六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

今回紹介するのは、兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷にある展望スペースの「六甲山上駅・天覧台」から眺める「夜景」です。

六甲山」と言う山は有りませんが、兵庫県の南東部に位置する神戸市の、市街地の西から北にかけて立ち並んでいる、大小の山々を含む「六甲山系」の全域にある山魂のことです。

六甲山系」は、瀬戸内海国立公園の区域に指定されており「日本三百名山」をはじめ「ふるさと兵庫50山」に選ばれています。

そんな「六甲山系」の中心的な位置にある「天覧台」は「六甲ケーブル下駅」から、レトロモダンな車両に乗って「六甲山上駅」へと登り進めて行くのですが、駅を出たらすぐにある展望スペースとなります。

『六甲山上駅・天覧台』です。

『六甲山上駅・天覧台』です!

六甲山」及び「摩耶山」には、数多くの展望スペースがあり、そんな中でも「天覧台」は、第1位の「掬星台」をはじめとして、第2位の「六甲ガーデンテラス」に次いで、第3位に選ばれる人気の夜景スポットになるのですが、それらは「六甲三大夜景スポット」と称されています。

六甲山」では、通称「1000万ドル」と称される夜景が、眼下に広がりを魅せることで知られるのですが、天気が良い日には「明石海峡」から「関西国際空港」までを眺めることができます。

大阪湾に沿って弧の字を描きながら伸びていく夜景は、見る者を虜にする美しさを誇り、多くの恋人たちが訪れる、神戸の夜のデートでは、定番スポットの聖地として存在しています。

今回は、そんな「六甲山」や「摩耶山」の眼下に広がる「1000万ドルの夜景」を「六甲三大夜景スポット」のひとつ「天覧台」から眺めて見たいと思います。

準備が整いましたら「天覧台」から望む「1000万ドルの夜景」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

今回は、兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷にある「六甲山上駅・天覧台」で、夜景を観賞すべく「マイカー」に乗り込み、六甲山系へと軽快に車を走らせます。

六甲山系」からは、神戸市の街並みをはじめ、大阪府や和歌山県までも見渡せる、数多くの展望スペースが点在しているのですが、そんな中でも「六甲・摩耶三大夜景スポット!」から望む夜景は、通称「1000万ドル」と称される夜景が、広がりを魅せています。

粒状に広がる密な街明かりは、圧倒的な景色を作り出しているのですが、若いカップルをはじめとして、小さなお子様連れのご家族までの、老若男女問わない多くの方々が、ひと目見るために遠方からも訪れます。

六甲山系」は「アクセス面」に関しても、それほど難しくないところが、人気のひとつにもなっているのかもしれません。

まず初めに「六甲山上駅・天覧台」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

天覧台へのアクセスと駐車場は良好です!

六甲山系」には、夜景のみならず、日中に楽しむハイキングをはじめ、家族向けのスポットもたくさん点在するため、昼夜を問わず多くの方が訪れるのですが「マイカー」はもちろんのこと「公共交通機関」を利用しても、簡単に訪れることができます。

さまざまな「アクセス方法」があり、全てを紹介することはできませんので、ここでは、基本的なアクセスのみを紹介しておきます。

まず初めに「公共交通機関」を利用して訪れる場合は「阪神御影駅・JR六甲道駅・阪急六甲駅」などより「神戸市バス-16系統」に乗車して、終点となる「六甲ケーブル下駅」のバス停留所で下車します。

次に「六甲ケーブル」に乗って「六甲山上駅」まで一気に登り進めれば、10分と言う気軽さで「六甲山」の山頂まで行くことができます。

六甲ケーブル『六甲山上駅』です。

六甲ケーブル『六甲山上駅』です!

