雄島『見どころ』神の島が福井県屈指の心霊スポットに!

投稿日:

今回紹介するのは、福井県坂井市三国町安島の『越前海岸』に浮かぶ島のひとつ『雄島』ですが、聞いたことはありますか?

雄島』は『越前海岸』に浮かぶ島の中で一番大きな島で、標高は27メートルで、島の周囲は2キロメートルとなり、海岸に迫る陸地の突出部は、激しい波の『浸食』によって切立った崖となる『海食崖(かいしょくがい)』となっており、面積が約10.2ヘクタールとなります。

近くにある『東尋坊』や、兵庫県にある『玄武洞』などと同じ『柱状節理』や『板状節理』が見られ、さまざまな『奇岩』や珍しい『植物』などを観賞することができます。

昔から、地元に住む人たちからは『神の島』とあがめられ、たくさんの魅力が今も隠れています。

それと同時に『心霊スポット』としても大変有名で、福井県民の間では、知る人ぞ知るいわくつきな島となっています。

伝説と神秘に満ちた『雄島』の『見どころ』と『心霊スポット』として恐れられる『雄島』の両面を紹介したいと思います。

準備が整いましたら『神の島』と呼ばれる『雄島』の散策スタートです。

 

スポンサーリンク

雄島『見どころ』神の島が福井県屈指の心霊スポットに!

今回は、福井県坂井市三国町安島の『越前海岸』に浮かぶ島のひとつ『雄島』に向けて車を走らせます。

雄島』は、近くにある『東尋坊』や、兵庫県にある『玄武洞』と同じく『柱状節理』や『板状節理』の景観がとても素晴らしく島全体に広がる絶景を見ることが出来ます。

『東尋坊・玄武洞』の記事はコチラをご覧下さい!

  東尋坊【見どころ】福井県が誇る観光名所は今も自殺の名所?

  兵庫県~観光『玄武洞』パワースポットと縁結びで人気沸騰中!四神の名がつく洞!

そんな『雄島』は『神の島』と呼ばれるのと同時に、福井県屈指の『心霊スポット』としての、呼び声が高い島となります。

 

『見どころ』雄島に架かる全長224mの朱塗りの『雄島橋』

今回管理人は『心霊スポット』としてではなく、基本的な観光として『雄島』を訪れました。

雄島』までは『見どころ』のひとつでもある、色鮮やかな朱塗りのきれいな『雄島橋』を渡って行くのですが『雄島橋』の入り口と『駐車場』は一体となっており、無駄に歩く必要がないのでとても楽です。

さらに『駐車場』は42台分の駐車スペースがあり『無料』となっていますのでとても経済的です。

車から降りると、目の前には『雄島橋』が、まっすぐ一本『雄島』へ向けて架かっており、たくさんの方の姿があります。

oshima1-1

福井県屈指の『心霊スポット』と聞いていただけに、人も寄り付かないような島ではないかと思っていたのですが、たくさんの車が止まっていて、思ってた以上の賑わいに少し胸をなでおろします。

雄島』へと続く『見どころ』のひとつとなる『雄島橋』は、全長224mの朱塗りの橋となり『徒歩』や『自転車』などで渡れるようになっています。

海風がさわやかで、風通しはいいのですが、夏本番となる8月中旬のため、とにかく暑いです!

oshima1-2

まっすぐに伸びた『雄島橋』を歩きはじめますが、なかなかに歩きごたえがあります。

ここでひとつ福井県屈指の『心霊スポット』としての顔があります。

心霊スポット』として最初の現象が起こるのが、この橋を渡るときに、下からたくさんの霊が、這い上がろうとする手が出てくるというものです。

oshima1-3

一応、下を覗いてみるのですが、当然ですが、何もありません。

今から向かう『雄島』が『神の島』と呼ばれているのと同時に『心霊スポット』として名を轟かしていると言うことで、近づくにつれてなにやらただならぬ嫌な空気を感じてしまいます。

管理人は、全くと言っていいほどに『霊感』とは無縁となりますので、過去に一度たりとも霊を見たり、感じたりしたことはありません!

雄島』が、なぜ『心霊スポット』と恐れられるのかと言うと、すぐ近くに見える『自殺の名所』として有名な『東尋坊』から、身を投げた人の遺体が、ここ『雄島』に流れ着くことが原因であると言います。

雄島』にとっては、なんとも迷惑な話となり、潮の流れ的に言っても流れ着くこと自体が、かなり不自然な状態となるそうなのですが、世の中には計算することのできない『摩訶不思議』なことがたくさんあり、もし事実となれば解明できないことの中のひとつになります。

 

見どころのひとつ『大湊神社』は福井県の文化財に指定!

