鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

今回紹介するのは、兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲にある展望スペースの「鉢巻展望台」から眺める「夜景」です。

六甲山」と言う山は有りませんが、兵庫県の南東部に位置する神戸市の、市街地の西から北にかけて立ち並んでいる、大小の山々を含む「六甲山系」の全域にある山魂のことです。

六甲山系」は、瀬戸内海国立公園の区域に指定されており「日本三百名山」をはじめ「ふるさと兵庫50山」に選ばれています。

鉢巻展望台」は「六甲山系」へと繋がる「表六甲ドライブウェイ(無料)上」にあり「六甲山」の中腹に位置する展望スポットとなる「鉢巻展望台」は、標高が675メートルほどになります。

六甲山系」に、数多くある展望台の中でも「標高が一番低い」ことから、気象条件によって夜景が左右されにくいのが、特徴的な展望スペースとなるのですが、2004年には「日本夜景遺産」として認定を受けています。

日本夜景遺産の認定を受けた夜景です。

日本夜景遺産の認定を受けた夜景!

Vの字型」に広がりを魅せる夜景は「六甲アイランド」を中心とした、神戸市街地の粒状に点在する街明かりに、手を伸ばせば掴めるのではないかと思うほどの、臨場感を味わえる夜景となります。

六甲山」の中腹にあることで「公共交通機関」を利用するのは困難ですが「マイカー」や「バイク」を利用して訪れるのでしたら、市街地より比較的に近いため、一度ならず、二度、三度と訪れる方もいるほど、夜景は素晴らしいものがあります。

そんな、意外と人気が高い「鉢巻展望台」の紹介となります。

準備が整いましたら「鉢巻展望台」の、散策スタートです!

 

スポンサーリンク

鉢巻展望台【アクセス・駐車場】臨場感溢れる夜景を満喫

今回は、兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲にある展望スペースの「鉢巻展望台」で夜景を観賞するため「マイカー」に乗り込み、軽快に車を走らせています。

鉢巻展望台」は「表六甲ドライブウェイ上」にあり「六甲山」の中腹に位置するため、神戸の市街地からのアクセスが非常に良いことに加えて、展望スペースより眺める夜景が大変に素晴らしいことから、二度、三度と訪れる方がいる、大人気の「夜景スポット」となります。

まずは、そんな「鉢巻展望台」への「アクセス」に関して、簡単に紹介しておきます。

 

鉢巻展望台へのアクセスはマイカーの利用が必須条件です!

鉢巻展望台」がある「六甲山」の中腹へは「表六甲ドライブウェイ(無料)」を走り進めることになります。

従って「公共交通機関」を利用して行くとなれば、不可能では無いにしても、多少の問題があります。

公共交通機関」を利用して行く場合は「阪神御影駅・JR六甲道駅・阪急六甲駅」などより「神戸市バス-16系統」に乗車して「六甲ケーブル下駅」で下車することになります。

その先から「表六甲ドライブウェイ(無料)」が続いているのですが「バス」などは通っていないため「タクシー」で向かうことになります。

4.8kmほどありますので、約10分ほどで行くことができますが「タクシー」が拾えるかが、第一の問題点となります。

もうひとつの方法として「六甲ケーブル」に乗車して「六甲山上駅」に行ってから「タクシー」を拾うことができれば「鉢巻展望台」までは2.9kmほどとなり、約8分で行けますが、いずれにしても「タクシー」を利用できるかが問題となります。

六甲ケーブル『六甲山下駅』です。

六甲ケーブル『六甲山下駅』です!

最後の方法として「六甲山上駅」より「六甲山上バス」に乗り「丁字ヶ辻」のバス停留所で降りて、約850メートルほど「表六甲ドライブウェイを歩いて降りて行く!」と言うものです。

鉢巻展望台」まで歩いて行けると思いますが、車が行き交う夜の「表六甲ドライブウェイ」の車道脇を、歩いて降りて行くのは、あまりにも無謀なことで、お勧めはできません!

