気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

投稿日:

今回紹介するのは、兵庫県西宮市甲山町に位置する「甲山(かぶとやま)」の山麓にある「神呪寺(かんのうじ)」の境内に整備されている、展望スペースより望む夜景です。

神呪寺」の創建は、天長5年(828年)となり、第53代「淳和天皇(じゅんなてんのう)」の、第四の妃であった「如意尼」が「甲山」に訪れたことが、始まりと伝えられ、真言宗の開祖「空海」が、山頂の巨大な桜の木を、妃の体の大きさに刻んで、本尊となる「如意輪観音」を手懸け、3年後の時を経た、天長8年(831年)10月18日に、本堂が落慶しました。

神呪寺」と言う「寺号」からは、なんとも言えぬ怖さを、連想してしまいますが「神を呪う!」と、言う意味ではなく、後方にある「甲山」を「神の山」として信仰しており、そこから「神の寺(かんのじ)」と、したことによるもので「感応寺」と書く、別称もあると言いますが「神呪(しんじゅ)」とは「仏の真の言葉」と、言う意味があり、開山当時の名称は「神呪寺(しんじゅじ)」であったと言います。

そんな「神呪寺」の、境内の東側には「如意閣」と称される「展望台」があり、眼下には、阪神間の景色が一望でき、日没を向かえてからは「パノラマ状」に広がりを魅せる、立体的な街明かりが「大変素晴らしい!」とのことで、地元界隈では、良く知られた「夜景スポット」となりますが、広く知られていないため、一般的には「穴場的」な「夜景スポット」となっています。

神呪寺の如意閣から望む夜景です。

神呪寺の如意閣から望む夜景です!

そんな「神呪寺」の展望スペースには、街灯などが一切無いことで「真っ暗闇」となるのが、逆に良い作用となり、街明かりの眩い光で、ロマンチックな雰囲気へと姿を変える、展望スペースより眺める夜景は、西宮屈指と言っても、過言ではありません!

そんな「神呪寺」の境内のある「如意閣」より眺める、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「神呪寺」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

今回は、兵庫県西宮市甲山町に位置する「甲山」の山麓にある「神呪寺」の境内に、整備されている展望スペースより、夜景を眺めるため、日没前に、甲山へ向けて「マイカー」を、走らせています。

神呪寺」の境内は「24時間開放」されているため、日没を迎えてからも、問題なく中に入ることができるのですが、展望台となる「如意閣」までには「本堂」に向かって、真っすぐに伸びる「100段」ほどある、長い「石階段」を、登り進める必要があります。

甲山大師」とも呼ばれる「神呪寺」は、地元では「お大師さん」と呼ばれて、親しまれているのですが、そんな「神呪寺」の境内の東側の「如意閣」からは、阪神間の街明かりが「パノラマ状」に広がりを魅せる、素晴らし夜景を、望むことができるのですが、知る人ぞ知る「穴場的」な「夜景スポット」となります。

まず初めに「神呪寺」を訪れるための「アクセス」及び「駐車場」の紹介を、簡単にしておきます。

 

神呪寺へのアクセスはマイカーがお勧めです!

まず初めに「甲山森林公園」への「アクセス」に関しては「マイカー」を、利用しても「公共交通機関」を、利用しても、比較的簡単に行くことができます。

ひとつだけ問題点があり「公共交通機関」を、利用して行く場合には「阪神バス」に乗車することになりますが「夏季期間」に関しては、日没を迎えるのが遅くなるため、夜景を眺めてから「バス停」に、急いで戻ったとしても、夜の20時前後に「最終便」が発車してしまうと言う点が、微妙なタイミングとなります。

そんな、注意点がありますが、まず「公共交通機関」を、利用して行く場合ですが、色々な「アクセス方法」があるのですが、ここでは、最も基本的な方法を、紹介しておきます。

阪神電鉄本線」の「西宮駅」から「阪神バス(鷲林寺循環線)東回り」に、乗車して「甲山大師前」の停留所で、下車するだけのシンプルな「アクセス」になりますが「阪神バス(鷲林寺循環線)西回り」に、乗車しても「甲山大師前」の、停留所で降りれば、1分足らずで「神呪寺」の参道へと、入ることができます。

『甲山大師前』の停留所です。

『甲山大師前』の停留所です!