尚「六甲山上駅発」で「六甲山下駅着」に向かう最終便は「平日・土曜日・日曜日・祝日」共に、夜の21時10分となるため、十分に夜景を楽しむことができます。

続いて「マイカー」で「天覧台」に向かうには「天覧台」を中心と考えて、東西南北それぞれから向かうことが可能となります。

ここでは「大阪湾」が広がる「南側」からの、簡単な紹介をしておきます。

大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降ることになります。

降りたら「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入ります。

しばらく直進していると「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入ることになり、しばらく走り進めた先にある「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」に入ります。

1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」に入ってからは「案内看板」に従って道なりに進み、左手側にある「ケーブル駅前駐車場」を少し越えた辺りにある「右手側の一方通行」に入って走り進めていると、左手側に「天覧台駐車場」があり、到着となります。

魚崎IC」から13.8kmほどとなり、約28分で行くことができます。

また「三宮方面」からでしたら「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」が降り口となるのですが、降りてすぐの交差点を左折したあと、1つ目「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入ります。

大阪方面」へ直進して行き「東明」の交差点を左折して「県道95号線」に入ってからは、先程と同じルートで「天覧台駐車場」に向かうだけとなります。

駐車場」に関しては「サンライズドライブウェイ沿い」の左手側にあった「ケーブル駅前駐車場」も、利用可能となりますが、まずは「一方通行」の道を入った先にある「天覧台駐車場」まで進むことを、お勧めしておきます。

『天覧台』の無料駐車場です。

『天覧台』の無料駐車場です!

天覧台駐車場」は、全て無料となりますが、30台ほどしか駐車スペースがありませんので、時間帯や曜日によっては、大変込み合う形となります。

そんな時は、そのまま道なりに走り進めて、先ほどの「ケーブル駅前駐車場」に駐車して、徒歩で「天覧台」に向かって下さい!

以上が「天覧台」への「アクセス」と「駐車場」の紹介となるのですが、簡単に訪れることができることは分かって頂けたと思います。

尚「マイカー」を利用の場合で、大阪湾がある「南側以外」から訪れるにしても、比較的簡単に訪れることができるかと思います。

 

六甲山上駅のバス停前にある展望スペース!

車を駐車したところで、早速「天覧台」の散策を開始して、夜景を楽しみたいと思うのですが「天覧台」には、合計3ヶ所のポイントで、夜景を楽しむことができます。

ひとつ目の夜景の観賞ポイントは「六甲山上駅」の出入口の前に、広々とした「バス停留所」があるのですが、その前に展望スペースがあります。

バス停留所前の展望スペースです。

バス停留所前の展望スペースです!

このスポットから眺める夜景は、神戸方面が中心の夜景になっているのですが、確かに綺麗ではありますが、正直なところ、大した夜景は望めず、生い茂る木々が多いので「」となる部分が多く、街明かりはかなり少ないです!

もちろん「1000万ドル」と称される夜景ではありませんので、目慣らしとして見ておくのが良いのかもしれません!

天覧台」より「1000万ドル」と称される夜景を眺めた後に、この夜景を眺めると、尻すぼみになってしまいますので・・・

 

六甲三大夜景スポットの天覧台より1000万ドルの夜景を眺める!

バス停前に広がる夜景を楽しんだあとは、2ヶ所目の展望ポイントへと移動するのですが、ここからは「1000万ドル」と称される夜景を眺めることができる「天覧台」へと向かいます。

展望スペースは「六甲山上駅」に隣接している、建物の屋上にありますので、まずは「天覧台」へと続く階段を、登り進めて行きます。

天覧台へと続く上り階段です。

天覧台へと続く上り階段です!

六甲三大夜景スポット」と呼ばれているのは「摩耶山」にある「日本三大夜景」のひとつに選ばれている「掬星台」をはじめとして、夜景のみならず、見どころや楽しみどころが満載の「六甲ガーデンテラス」があり、最後のひとつが、ここ「天覧台」となります。

