気まぐれファミリー弾丸旅物語

国内の観光名所やイベント情報(恋人の聖地)、ハイキング、その他桜や紅葉の名所を紹介していきます。

水間寺【恋人の聖地】『お夏・清十郎』身分の違いを乗り越えて・・【御朱印】

投稿日:

今回紹介するのは、大阪府貝塚市水間にある『水間寺』です。

水間寺』は、古来より『厄除け』のお寺として名高く、毎年のように多くの参詣者がお参りに訪れます。

そのため『水間寺』は、通称『水間観音』や『厄除け観音』 などと親しみを込めて呼ばれることも多いお寺となっています。

また『新西国三十三ヶ所観音霊場(第4番札所)』や『神仏霊場巡拝の道(大阪十二番霊場)』などの『札所』としてもよく知られています。

天台宗別格本山・龍谷山・水間寺』は『奈良時代』に『聖武天皇』の勅願(ちょくがん)により『行基菩薩』が開創したお寺となり、一寸八分(約6cm)の『聖観世音菩薩』を本尊としています。

寺号』は『葛城山(かつらぎさん)』から流れてくる『近木川(こぎがわ)』と、その支流である『秬谷川(きびたにがわ)』が合流する『地形(水間)』に由来しています。

そんな『水間寺』は、その周辺とともに『自然の名所』として『大阪みどりの百選』に選定されています。

また『厄除け』だけではなく『縁結び』の神様である『愛染明王』が祀られていて、古くより伝わる身分違いを乗り越えて結ばれた『お夏・清十郎』の恋の物語を知る多くの方が、ご利益を受けるため祈願に訪れます。

そんな『縁結び』の『パワースポット』である『水間寺』の『愛染堂』が『プロポーズ』にふさわしい『ロマンチック』なスポットとして『NPO法人地域活性化支援センター』が認定する『恋人の聖地』に選ばれています 。

そんな『水間寺』にある『愛染堂』を紹介しようと思います。

準備が整いましたら『水間寺』にある『恋人の聖地』の『愛染堂』散策スタートです。

 

スポンサーリンク

水間寺【恋人の聖地】『お夏・清十郎』身分の違いを乗り越えて・・【御朱印】

今回は、大阪府貝塚市水間にある『水間寺』に向けて車を走らせる。

管理人は、観光地を中心として紹介していくなか『ロマンティック』なスポットを全国より選定して、新たな魅力づくりと地域活性化をはかり、たくさんの方が訪れて愛を育む『聖地』として存在する『縁結び』の『パワースポット』である『恋人の聖地』の紹介も同時にしています。

大阪在住の管理人は、以前にも『水間寺』にお参りに出かけたことがあるのですが、今回は『水間寺』の境内にある『縁結び』の『パワースポット』として人気の高い『愛染堂』が『恋人の聖地』に選定されていることを知り、さっそく訪れることにしました。

恋人の聖地』の紹介をする前に、はじめに『水間寺』の紹介も簡単にしておきます。

 

『水間寺』には、無料の『第一駐車場』と『第二駐車場』あり!

まずは『駐車場』から紹介しておきます。

水間寺』には、無料の『第一駐車場』と『第二駐車場』があります。

基本的には『第一駐車場』に止めることになりますが、催し物などがある場合は『第二駐車場』に止めることもあります。

mizumadera1-1

第二駐車場』に関しては、少し離れた場所にある『奥の院』の近くにあります。

駐車台数は『第一駐車場』が30台で『第二駐車場』に関しては、広場となりますので不明ですが、おそらく50台ぐらいは駐車可能だと思います。

さらに境内にも数台の駐車スペースがありますので、空いていれば駐車可能です。

第一駐車場』は、境内と隣接しているため、歩かなくても境内に入ることができます。

第二駐車場』から本堂までは、5分ぐらいで行くことができます。

訪れる目的に応じて選べばいいと思います。

 

『水間寺』を象徴する『厄除け橋』

さっそく散策を始めたいと思いますが、まずは入り口となる『水間寺』を象徴する『厄除け橋』です。

平成22年の4月に新しく架けられた『アーチ型』の綺麗な石橋となっています。

mizumadera1-3

厄除け観音』と呼ばれる『水間寺』としての名が付く『厄除け橋』ですので、境内に入る前より『厄払い』ができる、心強い架け橋となっています。

葛城山(かつらぎさん)』から流れてくる『近木川(こぎがわ)』は、94年12月に『近木川の水質最悪!』との、新聞報道 があってから『生活排水実践活動』が行われ、現在ではかなり水質も改善されているみたいで『厄除け橋』から見る『近木川』は、意外と透き通った清流に見えます。