平日」に関しての「阪神西宮駅」に向かう、最終便の時刻は「西回り」が、20時14分で「東回り」が、19時48分となり「土曜日・日曜日・祝日」になると「西回り」が、19時53分で「東回り」が、20時13分となります。

展望スペースの「如意閣」で、夜景の観賞が終了してから、バス停まで降りてくるのに、だいたい5分ぐらいは必要となりますので、最初にも言いましたが「夏季期間」以外でしたら、問題なく「夜景」を、楽しむことができるかと思います。

続きまして「マイカー」を利用するのでしたら、特に大きな問題は無いのですが、ここでは「神戸方面」からと「大阪方面」からの紹介を、簡単にしておきます。

神戸方面」からですと「阪神高速3号神戸線」の「西宮IC」で降りてから「国道43号線」を、少し走った先にある「西宮本町」の交差点を左折したら、そのまま直進して「国道171号線」に入ります。

その先にある「越水」の信号を越えたら、右にカーブして「国道171号線」は、続いて行きますが、道なりに進まずに、直進して「一方通行」の道に入ってからは、しばらく住宅街を、道なりに走り進めます。

その後、左手側の角にある「石材店」を過ぎて「小さな石橋」を渡ったら、すぐに左折して「みたらし通り」に入り、少し走り進めた先にある「道路標識」に従って、左折して「甲山大師道」に入ってからは、道なりに走り進めるだけとなり、その先に「神呪寺」の「駐車場」があります。

西宮IC」からは、5.6kmほどですので、約16分で到着となります。

大阪方面」からは、少し出口が変わり「阪神高速3号神戸線」の「芦屋IC」を降りて、そのまま「国道43号線」を、少し走った先にある「打出」の交差点を「Uターン」して「国道43号線」を「大阪方面」に走り進めます。

少し走り進めると「西宮本町」の交差点があり、左折してからは、先程と同じです!

最後に「駐車場」に関してですが「神呪寺」には「無料」の「駐車場」が、夜間でも利用可能となっています。

夜間の神呪寺の駐車場の様子です。

夜間の神呪寺の駐車場の様子です!

神呪寺」の「駐車場」は、道路に面して縦長に、広々と続いており、80台分の駐車スペースがあるので、よほどのことが無い限り「満車」になることは、無いと思われます。

山の麓にある駐車場で、ひと気がほとんどありませんので「車上荒らし」などには注意して、車内にはくれぐれも、貴重品などを置いていかないようにすることを、お勧めしておきます。

神呪寺」の参道までは、いくつか街灯があり、薄暗くはなりますが、明るさは十分あり「石階段」を、登りきった境内や、展望スペースとなる「如意閣」付近だけは「真っ暗闇」になっていますが「懐中電灯」などの光り物は、持っていかなくても、歩くことはできるのですが、念のため用意しておいたほうが、良いのではないかと思います。

以上が「神呪寺」の「アクセス」及び「駐車場」の、紹介となります。

 

如意閣より眺める夜景は西宮屈指のパノラマ夜景!

早速ですが、駐車場に車を止めたところで「神呪寺」の境内へと、向かいたいと思いますが、本日は平日となり、時間的にも少し遅い目の、22時30分となりましたが、駐車場には、4~5台の先客者の車が、駐車されています。

駐車場から10メートル足らずで「神呪寺」の参道の、入口まで行くことができるので、ここまでは、特に問題はありません!

参道の入口からは「石階段」となり、街灯は設置されてはいるのですが、薄暗くなっているため「ヘッドライト」を装着して、歩き出します。

薄暗い参道入口の石階段です。

薄暗い参道入口の石階段です!

そんなに暗いの?」って思うかもしれませんが、参道の石階段は「100段」ほど続きますが、光り物なしでも、十分に歩くことはできます。

ただ「甲山」の、山の麓にあるお寺ですから、訪れる時間帯によっては、ひと気が全くなく、とても静かで薄暗いので、ちょっとだけ怖い感じになっています。

すぐ隣に「五ヶ池ピクニックロード」が通っていますが、実はいわくつきのバス停も含めて、地元では「心霊スポットの宝庫!」なんて、言われているだけに、若干身構えてしまいます。

煌々と「ヘッドライト」の光を、照らしながら「100段」からなる石階段を、登り進めた先の正面に「神呪寺」の、本堂があります。

本堂に続く100段からなる石階段です。

本堂に続く100段からなる石階段!

100段」からなる、石階段の道中には、2か所ほど街灯がありますが、登りきった境内には、確か1つだけ街灯があったと思いますが、とても暗くなっています。

少し小高い場所に位置する境内まで、石階段を登り進めて振り返ると、木々が邪魔にはなりますが、阪神間の夜景を、少しだけ見ることができます。

境内の左手側には「寺務所」があるだけですので、行く必要が無く「如意閣」と称される、展望スペースは、石階段を登りきった、境内の右手側になります。

神呪寺の展望スペース『如意閣』です。

神呪寺の展望スペース『如意閣』

展望スペースとなる「如意閣」には、街灯が1つしかなく、ほぼ「真っ暗闇」の「展望台」となりますが、夜景を観賞する際には、逆に良い作用となり、眩いばかりの街明かりが「如意閣」に差し込んできて、ロマンチックな雰囲気の漂う空間へと、変わっています。

如意閣」は、それなりに広い展望スペースとなっており、訪れた時には、3組のカップルが、夜景を楽しんでおり、その後20分ほどいましたが、その間に、2組のカップルが帰りましたが、3組のカップルが来ると言う状態で、曜日や時間帯を考えると、それなりに知られた「夜景スポット」であるように思います。

展望スペースには「ベンチ」が、いくつか設置されたスペースがあり、ゆっくりと座って、夜景の観賞ができる一角と、3~4段ある階段を、前に降りると、張り出した展望スペースがあり、落下防止用の「欄干」にもたれながら、夜景の観賞ができるスペースとに、分かれています。

阪神間の夜景が一望できます。

阪神間の夜景が一望できます!

