奇絶峡【紅葉】最大の見どころは断崖に刻まれた磨崖仏!

投稿日:

今回紹介するのは、和歌山県田辺市上秋津にある『景勝地』となる『奇絶峡』の『紅葉』と『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』の紹介です。

奇絶峡』は、和歌山県南西部の田辺市を流れる右会津川上流に位置する渓谷で、東岸には606メートルの『高尾山』そして西岸には549メートルの『三星山』がそれぞれそびえ立ち、両岸が絶壁となって迫る渓谷は約2kmほど続き、大小無数の『奇岩』が点在する『見ごたえ』のある景観美を備えた渓谷です。

また周辺一帯は『田辺南部海岸県立自然公園』の一部に指定されており、春は『』が咲き乱れ、夏は『新緑』が香り、秋の『紅葉』は色鮮やかに色付く名所となっています。

そんな『奇絶峡』の最大の『見どころ』となるのは、渓谷内にある『不動の滝』のはるか上方の『一枚岩』に刻まれている『堂本画伯』の原画となる『磨崖三尊大石仏』です。

渓谷沿いの『県道29号』の『道路』から山の斜面を見ると、断崖に刻まれる『磨崖三尊大石仏』の姿をはっきりと見ることが出来るのですが、渓谷に入り、山を登り進めることでより近くでその姿を観賞することが出来ます。

今回は『紅葉』の名所としての姿と、最大の『見どころ』となる『磨崖仏』の『磨崖三尊大石仏』をまじかで観賞したいと思います。

準備が整いましたら『奇絶峡』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

奇絶峡【紅葉】最大の見どころは断崖に刻まれた磨崖仏!

今回は、和歌山県田辺市上秋津にある『紅葉』の名所で、断崖に刻まれる『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』が有名な『奇絶峡』を訪れるため車を走らせます。

暑い夏が終わり、肌寒さを感じ始めると、各地で色鮮やかに『紅葉』が色付き始め、自然と心が弾み「今年はどこの名所を訪れようか!」と悩むと思うのですが、大きく分ければ『賑やか過ぎるほどの紅葉スポット』を好む方と『穴場でゆっくりと紅葉観賞を楽しみたい』と言う方に分かれると思いますが、今回訪れた『奇絶峡』は、どちらかと言えば後者となる『ゆっくりと紅葉を観賞できるスポット』ではないかと思います。

ゆっくり『紅葉』の観賞が出来ると言うことは「大した紅葉のスポットじゃないの?」と思われるでしょうが、正直なところ『紅葉』の名所ではあるのですが『見渡す限り紅く色付く紅葉』とはならないのですが、それ以上に『紅葉』を楽しみながら名瀑となる『不動の滝』や、断崖に刻まれる『磨崖仏』を同時に楽しめるところが特徴的な『穴場的な名所』となります。

まず初めにそんな『穴場的な名所』となる『奇絶峡』への『アクセス』と『駐車場』に関して少し紹介しておきます。

 

『奇絶峡』には『マイカー』がお勧め!

奇絶峡』への『アクセス』に関しては、基本的には『マイカー』を利用するのがベストかと思いますが『公共交通機関』を利用しても行けます。

公共交通機関』を利用の場合は、JR『紀伊田辺駅』からの出発になりますが『龍神バス(龍神線)虎が峰経由季楽里龍神行』に乗り『奇絶峡』の停留所で下車するのですが『紀伊田辺駅』から約20分で行くことが出来ることと、下車するとすぐ目の前が『奇絶峡』となりますので楽と言えば楽なのですが、問題はバスの本数が『1日4本』しかないところです!

その点だけ気を付ければ簡単に訪れることが出来ます。

マイカー』を利用となりますと、阪和自動車道『南紀田辺IC』からの紹介となりますが『国道42号線』の『秋津町』の交差点を左折してから『県道29号線』を経由して約5.6km走り進めるだけで『奇絶峡』まで行くことが出来ますので『南紀田辺IC』を降りてから約10分ぐらいで行くことが出来ます。

それと『奇絶峡』には、渓谷に入る目の前に『無料』の『駐車スペース』がありますので車を止めてすぐに散策が行えます。

奇絶峡にある無料の駐車場です。

奇絶峡にある無料の駐車場です!