厄除け橋』より境内に向かわず、国道沿いに少し歩いたところに『水間寺』の寺号の彫られた石柱と、その隣には『願掛け地蔵』が鎮座しています。

mizumadera1-2

水間寺』に入る前から『厄除け』ができ『願掛け』まで出来るというのは、さすがに『パワースポット』で名高い『水間寺』ならではと言えます。

しっかり『願掛け』をすると、境内に向かうことにします。

 

『水間寺』の『写経堂』で心穏やかな時間を・・

厄除け橋』を渡り境内に入ると、左手側にひときわ目を惹く大きな『聖観世音菩薩立像』が鎮座しています。

その横には『写経堂』があります。

mizumadera1-4

建物の中では、150年前に安置された『西国三十三霊場』のすべての御本尊が置いてあり、その仏様の横で心穏やかに写経をすることができるようになっています。

写経には『リラックス効果』や『癒しの効果』などがあり、多くの方が仏様の心に触れながら自分自身を見つめ直し、心穏やかな時間を過ごすことを目的のひとつと考え取り組んでいます。

水間寺』では、毎月『第一日曜日』と毎月の『18日』に行なわれており、朝の10時~午後3時までのあいだ、どなたでも体験することができます。

尚、最終受付は午後2時となり、冥加料1000円となっています。(世尊偈(観音経)の写経は2000円です)

 

『水間寺』の境内に並ぶ『説法石』と『千日隔夜宝篋印塔』!

水間寺』の『厄除け橋』から境内に入り、右手側の並ぶように設置されているのは『説法石』と『千日隔夜宝篋印塔(せんにちかくやほうきょういんとう)』と『地蔵尊』です。

まず左端には『説法石』と書かれているだけで、その他なにひとつ情報の無い『』が埋まっています。

日本には、古くから『自然物』や『自然現象』を対象とする『自然崇拝』があり、基礎信仰の一種となる『古神道』における『山・石・岩』などを神の依り代として信仰する『磐座』というものがあります。

おそらくそんな『磐座』のひとつではないでしょうか?

mizumadera1-7

隣にある『千日隔夜宝篋印塔』は、1727年9月10日に建てられたもので『宝篋印塔』の『側面』には、前かがみで仏具の『』をもって念仏を唱えながら歩いている『隔夜僧(かくやそう)』の姿が彫られています。

この『宝篋印塔』は、阪南市にある『大願寺』と同じ僧の作善ということです。

見どころのひとつとなりますので、お見逃しなく・・

さらに隣には小さなお堂の『地蔵尊』が鎮座しているので、しっかりお参りして次へと進みます。

 

貝塚市指定文化財となる『本堂』と『三重塔』!

境内の中心に並ぶように建っているのが『貝塚市指定文化財』となる『本堂』と『三重塔』です。

新西国三十三ヶ所観音霊場(第4番札所)』や『神仏霊場巡拝の道(大阪十二番霊場)』や、その他などの『札所』にもなっている『水間寺』は、通称『水間観音』や 『厄除け観音』 などと、親しみを込めて呼ばれることも多いお寺となっています。

本堂』は、1585年に『豊臣秀吉』の『根来攻め(ねごろぜめ)』の際に、根来側についた『水間寺』でしたが『堀秀政』の軍勢により焼き討ちに遭い『七堂伽藍』をはじめとして『坊舎』等も消失してしまい、その後に復興したのですが、1784年におきた火災によって再度全焼してしまいました。

現在建っている『本堂』は、岸和田の藩主『岡部長愼(おかべながちか)』の寄進によるもので、1827年に再建されたものです。

御本尊は『一寸八分(約6cm)』の『聖観世音菩薩』で、公開されない『秘仏』扱いとなっており、本堂正面には『聖観音菩薩立像』が安置されています。

mizumadera1-5

隣には、これまた『貝塚市指定文化財』の『三重塔』があります。

もともと創建当時は『多宝塔』で『多宝如来』を安置していました。

記録によれば『孝謙天皇(こうけんてんのう)』が『舎利塔』を安置したとも伝えられています。

本堂』と同様に、天正の兵乱に焼失し萬治年間に新しく三層の塔を建てて『釈迦仏の像』を安置しました。

井原西鶴』の代表作のひとつである『浮世草子』の『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』に記載されたモデルの塔だと考えられています。

