【大阪国際空港】伊丹空港~展望デッキ『ラ・ソーラ』~駐車場情報!

投稿日:2017年5月18日 更新日:

今回紹介するのは、大阪府豊中市螢池西町にある『大阪国際空港』の構内にある『ターミナルビル』の4Fにある展望デッキ『ラ・ソーラ』です。

正式名称である『大阪国際空港』は『国際』と付いてはいますが、現在では国内線の中心的な役割を担う『基幹空港(きかんくうこう)』として運用されています。

さらに『大阪国際空港』と呼ばれることが少なく、通称として『大阪空港』や『伊丹空港(いたみくうこう)』としての呼び名のほうが、多くの方に知られています。

ターミナルビル』の4Fに設置された展望デッキ『ラ・ソーラ』では、間近に設けられた滑走路から『ダイナミック』な飛行機の『離着陸』や関連する作業の風景を目の前で撮影できるポイントとして大変人気があります。

そんな展望デッキ『ラ・ソーラ』で映像ではなく『ダイナミック』に『離着陸』する姿を楽しみたいと思います。

準備が整いましたら展望デッキ『ラ・ソーラ』散策スタートです。

 

スポンサーリンク

【大阪国際空港】伊丹空港~展望デッキ『ラ・ソーラ』~駐車場情報!

今回は、大阪府豊中市螢池西町にある『大阪国際空港』にある展望デッキ『ラ・ソーラ』から間近に飛行機を眺めて見たいと思い豊中市に向けて車を走らせる。

大阪在住の管理人は『大阪国際空港』と言っても正直『ピン!』ときません。

近畿圏に在住なら『伊丹空港』もしくは『大阪空港』と呼ぶのが普通となっています。

いろいろな呼び方で言うとややこしくなるのでこれよりは『伊丹空港』でお話させてもらいます。

まず、初めに駐車場について少し紹介しておきます。

 

『伊丹空港』の駐車場は24時間利用可能!

伊丹空港』には、24時間利用可能な駐車場があります。

伊丹空港』の『ターミナルビル』から道路をまたいだ位置にあり、収容台数は2463台の大型駐車場となっています。

osakakokusaikuko1-1

伊丹空港』の駐車場は、入庫から12時間までは30分毎に100円~110円となっています。

12時間以降24時間までは一律で2570円となり、24時間以降の24時間毎は、2060円を上限として1時間毎200円~210円の追加となります。

長時間の駐車は少しややこしい感じになりますが、短時間で訪れる場合は、30分毎に100円~110円と考えていれば大丈夫です。

駐車場は『ターミナルビル』と同じように平行に縦長になっていますので『ターミナルビル』の『南ターミナル』か『中央ブロック』か『北ターミナル』のどこに訪れるかによって、駐車する位置を考えてもらえばいいと思います。

今回、管理人が車を止めたのは『中央ブロック』あたりとなり、駐車場から空港の『ターミナルビル』に移動するには、まずは『モノレール』の乗り口である『大阪空港駅』に向かう必要があります。

osakakokusaikuko1-2

空港の『中央ブロック』に隣接する『モノレール』の駅となる『大阪空港駅』の改札口から『ターミナルビル』へは『渡り廊下』を通っていくことになります。

渡り廊下』を突き当たると、左手側が『南ターミナル』となり、1Fには『ANA・IBEX』の『チェックイン』や『到着口』などがあり、2Fには飛行機への『搭乗口』などがあります。

osakakokusaikuko1-3

今回は左手側には進まず右手側へと歩いて行きます。

右手側に進むと『北ターミナル』となり、1Fには先ほどと同じように『JAL・AMX』の『チェックイン』や『到着口』があり、たくさんの人で賑わっています。

osakakokusaikuko1-4

たくさんの人を交わしながら進んでいくと『エスカレーター』があり2Fへと上がっていくことが出来ます。

2Fには、飛行機の『搭乗口』以外にも『おみやげ屋さん』や、軽い『お食事処』などがたくさん立ち並んでいます。

osakakokusaikuko1-5

南ターミナル』も『北ターミナル』もそれぞれ広い館内となりますので、初めに『フロアーマップ』を入手しておくほうがいいと思います。

2Fより展望デッキ『ラ・ソーラ』へ向かう『エレベーター』があるので、さっそく行ってみることにします。

osakakokusaikuko1-6

ターミナルビル』の4Fに設置された展望デッキ『ラ・ソーラ』では、間近に設けられた『滑走路』から『ダイナミック』な飛行機の『離着陸』や、関連する作業の風景を目の前で見て、撮影できるポイントとして大変人気があります。

 

北の展望デッキ『ラ・ソーラ』では『JAL・AMX』を満喫!

