気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

二見興玉神社・夫婦岩【アクセス・駐車場】伊勢参り禊ぎの場「御朱印」

投稿日:2017年4月16日 更新日:

今回紹介するのは、三重県の伊勢市二見町江の海岸沿いに鎮座する「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」です。

二見興玉神社」と、言ってもパッ!と、頭に浮かんできませんが、奇岩の「名勝」で有名な「夫婦岩!」と言えば、ほとんどの方が、御存じかと思います。

二見興玉神社」は「猿田彦大神(さるたひこおおかみ)」と「宇迦御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」を、御祭神としています。

御神体は「夫婦岩」の、遥か沖合となる、約700メートル地点の海中に沈むと言われる、御祭神となる「猿田彦大神」の縁(ゆか)りの「興玉神石」を、拝する神社となります。

お馴染みの「夫婦岩」は「天照大神」と「興玉神石」を拝むための「鳥居」の役目を果たしています。

それと、もうひとつ「二見興玉神社」の境内には、無数の「」の像が、並んでいるのですが、これは「」の「カエル」に「無事に帰る」や「貸した物が還る」さらに「お金が返る」などの「カエル」を掛けた、げんかつぎとして、多くの方より親しまれています。

さらに「お伊勢参り」を、行なう際に「伊勢神宮」に、お参りに行く前に、まず「二見興玉神社」に訪れて、禊(みそ)ぎをするのが、正式な順序となっています。

一年を通して「伊勢神宮」へ参詣に行く方は、1000万人を超えるとも言われるのですが、そんな中で、あまり知られていないのが「二見興玉神社」で、禊ぎを済ませてから「伊勢神宮」の「外宮」にお参りに行き、続けて「内宮」の順序で、お参りを済ませたら、最後に「奥の院」となる「金剛證寺」に、お参りに行くのが、正式な「お伊勢参り」だと言うことを、知っている方はほとんどいません。

そんな「夫婦岩」以外にも、知られざる魅力の多い「二見興玉神社」の紹介となります。

準備が整いましたら「夫婦岩」で、お馴染みの「二見興玉神社」の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

二見興玉神社・夫婦岩【アクセス・駐車場】伊勢参り禊ぎの場「御朱印」

今回は、三重県伊勢市宇治館町に鎮座する「伊勢神宮」を参るため、朝早くより起きて、マイカーに乗り込み、軽快にアクセルをふかして走り進めます。

伊勢神宮」にお参りに行く前に、先に立ち寄らなければいけないところがあります。

それは「伊勢神宮」から、10kmほど離れた、海岸沿いに位置する「二見興玉神社」です。

そんな「二見興玉神社」を訪れるための「アクセス」と「駐車場」について、簡単に紹介しておきます。

 

二見興玉神社には無料駐車場があります!

二見興玉神社」を訪れるための「アクセス」に関しては「公共交通機関」を利用しても「マイカー」を利用しても、比較的簡単に行くことができます。

まず「公共交通機関」を利用していく場合ですが「最寄り駅」となると「JR参宮線」の「二見浦駅」となるのですが、徒歩で1.5kmほどありますので、約20分ぐらいで行くことができます。

また、バスを利用するのでしたら「伊勢方面」からでしたら「JR参宮線」の「伊勢市駅」もしくは「近鉄鳥羽線」の「宇治山田駅」から「伊勢・二見・鳥羽周遊バス」に乗車することとなり「鳥羽方面」からですと「JR参宮線」の「鳥羽駅」もしくは「近鉄鳥羽線」の「鳥羽駅」から、同じく「伊勢・二見・鳥羽周遊バス」に乗車するのですが、いずれも「夫婦岩東口」のバス停留所で下車することになりますが、徒歩で550メートルほどですので、約10分で行くことができます。

続いて「マイカー」を利用して行くのでしたら「伊勢自動車道」の「伊勢IC」から、平成29年3月11日より「無料開放」された「伊勢二見鳥羽ライン」を、直接経由し「二見出口」を、降りたら「国道42号線」を走り進め「茶屋」の信号を右折してから、700mぐらい進んだ先にある「夫婦岩」の案内板に従って、左折した先が「駐車場」です。

伊勢自動車道」の「伊勢IC」からは7.3kmほどですので、約10分で行くことができます。

最後に「駐車場」の、有無に関してですが「二見興玉神社」には、2か所の「無料駐車場」が、用意されています。

1つ目は「国道42号線」より、先ほど紹介したのですが「夫婦岩」の案内板に従って、左折した先より「夫婦岩表参道」に入るのですが、突き当りより手前の右手側に「20台分」ぐらいの駐車スペースがあり「二見興玉神社・夫婦岩の参拝者無料駐車場」となります。

二見興玉神社の無料駐車場です。

二見興玉神社の無料駐車場です!

