東尋坊【見どころ】福井県が誇る観光名所は今も自殺の名所?

投稿日:

今回紹介するのは、福井県坂井市三国町安島にある、福井県が誇る人気の観光名所となる『東尋坊』です。

東尋坊』は、石川県加賀市の『加佐ノ岬』から福井県敦賀市の『田結崎』に至る100km余りの海岸線を中心に指定されている『越前加賀海岸国定公園(えちぜんかがかいがんこくていこうえん)』に属しています。

東尋坊』は、海岸に迫る陸地の突出部が、波の激しい浸食によって海岸の岩肌が削られ崖となる『海食崖(かいしょくがい)』となり、高さ約25メートルある岩壁が約1kmに渡って続きます。

東尋坊』の景色を作り出している断崖は『輝石安山岩(きせきあんざんがん)』の『柱状節理』となり、これほどまでの規模を持つものは世界に3か所だけで、地質学的に見ても極めて貴重なものとなり、国の『天然記念物』及び『名勝』に指定されているほか、2007年には日本の『地質百選』にも選定されています。

そんな福井県が誇る観光名所となる『東尋坊』なのですが、皮肉にも『自殺の名所』としての知名度のほうが高くなり『自殺の名所を観光!』と考えて、訪れる人が後を絶たない状態となっています。

そんな、素晴らしい景観を備えた『東尋坊』と『自殺の名所』となる『東尋坊』の2つの顔の散策となります。

準備が整いましたら『東尋坊』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

東尋坊【見どころ】福井県が誇る観光名所は今も自殺の名所?

今回は、福井県坂井市三国町安島にある、福井県が誇る人気の観光名所となる『東尋坊』に向かいます。

東尋坊』と言えば、言わずと知れた『自殺の名所』となるのですが、あまりにもその印象が強いがために、本来の『見どころ』となる、世界にも誇れるほどの素晴らしい景観が、地質学的に極めて貴重な規模を誇る『輝石安山岩』の『柱状節理』からなる断崖であることを忘れがちになります。

今回は『素晴らしい景観』か『自殺の名所』か、どちらが本当の『東尋坊』であるかを探るべく訪れました。

まずは、簡単に『駐車場』の紹介をしておきます。

 

『東尋坊』の駐車場は何故か『無料』と『有料』が・・

福井県随一』と、言っても過言ではない超有名な観光地となる『東尋坊』の『駐車場』は、何故か分かりませんが『有料』と『無料』の『駐車場』が混在しています。

管理人は、調べずに何となく入っていった『駐車場』が『東尋坊タワー前』の『駐車場』となり、1日1回500円となっていました。

tojinbo1-1

有料』にも関わらず『東尋坊タワー前』にある60台ぐらいの駐車スペースは、ほぼ満車状態となっていました。

それだけ知らずに入ってしまうのですが、そこには仕方のない状況があります。

北の方角に向かって『府道7号線』を走っていると『東尋坊』という交差点があり『岩場入り口』と書かれた大きな看板が目に入るので、思わずハンドルを切って左折してしまうのですが、それがそもそもの間違いで、左折するとそれ以降には曲がり道は無く『東尋坊タワー前』の『駐車場』に直行となってしまいます。

駐車料金を徴収するおじさんが駆け寄ってくるので、思わず駐車料金を払ってしまうことになります。

もちろんですが『無料』の『駐車場』が、いっぱいあることなど教えてもくれません!

無料』の『駐車場』が点在するのは『東尋坊』という交差点ではなく、その交差点を越えるとすぐにある『木製のアーケード』がある曲がり角を左折することで、ほとんどの『駐車場』が『無料』となっています。

どの『駐車場』に入っても『東尋坊』までの距離はそれほど変わりませんので、いくつかある『有料』の『駐車場』に間違って入ってしまわないようにお気を付けください!

よくあるパターンで『お買い物をすれば無料!』という『駐車場』がありますが、それらしきことは書かれていませんでしたのでおそらくは、買い物しなくても『無料』となるはずですが、一説によれば『無料』としか書いていないにも関わらず、お買い物を強要してくる『駐車場』もあると言う情報もちらほらありますので、楽しい気分をぶち壊されないようにお気を付けください!

