気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所や体験型施設またハイキングや夜景さらに桜や紅葉の名所を紹介しています。

前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

今回紹介するのは、兵庫県芦屋市奥山に位置する「前山公園」の、展望スペースより望む「夜景」です。

前山公園」は「芦屋霊園」の、西側に整備された公園なのですが「前山公園」の西側にある「城山」及び、背景にある「劔谷(つるぎや)」の緑と共に、都市域への、土砂災害に対する安全性を高めるため、市街地に隣接する山麓斜面に「グリーンベルト」として、一連の樹林帯を形成することで「緑の芦屋」として、地域住民に親しまれ、芦屋市の財産となっています。

前山公園」と、西側にある「城山」のあいだには「県道344号線」が通っており、南北に向かって縦断する形となるのですが、北上したその先には「芦屋」と「有馬」とを結ぶ「芦有ドライブウエイ」が通っており、多くの方が行き来します。

芦屋市」の中部には、芦屋を代表する、風光明媚な街並みが広がる、高級住宅街が建ち並ぶのですが、そんな中でも、最も北側に位置する「山手エリア」に「前山公園」はあり、少し小高くなった、丘の上にある展望スペースの「階段の踊り場」からは、闇の部分となる「大阪湾」を「Cの字」に、包み込むように「阪神間」の街明かりが広がりを魅せ、なかなかに素晴らしい夜景を、展開する形となっています。

前山公園の踊り場より望む夜景です。

前山公園の踊り場より望む夜景です

前山公園」が、位置する場所は、思った以上に標高が低いため、奥行きのある夜景ではないのですが、遠く「大阪」の「シンボル」となる「あべのハルカス」までを、はっきりと眺めることができます。

そんな「芦屋市」にある「前山公園」から望む、夜景の紹介となります。

準備が整いましたら「前山公園」の、散策スタートです。

 

スポンサーリンク

前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

今回は、兵庫県芦屋市奥山に位置し、芦屋を代表する、風光明媚な街並みが広がり、高級住宅街が建ち並ぶ、山手エリアにある「前山公園」より「夜景」を望むべく、山の麓へと車を走らせます。

六甲山系」には、多くの展望スペースがあり、人気の夜景スポットが、点在しているのですが、アクセスの面では「マイカー」が「必須アイテム」となり、それなりの気苦労があります。

そんな「六甲山系」の、南に位置する「芦屋市」は、比較的に交通の便が良く、今回紹介する「前山公園」に関しても、簡単に「アクセス」できるのが、特徴的となります。

まず初めに、簡単にではありますが「前山公園」を、訪れるための「アクセス」と「駐車場」に関して、紹介しておきます。

 

前山公園へのアクセスは比較的に良好です!

前山公園」を、訪れるには「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に行くことができます。

まず初めに「マイカー」を利用して、訪れる場合ですが「大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「芦屋IC」を、降りるのですが「国道43号線」を「西(三宮方面)」に走り「精道」の交差点を右折して「県道344号線」に入ります。

しばらくのあいだ、北上するように走り進め、その先にある「芦屋浄水場前」の信号を「Uターン」するように、右に曲がったら、100メートルほど先の、信号機の無い交差点を左折し、あとは急勾配の坂道を、150メートルほど走り進めた、左斜め前にあるのが「前山公園」となります。

芦屋IC」からは、4.5kmほどとなり、簡単なアクセスですので、約15分で行くことができます。

また「神戸三宮方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「深江IC」が、出口となり「国道43号線」を「東(大阪方面)」に走り「精道」の交差点を左折して「県道344号線」に入ってからは、先ほどと同じです。

マイカー」で、訪れた場合の「駐車場」に関してですが「前山公園」には「専用駐車場」がありません!

ただ「前山公園」は、少し小高い石垣の丘の上にあり、その石垣の前に「駐車禁止!」ではない、スペースがあるので、4~5台ですが、駐車することができます。

前山公園にある駐車スペースです。

前山公園にある駐車スペースです!

さらに奥にも、同じような道は続いて行くのですが、片側が工事中で、今回は止めれない状態でしたが、工事が終わっていれば、奥のほうまで、駐車できるのではないかと思います。

いずれにしても、訪れた際に「多くの方が訪れている!」と、言うことは無いので、特に問題ありません!