もう1つは「二見興玉神社・夫婦岩の参拝者無料駐車場」より、突き当りまで走り進めて、右に曲がると「二見興玉神社」まで続く海岸沿いに、約30台分の「無料駐車場」があります。

海岸沿いの駐車場に関しては、近いと言うこともありますので、朝一番からでもいっぱいになりますので、1つ目の「二見興玉神社・夫婦岩の参拝者無料駐車場」に空きがあれば、すかさず止めることをお勧めしておきます。

あとは「国道42号線」に、50台ぐらい駐車できる「おみやげ屋さん」の駐車場がありますが、1回1000円となっており、買い物をすれば「無料」になるということですので、買い物する予定があれば、そちらに駐車するのも、1つの考えかと思います。

いずれにしても、非常に人気のスポットとなりますので「マイカー」を利用して行くのでしたら、早い時間帯に向かうことを、お勧めしておきます。

 

二見興玉神社は知らなくても「夫婦岩」はお馴染みです

管理人は、朝一番に家を出て、到着が8時00分ということで、海岸沿いにある駐車場でも大丈夫かと思い、車を走らせて行ったのですが、ほぼ「満車」となっており、かろうじて2~3台分の空きスペースがあるだけでしたが、間髪入れずに車をねじ込みます。

朝一番となる8時00分なのに、何故にこんなにたくさんの車が止まっているのか、不思議に思いながらも、車から降りると「二見興玉神社」の、参道へと向かいます。

二見興玉神社に向かいます。

二見興玉神社に向かいます!

夫婦岩」と言えば、学生の頃を思い出せば、修学旅行などで「一度は訪れたことがある!」と、言う方は世代を問わずに、たくさんいると思うのですが「お伊勢参り」をする際の、最初に訪れて「禊ぎ」を行う神社だということまでは、ほとんど知られていません。

と言うより「夫婦岩」を観賞する場所で「二見興玉神社」の存在すら知らずに、訪れる方がどれほどいるのか?

実際に、管理人自身も知らずに「伊勢神宮」に行くつもりで予定を考えていて「確か近くに夫婦岩があったな~」なんて、思いながら調べて行く間に知ったことなので、ならばと思い、手順に従って、訪れてみることにしたと言うことです。

二見興玉神社の参道です。

二見興玉神社の参道です!

本日の目的となるのは「夫婦岩」より、沖合700mの海中に沈むという、御神体の「興玉神石」を、お参りすることですが、海岸沿いに続く参道を、歩き進めていきます。

整備の行き届いた「砂利」の敷かれた参道を歩き進めていると「ザッ!ザッ!ザッ!」と、心地のよい音が響きわたり、100メートルも歩けば「夫婦岩」の姿が見えてきます。

寺社などで「玉砂利」を敷くには、ちょっとした理由があります。

一つは「砂利」を踏みしめながら、歩いて行く音が「邪念」となる気を、寄せ付けないという考え方で、昔から「神聖」な場所には、清浄にするため、石を敷きつめたのですが、これは単なる「砂利道」ではなく「白砂(しらす)」とか「産土(うぶすな)」と呼ばれる、清らかで清浄を意味する、小石がまかれています。

鳥居をくぐり、参道を歩き進めるときに、清浄な石を踏みしめることにより「身を清め」さらに「心を鎮め」て、心身共に、最高の状態となったうえで、参拝が出来るように、気持ちを整えながら「神聖」な場所へと向かいます。

参拝」するまでの気持ちや、姿勢のあり方が「砂利」の敷かれた参道には込められており、心身を清めるという絶大な効果があるということです。

『夫婦岩』をはじめ奇岩の数々です。

『夫婦岩』をはじめ奇岩の数々です!

そんな、心地の良い音に耳を傾けながら歩き進めて行くと「夫婦岩」と共に、点在する岩々がお出迎えとして、姿を現します。

点在する奇岩の、右手側にある、大小2つの奇岩に「注連縄(しめなわ)」が、掛けられているのが「夫婦岩」となり、左手側に点在する奇岩は「屏風岩(びょうぶいわ)」と「獅子岩」と「鳥帽子岩(えぼしいわ)」と、名前が付けられています。

これらの、奇岩の中のひとつの「鳥帽子岩(えぼしいわ)」ですが、古来より近年まで「鳥帽子岩」と、呼ばれ続けてきましたが、御神威が、近年ますます「」の容姿になってきているとのことで「二見興玉神社」では「神のお使い」として親しまれ、その姿から、現在では「蛙岩」と、呼ばれるようになっています。

 

二見興玉神社の手水舎「満願蛙」に願いを・・!