なんとも気味の悪い話が伝わる『雄島橋』を渡りきり『雄島』へと上陸すると『大湊神社』と書かれた比較的に近年のものではないかと思われる石の『鳥居』と『狛犬』さらに『石燈籠』があります。

oshima1-4

綺麗に石畳が敷かれた参道も『見どころ』のひとつとなり、その先にある森に向かって続いています。

雄島』は、一周で約1kmほどの散策が出来る『雄島自然学習歩道』となり『見どころ』満載の『探検の小径(たんけんのこみち)』があり、手付かずの大自然の森のなかを歩くことができます。

雄島』全体が『大湊神社』の『鎮守の森』として信仰の対象となっています。

現在の『雄島』は『越前加賀海岸国定公園』の『特別保護地区』に指定されているため『動物』をはじめとして『植物』などの採取も法律で禁止されています。

早速ですが、森の中に鎮座する『見どころ』のひとつとなる『大湊神社』に向けて急勾配の階段を上っていきたいと思います。

oshima1-5

手付かずの森』すなわち『原生林』の散策は、以前から『ハイキング』や『滝めぐり』などで、いくつか訪れたことがあるのですが、見方によって『荒地』と見るか『神秘的』と見るかの判断は人それぞれとなります。

雄島』もそれらの森と同じように、階段を上り始めた瞬間から先程まで見ていた景色とは全く違う雰囲気となり『荒地』とも『神秘的』とも言える景色に変わり、少し肌寒くなります。

78段ある階段を上がっていると、そこには『ヤブニッケイ』や『タブ』の樹木が生い茂っています。

まず最初にこのあたりで、神秘的とも言える雰囲気を味わうことになります。

雄島』内に、うっそうと生えている『ヤブニッケイ』は、クスノキ科の木で、葉や根皮をもむと甘い香りがします。

そんな『ヤブニッケイ』が生い茂る78段ある階段を上りきると『心霊スポット』としての、次なる余計な掟(おきて)が待ち構えています。

 

『雄島』は『反時計回り』に回るべからず!

雄島』の『心霊スポット』の掟として、先程あった『鳥居』をくぐると『必ず雄島を1周しなければならない!』と言う、誰が言い出したか分からない話があります。

『必ず雄島を1周』と言うのは、少しだけ悪意を感じる罰ゲーム的な要素が含まれているようにも感じます。

oshima1-10

そしてもうひとつ『心霊スポット』としての言い伝えがあるのですが、それが『島を反時計回りに歩いてはいけない!』というもので『反時計回り』に歩いてしまうと『死の世界に導かれて・・・!?』というものです。

この言い伝えに関しては『大湊神社』が鎮座するのは『時計回り』の左方向ですので、特に問題ありません!

その他にもまだ、言い伝えがあり『反時計回りで歩いたら』・・帰る時に橋の真ん中辺りで『霊が出る!』だとか、その気が全く無い人でも崖に来ると『飛び降りてしまう!』とか・・

いろいろなことが『後付け』されて、出回っています。

度胸試し』をするための『後付け』の言い伝えであるとは分かっているのですが、もちろん迷わず管理人は『時計回り』を選択して『大湊神社』に直行です!

oshima1-6

無人となる『大湊神社』の参道ですが、比較的整備が行き届いた綺麗な石畳の道が続いています。

大湊神社』は歴史的に見て、事実かどうかの真意の程ははっきりしないのですが『源義経』が落ち延びる際に立ち寄って、家臣の兜を奉納したとか、お社が『朝倉義景』の後援を受けていた際に『明智光秀』が訪れて『漢詩を詠んだ』という話も伝わっています。

かつて鎮座していた『社殿』は『織田信長』の兵によって焼き払われており、現在残る『社殿』は『棟札(むねふだ)』によると1621年に造立されたもとなり『本殿』及び『拝殿』ともに福井県の『文化財』に指定されいる由緒ある建造物となります。