続いては「公共交通機関」を、利用する場合ですが「最寄り駅」となるのは「阪急神戸線」の「阪急芦屋川駅」となるのですが「前山公園」までは、1.3kmほどですので、約25分で行くことができます。

また「JR東海本線」の「芦屋駅」からでも、歩いて行けますが、距離は少し伸びて、1.9kmほどとなりますので、約30分で行くことができます。

前山公園」は、山の麓に位置するため、いずれの駅からも、少々登り坂が続くことになります。

日中に訪れるのでしたら「阪急神戸線」の「阪急芦屋川駅」から「阪急バス(31系統・62系統)山手町/芦屋病院行き」に乗車して「前山公園」の、バス停留所で下車することで、150mとなりますので、約3分で行くことができます。

今回は「夜景」の紹介となり「夜景」の時間に関する「阪急バス」は「阪急芦屋川駅」から「前山公園」を通る、最終便が「平日」は、夕方16時42分で「土曜日・日曜日・祝日」に関しても、夕方16時43分となりますので、冬場はちょうど良いかもしれませんが、夏場に関しては、早めに到着するように出かけるか「阪急芦屋川駅」もしくは「JR芦屋駅」より、徒歩で向かうことになります。

従って、帰りに関しては「芦屋川駅」に向かう、バスの最終便が「平日」は、夕方16時55分となり「土曜日・日曜日・祝日」に関しても、夕方16時54分となりますので、基本的には、徒歩で帰る形となります。

以上の点を考えて、ご自身にあった「アクセス方法」を、お選びになれば良いかと思います!

 

閑静な高級住宅街はとても静かです!

車を駐車すると、早速にも「前山公園」への、出入口へと続く、石垣沿いを歩き進めますが、目の前ですので、ほぼ歩くことなく、石階段を10段ほど登るだけで、公園内に入ることができます。

この辺り一帯は、閑静な高級住宅街となり、ひと気が少なく、とても静かです!

閑静な高級住宅街となり静かです。

閑静な高級住宅街となり静かです!

石垣が積み上げられた、小高い丘の上に「前山公園」は、あるのですが、簡単な遊具が置かれただけの、広々とした園内となり、右手側に「展望スペース」らしき休憩所があるのですが、なかなかの夜景なのですが、視界がとても狭いです。

石のベンチが置かれた休憩所もあり、園内には街灯もいくつかあるので、ここからでも夜景は楽しめますが、先へと進みます。

この休憩所の後方に、上に登る石階段があるので、そちらに移動します。

視界の良い夜景が広がりを魅せます。

視界の良い夜景が広がりを魅せます

後方にも、5メートルほどの高さまで石垣があり、20段ほどの石階段を登った先には、先ほどの夜景より、少し視界の開けた景色が、広がりを魅せるようになります。

目の前には、高級住宅街だけに、大きな家が立ち並び、展望スペースとして高さが無いため、視界にそれらの住宅が入り込み、最高の眺めでは無いのですが、その住宅街の奥に広がりを魅せる「阪神間」の夜景は、それなりのものとなります。

さて、ここからの眺めも「前山公園」での、一番の観賞ポイントではないのですが、後方を見ると、さらに石階段があります。

 

前山公園の1番の観賞ポイントは階段の踊り場!

前山公園」の第1階層となる広場は、小学生が走り回ったり、サッカーなど楽しめるスペースが主で、ここ第2階層には、休憩所が設置された、くつろぎの空間となっていますが、雑草の手入れがされていないため、少し荒れた感じがします。

後方には、さらに石階段が伸びており、その先に、第3階層があり、さらに最上階層となる、展望スペースも続いてあります。

まずは、30段ほどある石階段を登った先の「踊り場」まで行き、振り返ってみます。

一番景色の良い階段の踊り場の夜景です。

一番景色の良い階段の踊り場の夜景!

ここから眺める夜景が「前山公園」では、一番優れた景色となるのですが、右手側にある、大きな家が視界を遮るのですが、闇の部分となる「大阪湾」を「Cの字」に包み込むように「阪神間」の街明かりが広がりを魅せ、なかなかに素晴らしい夜景を、眺めることができます。

先程までよりも、かなり奥行きのある夜景となり、標高が低いため「阪神間」の、街並みの凹凸まで、はっきりと分かる夜景となります。

本日は、キリの影響も少なく、比較的澄んだ夜景となり、街明かりも眩しく感じます。

手が届きそうなほどに、目の前に住宅街の障害物があり、その奥にある夜景と言うのは、湿度の影響を受けるともやが出て、見通しが悪いことも多いので、ここ「前山公園」に関しては、どちらかと言うと、秋から冬場にかけてのほうが、綺麗に夜景が見れるようにも思います。

さて、ここ「階段の踊り場」が、一番の夜景観賞ポイントではあるのですが、ここまで来たからには、第3階層、さらに最上階層まで行こうと思います。

 

頂上にある展望スペースはとても残念です!

ここ「階段の踊り場」までは、光り物なしでも、歩き進めることができますが、これより先は、少し木々が生い茂る道のりとなり「ヘッドライト」などの光り物が「必須アイテム」となります。

あまりお勧めはしないのですが、近年では「スマホ」のライト機能が、大変に優れていますので、今回に関しては、山深い場所でも無いので「スマホ」のライト機能があれば、十分かと思います。

最上階層へと進みます。

最上階層へと進みます!