少し遠目より「夫婦岩」を含む、5つの「奇岩」を眺めて「蛙岩」も観賞したのですが、この先「二見興玉神社」の境内では、あちらこちらに点在する「」の置物を、目にすることになります。

ここに来るまでの参道脇にも、石の「」の置物があったのですが、参詣前に、心身を清める「手水舎(ちょうずしゃ)」にも「」の置物が、あちらこちらに鎮座しています。

『蛙』の置物が並ぶ手水舎です。

『蛙』の置物が並ぶ手水舎です!

手水舎」の水中には、2体の「」の置物があるのですが、この「」の置物は「満願蛙」と呼ばれており、水を掛けてあげることにより「願いが叶えられる!」と、言われています。

写真には写っないのですが、目の前にも、3体の大きな「」があり、口から水が出ていて「二見興玉神社」ならではの「手水舎」となっています。

境内にも『蛙』がたくさんいます。

境内にも『蛙』がたくさんいます!

境内にはたくさんの「」の置物があるのですが「二見興玉神社」の、御祭神である「猿田彦大神」の、お使いと言われている「」の「カエル」に「無事にカエル」や「貸した物がカエル」さらに「お金がカエル」の「カエル」をかけた、御利益があり、境内にたくさん置かれている「」の置物は、実は、それらの縁起によって、御利益を受けられた方々からの「献納」によるものだそうです。

境内には、まだまだたくさんの「」の置物があり、よ~く探して見ると「こんなところに!」と、言う場所にもあるので、訪れた際には、一度探してみてはどうでしょうか?

 

二見興玉神社の御祭神「猿田彦大神」は「道開き(導き)の神」

手水舎」で身を清め「夫婦岩」へと向かっていると、なにやら慌ただしく賑わう「本殿」の方を見てみると、朝の8時半だというのに、たくさんの「黒ずくめ」の人だかりがあります。

よ~く見てみると「挙式」が行われており、日本に古来より伝わる、伝統の衣裳となる「白無垢」をまとった「花嫁さん」の姿が見えます。

『挙式』が行われています。

『挙式』が行われています!

白無垢」とは、邪気を払い、神聖な儀式に挑むときの衣裳とされ、格調高い雰囲気を醸(かも)し出す、和装の「婚礼衣裳」となります。

そして、この純白は「これからどんな色にも染まります!」や「身の清浄」と言う、意味があり、新しい家に嫁入りする「花嫁さん」の和装としては、申し分ありません。

そう、本日は11月22日で「いい夫婦の日」となり、その日に合わせての「挙式」が、行われていると言うことです。

先程の「駐車場」に止まっていた車の数が、異常に多かったのも、これで納得がいきました。

二見興玉神社」の、御神体は「夫婦岩」の沖合、約700メートルの海中に沈んでおり、御祭神となる「猿田彦大神」の「興玉神石」を、拝する神社であり「猿田彦大神」は、天孫降臨の際に「高天原」と「黄泉の国」の間の、道案内を務めたことからも「道開き(導き)の神」と言われています。

二見興玉神社」で、行われる「挙式」では、多くの参詣客に見守られながら、厳(おごそ)かで、格式高い挙式ができる上に「大注連縄で固く結ばれた夫婦岩」の前で、誓いあう、固い二人の絆は、いつまでも末永く続くと言います。

そんな素敵な「挙式」を、お考えなら、お電話にて、一度ご相談ください!

二見興玉神社」は、三重県では、2番目に参詣者の多い神社となり、年間250万人以上が、参詣に訪れるという神社になります。

 

二見興玉神社の境内にあるオオシャコガイは一体なに?

二見興玉神社」の境内にある「」以外の、置物と言えば、境内の「社務所」の横に、おもむろに並べられた、沖縄産の大きな貝殻ですが・・・?

沖縄産の大きな『貝殻』です。

沖縄産の大きな『貝殻』です!

世界最大種の「」ということで、殻長1.5メートルで、重量が230kgほどあると言います。

ここに置かれている「貝殻」で、推定150年と言うことなのですが、この種の「」のなかには、1万年という年齢のものがあるらしいです。

だから何?」と言いたくなるほど、置かれている意味が、全く分からないのですが、かなり昔に訪れた時から、この場所に置かれていた記憶が、何故か頭の中に残っており「昔はこんなん無かったような?」って、思うような新たな物も幾つかある中で「この貝殻は、昔からあるな~」って、記憶に残っているのは、ある意味、特別な何かが宿っているのでは・・・!