北に位置する展望デッキ『ラ・ソーラ』では主に『JAL・AMX』の飛行機を見て楽しむことが出来ます。

osakakokusaikuko1-7

広々とした北側の展望デッキ『ラ・ソーラ』は『ウッドデッキ』ならではと言ってもよい『ナチュラル』な心地よさを感じながら、真下で行われている作業の風景や、飛行機の『離着陸』を思う存分に楽しむことができるスペースとなっています。

段差の付けられた『ウッドデッキ』は、作業の風景こそ見えませんが、座りながらにして飛行機の『離着陸』を眺めることができるように作られています。

 

osakakokusaikuko1-8

正式名称『日本航空株式会社(にほんこうくうかぶしきがいしゃ)Japan Airlines Co.LTD』は、一般的には『日本航空』や『日航』そして『JAL(じゃる)』などと通称され、日本最大級の『航空会社』となっています。

1959年に登場してから旧の『日本航空(株)』の尾翼マークとして長年用いられていた『鶴丸マーク』は『JAS』との経営統合によりしばらくのあいだ姿を消していたのですが、平成11年には『新生への願い』を込めて、ほぼ同様のおなじみの形の『ロゴマーク』として復活しています。

真っ白の機体に『鶴丸マーク』は、やはり日本の空には無くてはならない存在となっていると思います。

北側の展望デッキ『ラ・ソーラ』では、そんな『JAL』の飛行機の姿を楽しんでください。

 

南の展望デッキ『ラ・ソーラ』では『ANA・IBEX』を満喫!

南に位置する展望デッキ『ラ・ソーラ』では主に『ANA・IBEX』の飛行機を見て楽しむことが出来ます。

osakakokusaikuko1-11

伊丹空港』の展望デッキ『ラ・ソーラ』は、全長400m・総面積5000平方mと国内の空港に設置されている展望デッキの中では最大規模のスケールを誇っています。

北に位置する展望デッキ『ラ・ソーラ』とは、少し作りに違いがあり『段差』のない『フラット』な『ウッドデッキ』が広がっています。

osakakokusaikuko1-16

正式名称『全日本空輸株式会社(ぜんにっぽんくうゆかぶしきがいしゃ)All Nippon Airways Co.LTD』は、2017年1月現在において『国際線』『国内線』ともに国内最大規模を誇っています。

一般的には『全日空(ぜんにっくう)』や『ANA(エー・エヌ・エー)』と呼ばれ親しまれています。

1982年より使用されているロゴは『ANA』の文字の横に、機体の塗装にも使われている『トリトンブルー』と『モヒカンブルー』を組み合わせた『シャープ』な『ライン』が特徴となっています。

イメージカラー』となる『トリトンブルー』は、ギリシャ神話に登場する神で『海の波』と『』を鎮めたといわれる『神トリートーン』に由来しており『』と『』との違いはあれども『旅の安全』を願う気持ちは同じものとして命名されたといいます。

モヒカンブルー』に関しては、1982年の塗装変更以前に使用されていた色で、この2色を中心に『ロゴ』や『機体塗装』など様々なところで使用されています。

osakakokusaikuko1-17

南ターミナル』の『ANA』と『北ターミナル』の『JAL』は『日本の航空会社』において、負けず劣らずの存在となっています。

今回訪れた展望デッキ『ラ・ソーラ』では、そんな『二大航空会社』の飛行機の『ダイナミック』な『離着陸』を間近で見ることができます。

飛行機の待ち時間に見るだけでなく、ご家族やカップル達の遊びの場としても利用できますし、お子さまはもちろん、大人の方でも、きっと夢中になること間違いございません!

 

展望デッキ『ラ・ソーラ』~夜のライトアップは幻想的・・!