現在の『三重塔』は、1834年に再建されたもので、明治以前に建てられた大阪府内唯一の『三重塔』です。

三重塔』の第一層部分の軒下の『かえる股』に『十二支の彫刻』があり、見どころとなっています。

 

『大般若波羅密多経』600巻と『大蔵経』などが納められている『経堂』!

本堂』の前には『大般若波羅密多経』600巻と『大蔵経』などが納められている『経堂』があります。

聖武天皇』の『妙典』や『光明皇后』の『般若経』そして『慈覚大師』の『妙法経』など、数多くの貴重な資料がこのお堂に納められていたのですが、兵火に遭って全て焼失しました。

mizumadera1-8

お堂に安置されている『尊像』は『傅大師(ふだいし)』と、その長男となる『普建(ふけん)』と、次男である『普成(ふしょう)』となります。

傅大師』と言えば『仏教』に徹し、自分を捨ててまで常に難民の救済にあたってきたと言われています。

 

『本堂』裏にあるパワースポット『観世音菩薩』が降臨した滝!

本堂』の裏手にある『パワースポット』は『観世音菩薩が降臨した滝』として多くの方が訪れます。

先ほどまでの、境内とは『少し違う空気感』が、辺りを包み込んでいます。

石の鳥居をくぐり、奥へと歩き進めると、お堂があり『鎮守権現宮』と書かれている。

行基大僧正』が『熊野・蔵王・白山』の『三所権現』をこの地に移して祀ったもので『水間寺』の創建当時よりここに祀られています。

mizumadera1-11

さらに奥に進と、水の流れる音がかすかに聞こえてきます。

ちょっとした『展望スペース』があり『聖観世音出現の瀧』と書かれた看板が掛けられています。

展望スペース』より下を覗いてみると、小さいが勢いのある滝があり、滝には神域の結界を示す『注連縄(しめなわ)』が掛けられており、ただならぬ『空気感』に思わず息を飲みそっと手を合わせる。

mizumadera1-12

奈良時代の中期のことで『聖武天皇』が『四十二才の厄年』のときに病にかかり、なかなか良くならないので『勅命』を受けた『行基菩薩』が、仏様を求めて『水間』の地を訪れた時に『十六人の童子』が現れて『行基菩薩』をこの谷間に連れてきました。

その谷間に『白髪の仙人』が現れて1体の仏様を『行基菩薩』に手渡し『仙人』は『』となって昇天したという言い伝えがあります。

手渡された仏様は『聖観世音菩薩』で、持ち帰って『聖武天皇』に捧げたところ病はすっかり治り、喜んだ『聖武天皇』は、現地にお祀りするようにとの勅命により『水間寺』が建立されその時より御本尊として祀られ『厄除け観音』として信仰されることにまりました。

この渓谷には『聖観世音菩薩』の像が降臨した『座光石』の側面に『伝教大師』が『不動尊』を刻まれさらには『弘法大師』の『名号石』もあります。

そんな『浄域』と知らずに穢(けが)して災いを受ける人もしばしばあったと言います。

『護摩堂』願いが叶う厄除け大念珠!

本堂』の南側に、ひときわ綺麗な棟造り本瓦葺きの建物があり、その建物には一切の『悪魔』を降伏させる力を持つ『不動明王』がお祀りされています。

不動明王』は、いかなる『』をも焼き尽くす『大智の火』をその身から発すると言われており『大日如来』の使者となって信者を『守護』する役割を担っています。

mizumadera1-17

水間寺』に鎮座する『不動明王立像』は『鎌倉時代』のものと推定されます。

さらに『水間寺』の『護摩堂』には、大きな『大念珠』が設置されており、自らの『煩悩』を取り除くことができるようになっています。

mizumadera1-18

ここに設置されている『願いが叶う大念珠』は心静かに合掌し、お祀りされているお不動様に願い事を念じながら大数珠玉をゆっくりと下に引いていくと大数珠玉がひとつずつ落ちていきます。