渓谷の入り口前にあるメイン『駐車場スペース』には、止め方にもよりますが約10台ぐらい駐車可能ですが、このスペースには『トイレ』も完備されていますので安心です!

このメインの『駐車スペース』の手前100メートル当たりには、約20台のスペースがあり、メイン『駐車スペース』の先50メートル付近にも5台ぐらいの『駐車スペース』がありますので、満車の場合はどちらかに駐車できます!

 

『奇絶峡』の『紅葉』は緑と赤のコラボレーション!

車を駐車すると、早速にも散策を開始するのですが『奇絶峡』の『紅葉』に関しては、渓谷全体が紅く色付いている訳ではなく、一部分だけが『紅葉』している形となり『緑と赤』のコラボレーショを楽しむと言う程度のものとなります。

奇絶峡の渓谷への入り口です。

奇絶峡の渓谷への入り口です!

奇絶峡』の『紅葉』の見頃は、例年11月中旬~下旬頃までとなり、本日11月24日となるのですが、少し『見頃』を越えているように思います。

落葉』している部分もありますが、最盛期であっても『紅葉』しない『』の木の部分が圧倒的に多いと思われます。

しかし、この『緑と赤』のコラボレーションが織りなす景色を、好んで観賞に訪れる方もたくさんいますので、そういった点では最盛期には最高の景色が広がるのではないかと思います。

駐車スペース』より『県道29号線』を渡って渓谷に入るのですが、交通量はそれほど多くないとはいえ『県道29号線』は、猛スピードで行き過ぎる車がありますので、十分に気を付けて入り口へと渡ってください!

 

断崖に刻み込まれた『磨崖三尊大石仏』

奇絶峡』は、さまざまな『見どころ』が点在するのですが、そんな中でも断崖に刻まれる『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』は、特に有名で『見ごたえ』十分となります。

渓谷に入る前に、まずは『磨崖三尊大石仏』を観賞するほうがいいと思いますので、道路を渡ると左手側(北方向)に30メートル~50メートル辺りの位置に移動して山の中腹の断崖を見上げるとかろうじて見えます。

県道から見た『磨崖三尊大石仏』です。

県道から見た『磨崖三尊大石仏』

距離がありますので、肉眼でははっきりと見ることが出来ませんが『一枚岩』に刻まれている3体の『磨崖仏』は、中尊に『阿弥陀如来』を配し、両脇侍に『観世菩薩』と『勢至菩薩』を従えた形となりますが、左脇侍となる『観音菩薩』に関してはかろうじて見えますが、右脇侍となる『勢至菩薩』に関しては、どこから見ても草木が邪魔して見えません!

今回は、渓谷内にある『登山道』を上って『磨崖三尊大石仏』の近くまで行くつもりですので、詳しくはその時に紹介します。

近くまで行くつもりのない方は、この位置から観賞できる『磨崖三尊大石仏』をご堪能下さい!

さらに『磨崖三尊大石仏』の周囲を見ても分かるように、この時期に『紅葉感』はゼロとなり、山のすべてが『緑一色』となると言うことから、この辺りには『紅葉』する木々が無いことになります。

 

奇絶峡の『見どころ』のひとつ『大人の足跡』

磨崖仏』を見るために、30メートルほど歩いたついでに、ここよりさらに100メートル先まで歩いたところにも『見どころ』のひとつとなる『大人(おおびと)の足跡』があるので、気が向いた方は行ってみてほしいのですが、100メートルではありますが『上り坂』となりますので、思ってるより少しきつい感じです。

見どころのひとつ『大人の足跡』です。

見どころのひとつ『大人の足跡』

歩き進めていると苔むした『大岩』が見えてきますが、歩いている間は何も見えませんが『大岩』を越えたところで振り返ると『大人の足跡』と呼ばれる足型のくぼみが『大岩』に深々とあるのが確認できます。