それぞれより、通称「1000万ドルの夜景」と呼ばれる、大変優れた夜景を観賞できるのですが、いずれも「日本夜景遺産」として認定を受けています。

今回紹介している「天覧台」ですが、何故「展望台」と呼ばずに「天覧台」と呼ばれるのかと言うと、そこにはちょっとした理由があります。

1981年に「神戸ポートピア博覧会」が開催された時に「昭和天皇」が視察に訪れて、この「展望台」に立ち寄られました。

その時に景色をご覧になられたそうで、それ以後「展望台」ではなく「天覧台」と呼ぶようになったと言うことです。

ここ「天覧台」から眺められる夜景は、180度のパノラマ状に広がる阪神間の街並みと、自然とのコントラストが最高なのですが、神戸ならではの港がある景色は、味わいのある素晴らしい夜景を形作っています。

階段を登りきった先にある展望スペースは、それなりの広さがあり、多くのカップルが「1000万ドル」と称される夜景を、楽しんでいる姿があります。

1000万ドルの夜景が望める天覧台です。

1000万ドルの夜景が望める天覧台!

視界を遮るものが一切無い「天覧台」で望む夜景は、180度のパノラマ状に広がる阪神間の街並みと、自然とのコントラストが最高なのですが、神戸ならではの港がある風景が、味わいのある優れた夜景を形作っています。

視界を遮るものが一切無い!」と言いましたが、ただひとつだけ目の前に「邪魔!」とも言える「キジ?」が飛んでいる置物が、どうにも視界に入ってしまいます。

何かの言われがある「キジ?」なのかもしれませんが、一切の情報の無い「キジ?」は「天覧台」ならではの、トレードマークとして考えるのが良いのかもしれません!

言葉を失うほど、圧倒的とも言える夜景は、眼下に広がる大阪湾の「」となる部分を、粒状の街明かりが「Cの字型」に包み込むように広がりを魅せるのですが、類を見ないほどの美しさを誇っています。

その夜景は、まさに「1000万ドルの夜景」の名に、ふさわし眺めとなります。

言葉を失うほど圧倒的な夜景です。

言葉を失うほど圧倒的な夜景です!

眼下に広がる神戸の街明かりと、大阪湾の「」とのバランスが、非常に良い感じに展開していく夜景になるのですが、遥か東にある「大阪国際空港」をはじめ、眼下にある「神戸空港」さらには、その遙か先にある「関西国際空港」までの、3つの空港を同時に観賞できるのも、特徴のひとつになっています。

そんな、圧倒的なまでの「1000万ドルの夜景」を十分に堪能するには、展望スペースに唯一ある、神戸六甲「TENRAN CAFE」でお食事しながら、ゆっくりと楽しむのも良いかと思います。

神戸六甲『TENRAN CAFE』です。

神戸六甲『TENRAN CAFE』です!

展望スペースの最奥にある「TENRAN CAFE」は、ガラス張り越しに夜景を楽しめる、くつろぎカフェとなります。

眼下に広がる、阪神間の街並みを眺めながら、神戸ウォーターのドリップコーヒーをはじめとして、地元の食材を使ったこだわりメニューを味わいながら、贅沢な時間を過ごすことができます。

夜には「1000万ドルの夜景を、お酒と一緒に楽しめる!」と言うことですので「公共交通機関」を利用して訪れた方には、お勧めです。

そんな「天覧台」で「1000万ドルの夜景」を十分に楽しんだあとは、最後を締めくくる、3ヶ所目の観賞ポイントに移動しますが、実は「マイカー」で訪れた方だけの特権で「車中より夜景を楽しめる!」と言うのが、ここ「天覧台」の楽しみ方です。

 

天覧台では車中より夜景を楽しめます!

六甲山系」に、数多くある展望台の中でも「車中より夜景を楽しめる!」と言った「夜景スポット」は、極めて少ないのではないかと思うのですが、ここ「天覧台」では、僅か7台分で、競争率は少し高くなりますが、車中で夜景を楽しむことができる駐車スペースがあります。

車中より夜景を観賞できます。

車中より夜景を観賞できます!

しかし、肝心の夜景はと言いますと、少しだけ残念な状態となります。

まず、目の前には「防護柵」があり、その柵の向こう側には、かなりの木々が生い茂っているので、夜景を本気で楽しむ目的ですと、最高とはいきません!