そんな点から考えると、やはり「マイカー」を利用するのが「必須条件」になるように思います。

マイカー」を利用するとなれば、アクセス面は一気に楽になります。

大阪方面」からは「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降ることになります。

降りたら「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入ります。

しばらく直進していると「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入ることになるのですが、そのまま走り進めて「六甲山」の中腹あたりにある「ヘアピンカーブ」を過ぎたすぐ左手側に「鉢巻展望台」への出入口があります。

魚崎IC」から10.7kmほどですので、20分で行くことができます。

また「三宮方面」からでしたら「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」が降り口となるのですが、降りてすぐの交差点を左折したあと、1つ目「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入ります。

大阪方面」へ直進して行き「東明」の交差点を左折して「県道95号線」に入ってからは、先程と同じルートで「鉢巻展望台」へと向かうことになります。

摩耶IC」から11.1kmほどですので、20分で行くことができます。

以上のように「マイカー」を利用すれば、簡単に訪れることができますので、是非、マイカーでの検討をお願いします!

 

Vの字型に広がりを魅せる臨場感溢れる夜景!

臨場感のある夜景が眺められる「鉢巻展望台」に向かうため「表六甲ドライブウェイ」を軽快に走り進めて行くのですが、ひとつだけ気を付けなければいけないことがあります。

鉢巻展望台」の出入口の手前には、鋭いヘアピンカーブがあり、視界が非常に悪い中で、急に現れる出入口を入らなければいけないと言う点です!

出入口からは、頻繁に車が出てきますので、飛ばし過ぎずに十分減速して「鉢巻展望台」の手前では、特に注意しながら走り進めるようにして下さい!

鉢巻展望台の駐車場の風景です。

鉢巻展望台の駐車場の風景です!

鉢巻展望台」の駐車場に入ると、たくさんの先客者の車があり、曜日や時間帯にもよりますが「出て行く車があれば、入って来る車がある!」と言った状態が、永遠と続くのですが、本日は、特に駐車場が混みあっています。

歩く必要が無く、車を降りればすぐに展望スペースがあるので、一人一人の滞在時間は、それほど長くなることがありませんので、渋滞するようなことは無いかと思います。

車を駐車したところで、早速ではありすが、展望スペースの方へと向かいます。

展望スペースでは、たくさんの方が、思い思いの方向の夜景を楽しみながら賑わっています。

鉢巻展望台の展望スペースです。

鉢巻展望台の展望スペースです!

段差のある展望スペースには、車イスでも安全に移動ができるように、スロープも設けられています。

車を降りて数十秒で「展望スペースに到着!」と言う気軽さなのですが、休憩用として小さな東屋が設置されていているほか、夜景を観賞するスペースにも、幾つかの石のベンチが設置されていることで、ゆったりとした時間を過ごせるようになっています。

六甲山系」にある展望台の中でも、アクセス面が容易であることのほか「六甲山系」に点在する、本命の「夜景スポット」に向かう道中にあることで、帰りがけに立ち寄ったりするのも可能ですから、その日の最後を締めくくる夜景として楽しむ方などで、常に賑わいがあるようにも思います。

鉢巻展望台」から眺める夜景は、2004年に「日本夜景遺産」に選定されているのですが「六甲山」の中腹に位置するため、標高が少しだけ低いこともあり「気象条件」や、夜景を眺める時の妨げとなる「霧の影響をあまり受けない!」と言うのが特徴的で、綺麗に透き通るような夜景が、眼下に展開されます。

『Vの字型』に広がりを魅せる夜景です。

『Vの字型』に広がりを魅せる夜景!

眼下に広がりを魅せる、透き通るような臨場感あふれる市街光は「Vの字型」に広がりを魅せ、その先にある、大阪湾が作り出す「」の部分を「Cの字型」に包み込む街明かりの光粒群は、まさに絶景となります!

六甲アイランド」を中心として、神戸市街地の粒状に点在する街明かりは、手を伸ばせば掴めそうなほど近くに感じ、その眩いばかりの光はロマンチックで、思わずウットリと見とれてしまいます。

臨場感あふれる粒状の市街光です。

臨場感あふれる粒状の市街光です!