カチカチとなる音により、自身の『厄難』を振り払い、開運を招くことができます。

注意点としまして『数多くの音』は『邪念』となり、自身へのマイナスとなります。

八個』(四苦八苦)の大数珠玉だけをゆっくりと落として、自身の『煩悩』を取り除くようにして下さい。

と、いうことでしっかりと『煩悩』を払ったところで次は『奥の院』へと向かいます。

 

『水間寺』の『通天橋』を渡り山手に鎮座する『奥の院』

本堂』の南側を山手に向かって歩いて行くと、朱塗りの綺麗な石橋の『通天橋』があり、渡って石段を少し上がると『水間寺』の『奥の院』があります。

まず初めに『行基菩薩』が祀られている『行基堂』が見え、その周囲には『白衣観音』や『薬師堂』や『鏡池と瑞泉堂』と、最後に『弁天堂』と並ぶように鎮座しています。

mizumadera1-13

行基堂』は『行基菩薩』が開山のとき、すぐ横にある『鏡池』に姿を写し『霊椿木』で、御自作の像を刻み安置するも『天正』の兵火により、惜しくも焼失したとされている。

現在は『天明』の大火にも免れた『作者不明の座像』が安置されており『行基堂』は、境内諸堂中において最古の建物となっています。

薬師堂』は『行基菩薩』がこの地を訪れたとき『聖観音』の出現を願い『薬師如来像』を祀ったと伝えられています。

最後に『弁天堂』に鎮座する『弁天様』は、やさしくとても美しい神様で『お釈迦様』の守本尊です。

水のようにどんな器にも入る『素直さ』と、岩をも通す『強い意志』で、すべての人々の『悩み』を取り『開運』と『知恵』と『財運』などを授けてくれます。

別名『妙音天(みょうおんてん)』と呼ばれ『音楽』や『弁舌』の能力の向上も与えてくれます。

以上が『奥の院』となります。

最後に『恋人の聖地』である『愛染堂』に移動したいと思います。

 

『恋人の聖地』である『愛染堂』身分の違いを乗り越えて・・!

水間寺』にある『愛染堂』は『プロポーズ』にふさわしい『ロマンチック』な場所として『NPO法人地域活性化支援センター』が認定する『恋人の聖地』に選ばれています 。

恋人の聖地』は『縁結び』としての『パワースポット』となり、訪れた者たちは『金色のプレート』の前に立ち、恋人同士は愛を誓いあい、夫婦は愛の確認をし、友達同士は友情を深めあったりとさまざまです。

水間寺』には『縁結び』の神様である『愛染明王』が祀られていて、古くから『縁結び』にご利益があると言われています。

mizumadera1-21

約700年前『水間』の豪農楠右エ門の娘で『お夏』が『愛染明王』に祈願し、勅使であった『山名清十郎』との身分の違いを乗り越えて恋を成就させたといわれ、その縁で『お夏・清十郎の墓』がお堂の前に建てられています。

お夏・清十郎』の伝説は、1936年に映画化され『田中絹枝』と『林長十郎(長谷川一夫)』の二人が主演しています。

お夏・清十郎』の墓の前に置かれた花立てには、その記念として二人の名前が刻まれています。

mizumadera1-16

ちなみに『お夏・清十郎』と言えば『井原西鶴』の代表作である『浮世草紙』の『好色五人女』やそれを脚色した『近松門左衛門』の世話物の『五十年忌歌念仏』で知られる『お夏・清十郎』を思い浮かべるとおもいますが『水間寺』の『お夏・清十郎』は、どうも別人のようであるということです。

愛染堂』は『恋愛・縁結び・家庭円満』などを司る『愛染明王』をお祀りするお堂です。

愛染明王』の外相は『暴悪忿怒(ぼうあくふんぬ)』の姿ではあるのですが『愛欲染着』を本体とする『明王』で、祈るものには『敬愛』の徳を授け『縁を結び』さらには『福を与える』と言われています。