ただ「寒い時期」や「雨風が強い日 」さらには「二人だけの時間を過ごしたい方」にはお勧めとなり、ロマンチックな時間を二人で過ごすことに関しては、問題ないかと思います。

最初に夜景を楽しんだ「バス停前」にも、車中より夜景を楽しめそうなスペースがありましたが、営業中は「バスの待機場所」となりますので「駐停車禁止!」となっていますが、最終バスが出発した後でしたら、駐車できるかと思いますが・・?

しかし、こちらもそれほどの夜景は広がっていないので・・・

と、言うように、車中より最高の夜景を楽しめるポイントは、全国的に見ても非常に少ないのですが、以前に訪れた「十三峠展望広場」と称される「大人気の夜景スポット」は、お勧めできるスポットのひとつになります。

十三峠展望広場で望む夜景の記事はコチラをご覧下さい

十三峠展望広場の駐車場です。
十三峠展望広場【アクセス・駐車場】大阪屈指の夜景スポット

と、言ったところで「天覧台」より眺める「1000万ドル」と称される夜景の散策が、すべて終了となります。

圧倒的とも言える夜景を目の前に、ただただ呆然と見とれてしまうしかない「天覧台」より眺められる「1000万ドルの夜景」でしたが、1年を通して多くの方が訪れて、その夜景に魅了されてしまうほど、素晴らしい眺めとなります。

アクセスに関しては、比較的に訪れやすいかと思いますので、是非一度訪れて、ご自身の目で「1000万ドルの夜景」を、ご堪能下さい!

 

六甲山上駅・天覧台のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

六甲山上駅・天覧台

  • 住所:〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷1−32
  • 電話:078-861-5288・FAX:078-861-4700(六甲山上駅・天覧台)
  • 開放時間:朝の7時10分~夜の21時00分
  • 観覧料金:無料
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(約30台)
    *その内6台は車内より景色の観賞ができます。
  • アクセス:【公共交通機関】「阪神御影駅・JR六甲道駅・阪急六甲駅」などより「神戸市バス16系統(六甲ケーブル下行き)」に乗車して「六甲ケーブル下駅」で下車して「六甲ケーブル」に乗り「六甲山上駅」まで10分
    お車】「大阪方面」より「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降りて「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進め「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」を経由して1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」を道なりに進み「看板」に従い「右手側」にある「一方通行」を入ると左手側に「天覧台駐車場」に到着です13.8km(約28分)
    三宮方面」より「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」を降りてすぐの交差点を左折して1つ目「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入り「大阪方面」へ直進して「東明」の交差点を左折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進め「丁字ヶ辻」の交差点を右折して「西六甲ドライブウェイ」を経由して1つ目の信号を右折して「サンライズドライブウェイ」を道なりに進み「看板」に従い「右手側」にある「一方通行」を入ると左手側に「天覧台駐車場」に到着です14.2km(約30分)

TENRAN CAFE

  • 電話:078-891-1011
  • 営業時間:「平日」朝の11時30分~夜の20時30分(*ラストオーダー:お食事は夜の19時30分まで・喫茶は夜の20時00分まで)
    金曜日・土曜日・日曜日・祝日」朝の11時00分~夜の20時30分(ラストオーダー:お食事・喫茶ともに夜の20時00分まで)
    *尚、悪天候時には時間変更(短縮)の場合があります。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

六甲山上駅・天覧台」自体は、景色や夜景のみを楽しむ場となりますが「六甲山上駅」からバスで少し移動すれば、さまざまな遊ぶ場もあり、見どころの多いスポットになります。
是非一度お出かけになり、夜景をはじめとしてた六甲山のスポットを、1日かけて走り回ってみてください!

関連記事

兵庫県の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台【1000万ドルの夜景】六甲三大夜景スポット

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

  前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

  朝日ヶ丘北公園【アクセス・駐車場】芦屋市中心のリアルな夜景

 

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2020 All Rights Reserved.