大人の足跡』には2つの説が伝わっているのですが、1つが昔『大人(おおびと)』が『高尾山』に腰を掛けて田辺湾で足を洗う時に、片足をこの岩にかけて踏ん張った時に付いた『足跡』であるという説と、ここより先の『龍神道』にも同じような『足跡』があり『稚児の足跡』と呼ばれ『怪童』が岩から岩へと飛んだりして遊んでいたのですが『奇絶峡』に向かって飛んで下り立った時には『大人』になったと言い、こちらの話もやはり『高尾山』に腰かけて釣りをする時に付いたものだと言います。

そんな『大人』の伝説が伝わる『大人の足跡』がありますので、お見逃しの無いように・・・

ここまで来たら、さらに50メートル歩き進めれば『休憩所』があるのですが、目の前に広がる『巨石群』を観賞することが出来ます。

休憩所より巨石群を観賞出来ます。

休憩所より巨石群を観賞出来ます!

ここに来るまでのあいだの渓谷は、両側の崖面から転げ降りたと思われる大小の岩が点在していましたが『休憩所』の前あたりからは無数の『巨石』が立ち並んでいる姿と変わり『奇絶峡』の渓谷の特徴的な景観を作り出しています。

田辺領主であった『安藤帯刀直次』や『紀伊候頼宣』の『石塔』を立てるのに、この辺りの『巨石』が切り出されたことが有名となり『国学者』などの『来峡』が『奇絶峡』の名の発祥となります。

ここまで歩くだけで結構疲れますので、しばらく『休憩所』でゆっくりと『巨石』の観賞をしたあと渓谷の入り口へと移動してください。

 

『奇絶峡』の『滝見橋』付近が一番の景観美!

奇絶峡』で唯一『紅葉』が楽しめる『ポイント』となるのが、渓谷の入り口に架かる朱色の綺麗な『滝見橋』の周辺となります。

『滝見橋』の周辺の紅葉です。

『滝見橋』の周辺の紅葉です!

和歌山県では『紅葉』と『』に関しての名所となる『奇絶峡』ですが、正直なところ『紅葉』を楽しめるのは、後にも先にもこの場所だけです。

しかし『巨石』や『奇岩』が点在する『渓谷』と、朱色の綺麗な『滝見橋』さらには『紅葉』と『』の木々が織りなす『コラボレーション』した姿は、それだけで満足のいく絶景になるのはなぜなのでしょうか?

少なくとも、訪れて『失敗した!』と考えることなく、その狭い空間の中において少しでも絵になる場所を探したくなります。

そんなことを知ってか知らずか分かりませんが、次々とたくさんの方が訪れてきます。

 

『奇絶峡』の『見どころ』のひとつとなる『不動の滝』

滝見橋』を渡りきると、ゆっくり座って景色を楽しむための『休憩所』があるのと、その奥には『見どころ』のひとつとなる、高尾山赤城谷を水源とした、高さ約23mを誇る『赤城の滝』こと『不動の滝』と名の付く名瀑があり、辺り一面は『マイナスイオン』が充満するリラックス空間が広がっています。

高さ約23mを誇る『不動の滝』です。

高さ約23mを誇る『不動の滝』

休憩所』に置かれた石の椅子は『不動の滝』を観賞するために向きは滝に向かって置かれていますが、苔むしており座ることはできそうにもありません!

滝見橋』を渡ったあと、もうひとつ『不動の滝』の前にも、名も無き『石橋』が架かっていることで、景観は素晴らしいものとなります。

不動の滝』は『巨石』の断崖となり、最上部にはかなり大きな『巨石』がのっかる形となり『巨石』と『巨石』の間より、一筋の白糸のように清水が流れ落ちてきます。

勢いはそれほどなく水量もそれなりとなるため『滝壺』も深いものでは無く、砂地となりますので『夏場』などでしたら小さなお子様の『水遊び場』となりそうな感じです。

不動の滝』の中間あたりの右手側には建物があり、2つ目の『石橋』を渡ったところより、階段で上って行けるようになっているので、そちらに移動してみます。

 

『不動明王堂』は『巨石』を生かしたお堂です!