 

『東尋坊』の荒磯遊歩道にある『救いの電話』

車を駐車すると『東尋坊タワー』の裏手の遊歩道より『東尋坊』の一番の『見どころ』となる『断崖』に向けて歩き出します。

基本的にどこから歩き出しても『断崖』へ行くには、それほど距離的には変わりはないので、多くの方は『おみやげ屋さん』が立ち並ぶメイン通りを基本ルートとして歩いて『断崖』へと向かいます。

tojinbo1-2

海岸沿いには『東尋坊』を中心として、約4kmにわたり自然景観をゆったりと見ながら散歩が出来る『荒磯遊歩道』が続いているのですが『東尋坊タワー』の裏手を海岸に向けて進んで行くと、その『荒磯遊歩道』に入ることができ、右に曲がるとすぐに『公衆電話』が設置されているのが目に入ります。

その『公衆電話』は、知る人ぞ知る『自殺志願者』を救うための『最後の砦』となっています。

東尋坊』の『見どころ』とは、なりませんが『救いの電話②番』と名前の付けられた『公衆電話』となり、決して怖いものではないので、どのようなものなのかぐらいは、知っておいてもいいかと思います。

tojinbo1-3

自殺志願者』が『東尋坊』の『断崖』へ向かう時に立ち寄るという『救いの電話』は『自殺志願者』が『家族』や『友人』に最後のメッセージを伝えると言います。

その時に『家族』や『友人』からの最後の『救いの言葉』を聞くことで『自殺志願者』の心に思いが響き、踏みとどまってもらうための『救いの電話』となります。

救いの電話』の中には、持ち合わせの無い『自殺志願者』のために、電話を掛けるための『10円玉』が数枚と、落ち着いて考え直すことが出来るように『タバコ』と『ライター』さらには『聖書』や、自殺を防ぐために日々パトロールをしている『NGO月光仮面』と名乗る男性の、電話番号の書かれた『名刺』などが置かれています。

どうやらこの『NGO月光仮面』と名乗る男性が、定期的に『東尋坊』にある2か所の『救いの電話』を見て回り『10円玉』の補充をしているそうです。

さらに、誰が書いたのかは分からないのですが、このような『張り紙』が付けられています。

tojinbo1-10

その文章を読んでみると、以前にこの地にて命を絶つことから、踏みとどまった方が書いたのではないかと思われるような内容です。

同じ立場に立った者のみが書けるであろう、心に直接的に語りかける文章が書き綴られています。

本当に大切なあなたへ

ゆっくり歩こうよ

人生辛く苦しい時だけじゃないよ

道に迷う時もある

1人ぼっちになる時もある

だけど忘れないで

あなたは1人じゃない

あなたのことを必要としてくれる人が必ずいる

あなたの辛さ聞かせてよ

あなたの苦しさ聞かせてよ

少しだけがんばって伝えてよ

必ず聞いてくれるよ

わかってくれるよ、、、私もそうだったから

大丈夫

あなたは1人じゃないよ

同じ立場にある人だからこそ、分かり合える言葉があり、思いがあると思いますので、ここで中途半端にいい加減なことは書けませんので、これ以上掘り下げて話を進めないでおきます。

紹介として書いたからにはもうひとつの『救いの電話①番』も紹介しておきます。

救いの電話②番』は『東尋坊』の中でも『南側』となりますが『救いの電話①番』は、真逆の『北側』となります。

tojinbo1-7

東尋坊』の『メインストリート』より『北側』にある『荒磯遊歩道』沿いに『救いの電話①番』があります。

救いの電話』の中には、先程と同じく電話を掛けるための『10円玉』が数枚と『聖書』さらに『NGO月光仮面』と名乗る男性の電話番号の書かれた『名刺』が置かれています。

こちらには『タバコ』や『張り紙』などは無いようです。

少し調べてみたところ『自殺の名所』となり、たくさんの方が身を投げたのは昔のことで、近年では『周辺パトロール』により『遭難者』や『自殺志願者』の保護をしたり、その後の『福祉面』や『金銭面』での『生活支援』を行っているほか、2017年5月には、NPO法人は『小型無人機』となる『ドローン』を導入してパトロールに活用することで『』と『』からの監視を行い、より多くの命を救う取り組みをしているとのことです。

さらに、かなり昔になりますが『ドリャーおじさん』なる無茶をする方がおり『東尋坊』の『断崖絶壁』から飛び降りても『簡単に死なない!』ことをアピールするために、自らが通算で『2万回以上』の『飛び込み』を実演すると言う方もいたと言います。

そんなこんなで、現在では『自殺志願者』は、ほとんどいないのが事実となるそうです!