いずれの展望スペースからも、眼下に広がる、阪神間の景色が一望でき「パノラマ状」に、広がりを魅せる街明かりは、大変に素晴らしい眺めとなります。

如意閣」と称される、展望スペースからは、視界を邪魔する、一切の障害物の無い夜景が眺められ「パノラマ状」で、奥深い阪神間の夜景が、中心に広がりを魅せる中で、眩いばかりの街明かりは、手を伸ばせば掴めそうになるほど、近くに感じます。

標高309.4メートルの「甲山」に対して、中腹に位置する「神呪寺」の標高は、恐らく半分ほどの、150メートルぐらいしかないと思われ、それ程しか高さがないぶん、展望スペースから望む夜景は、とてもリアルに広がり、高層ビルと低層ビルの凹凸が、はっきりと分かるほど、立体的な街明かりは、見ごたえ十分な夜景となっています。

立体的な街明かりが特徴的です。

立体的な街明かりが特徴的です!

地元界隈では、良く知られた「夜景スポット」となりますが、一般的には広く知られていないため「穴場的」な「夜景スポット」となっているのが、残念なほどです。

大阪の「シンボル」となる「あべのハルカス」や「通天閣」も、眺められるほか「大阪国際空港」に離着陸する「飛行機」も、眺めることができます。

また、晴れて透き通るような日には、遥か先にある「生駒山地」や「金剛山地」までをも、一望できるスケールを誇っています。

と、言ったところで「神呪寺」の「夜景」の紹介は、すべて終了となります。

穴場スポット」となる「神呪寺」の「如意閣」より眺める夜景は、ロマンチックで静かな雰囲気の中で、大切な方と二人だけで、夜景を眺めることができる展望スペースとなり、それでいて、格別に素晴らしい眺めとなりますので、一度お出かけになり「パノラマ状」に広がりを魅せる、圧巻でリアルな夜景を、是非ご堪能下さい!

 

神呪寺のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

神呪寺

  • 住所:〒662-0001兵庫県西宮市甲山町25-1
  • 電話:0798-72-1172・FAX:0798-72-1342
  • 時間:境内自由
    尚、寺務所9時00分~16時30分・閉堂は17時00分
  • 定休日:無休
  • 観覧料:無料
  • 駐車場:無料(80台)
    尚、事前予約で大型バスも駐車可能です!
  • アクセス:【公共交通機関】「阪神電鉄本線」の「西宮駅」から「阪神バス(鷲林寺循環線)東回り」に乗車して「甲山大師前」の停留所で下車して徒歩(1分)
    阪神電鉄本線」の「西宮駅」から「阪神バス(鷲林寺循環線)西回り」に乗車して「甲山大師前」の停留所で下車して徒歩(1分)
    お車】「神戸方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「西宮IC」で降りて「国道43号線」を少し走った先にある「西宮本町」の交差点を左折してから直進して「国道171号線」に入り「越水」の信号を越えたら直進して「一方通行」の道に入ってしばらく住宅街を道なりに走り進め「石材店」が角にある「小さな石橋」を渡って左折して「みたらし通り」に入って走り進めた先の道路看板に従い「甲山大師道」に入ってからは道なりに走り進めた先が「神呪寺」の「駐車場」に到着5.6km(約16分)
    大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「芦屋IC」を降りて「国道43号線」を少し走った先にある「打出」の交差点を「Uターン」して「国道43号線」を「大阪方面」に走り進め「西宮本町」の交差点を左折してからは先程と同じです!

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

神呪寺」の、展望スペースとなる「如意閣」から眺める夜景は「パノラマ状」に広がりを魅せる、大変素晴らしい夜景となりますが、意外にも一般的に知られていない「超穴場」の「夜景スポット」となります。
夜景の素晴らしさは間違いなく、静かでゆっくりとできる展望スペースとなりますので、是非一度訪れて、大切な方と「大パノラマ夜景」を、ご堪能下さい!

関連記事

夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台「1000万ドルの夜景」六甲三大夜景スポットより望む

  新日本三大夜景のひとつ『若草山』眼下に広がる奈良県の街並み!

  五月山ドライブウェイ【夜景】秀望台~日の丸展望台【大阪府】

  枚岡山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  額田山展望台【夜景】枚岡公園よりナイトハイキング!

  十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット争奪戦!

  水吞地蔵尊【アクセス・駐車場】超穴場の夜景スポット!

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  ぼくらの広場【アクセス・駐車場】大阪府随一のパノラマ夜景!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  新夕陽ヶ丘【アクセス・駐車場】夕日と夜景の同時観賞で大満足!

  堺市役所 21階展望ロビーより望む夜景【アクセス・駐車場】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  阪南スカイタウン展望緑地【アクセス・駐車場】オレンジ色の夜景が特徴的

 

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.