最上部にある『不動明王堂』までは、100メートル足らずの道のりですので簡単に行くことは出来ますが、足元は石階段ですが滑りやすくなっており、それなりの角度がありますので慎重に上り進めてください。

石階段を上り『不動明王堂』へ向かいます。

石階段を上り『不動明王堂』へ!

尚『不動明王堂』までの間には『延命地蔵』をはじめ『妙見大菩薩』がお祀りされている小さな『お堂』がありますので、横目に見ながらお進みください。

不動明王堂』の手前には『不動明王』の大きな『石像』が鎮座しており『不動の滝』に『不動明王堂』で『不動明王の石像』と続き、滝のあるところには『不動明王』が付いてまわります。

これは、基本的な形となり『滝めぐり』をする中において『不動明王』の名が付くものを見ないほうが少ないぐらいです。

不動明王』は『奴僕三昧(ぬぼくざんまい)』の誓いをたてており『信仰者』を『主人』として忠実に使え、主人となる『修行者』のために下僕となってその修行をたすけ、修行の邪魔をする『』から『守護』してくれるとされています。

修験霊場』の『御瀧場』には、よく『不動明王』がお祀りされていることがあるのですが、これらもその内のひとつだと思います。

不動明王』の『石像』を過ぎるとすぐに『不動明王堂』があるのですが、中に入ってお参りすることが出来るのですが、外見を見る限りは普通に見えますが『お堂』の中に入ると少し変わった形となり、天井部分が『巨石』の一部となっています。

天井が巨石の『不動明王堂』です。

天井が巨石の『不動明王堂』

天井と壁の一部が『巨石』で出来ているため、少し冷ややかな室内となります。

不動明王堂』のすぐ横には『不動の滝』が流れており、室内の窓から『不動の滝』の姿を見れますが、建物の前には『鉄格子』の付いた滝見のスペースがあり、どちらからでも『不動の滝』を観賞できますが、草木が邪魔でそれほど綺麗な景色ではありません!

と言ったところが基本的な『奇絶峡』の散策となり、ほとんどの方はここまでで散策終了となりますが、今回は断崖に刻まれる『磨崖三尊大石仏』を近くで見るところまで散策を続けますので、簡単に紹介しますので、もうしばらくのあいだお付き合い下さい。

 

断崖に刻まれる『磨崖三尊大石仏』

磨崖三尊大石仏』までの散策ルートは至って簡単ですが、それなりにしんどい『登山道』を進むことになります。

不動の滝』があった2つ目の『石橋』を渡り、先程は階段を上り『不動明王堂』に向かいましたが、階段を上らずに、脇にある『登山道』を進んで行きます。

2km先の『高尾山山頂』まで続く『登山道』となりまが、大きな『一枚岩』に彫られた『磨崖三尊大石仏』の近くまで行くのは、これより先200mとなり、最初は「余裕や!」なんて調子に乗り歩き出しましたが、歩き出してすぐに「余裕や!」の言葉は撤回となります。

登山道を歩き進め『磨崖仏』へ向かいます。

登山道を歩き進め『磨崖仏』へ!

最初に大きな『一枚岩』に彫られた『磨崖三尊大石仏』を、渓谷沿いの『県道29号線』の『道路』から見た時のことを思い出すと「あんなところに~!」と思うほど山の上のほうに小さく見えていたので、200メートルの距離で近づくと言うことは、ほぼ直角に上らないと行けるわけがありません!

かなり勾配がきつい『登山道』となるため、歩きなれていない管理人は数十歩ごとに足が止まり、冷ややかな山の中にも関わらず汗が止まりません!

足元の状態もそれほど良くないので、体力が見る見るうちに削り取られて行きます。

息も切れぎれやっとの思いで、200メートル歩ききり『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』を拝見しようとしますが、草木が生い茂っていることと、少し距離があるのでよく見えません!