 

『東尋坊』の『見どころ』の『輝石安山岩』の『柱状節理』

続いては『東尋坊』の『見どころ』となる『輝石安山岩』の『柱状節理』からなる断崖の素晴らしい景観を眺めに向かいます。

tojinbo1-4

救いの電話』がある場所は、どちらもメインストリートから少し離れいているため、ほとんど人の姿を見ることが無かったのですが『荒磯遊歩道』を少し歩き進めて行くと、たくさんの人の姿があります。

沖合には福井県の観光名所で『見どころ』がたくさんある『神の島』と、呼ばれるのと同時に『心霊スポット』となる『雄島』の姿があります。

南側にある断崖は『東尋坊観光遊覧船』に乗るために向かう『断崖』となっています。

メインの切り立つ『断崖』は、もう少し北側にありますので歩き進めます。

tojinbo1-11

東尋坊』の『おみやげ屋さん』が立ち並ぶ、メインストリートに繋がる『メイン広場』まで行くと、一番の『見どころ』となるため、ものすごい人が『断崖』の上から海面を覗き込む姿があります。

東尋坊』の景色を作り出している断崖は『輝石安山岩(きせきあんざんがん)』の『柱状節理』となり、これほどまでの規模を持つものは世界に3か所だけとなり、とても貴重なものとなるため、国の『天然記念物』及び『名勝』に指定されています。

眼下に広がる荒々しい岩肌の『柱状節理』の『断崖』が、約1kmに渡って続くその景観は、まさに超絶景となります。

tojinbo1-5

東尋坊』は、今から約1200年から1300万年前に起こった『火山活動』で、マグマが堆積岩層中に冷却固結する際に、収縮して生じる『四角形・五角形・六角形』の柱状のひび割れで、冷え固まった火山岩が、長い年月をかけて日本海の荒波による『侵食』を受け、作りだされた地形となっています。

同じような『柱状節理』の絶景は、北に数km離れた『雄島』や、さらに北に行った『越前松島』でも見られるほか、兵庫県には『玄武洞』と言う、大変素晴らしい『柱状節理』の『断崖』を見ることが出来る観光地もあります。

『柱状節理』の絶景の記事は後ほどコチラをご覧下さい!

  兵庫県~観光『玄武洞』パワースポットと縁結びで人気沸騰中!四神の名がつく洞!

いずれの地を訪れても、最高の絶景を見ることが出来るのですが『東尋坊』は、それらとは違う壮大な規模を誇り、見ごたえ十分となります。

そんな壮大に広がる『断崖』の中でも、一番の『見どころ』であり、恐怖と身の危険を感じるのがこの『断崖』です。

tojinbo1-6

東尋坊観光遊覧船』が入ってくるルートのひとつとなる『断崖』に囲まれたポイントです。

ふざけ半分で覗き込むと、吸い込まれそうな感覚を覚えるほどの『断崖』となりますので、しゃがんだ態勢で覗き込むことをお勧めします。

東尋坊』と言う名前の由来や伝承は、いくつかあるのですが『東尋坊』より北の『雄島』に鎮座する『大湊神社』では、以下のような由来が残っています。

tojinbo1-12

その昔『平泉寺』には、数千人の僧侶がいたといい、その中にいた『東尋坊』という僧は、自慢の怪力を頼りに、民に対して悪事の限りをつくしました。

東尋坊』が暴れ出すと、誰も手がつけられず、彼を押さえ込むすべがありませんでした。

そんな状況の中で『東尋坊』は、やりたい放題の悪行を重ね続けて『平泉寺』の僧侶たちを困らせていました。

そんな中で『東尋坊』は、美しい姫君に心を奪われ、恋敵である『真柄覚念(まがらかくねん)』という僧と、激しく争うことになったのですが、1182年4月5日に『平泉寺』の僧侶たちが、皆で相談し『東尋坊』を海辺見物に誘い出しました。