ここまでは、整備も行き届いていて、なかなか立派なものです。

大湊神社』の『拝殿』にてお参りを済ませると、前にある『展望所』から景色を眺めてみます。

oshima1-11

展望所』からは数km先にある『東尋坊タワー』と『自殺の名所』として名高い『東尋坊』が、はっきりと見えています。

自殺の名所』と名高い『東尋坊』ですが、それは以前の話で、近年では地元の間でも各所に自殺を思いとどまらせるための『句碑』や『看板』などを設置して、自殺を防ぐ努力をしていると言いますし『救いの電話』と称される『公衆電話』を設置し『テレホンカード』や『10円硬貨』さらには『たばこ』や『聖書』などを置いて自殺を思いとどまらせるように努力しています。

周辺パトロールを強化することによって『遭難者』や『自殺志願者』の保護をし、その後の『福祉面』や『金銭面』での『生活支援』までも行っていると言います。

そういった取り組みにより、身投げする人もほとんどいないのが今の現状となり、自殺者が『雄島』へ流れ着くという話も過去のものとなっています。

神の島』と言われ、人の手が入らず大自然が残る『雄島』が『心霊スポット』と呼ばれるのは、非常に残念なことだと思うので、この先も『自殺志願者』が1人でもいなくなるように頑張っていただきたいものです。

 

『雄島』の『見どころ』の『柱状節理』と『板状節理』

心霊スポット』としての『鳥居をくぐれば・・・』の言い伝えを守るわけではないのですが『雄島』の『見どころ』を回るため『探検の小径』を1周してみることにします。

これより先は、手付かずの森の散策となるため「うっそうと生える草が気持ち悪い!」と言う、我が姫君達は先に戻ることとなり、管理人のひとり旅となります。

と、言っても前を歩く人もいますので、全くの一人きりではないので、少し安心です!

大湊神社』から歩き出したときは、うっそうと草が生えていましたが、しばらく歩き進めるとそれなりに歩きやすい道となります。

しばらく歩き進めて行くと、海岸へと下りていく道がありますが、またしてもうっそうと草が生えており、半ズボンとなる管理人は、一瞬「マジか!」とためらったあと、意を決して下りていきます。

oshima1-13

海岸に下りて行くと、柱状の岩が規則的に並んでいると思えば、一方では不規則に積み重なるといった景色が一面に広がっています。

柱のような岩は『柱状節理』と呼ばれ、マグマや溶岩が冷え固まる時に堆積が縮むためにできるもので、計り知れぬ自然の力が作り出しすものとなります。

また、溶岩が水平方向に割れ目が入った状態で産出することがよくあり、このような割れ目の入り方を『板状節理』といいます。

同じ節理でも『柱状節理』では熱い溶岩が冷却するときに収縮するためにできる割れ目ですが『板状節理』は、流れようとする溶岩と地面との摩擦で生ずるひずみによって割れ目ができると言います。

見どころ』のひとつとなりますので、意を決して草をかき分け下りて行ってください!

 

『瓜割りの水』は夏場でも水が枯れることのない湧水!

探検の小径』に戻り、歩き進めて行くと、今度は『分岐点』があるのですが、海岸の方に歩き進めて行くと『見どころ』のひとつとなる『瓜割りの水(うりわりのみず)』があります。

oshima1-7

柱状節理』が作り出した『奇岩』の隙間に『夏場』でも水が枯れることのないと言われる『湧水』があります。

この地を訪れた戦国時代の城主『藤原重永(ふじわらしげなが)』の書いた書の中に『西の岩より清水、湧き出るすべて塩からず早魃(そうばつ)にも水乾くことなし』と記されており、昔からこの海に囲まれた小さな島に湧水があったことが分かります。

雄島』の雨水が地中に浸透し、地下水となって岩の割れ目より湧き出すため、夏場でも水は冷たく、その水の中に『瓜(うり)』を入れたところ割れたということで、いつの頃からか『瓜割の水』と呼ばれています。

現在は、湧き出す水の量も減ったため、夏場には枯れることもあるそうですが、真水となる『瓜割の水』は『雄島』に住む小鳥たちの貴重な『水飲み場』となっているそうです。

 

『雄島』にそびえる『見どころ』のひとつ『雄島灯台』

瓜割の水』を観賞したあと『探検の小径』に戻り、少し歩き進めていると右手側に『見どころ』のひとつとなる『雄島灯台』が見えてきます。

oshima1-8

先程も、うっそうと生える草に対して、気合で立ち向かったのですが、今回はどう考えても無理です!