これより先の石階段は、あまり来訪者は無いのかして、ところどころで、クモの巣が行く手にあり、よけながら登り進めますが、2分ほどで、第3階層の広場に到着となります。

第3階層の広場には、しっかりめの休憩所と、簡単な休憩所が、それぞれ1つずつあるのですが、街灯などは一切無いため、真っ暗闇となっており、少し怖い感じとなります。

すぐさま、左手側にある石階段を登って、最上階層へと進みます。

頂上となる展望スペースにも、簡単な「休憩所」が設置されており、肝心の夜景はと言いますと、こんな感じになります。

最上階層より望む夜景です。

最上階層より望む夜景です!

たくさんの木々が生い茂り、夜景はそれらの木々の隙間より、僅かに望めるだけですが、なかなかの夜景となります。

木々の隙間からは、遠く「大阪」の「シンボル」となる「あべのハルカス」までを、はっきりと眺めることができます。

もし「視界を邪魔する木々が無ければ?」と考えると、かなり良い夜景が、広がりを魅せると思われます。

背景にある「六甲山系」より望む夜景は、言わずと知れた「1000万ドル」と、称される夜景を、眺めるスポットが、数多く点在するのですが、それらのスポットに、負けず劣らずの夜景が眺められると言うのに、とても残念な感じとなります。

先程の、第3階層の広場も、上から眺めてみると、かなり優れた展望スペースになっています。

第3階層も優れた展望スペースです。

第3階層も優れた展望スペースです!

前山公園」は「芦屋霊園」の、西側に整備された公園ですが「前山公園」西側にある「城山」及び、背景にある「劔谷(つるぎや)」の緑と共に、都市域への、土砂災害に対する安全性を高めるため、市街地に隣接する山麓斜面に「グリーンベルト」として、一連の樹林帯を形成することで「緑の芦屋」として、地域住民に親しまれ、芦屋市の財産となっていると言います。

それゆえに、緑に関しては、大変に豊かに思うのですが、これが仇となっては、せっかくの夜景スポットが、台無しです!

今はこんな感じですが、整備された当初は、多くの方が、ここ「前山公園」より「阪神間」の夜景を、楽しんでいたのではないかとも思います。

整備するには、予算の問題もあるのでしょうが、これ程の夜景を埋もれさすには、非常にもったいないと思います。

現在では、先ほど紹介した「石階段の踊り場」が、一番眺めの良い場所となり、ここまで登ってくる方も、少ないかと思いますが、いつの日か、視界を邪魔する木々が整備された際には、もう一度、訪れてみたいと思う夜景となります。

芦屋市」の、北側に位置する「山手エリア」で、風光明媚な高級住宅街が建ち並ぶ、そんな中に「前山公園」はあり、少し小高くなった、丘の上にある展望スペースは、とても静かで、多くの方が訪れることの無い、隠れた「夜景スポット」となりますので、一度訪れて「非常に惜しい夜景!」を、ご堪能下さい!

 

前山公園のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

前山公園

  • 住所:〒659-0002兵庫県芦屋市奥山
  • 電話:0797-38-2065・FAX:0797-38-2135(芦屋市都市建設部公園緑地課)
  • 時間:園内自由
  • 入園料:無料
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:無し
  • アクセス:【公共交通機関】「阪急神戸線」の「阪急芦屋川駅」から徒歩1.3km(約25分)
    JR東海本線」の「芦屋駅」から徒歩1.9km(約30分)
    阪急神戸線」の「阪急芦屋川駅」から「阪急バス(31系統・62系統)山手町/芦屋病院行き」に乗車して「前山公園」のバス停留所で下車して徒歩150m(約3分)
    お車】「大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「芦屋IC」を降りて「国道43号線」を「西(三宮方面)」に走り「精道」の交差点を右折して「県道344号線」に入ってしばらくのあいだ北上して行き「芦屋浄水場前」の信号を「Uターン」するように右に曲がり100メートルほど先の信号機の無い交差点を左折し急勾配の坂道を150メートル進んだ左斜め前にあるのが「前山公園」です4.5km(約15分)
    神戸三宮方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「深江IC」を降りて「国道43号線」を「東(大阪方面)」に走り「精道」の交差点を左折して「県道344号線」に入ってしばらくのあいだ北上して行き「芦屋浄水場前」の信号を「Uターン」するように右に曲がり100メートルほど先の信号機の無い交差点を左折し急勾配の坂道を150メートル進んだ左斜め前にあるのが「前山公園」です4.5km(約15分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

前山公園」にある、1番の展望スペースとなる「階段の踊り場」からから眺める夜景は、闇の部分となる「大阪湾」を「Cの字」に包み込むように「阪神間」の街明かりが広がりを魅せ、なかなかに素晴らしい夜景を、眺めることができます。
さらに頂上部に設けられた展望スペースは、整備が行き届かずに、木々が生い茂っていますが、整備された暁には、芦屋随一の夜景になる可能性を秘めた景色となります。

是非、一度訪れて「非常に惜しい夜景!」を、お楽しみください!

関連記事

兵庫県の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台「1000万ドルの夜景」六甲三大夜景スポットより望む

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2019 All Rights Reserved.