それ以外の説明としても、特にないので「二見興玉神社」の中でも、現時点では、重要なものではないと思われます!

今後に期待すると同時に、この先も、何故、置かれているか分からない状態で、ず~とこの場所にあることを願います!

 

天の岩屋の「輪柱連縄」で「病」が退散!

続いての、見どころとなるのは「手水舎」の手前に、戻ることになりますが、朱塗りの綺麗な「天の岩屋」が鎮座しています。

『岩窟』となる『天の岩屋』です。

『岩窟』となる『天の岩屋』です!

天の岩屋」は「岩窟」となっており「稲を司る神様」と、言われる「宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)」を祀った「三宮神社の遺跡」と、伝わっています。

天の岩戸」や「天の岩屋」と、称される、伝説の場所は、各地に点在しますが「太陽神」となる「天照大神」が、隠れられて、世界が真っ暗になった「岩戸隠れ」の、ひとつとされています。

二見興玉神社」の境内の「天の岩屋」には「輪柱連縄(わしめなわ)」と言う、その名の通り、小さな輪になった「しめ縄」があります。

禊ぎ祓いが出来る『輪柱連縄』です。

禊ぎ祓いが出来る『輪柱連縄』

この「輪柱連縄」で、身体の悪いところをさすり、身の穢(けが)れや、体の悪いところを「輪柱連縄」に託して、中央へ納めることで「あら不思議!」見事に治ると言います。

調子が悪いと思われるところや、直したいと思うところがあれば、一度お試しを・・・(初穂料200円)

 

「夫婦岩」より歩くこと100mにある「契りの松」

二見興玉神社」を訪れて「夫婦岩」を参拝したあと、ほとんどの方が「ここまでか!」と、帰っていくのですが、実は、参道はまだ奥まで続いており、見どころとなる「契りの松(ちぎりのまつ)」などがあります。

『みそぎばし』と『契りの松』です。

『みそぎばし』と『契りの松』

夫婦岩」より、先に続いて行く参道は、少しだけ右にカーブが掛かっており、その先には「何もない」ように、見えるのですが、実はまだ先があり、歩き進めること100メートル辺りには「みそぎばし」が架かっており「みそぎばし」を、対岸に渡ったところには「契りの松」があります。

江戸時代末期に「お陰参り」や「抜け参り」などと、呼ばれたものがあり「伊勢参詣」が、最も盛んであったころ、若い男女がこの「二見浦」の浜の海水で、身を清めているとき、着物を「松の木」に掛けて、固く結び「夫婦の契り」と「子孫繁栄」の、祈願をしたと言います。

そんなことから「契りの松」と、呼ばれていたのですが、昭和28年9月の25日に起きた台風により、一度は流失してしまったのですが、平成3年5月23日に、40年の時を経て、見事に再現されたと言います。

そんな「契りの松」がありますので、訪れた際はお見逃しなく・・・

 

境内社の「龍宮社」はパワースポット!

契りの松」より、さらに進むこと、数十メートル先には「二見興玉神社」の、境内社となる「龍宮社」が鎮座しています。

境内社となる『龍宮社』です。

境内社となる『龍宮社』です!

整備のいきとどいた、綺麗な境内社となっており、御祭神である「大綿津見神(おおわたつみのかみ)」は「海の守護神」として、知られており、日本全国の「漁業船舶」に関係のある方々より、特に信仰を集めており「龍宮さん」と呼ばれ、広く親しまれています。

心願成就」をはじめとして「開運」や「商売繁盛」さらには「海上交通安全」や「大漁満足」などの、さまざまな御利益のある「パワースポット」となっています。

と、ここまでが「二見興玉神社」の境内となりますが「夫婦岩」より200メートル足らずですので、引き返さずに、最後まで歩いてみてください!

最後に「興玉神石」を、遥拝したいと思います。

 

「夫婦岩」は「興玉神石」を拝む鳥居として鎮座する!

二見興玉神社」の散策が、すべて終了したので、最後に「興玉神石」を、参詣するための「遥拝所」に向かいます。

自然に存在する、象徴的な場所や物などに「巨石」や「」さらに「」などを、御神体と考え「神が宿る場所」として、信仰すると言うのはよくある話です。

夫婦岩」も「大注連縄(おおしめなわ)」を張ることにより、そこに神が鎮座している証として「興玉神石」を「遥拝」するための「鳥居」の役目を果たすことになっています。

興玉神石を参詣する遥拝所です。

興玉神石を参詣する遥拝所です!