道としてはあるのですが、おそらく胸の高さまではあろうと思われる草むらが50mぐらいは続きます。

『長袖』に『長ズボン』でなら、なんとか行けそうですが「行ったらあかん!」と言う、空気感が漂っています。

一様『雄島灯台』の全貌の写真だけは撮れますので、この先がどうなっているのか気になる方は『完全装備』のうえで、向かってみてください!

 

『雄島』の『見どころ』のひとつ『磁石岩』

ここまで来れば、半分は過ぎており、残す『見どころ』は『磁石岩』だけとなるのですが、ここにきて天候が一気に怪しくなります。

探検の小径』も、後半に差しかかるにつれて草が刈られておらず、非常に厳しい道のりとなってきます。

通り雨が降り始め、前を歩いていたファミリーも走って行ってしまい、一人になった管理人も少し不安になり、走り出したのはいいのですが、ここまで来るのに険しい道を下りたり、上ったり、足元の悪い『奇岩』の上を歩いたりしてきたせいか、左のふくらはぎが『こむら返り』を起こして、歩くことが出来なくなりました。

8月中旬でとても暑く、水は持っていたのですが、大量の汗をかいているのに塩分を取らずに水を飲んだせいかと思われるのですが、非常に厄介な状態となりました。

こうなると『心霊スポット』としての、何かが頭をよぎり、とても心配になります。

足がつったのが、ちょうど森の中というのもあり、あまり濡れないのはいいのですが『こむら返り』が治まるまでの約15分の間は、薄暗く誰一人通らない森の中での待機となるので、右を見て左を見て上を見てを繰り返し、生きた心地がしませんでした!

程なくして雨も止み『こむら返り』も少しマシになったところで『雄島』の『見どころ』のひとつとなる『磁石岩』に向かいます。

oshima1-12

ふくらはぎの痛みに耐えながら坂道を下って行くと『磁石岩』に到着です!

雄島』にも『東尋坊』と同じ『流紋岩』で出来た岩があり『磁石の方向を狂わせる』という『磁石岩』があります。

原因については謎となるのですが、岩の周辺に『磁界』が出来ており『磁石』が狂ってしまうと言います。

こう言ったことからも『心霊現象』の起こる原因のひとつではないかと考えられています。

先程も言いましたが、管理人は『霊感』とかそう言う類(たぐい)のものとは、全くもって無縁となることがラッキーであったと考える!

歩いていて足がつるなんてことは今までには一度も無かったことで、今回のような状況で、何も見ることもなく、感じることもなかったのですが、もしかすれば『心霊スポット』としての異変・・・!

神の島』と呼ばれ、福井県屈指の『心霊スポット』と呼び声高い『雄島』は、少しだけ冷ややかで張りつめた空気に包まれていることだけは少し感じました!

そう言ったことから『心霊スポット』として『肝試し』などの『遊び半分』で訪れべきではないと考えます。

最後に『雄島』の周囲にある『柱状節理』をはじめ『板状節理』やその他の『景色』や『草花』は、大変『見ごたえ』があり超絶景と言える場所もたくさんありますので、訪れた際は是非『探検の小径』を歩いてみてください!

散策時間』としては、早ければ30分、遅くても1時間ぐらいとなりますが『夏場』などに訪れた際には『』ではなく『スポーツドリンク』などを持参のうえ散策してください!

 

『雄島』のアクセス及び駐車場情報!

【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

雄島

  • 住所:〒913-0064福井県坂井市三国町安島
  • 電話:0776-82-5515(坂井市三国観光協会)
  • 時間:散策自由
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料(42台)
  • 所要時間:一周約40分
  • アクセス:【公共交通機関】JR『芦原温泉駅』より京福バス(東尋坊方面行き)『安島』で下車して徒歩10分
    えちぜん鉄道『三国駅』より京福バス『安島』で下車して徒歩10分
    お車】北陸自動車道『金津IC』から約20分

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

雄島』は『心霊スポット』として、名高いところではありますが、それ以上に『神秘的』なところでもありますので、一度は訪れてみて『柱状節理』の絶景をご堪能下さい!
尚、少し怖いとお考えのようでしたら、管理人のように『時計回り』でお進みいただければ大丈夫かと思います。

【関連記事】

福井県の観光の記事はコチラをご覧下さい!

  東尋坊【見どころ】福井県が誇る観光名所は今も自殺の名所?

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-その他の都道府県
-, ,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.