人が本来持ちあわせる『愛欲貪染(あいよくどんせん)』をそのまま仏の『悟りの心』に変える力を持ち『煩悩』すなわち『悟りの心』を象徴した『明王』です。

お夏・清十郎』もそんな『愛染明王』に祈願し、身分の違いすらも乗り越えて恋を成就させたということです。

そんな恋の話が成就したこの地が『恋人の聖地』に選定されたということです。

mizumadera1-20

お堂の前には『恋人の聖地』ではおなじみの『金色のプレート』が設置されているのですが、その他の『モニュメント』などは特に設置されていません。

少し寂しい感じにはなりますが『縁結び』の『パワースポット』としての御利益は十分にあると感じます。

恋愛』に対し最初から『無理』だと考えずに『諦めない気持ち』を貫くことで見事に成就するということもあると思います。

シャイ』で『引っ込み思案』なあなたは、是非この地を訪れて前に進む勇気を手にしてください。

と言うことろで『水間寺』のすべての散策が終了となります。

 

『水間寺』の御朱印!

今回は『水間寺』の境内にある『縁結び』の『パワースポット』として人気の高い『愛染堂』が『恋人の聖地』に選定されていることを知ったことで、訪れたので『御朱印』は以前にいただいたものとなります。

新西国三十三ヶ所観音霊場(第4番札所)』と『神仏霊場巡拝の道(大阪十二番霊場)』に関しての『御朱印』となります。

その他に『和泉西国三十三』と『南海沿線七福神』の『御朱印』もあるのですが現時点では2種の『御朱印』のみです。

mizumadera1-22

御朱印』は、基本的にひとつにつき300円を納めれば、いただくことが出来ます。

御朱印』に関しては、寺社で参拝しなければ頂けないというものではなく、仏像鑑賞やパワースポット巡りなど、別な楽しみも兼ねた証として、いただくという考え方もあります。

寺社を訪ねるだけでなく『御朱印集め』は、何を書くのか?どんなハンコ(朱印)を押すのか?字の良し悪しを楽しみのひとつとして収集するのもいいものですよ。

管理人は、訪れる場所ごとにいただいているので、正確に数えたことはないですが、1000に手が届きそうなくらいになり、今となっては、ちょっとしたコレクションになっています。

はじめようとお考えの方には、是非お勧めいたします。

尚、近年『御朱印』をスタンプラリーのように参拝もしないで、いただきに行く人が増えていると言うことですが、最低限のマナーとしては、参拝が終了してからいただくことをお勧めしておきます。

水間寺』は、さまざまな『パワースポット』となるお堂が点在するお寺となっています。

慌ただしく流れる日々の生活で、心身に溜まった心の疲れを振り払いに行ってみてはどうでしょうか・・・

 

『水間寺』のアクセス及び駐車場情報!

 【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

水間寺

  • 住所:597-0104大阪府貝塚市水間638
  • 電話:072-446-1355・FAX:072-446-3391
  • 時間:境内自由 (但し本堂は8:30~16:00)
  • 拝観料:無料
  • 休み:年中無休
  • 駐車場:無料30台(第一駐車場)、無料約50台(第二駐車場)
  • アクセス:【公共交通機関】南海電鉄本線「貝塚駅」より水間鉄道に乗り換え終点「水間駅」下車 徒歩7分
    【お車】阪和自動車道『貝塚IC』を下りて、すぐの信号(木積南)を左折、更に次の信号(下木積)を左折し直進すると左手側です。

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

水間寺』はとても強い『パワースポット』が密に点在するお寺となっています。
慌ただしく流れる日々の生活で、心身に溜まった心の疲れを振り払い、明日にむかう力へと変えてください。

【関連記事】

その他の恋人の聖地に関する記事はコチラをご覧下さい  

  全国に点在するパワースポット!『恋人の聖地』とは!?

  愛知県~『恋人の聖地』名古屋テレビ塔は、夜輝きを放つ・・!?

  和歌山県~マリーナシティ『恋人の聖地』にユーラテ伝説が蘇る!

  香川県~小豆島の『恋人の聖地』神秘のエンジェルロード(天使の散歩道)!

  兵庫県~観光『竹田城跡』が『恋人の聖地』観光客の増加で景観が・・

  伊勢志摩スカイライン【恋人の聖地サテライト】天空のポストより愛をこめて・・

  露天神社【お初天神】恋愛成就と縁結びのパワースポット【恋人の聖地】御朱印

  奥琵琶湖パークウェイ【桜】つづら尾崎展望台【恋人の聖地】丸子船が運ぶ恋!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

コチラの関連記事も読まれています

-恋人の聖地
-, , ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.