そういう見方をすると「夫婦岩」は、沖合700メートルの海中に沈む、御神体の「興玉神石」を、拝むための「鳥居」としての景観は、絶景とも言うことができます。

さらに「夫婦岩」に、掛けられている「大注連縄」は、長さが35mで、重量が40㎏となり、太さに関しては、10㎝のものが、5本も使用されています。

見るからに、重厚感が溢れだす「夫婦岩」に、守られている「興玉神石」を、しっかり参詣したところで、すべての散策が終了となります。

今回管理人は「伊勢神宮」を、訪れる前に、正式な順序と言うのを、知ったことで「二見興玉神社」を、最初に訪れたのですが、正式な形にこだわる必要はないと考えます。

お参りすると言う、姿勢があればいいことで、先に訪れようが、また日を改めようが、それは個人の自由となります。

ご自身の予定や、時間に合わせて、もし、余裕があれば「伊勢神宮」に、お参りに行く前に「二見興玉神社」に、お立ち寄りください!

 

二見興玉神社の御朱印です!

最後になりますが「二見興玉神社」を、すべて参詣したことの証として「御朱印」をいただきました。

二見興玉神社の『御朱印』です。

二見興玉神社の『御朱印』です!

御朱印」に関しては、基本的にひとつにつき、300円を納めれば、いただくことが出来ます。

御朱印」に関しては、寺社で参拝しなければ、頂けないというものではなく「仏像鑑賞」や「パワースポット巡り」など、別な楽しみも兼ねた証として、いただくという考え方もあります。

寺社を訪ねるだけでなく「御朱印集め」は「何を書くのか?」や「どんなハンコ(朱印)を押すのか?」や「字の良し!悪し!」を、楽しみのひとつとして、収集するのもいいものですよ。

管理人は、訪れる場所ごとに「御朱印」をいただいているので、正確に数えたことはないですが「1000」に手が届きそうなくらいとなり、今となっては、ちょっとした「コレクション」になっています。

御朱印集め」を、はじめようとお考えの方には、是非お勧めいたします。

尚、近年「御朱印」を「スタンプラリー」のように、参拝もしないでいただきに行く人が、増えていると言うことですが、最低限のマナーとしては、参拝が終了してから、いただくことをお勧めしておきます。

 

二見興玉神社のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

二見興玉神社

  • 住所:〒519-0602三重県伊勢市二見町江575
  • 電話:0596-43-2020
  • 時間:境内自由
    *社務所は朝の9時00分~夕方16時00分まで
  • 拝観料:無料
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料・2か所あります(50台前後)
  • アクセス:【公共交通機関】「JR参宮線」の「二見浦駅」から徒歩1.5km(約20分)
    JR参宮線」の「伊勢市駅・鳥羽駅」もしくは「近鉄鳥羽線」の「宇治山田駅・鳥羽駅」などから「伊勢・二見・鳥羽周遊バス」に乗車して「夫婦岩東口」のバス停留所で下車して徒歩550m(約10分)
    車の場合】「伊勢自動車道」の「伊勢IC」から、平成29年3月11日より「無料開放」された「伊勢二見鳥羽ライン」を、直接経由し「二見出口」を降りたら「国道42号線」を走り進め「茶屋」の信号を右折してから700mぐらい進んだ先にある「夫婦岩」の案内板に従って左折した先が「駐車場」です7.3km(約10分)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

二見興玉神社」の魅力は「夫婦岩」だけではなく、その他にもたくさんの見どころがあります。
お伊勢参り」を行なう際には、是非、最初にお立ち寄りいただいて、正式な手順で「お伊勢参り」を、お楽しみください。

【関連記事】

「お伊勢参り」に関する記事はコチラをご覧下さい!

  伊勢神宮 内宮~見どころ紹介【アクセス・駐車場・御朱印】

  伊勢神宮 外宮~見どころ紹介【アクセス・駐車場・御朱印】

  金剛證寺~知られざる奥の院は伊勢神宮の鬼門を守る【御朱印】

三重県に関する記事はコチラをご覧下さい!

  赤目四十八滝~ハイキング【アクセス・駐車場】赤目五瀑を攻略

  鬼ヶ城【アクセス・駐車場】遊歩道に立ち並ぶ奇岩の絶景!

  花の窟神社【アクセス・駐車場】神々の母が眠る日本最古の神社【御朱印】

  獅子岩【アクセス・駐車場】大自然が造り出す造形美【世界遺産】

 

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ



-三重県
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2018 All Rights Reserved.