六甲山系」には、神戸を代表する「1000万ドル」と称される夜景が眺められる「六甲ガーデンテラス」をはじめ「六甲山上駅・天覧台」さらには「日本三大夜景」のひとつに選ばれている「摩耶山」にある「掬星台」などが「六甲三大夜景スポット」と称され人気が高くなっています。

そんな名だたる「夜景スポット」が、若いカップルのあいだで「聖地」として君臨しているだけに「鉢巻展望台」で望む夜景は、影に隠れた存在となります。

ついでに立ち寄る!」と言えども、訪れる人の数としては「六甲三大夜景スポット」に負けず劣らずとなるほか、夜景に関しても引けは取らないと思います。

一度ならず、二度、三度と訪れてしまう「鉢巻展望台」は「六甲山」の中でも「一番アクセスが良い!」と言うだけでなく、眼下に広がりを魅せる夜景が「大変に素晴らし!」と言うのが、本当のところだと思います。

気軽に訪れることができて、素晴らしい夜景が観賞できる「鉢巻展望台」へ、是非一度、お出かけになってみてはどうでしょうか?

きっと、あなたも二度、三度と、足を運びたくなること間違い無しです!

ちなみに管理人は、四度訪れていますけど・・・

 

鉢巻展望台のアクセス及び駐車場情報!

基本情報

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

鉢巻展望台

  • 住所:〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲
  • 電話:078-230-1120・FAX:078-230-0808(神戸観光局)
  • 時間:散策自由
  • 定休日:年中無休
  • 観覧料金:無料
  • 駐車場:20台(無料)
  • アクセス:【お車】「大阪方面」より「阪神高速3号神戸線」の「魚崎IC」を降りて「国道43号線」を「三宮方面」に進み「東明」の交差点を右折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進めた中腹あたりの左手側に駐車場があります10.7km(約19分)
    三宮方面」より「阪神高速3号神戸線」の「摩耶IC」を降りてすぐの交差点を左折して1つ目「岩屋」の交差点を右折して「国道43号線」に入り「大阪方面」へ直進して「東明」の交差点を左折して「県道95号線」に入りしばらく直進したあと「表六甲ドライブウェイ(無料)」に入って走り進めた中腹あたりの左手側に駐車場があります11.1km(約21分)

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

鉢巻展望台」は、マイカーによるアクセスに関しては、非常に良いと言う点が魅力的な「夜景スポット」になりますが、それ以上に、臨場感あふれる夜景も魅力的となります。
六甲山系」は、恋人同士が夜景を楽しむだけの場ではなく、さまざまな遊ぶ場もあり、見どころの多いスポットとなります。
是非一度訪れて、1日かけて「六甲山系」の見どころを満喫してみてください!

関連記事

兵庫県の夜景に関する記事はコチラをご覧下さい

  摩耶山 掬星台【1000万ドルの夜景】六甲三大夜景スポット

  ビーナスブリッジ【アクセス・駐車場】神戸屈指の夜景スポット!

  錨山展望台~夜景【アクセス・駐車場】暗黒の森をナイトハイキング!

  市章山展望台~夜景【アクセス・駐車場】穴場スポットへナイトハイキング!

  六甲ガーデンテラス【アクセス・駐車場】六甲山系随一の夜景スポット!

  六甲山上駅・天覧台【アクセス・駐車場】車中より夜景を望む

  天狗岩【アクセス・駐車場】知る人ぞ知る隠れた夜景スポット!

  東六甲展望台【アクセス】東六甲随一の夜景【芦有ドライブウェイ】

  甲山森林公園【夜景】苦労の先の絶景【アクセス・駐車場】

  神呪寺【夜景】西宮屈指の超穴場【アクセス・駐車場】

  前山公園【アクセス・駐車場】芦屋の山手エリアより望む夜景

  朝日ヶ丘北公園【アクセス・駐車場】芦屋市中心のリアルな夜景

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-夜景スポット
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2020 All Rights Reserved.