磨崖仏となる磨崖三尊大石仏です。

磨崖仏となる磨崖三尊大石仏です!

右へ左へ移動して、全体がうまく見える位置を探し、何とか写真には収めましたが、微妙な距離感となるところが少し残念です!

不動の滝』の上方にある、大きな『一枚岩』に刻まれた『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』は『堂本印象画伯』の原画を基にした『阿弥陀三尊』となり、中尊の『阿弥陀如来』は高さが7.3メートルで、右脇侍の『勢至菩薩』と左脇侍の『観音菩薩』共に高さは4.9メートルあり、これほど大きな『磨崖仏』が『幅が22メートルで高さが16メートル』ある『一枚岩』に刻まれています。

見えにくく距離が少しあるとはいえ、そのあまりの大きさに圧倒されます。

県道29号線』の『道路』から見た時は、木々が邪魔して右脇侍の『勢至菩薩』は完全に見えない状態でしたが、それも見れたことで、しんどい思いをしましたが、その点は大満足となります。

時間的には、10分ぐらいで行けますので、お時間があるようでしたら、是非『磨崖仏』となる『磨崖三尊大石仏』を近くから観賞してみてください!

と、言ったところで『奇絶峡』の『紅葉』及び『磨崖三尊大石仏』の散策がすべて終了となります。

奇絶峡』は『』及び『紅葉』の名所となるのですが『紅葉』に関しては、辺り一帯が紅く色付くと言う『紅葉』ではなく、『滝見橋』付近の『紅葉』と、その他の景観が『コラボレーション』した形のものとなりますが、そんな一部分の『紅葉』の中で最高の『フォトスポット』を探しながら楽しめる名所であると思います。

紅葉』以外の『見どころ』もたくさんあり、訪れる方は多いことも無ければ少ないことも無い『穴場的』な『スポット』となりますので『騒がしいのは苦手!』と言う方には、最高の癒しの空間となりますので、是非一度お出かけください!

その年の気温によって多少の前後はありますが『奇絶峡』の『紅葉』の見頃は、例年11月中旬~下旬頃までとなりますので、そのあたりを目安に訪れることをお勧めします。

 

『奇絶峡』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

奇絶峡

  • 住所:〒646-0001和歌山県田辺市上秋津
  • 電話:0739-26-9929、FAX:0739-22-9903(田辺市役所観光振興課)
  • 時間:自由
  • 観覧料:無料
  • 定休日:無し
  • 駐車場:無料(30~40台)
  • アクセス:【公共交通機関】JR『紀伊田辺駅』から『龍神バス(龍神線)虎が峰経由季楽里龍神行』に乗り『奇絶峡』の停留所で下車してすぐ(紀伊田辺駅から約20分)
    お車】阪和自動車道『南紀田辺IC』を降りて『国道42号線』の『秋津町』の交差点を左折して『県道29号線』を経由して約5.6km先が『奇絶峡』です(7.3km約10分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

奇絶峡』の『紅葉』は、名所となるのですが、それほど多くの方でごった返すことの無い『穴場的』な『スポット』となり『紅葉』以外にもさまざまな『見どころ』が点在しますので、どこか良い場所がないかお探しの場合は、是非訪れて見てください!

【関連記事】

その他の紅葉に関する記事はコチラをご覧下さい!

  京都~世界文化遺産『清水寺』が誇る舞台と紅葉のコラボ!

  京都~西国三十三所札所の『善峯寺』の紅葉は綺麗なのに穴場?

  京都府~『東福寺』通天橋からの紅葉の眺めは燃え盛る神火の如く!

  静岡県~富士山『富士五湖』紅葉とのコラボ!突然現れる世界文化遺産の貫禄!

  愛知県~『香嵐渓』七色の紅葉の姿!愛知県随一の紅葉の名所!

  岡山県~景勝地で名勝『豪渓』隠れた穴場的な紅葉の名所!

  毘沙門堂門跡『敷きモミジ』で有名な紅葉は穴場スポット【御朱印】

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-紅葉名所
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.