル跡地(風の教会)」の手前を右折し道なりに進むと右手側に駐車スペースがあります15km(約31分)

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

天狗岩」から眺める夜景は「六甲山」が誇る「1000万ドルの夜景」となるのですが、アクセス面の悪さから、隠れた「夜景スポット」になっています。
是非一度訪れて、眼下に広がりを魅せる「1000万ドルの夜景」を、静かな展望スペースよりご堪能下さい!

関連記事

兵庫県の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台【1000万ドルの夜景】六甲三大夜景スポット

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

  前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

  朝日ヶ丘北公園【アクセス・駐車場】芦屋市中心のリアルな夜景

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2020 All Rights Reserved.