岩壁から海を見下ろせる場所に着くと、岩の上に腰掛けて酒盛りが始まったのですが、天気が良く眺めのいい景色も手伝って、次第に酒がすすみ、その内に『東尋坊』も酒に酔って横になり、眠り始めました。

一同に加わっていた『真柄覚念』は、ここぞとばかりに『東尋坊』を絶壁の上から海へと突き落とそうとしました。

平泉寺』の僧侶たちの本当の目的は、悪事を繰り返す『東尋坊』を酔わせて、岩壁から海に突き落とすことにありました。

そのことに気付いた『東尋坊』であったのですが、すでに手遅れとなるが、近くにいた者を道連れにしつつ崖の下へと落ちて行ったと言います。

東尋坊』が波間に沈んでいくのと同時に、それまで太陽の輝いていた空は、黒い雲が渦を巻きつつ黒く染めていき、豪雨と雷が大地を打ち、さらに大地は激しく震え『東尋坊』の怨念がついには自分を殺した『真柄覚念』をも、その絶壁の底へと吸い込んでいったと言います。

それ以来、毎年『東尋坊』が、海に落とされた4月5日の前後には、激しい風が吹き、海水が濁り、荒波が立ち、雷雨は西から起こり東にある『平泉寺』に向ったと言います。

そんな『東尋坊』の名が、今の『東尋坊』と言う名の由来となっています。

 

『東尋坊』の『おみやげ屋さん』が立ち並ぶメインストリート

東尋坊』の『断崖』を十分に観賞したあとは『おみやげ屋さん』が立ち並ぶ、メインストリートに繰り出して楽しむことが出来ます。

tojinbo1-8

当然『越前海岸』が目の前に広がるのですから、新鮮な魚介類を取り扱っているのは言うまでもありません!

たくさんの店先では、手のひらほどある大きな『岩カキ』をはじめ『イカの姿焼き』や『ホタテ』や『サザエ』と言った海の幸が焼かれており、香ばしい匂いに誘われるように、思う存分食べ歩くことが出来ます。

 

『東尋坊』メインストリートの入り口に『観光案内所』

メインストリートの入り口には『観光案内所』がありますので、散策を始める前に立ち寄ると、スムーズに観光を進められると思います。

tojinbo1-9

きれいな『観光案内所』の店内には『東尋坊』の周辺の観光地に関しての『パンフレット』や、休憩できる机や椅子なども設置されています。

当然ですが『東尋坊』の散策マップも置かれいますので、最初に貰っておけば楽に散策できますし『東尋坊』の観光が終わった後の予定を立てたり、さまざまな利用方法があると思います。

東尋坊』を訪れた際は、一度はお立ち寄りください!

と、言ったところで『東尋坊』の『見どころ』の散策は終了となります。

東尋坊』の『楽しみどころ』となる『東尋坊タワー』や『東尋坊観光遊覧船』からの眺めなどは、今回は時間の加減があり、出来なかったのですが、改めて訪れた際には紹介したいと思います。

尚『東尋坊』は、やはり『自殺の名所』としての観光地となるため、その見方の集客が現状では多いと思いますが、管理人的には自然という圧倒的な力が作り出す景観をメインと考え、訪れるべきだと思いました。

福井県が誇る『東尋坊』の『断崖』の景観は、日本が誇る景観であったのではないかと考えます。

 

『東尋坊』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

東尋坊

  • 住所:〒913-0063福井県坂井市三国町安島
  • 電話:0776-82-5515(坂井市三国観光協会)
  • 時間:散策自由
  • 料金:無料
  • 駐車場:周辺に多数あり(1日1回500円)
  • アクセス:【公共交通機関】JR『芦原温泉駅』より京福バス(東尋坊方面行き)『東尋坊』で下車して徒歩5分
    えちぜん鉄道『三国駅』より京福バス『東尋坊』で下車して徒歩5分
    お車】北陸自動車道『金津IC』から(約16km)で約25分
    北陸自動車道『加賀IC』から(約21km)で約35分
    北陸自動車道『丸岡IC』から(約21km)約35

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

東尋坊』は『自殺の名所』として、名高いところではありますが、それ以上に『神秘的』な景観を誇る観光地でありますので、一度訪れて『柱状節理』が作り出す超絶景をご堪能下さい!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-その他の都道府県
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.