最後になりますが、展望デッキ『ラ・ソーラ』への入場は、6:00~22:00(最終入場時間 21:30)までとなっており、特に『夜のライトアップ』では、お昼間とは少し違った幻想的な景色を見ることができます。

osakakokusaikuko1-14

明るい光に照らされながらの作業の風景はなかなかの見ごたえがあります。

さらに搭乗の完了した飛行機が、ライトを付けて、次々と『滑走路』に向かって走り出す姿も見ごたえ十分となります。

osakakokusaikuko1-15

夜の展望デッキ『ラ・ソーラ』からの『離着陸』に関しては、少し距離があるため、迫力満点とはいきませんが、時折近い位置での『離着陸』がありますので、その時はお見逃しなく・・

迫力満点の離着陸』を見たいとお思いでしたら『伊丹スカイパーク』をお勧めしておきます。

『伊丹スカイパーク』記事はコチラをご覧下さい  

  伊丹スカイパーク【駐車場情報】ダイナミックでリアルな離着陸を堪能!

さらに『夜の滑走路』がとても綺麗なのは『エア・フロント・オアシス下河原』がお勧めです。

『エア・フロント・オアシス下河原』記事はコチラをご覧下さい  

  エア・フロント・オアシス下河原【夜のライトアップ必見!】駐車場情報!

それぞれで特徴的な、見ごたえのある『離着陸』をお楽しみください。

 

『伊丹空港』のアクセス及び駐車場情報!

  【基本情報】

*基本情報は、できる限り新しい情報を掲載することを心掛けていますが、すべての変化に対応できないのが現状となりますのでご了承ください。

伊丹空港』展望デッキ『ラ・ソーラ

  • 住所:〒560-0036大阪府豊中市螢池西町3丁目555
  • 電話:06-6856-6781(総合案内所6:30~21:30)
  • 定休日:無休
  • 会場時間:6:00~22:00(最終入場時間 21:30)
  • 入場料:無料
  • 駐車場:2463台(24時間利用)『普通車』全長6m未満(入庫から12時間まで30分毎100円~110円)入庫から30分以内の出庫は無料!
    12時間以降24時間まで(一律2570円)
    24時間以降24時間毎(2060円を上限に1時間毎200円~210円追加)
    *『大型車』全長6m以上7m未満まで(普通自動車の2倍の料金)
    *『自動二輪』三輪車および原付ふくむ(普通自動車の料金の1/2)
    尚、障がい者等割引やKIXカード割引がありますので、詳しくはお電話にてご確認ください。
  • アクセス:【お車】阪神高速11号池田線(大阪空港出口)から大阪府道10号線(1分)
    中国自動車道『西行き』(中国豊中出口)から国道176号線(5分)
    中国自動車道『東行き』(中国池田出口)から大阪府道10号線(5分)
    公共交通機関】『大阪方面』(梅田駅)地下鉄御堂筋線/北大阪線(北千里駅)モノレール(大阪国際空港駅)
    阪急梅田駅(蛍池駅)モノレール(大阪国際空港)
    神戸方面』(神戸三宮駅)阪急神戸線(阪急十三駅)阪急宝塚線(蛍池駅)モノレール(大阪国際空港駅)
    (三ノ宮駅)JR神戸線(JR大阪駅・阪急うめだ駅)阪急宝塚線(蛍池駅)モノレール(大阪国際空港駅)
    京都方面』(JR京都駅)JR京都線(JR大阪駅・阪急うめだ駅)阪急宝塚線(蛍池駅)モノレール(大阪国際空港駅)
    (阪急河原町駅)阪急京都線(阪急十三駅)阪急宝塚線(蛍池駅)モノレール(大阪国際空港駅)
    (阪急河原町駅)阪急京都線(南茨木駅)モノレール(大阪国際空港駅)

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

展望デッキ『ラ・ソーラ』では、全国でも非常に珍しいくらい間近で『ダイナミック』で『リアル』な飛行機の『離着陸』を見て楽しむことが出来る『大型展望台』となっています。
1日を通して楽しむことができるようになっていますので、お弁当片手に訪れて、ご自身の目で是非一度『ダイナミック』な飛行機の姿をご堪能下さい。

【関連記事】

『飛行機』に関する記事はコチラをご覧下さい  

  伊丹スカイパーク【駐車場情報】ダイナミックでリアルな離着陸を堪能!

  エア・フロント・オアシス下河原【夜のライトアップ必見!】駐車場情報!

 

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

気まぐれPC記事後ダブル336-280

スポンサーリンク

コチラの関連記事も読まれています

-大阪府
-,

Copyright© 気まぐれファミリー弾丸旅物語 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.